1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ライフプランナーはどんな資格?特徴や取得方法を詳しく解説

ライフプランナーはどんな資格?特徴や取得方法を詳しく解説

ライフプランナーとは、どのような職業なのでしょうか。本記事では、ライフプランナーやファイナンシャルプランナーになるための資格取得方法をはじめ、それぞれの違いと特徴、資格の種類などについて解説します。

この記事の目次

ライフプランナーとはどのような職業か?

『ライフプランナー』とは、保険や金融などに関する幅広い知識を持った専門家です。顧客が実現したい将来に対して、今後どのように家計をやりくりしていけばよいのかを提案します。

ライフプランナーは、一般的には『ファイナンシャルプランナー(FP)』と呼ばれます。

人生設計を手伝ってくれる

ファイナンシャルプランナー(ライフプランナー)は、教育費、住居費、保険、老後などの、将来の費用にまつわる心配ごとを顧客が解決できるように、アドバイスをします。

アドバイスは抽象的なものではなく、個々の家庭に応じた家計の収支・貯蓄額を老後にわたるまでグラフ化し、未来を具体的な数値で示しすことで、データに基づく提案をします。

老後資金のことをファイナンシャル・プランナーに相談する | ファイナンシャル・プランナーへの保険の相談・見直しならFPナビ

FPによって強みが違う

ファイナンシャルプランナーは、幅広い知識をもつ金融のプロではありますが、強みとなる専門分野は、各ファイナンシャルプランナーによって異なります。

たとえば、保険会社の保険相談窓口で働いているファイナンシャルプランナーであれば、保険に関する豊富な知識を持ち合わせいるため、保険全般の専門的なアドバイスを得意としています。

また、税理士や社会保険労務士(社労士)の資格を持つファイナンシャルプランナーであれば、税務に関することを熟知しているので、税金や雇用の疑問・不安を解決することなどを得意分野としています。

ソニー生命のFPをライフプランナーと呼ぶ

ライフプランナーは、一般的にファイナンシャルプランナーと呼ばれている、ということを先述しましたが、ソニー生命、プルデンシャル生命に所属するファイナンシャルプランナーが、主にライフプランナーと呼ばれています。

ライフプランナーは厳しい採用基準をクリアし、独自の教育と訓練を受けています。そして、さまざまな選択肢から多角的なアドバイスを行い、顧客に満足してもらえるようなサービスを提供しています。

ライフプランナーとは | ソニー生命保険

FP資格について

ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格と民間資格があります。

FP資格の種類

ファイナンシャルプランナーの国家資格は『FP技能士』です。FP技能士には、1~3級の3つの等級があります。日本FP協会金融財政事情研究会がFP技能検定を実施しており、学科試験と実技試験があります。

また、民間資格としては、日本FP協会が認定する『AFP』『CFP』という資格があります。

AFPは十分な知識を持ち、顧客に適切なアドバイスができるファイナンシャルプランナーに与えられる資格です。そして、CFPは世界水準のサービスができるプロのファイナンシャルプランナーに与えられる資格です。

FPの資格と検定の種類 | 日本FP協会

FP資格の取り方

まず、国家資格であるFP技能士ですが、3級試験はほぼ無条件で受験が可能ですが、2級以上は受験資格が設けられています。

試験の範囲は税金や年金、保険など、ファイナンシャルプランナーとして相談を受ける内容が中心です。

民間資格のAFPについては認定研修の受講と、2級FP技能検定の合格が資格取得の条件となっています。

また、CFP資格の認定条件は以下の3点です。

  • CFP資格審査試験6課目に合格する
  • CFPエントリー研修を受講・修了する
  • 3年以上の実務経験がある

なお、AFP認定を受けていることがCFP資格試験の受験資格となっています。

受検資格と申請方法 | 一般社団法人 金融財政事情研究会
AFP認定者になるには | 日本FP協会
CFP®認定者になるには | 日本FP協会

ソニー生命のライフプランナーを目指す

ソニー生命のライフプランナーは異業種からの転職者も多く、経験したことのない分野にチャレンジして活躍しています。

ライフプランナーは常に応募しているので、以下のリンクより、ライフプランナーになるための第1歩にエントリーできます。

挑戦者求ム | ライフプランナー採用 特設サイト | ソニー生命保険
データで見る ライフプランナーという生き方 | ソニー生命保険

MDRT会員数は日本トップクラス

MDRT会員とは、生命保険の営業で一定の成績を上げると会員資格が与えられる、『生命保険と金融サービスのプロフェッショナル』です。

MDRT会員は卓越した商品知識を持っており、保険・金融に関するトップレベルの顧客サービスを行います。ソニー生命のMDRT会員数は994名にのぼり(2017年3月1日現在)、日本トップクラスのMTRT会員数を誇っています。

国際的に認められた保険・金融のプロの人数がトップクラスということから、会社組織と個々のライフプランナーの顧客サービスに対する志の高さが伺えます。

ライフプランナーとは | ソニー生命保険

C.I.P.について

C.I.P(キャリア・インフォメーション・プログラム)とは、企業の理念や環境、ライフプランナーとは何かを知り、相互理解を深めるプログラムです。

ソニー生命のライフプランナーを目指している人は、まずこのC.I.Pに参加してみるとよいでしょう。

ソニー生命のC.I.P.とは | ソニー生命保険

まとめ

ライフプランナーは、顧客の将来を費用面などにおいて、バックアップする仕事です。

FP資格を取得して、新たなキャリアにチャレンジする人も多いので、ライフプランナーを転職のひとつの選択肢として、検討してみるのもよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計