1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ファイナンシャルプランナーに相談しよう。相談の流れや選び方

ファイナンシャルプランナーに相談しよう。相談の流れや選び方

ファイナンシャルプランナーに、どんな内容の相談ができるのか、事前に準備するものは何かなど、ファイナンシャルプランナーに相談するときの流れを解説します。そのほか、ファイナンシャルプランナーを選ぶポイントや相談費用についても紹介します。

この記事の目次

ファイナンシャルプランナーへの相談内容

ファイナンシャルプランナーには、以下のような相談ができます。

人生設計と収支のバランス

ファイナンシャルプランナーには、人生設計(ライフプラン)や、収支のバランスに関する相談ができます。

就職や結婚、出産、マイホームの購入や老後の生活など、人生にはさまざまなイベントが起こります。そして、一般的にこのようなイベントには、多額の資金が必要になります。

ファイナンシャルプランナーは、相談者の希望や収入額、資産状況を総合的に判断したうえで、最適な人生設計を提案し、さらに、それに必要な資金を準備するための計画も作成します。

また、相談者の収入額に対して、金額が大きすぎる支出項目はないか、収支のバランスをチェックして、家計の見直しもおこないます。

そして、支出額が大きすぎる項目があれば、どうやって節約すればよいか、節約して浮いたお金をどうすればよいかなど、具体的な方法をアドバイスしてくれます。

保険の見直し

保険の加入や見直しといった保険に関する悩みや疑問も、ファイナンシャルプランナーに相談できます。

保険の加入時に、ファイナンシャルプランナーに相談すれば、収入や家族構成、今後の人生設計に最適な保険を選んでもらえます。

また、すでに保険に加入済みの場合でも、契約中の保険が本当に相談者に合っているのか、契約変更や切替をすることで、保険料を下げられないかなどをチェックしてもらえます。

ファイナンシャルプランナーへの相談。保険の疑問を解消しよう

住宅購入やローン

ファイナンシャルプランナーは、住宅購入やローンについての相談にも対応してくれます。住宅購入は高額の出費が伴い、住宅ローンにおいては、数十年という長期返済となる場合がほとんどです。

そのため、子供の教育費や老後の生活費など、ほかのイベントも考慮した綿密な計画を立てておかないと、後々大きな負担となる可能性があります。

ファイナンシャルプランナーに相談すれば、相談者の収入や人生設計から、最適な住宅ローンの金額や月々の返済額、また、頭金の金額や準備方法などを考えてくれます。

ファイナンシャルプランナーに相談しよう。住宅ローンの悩みを解決

FPに相談する前に準備すること

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、事前に準備しておいたほうがよいものがあります。

自身の今後の希望を明確にする

ファイナンシャルプランナーに相談するときは、事前に以下のようなことを明確にしておきましょう。

  • 何について相談したいのか
  • 何を聞きたいのか
  • 今後の希望・目標は何なのか

ファイナンシャルプランナーに相談できる時間は、時間制などになっているので、限られています。そのため、相談内容や質問事項を明確にしておき、スムーズに話をすすめる必要があります。

また、今後の希望や目標を決めておくことも大切です。たとえば、家計の見直しについて相談する場合、ただ支出を減らしたいというだけでは、具体的なアドバイスができません。

老後の生活費のために家計を見直して、毎月3万円貯金額を増やしたいというように、具体的な目標を決めておきましょう。

このように相談することで、ただ節約して貯金額を増やすという以外に、そもそも3万円という金額が妥当なのか、資産運用などの貯金以外の方法はないかなど、より効果的で詳細なアドバイスがもらえます。

家計簿などがあれば準備する

ファイナンシャルプランナーに何を相談するにしても、現在の収支の状況を把握する必要があるので、家計簿などがあれば準備しておきましょう。

もし、家計簿をつける習慣がない場合には、収入と支出がわかるような資料を作成するとよいでしょう。資料には、以下のような項目の1カ月当たりの金額を記載しておきましょう。

収入 支出
世帯収入額
給料以外の収入額
ボーナスの金額
家賃(または住宅ローンの返済額)
水光熱費
食費
消耗品費
通信費(携帯電話やネットのプロバイダーなどの費用)
クレジットカードやカードローンの返済額

ファイナンシャルプランナーへ相談時の準備。円滑に進めるコツとは

FPへの相談料は?

ファイナンシャルプランナーに相談すると、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

それぞれのFP独自に設定金額がある

ファイナンシャルプランナーの相談料には、法的な制限がないため、それぞれのファイナンシャルプランナーが、独自に金額を設定しています。

また、相談料には時間制や月額制、顧問制などの種類があります。時間制になっている場合は、1時間につき5,000円から10,000円程度が相場ですが、5,000円以下になっていることもあります。

有名なファイナンシャルプランナーは、1時間につき数万円という、高額な相談料が設定していることもあります。

相談料の目安(有料相談) | 日本FP協会

別途費用がかかることも

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、相談料以外の費用がかかることがあります。たとえば、人生設計の提案書やキャッシュフロー表(※)を作成した場合、書類作成費用を請求される可能性があります。

