1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ファイナンシャルプランナーへの相談。保険の疑問を解消しよう

ファイナンシャルプランナーへの相談。保険の疑問を解消しよう

どの保険に加入するとよいか、契約している保険の内容は自分に合っているのかなど、保険に関する疑問があるときは、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。ファイナンシャルプランナーに相談するメリットや、相談料などについて解説します。

この記事の目次

FPとはどんな職業なのか?

ファイナンシャルプランナーとは、顧客にとって最適なライフプラン(人生設計)の作成や、そのライフプランを実現するための資金計画を考えてくれる専門家のことです。

個人のお金に関する知識を豊富に持っているため、家計の管理という身近なものから、住宅購入や老後のための資金計画、保険、年金、投資や資産運用などの相談にも対応してくれます。

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは | 日本FP協会

独立系FPと企業系FP

ファイナンシャルプランナーには、『独立系』と『企業系』があります。独立系とは、個人で事務所を構えて、顧客の相談に対応しているファイナンシャルプランナーのことです。

企業系とは企業に雇用されており、その企業の顧客の相談に対応しているファイナンシャルプランナーです。

相談料はいくらぐらい?

ファイナンシャルプランナーの相談料は、時間制・月額制・顧問制などに分かれています。個人の顧客に対応しているファイナンシャルプランナーの場合は、時間制の場合が多い傾向にあります。

時間制の相談料の目安は、1時間あたり5,000円から10,000円程度です。ただし、ファイナンシャルプランナーの相談料には法的な制限がないため、5,000円未満の場合もあれば、数万円かかる場合もあります。

また、ライフプランや資金計画の作成などには、相談料とは別に費用がかかる場合があります。正式に依頼する前におおよその相談内容を伝え、どれぐらいの費用がかかるかを聞いておきましょう。

相談料の目安(有料相談) | 日本FP協会

無料でできる場合もある

ファイナンシャルプランナーへの相談は、無料でできる場合もあります。通常、企業系のファイナンシャルプランナーへの相談は、相談料がかかりません。

これは、その企業が顧客サービスとして、ファイナンシャルプランナーに相談できる窓口を設けているためです。

また、独立系のファイナンシャルプランナーも場合でも、無料相談会を開催していたり、初回の相談を無料で受け付けていたりします。

ただし、無料相談は企業のサービスを紹介したり、ファイナンシャルプランナーへの相談を体験してもらったりすることが目的である場合も多く、詳細な相談はできない可能性があるので注意しましょう。

FP無料体験相談(対面相談) | 日本FP協会

FPに保険を相談するメリット

ファイナンシャルプランナーに保険に関する相談をすることには、以下のようなメリットがあります。

豊富な知識でサポート

保険に関する知識だけではなく家計や税金、年金や相続など、お金に関する知識を豊富に持っているのがファイナンシャルプランナーです。

また、顧客の収入や希望に合った、最適なライフプランを作成したり、ライフプラン実現のための資金計画も立てたりすることもできます。

そのため、どの保険が1番顧客のライフプランに合っているか、保険料はいくらぐらいに抑えるとよいか、といったことまで考えた提案をしてもらえるというメリットがあります。

契約手続きのフォローも可能

ファイナンシャルプランナーに保険の相談をすると、保険の契約手続きのフォローをしてもらえるというメリットもあります。

保険の切替や契約変更をするときに手続きの手順を誤ると、無保障期間が生じる可能性があります。

しかし、ファイナンシャルプランナーに依頼をすれば、無保障期間ができないように、保険の切替や契約変更の手続きをサポートしてくれます。

FPに相談する際の準備

ファイナンシャルプランナーに相談する際には、以下のような準備をしておきましょう。

用意しておくとよいもの

項目 詳細
収入がわかるもの 給料明細・源泉徴収票など
支出がわかるもの 家計簿・領収書・クレジットカードの明細など
資産がわかるもの 貯蓄額・株などの資産がわかる資料
負債がわかるもの カードローンや住宅ローンなどの契約条件がわかる書類
保険内容がわかるもの 保険証券

ファイナンシャルプランナーに保険の相談するときには、このような資料を用意しておきましょう。

どうしても書類が見つからない場合や、家計簿をつけていない場合は、ある程度の内容がわかるメモでも大丈夫です。

しかし、それぞれの金額や契約条件が詳細に把握できれば、より適した保険の提案をしてもらえます。

また、保険の見直しを相談する場合は、現在の保険の内容がわからないと見直しのしようがないので、保険証券を忘れずに用意しておきましょう。

事前に調べたり考えておいたりするとよいこと

  • 自分なりのライフプラン
  • 相談の目的と質問内容
  • 相談内容に関する、ある程度の知識

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、事前に上記のようなことを調べたり、考えたりしておくとよいでしょう。

いつごろ何をする予定なのか、自分なりのライフプランを伝えれば、それに合った保険を考えてもらえます。

また、ファイナンシャルプランナーに相談できる時間には限りがあるので、ファイナンシャルプランナーに相談をすることで何を解決したいのか、目的を明確にしておくことも大切です。

質問があるときは内容を整理して、メモなどにまとめておきましょう。

そして、ファイナンシャルプランナーに相談している中で、専門用語が出てくることがあります。相談内容に関する知識を多少なりとも学んでおくと、スムーズに話が進みます。

FPに相談する際の注意点

ファイナンシャルプランナーに相談する際には、以下のような点に注意しましょう。

自身のライフプランに合った提案か

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、自分のライフプランに合った提案をしてくれているかどうかを見極める必要があります。

なぜなら、とくに無料相談で起こりやすいケースなのですが、顧客に適した保険ではなく、企業やファイナンシャルプランナーにとって、利益が高い保険を勧めてくる場合があるからです。

たとえば、住宅購入や子供の進学などの予定があると伝えているにもかかわらず、高額の保険を勧めてくるなどという場合は、顧客のライフプランを考慮していない可能性が高いでしょう。

すべての無料相談で、このようなことが起こるわけではありません。しかし、こういったケースがあることを知っておくとよいでしょう。

保険以外の方法はないのか

資産運用型の保険について、ファイナンシャルプランナーに相談する場合は、保険以外の方法も提示してくれるかどうかチェックしておきましょう。

顧客から資産運用型の保険について相談があった場合、当然保険の説明は必要です。しかし、資産運用には、保険以外にも投資信託や国債など、ほかの方法もあります。

そのため、ただ保険の説明をするのではなく、資産運用型の保険とそのほかの資産運用の、両方のメリット・デメリットを提示したうえで、最適な資産運用を考えてくれるファイナンシャルプランナーを見つけるとよいでしょう。

税金や公的制度の知識や説明があるか

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、税金や公的制度の知識や説明があるかにも注意する必要があります。たとえば、生命保険の保険金を遺族が受け取る場合、一定額を超えると税金がかかります。

また、万が一のときや将来に備えるのであれば、生命保険以外にも退職金や年金などがあるほか、病気やケガのときには、傷病手当金高額療養費制度などの制度が利用できます。

保険に関する相談の際には、このような税金や制度も考慮して提案をしてもらえるのが基本です。そのため、こういった税金や公的制度について、質問に的確に答えられない、あるいは一切説明がない場合は注意しましょう。

まとめ

ファイナンシャルプランナーに保険に関する相談をすると、自分にとって最適な保険を選んでもらえます。また、保険の切替や契約変更の手続きをサポートしてもらうことも可能です。

いきなり有料相談に行くことに抵抗がある場合は、無料相談でファイナンシャルプランナーへの相談を体験してみるとよいでしょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計