1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. FP事務所に無料相談ができる。上手な活用法を紹介します

FP事務所に無料相談ができる。上手な活用法を紹介します

ファイナンシャルプランナーへの相談は、無料でできる場合があります。どのような内容の相談ができるのか、何を基準に選べばよいのかなど、無料相談の活用法を紹介します。また、無料で相談するときの注意点も知っておきましょう。

この記事の目次

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーの業務内容とは、どのようなものでしょうか。

業務内容

個人や企業の収支や資産状況を分析し、最適な資金計画を立てるのがファイナンシャルプランナーの業務です。

収支のバランスや資産状況に問題があるときは、それを改善して、よりよい資産設計ができるようなアドバイスをします。

そのほか、教育・住宅購入・老後資金・保険・資産運用など、人生で起こる出来事に対し、収支の面からみたアドバイスをするのも、ファイナンシャルプランナーの業務です。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは | 日本FP協会

無料相談で相談できる内容は?

ファイナンシャルプランナーには、無料で相談できる場合があります。無料の相談では、どんな内容の相談ができるのでしょうか。

適正な資産運用と積み立てを相談

資産運用の始め方がわからない場合や、毎月の投資額に悩んでいるといった場合には、ファイナンシャルプランナーに相談すると、適正な資産運用や積み立てについてのアドバイスがもらえます。

株や投資信託、国債、投資型保険など、金融商品にはさまざまな種類があります。その中から、相談者の希望や現在の状況を踏まえて、最適なものを選んだり、無理のない投資額を設定してくれたりします。

すでに資産運用を行っている場合は、何を改善すればよいのか、具体的なアドバイスが受けられることもあります。

住宅ローンに対する不安を解消

住宅ローンは、数千万円単位の高額なローンです。もし、返済に不安を感じるのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談することで、それが解消できる可能性があります。

ファイナンシャルプランナーは、相談者の収入や家族構成、資産状況などから、適正な住宅ローンの金額や、月々の返済額などを算出してくれます。

頭金はいくらあるとよいか、それを準備するには毎月いくら貯金すればよいか、といったアドバイスをもらえることもあります。

また、すでに住宅ローンを組んでいる場合は、ファイナンシャルプランナーに相談して、住宅ローンの借り換えをすることで、返済の負担を軽くできる可能性があります。

自分に合った保険を相談

保険の加入時や、すでに加入している保険の見直しについても、ファイナンシャルプランナーに相談できます。

ファイナンシャルプランナーに相談をすれば、今後の人生設計や、家族構成、収入などから、自分に合った保険を選んでもらえます。

また、現在加入中の保険で必要がないものがないかや、保険の契約変更や保険の切替によって保険料の負担が軽くできないか、といったこともチェックしてもらえます。

無料相談の注意点

ファイナンシャルプランナーの無料の相談を利用するときには、以下の点に注意する必要があります。

FPの収益源を知り、専門分野を把握

まず、ファイナンシャルプランナーの収入源と、専門分野を把握しておきましょう。ボランティアではなく、仕事で相談を受けている以上は、必ず収益を上げる必要があります。

つまり、無料で相談を受けるということは、何らかの収入源があるということです。たとえば、保険の相談を無料で受けている場合は、保険会社からの紹介手数料が収入源になっていることがあります。

その場合、相談者に合った保険ではなく、紹介手数料が高い保険をすすめられる可能性があります。すべての無料相談で、こういった問題が起こるわけではありませんが、このような可能性を知っておくことは大切です。

また、ファイナンシャルプランナーによって、家計管理や住宅ローンなど、専門としている分野が異なるため、自分の相談内容を専門とする、ファイナンシャルプランナーを選ぶことも重要です。

金銭面の現状を正しく伝える

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、金銭面の現状を正しく伝えることも大切です。たとえば、住宅ローンについて相談する場合、ファイナンシャルプランナーは現在の収支の状況などから、適正な借入額や月々の返済額を算出します。

このとき、実は他のローンの返済があることを伝えていなかったり、収入を多めに申告したりすると、借入額や返済額が収入に見合わない金額になってしまい、負担が大きくなる可能性があります。

必ず正直に現状を伝えること、そして、できるだけ家計簿などの収支が把握できる資料や、ローンの契約書などを提出し、詳細が把握できるようにすることが大切です。

よいFPの探し方

よいファイナンシャルプランナーは、どのようにして探せばよいのでしょうか。

日本FP協会の無料相談を利用

簡単な相談であれば、『日本FP協会』の無料の体験相談を利用するのがおすすめです。日本FP協会とは、ファイナンシャルプランナーの養成や、資格試験を実施しているNPO法人のことです。

無料の体験相談には、対面相談と電話相談があります。対面相談は全国8カ所で定期的に実施されています。予約必須なので、必ず予約してから相談に行きましょう。対面相談の会場が遠い場合は、電話での無料の体験相談も可能です。(予約不要)

FP無料体験相談(対面相談) | 日本FP協会
FP無料体験相談(電話相談) | 日本FP協会

事務所HPを参考にする

ファイナンシャルプランナーの事務所のHPにアクセスすると、ファイナンシャルプランナーの専門分野や相談料を確認できます。

日本FP協会の会員HPの紹介ページで検索すれば、地域や専門分野を絞って探すこともできます。

日本FP協会-会員ホームページ紹介

初回相談で相性のよし悪しを判断

ファイナンシャルプランナーには、人生設計や資産計画などの、大切なことを相談します。大きな金額のお金を使うときに都度相談していれば、付き合いも長くなるので、相性が大事になってきます。

初回の相談時に親身に話を聞いてくれるかどうか、自分の知りたいことについて的確に答えてくれるかどうかなどから、相性のよし悪しを判断できます。

もし、何となく合わないと感じたり、営業を受けたりした場合は、続けて相談するのは避けたほうがよいでしょう。

相性の合うファイナンシャルプランナーと出会うまでに多少時間がかかったとしても、安心して相談できるファイナンシャルプランナーを見つけることが大切です。

2回目以降の相談料が妥当か

よいファイナンシャルプランナーを探すときには、2回目以降の相談料が妥当かどうかも判断基準になります。

一般的に、企業が用意しているファイナンシャルプランナーの相談サービスは、何回相談しても無料です。

これは、企業が自社のサービスや金融商品を利用してもらいやすくするために、ファイナンシャルプランナーの相談サービスを設けているからです。

ファイナンシャルプランナー事務所で相談する場合には、相談料は1時間当たり5,000~10,000円程度が相場です。初回の相談は、ファイナンシャルプランナーに相談するという体験をしてもらうために、無料にしている場合もあります。

しかし、2回目以降も無料だったり、相場よりも安すぎる金額だったりする場合は、最終的に何らかの商品の営業を受ける可能性があるため注意が必要です。

料金体系について | 日本FP協会

まとめ

ファイナンシャルプランナーへの相談は、無料でできる場合があります。資産運用や住宅ローンなど、お金に関する不安があるときは利用してみましょう。無料で相談するときには、営業目的ではないかを見極めることが重要です。

まずは、無料の体験相談に行ってみたり、ファイナンシャルプランナー事務所のHPをみたりして、ファイナンシャルプランナーを探してみましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計