また、弁護士や税理士といった、ファイナンシャルプランナー以外の専門家の知識が必要になった場合にも、別途費用を請求されることがあります。

あとで予想外の費用を請求されたということがないように、あらかじめ費用について、ファイナンシャルプランナーと相談しておくのがおすすめです。

(※キャッシュフロー表とは、一定期間の収入額と支出額を算出し、お金の流れが把握できるようにした表のことです)

ファイナンシャルプランナーへの相談は有料が安心?選び方を紹介

相談するFPの選び方

お金や資産などの重要なことを相談するファイナンシャルプランナーは、慎重に選ぶことが大切です。

相談したい内容の専門分野の人を選ぶ

お金に関する豊富な知識を持つファイナンシャルプランナーですが、ファイナンシャルプランナーによって、得意とする専門分野があります。

当然、その分野を専門とするファイナンシャルプランナーのほうが、よりよいアドバイスがもらえるため、相談したい内容の専門分野のファイナンシャルプランナーを探しましょう。

独立系FPか企業内FPかも重要

ファイナンシャルプランナーを選ぶときは、『独立系ファイナンシャルプランナー』と、『企業内ファイナンシャルプランナー』、どちらを選ぶのかも重要です。

独立系のファイナンシャルプランナーは、個人で事務所を開設して、事務所に来た相談者の対応をしてます。

一方、企業内ファイナンシャルプランナーは、企業に勤務しており、企業の顧客に対応しています。それぞれにメリットとデメリットがあるので、しっかり比較して選ぶことが大切です。

独立系ファイナンシャルプランナー
メリット 企業と関わりがないため、中立的なアドバイスが受けられる
デメリット 相談料がかかる
各種ローンや保険の内容・手続きに詳しくないことがある
企業内ファイナンシャルプランナー
メリット 基本的に相談料無料
各種ローンや保険など、自社商品の内容や手続きに詳しい
デメリット 相談者に合ったものではなく、企業にとって利益が高い商品を勧められることがある

周囲の口コミも参考に

どのファイナンシャルプランナーに依頼すればよいか迷ったときは、周囲でファイナンシャルプランナーに相談したことがある人の口コミも参考にしてみましょう。

身近な人が、親身に相談に乗ってくれたというファイナンシャルプランナーであれば、安心して相談を依頼できるでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談しよう。おすすめの選び方

日本FP協会を活用しよう

日本FP協会とは、ファイナンシャルプランナーの養成や、ファイナンシャルプランニングの普及をおこなっているNPO法人です。

各地域のファイナンシャルプランナーを検索できるほか、無料体験会なども実施しているので、ファイナンシャルプランナーに相談したいときには、日本FP協会を活用してみましょう。

日本FP協会について

東京、横浜、名古屋、大阪、福岡など地域検索

日本FP協会には、『CFP®認定者検索システム』という、ファイナンシャルプランナーの上級資格を取得している会員を検索できるシステムがあります。

このシステムでは、地域別でファイナンシャルプランナーを検索できるほか、ファイナンシャルプランナーの専門分野を絞って検索することも可能です。

また、日本FP協会の会員のホームページの検索もできるため、自分に合ったファイナンシャルプランナーを探すことができます。

日本FP協会-会員ホームページ紹介

ファイナンシャルプランナーへの相談を京都で。FPを探す3つの方法

ファイナンシャルプランナーへの相談を大阪で。コンタクト方法まとめ

ファイナンシャルプランナーへの相談を東京で。その流れや方法を紹介

無料相談会も実施されている

日本FP協会では、ファイナンシャルプランナーへの相談がどのようなものか体験してみたいという人のために、全国8カ所で無料相談会を実施しています。

無料相談会は予約制です。すぐに予約が埋まるため、早めに予約しておくことをおすすめします。

FP無料体験相談(対面相談) | 日本FP協会

電話でも無料相談できる

自分が住んでいる地域で、無料相談会が実施されていない場合は、電話でも無料相談が体験できます。

受付時間は、平日の10時から16時で(15時30分受付終了)、相談時間は原則1人30分までです。こちらは予約する必要はありませんが、混み合っているときは、電話がつながらない可能性があります。

また、希望人数が多い場合は、受付終了時間が早くなることがあるので、時間に余裕を持って電話するとよいでしょう。

FP無料体験相談(電話相談) | 日本FP協会

まとめ

ファイナンシャルプランナーには、人生設計やそのための資金計画、保険や住宅購入など、お金や資産に関するさまざまな内容の相談ができます。

重要な内容を相談する相手なので、ファイナンシャルプランナーの専門分野や口コミもチェックして、慎重に選ぶことが大切です。

また、初めての相談で不安がある場合は、日本FP協会で無料相談を体験することもできるので、さっそくファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 世帯収入が低くて困っています

    世帯収入が低いです。おまけにやりくり下手です、、主人は会社員、私はフルタイムのパートです。私がもう一つパートでもして収入を確保したほうがいいんだろうなとは...

    40代 / 女性 / 山口県 / 年収 301-400万円 / 既婚、子供2人

  • 我が家の家計は専門家の方から見ると赤字でしょうか?

    我が家は普段夫が家計の管理をしていて、私はあまり家計のことに敏感でありません。今も夫のつけてる家計簿を見て写した感じです。専門家の方から見て、家計は赤字で...

    20代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

家計の人気記事

カテゴリ

家計