1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金1億円以上の人は増えている?積極的に資産運用をして蓄えよう

貯金1億円以上の人は増えている?積極的に資産運用をして蓄えよう

安倍政権下の経済政策による株価上昇で、金融資産1億円以上保有している世帯が増えているということですが、どうすれば1億円の貯金を作ることができるのでしょうか。今回は、貯金1億円を目指した資産運用を紹介します。

この記事の目次

1億円あったらどうする?

一般庶民にしてみれば1億円は夢のような金額に思えます。では、貯金が1億円あった場合、どのような行動をとりたいと思うかみてみましょう。

みんな経済的不安からは解放されたい

高度成長期のような経済が成長しているときは働いてお金を貯め、その貯金で子供を学校に通わせることはもちろん、家を買ったり病気や老後の備えが十分できたりしていました。

しかし、少子高齢化で年金は今より減額される可能性が高く、多くの人は老後の経済的不安を抱えています。また、終身雇用の崩壊により、リストラによる減収や家のローン返済、子供の教育費なども経済的不安の要素です。

もし1億円の貯金があったら、このような経済的不安から解放されたいというのが、切実な思いなのではないでしょうか。

低収入の人は消費や貯蓄に目が向きやすい

年収200万円前後の人に『もし1億円を手にしたらどう使うか』という質問をしたところ、『趣味にお金をつぎ込みたい』『誰にも言わず貯金したい』『1億円で世界一周旅行をしたい』といった回答がありました。

このことから収入の低い人は、自分の嗜好品への消費や貯金をする傾向が高いといえます。

「1億円あったら、何に使う?」年収1000万の人と200万の人で、回答に違いが! |楽待不動産投資新聞

高収入の人ほど投資を考える

一方、年収1,000万円以上の人に上記と同じ質問をしたところ、『健康のためにお金をつかいたい』『空き店舗などを買って、何か事業を始めたい』『不動産の頭金にする』といった回答でした。

このことから、高収入の人は消費ではなく投資に目が向いており、稼いだお金を運用しようという意識が高いことが伺えます。

「1億円あったら、何に使う?」年収1000万の人と200万の人で、回答に違いが! | |楽待不動産投資新聞

データでみるお金持ちの割合

資産を持つという場合、土地(マイホーム)は除外した、いわゆる金融資産を指すことが多いです。では、それらの資産を持つ人はどのくらいいるのでしょうか。

保有資産規模の階層

野村総合研究所が実施しているNRI富裕層アンケート調査では、預貯金・株式・債券・投資信託・一時払い生命保険・年金保険などの『純金融資産保有額』をもとにして、国内の世帯全体を次のように5つの階層に分類しています。

階層 純金融資産保有額 世帯数
超富裕層 純金融資産5億円以上 7.3万世帯
富裕層 同1億円以上5億円未満 114.4万世帯
準富裕層 同5,000万円以上1億円未満 314.9万世帯
アッパーマス層 同3,000万円以上5,000万円未満 680.8万世帯
マス層 同3,000万円未満 4,173万世帯


日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円 | 野村総合研究所(NRI
)

富裕層以上の世帯数が増えている

上記と同アンケート調査によると、2015年時点において、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の『富裕層』と、5億円以上の『超富裕層』を合わせた富裕層以上は、121万7,000世帯で全世帯にみる割合は2.3%とわずかです。

しかし、2013年の世帯数と比較すると、富裕層は20%、超富裕層は35.2%増加し、両者を合わせると20.9%増えています。

これは、アベノミクスによる株価上昇で、純金融資産が5,000万円以上1億円未満であった『準富裕層』と、1億円以上5億円未満であった『富裕層』が保有資産を増やし、それぞれ富裕層・超富裕層に移行したと考えられています。

日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円 | 野村総合研究所(NRI)

さらに富裕層以上の資産額も増えている

純金融資産総額においては富裕層が29兆円、超富裕層が2兆円増加し、合わせて31兆円増えました。また、2015年における富裕層と超富裕層の純金融資産総額は272兆円となり、2000年から推計して以来最高額になります。

これは、前述したように準富裕層の一部が富裕層に移行したことに加え、もともと富裕層および超富裕層の人々の保有資産が株価上昇で拡大したと考えられます。

日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円 | 野村総合研究所(NRI)

1億円の運用はやはり投資でするべき?

1億円を貯めるにはさまざまな方法があります。まずは、現在の銀行預金についてみてみましょう。

銀行預金の利息は期待できない

2016年2月に日本銀行のマイナス金利政策が始まってから、金利は下がったままで、預金金利は非常に低くなっています。

大手銀行の定期預金(1年)は金利が0.01%ほどで、100万円預けても利息は100円にしかなりません。普通預金にいたっては、ほとんどの銀行が金利0.001%で、100万円預けても1年間で10円しか増えません。

また、ATMで時間外に引き出せば、ATM手数料のほうが利息よりも高く なります。こんなにも低金利では、預金していてもほとんど増えていきません。資産を失うリスクはほぼゼロですが、逆に資産が増えることも期待できません。

円預金金利 | 三菱東京UFJ銀行

ネット銀行や短い定期預金では高いところも

一方、ネット銀行や期間の短い定期預金は、高い金利が設定されているところもあります。また、少ない金額を預けた場合でも、大手都市銀行の定期預金よりも金利が高い場合もあるので上手く活用するとよいでしょう。

最小預入額 銀行名 商品名 金利(6カ月)
1,000円 住信SBIネット銀行 円定期預金 0.02%
1万円 ジャパンネット銀行 ネット定期 0.02%
1,000円 楽天銀行 定期預金 0.02%

(※金利は2018年3月22日現在)

いずれにしてもお金を増やすには、高い金利で預けるのが一番ですが、現在のような低金利では難しいといえます。

円定期預金 - 商品概要|住信SBIネット銀行
円定期預金|ジャパンネット銀行
定期預金|円預金|楽天銀行

貯金1億円を目指して投資を始めてみよう

上記をみるかぎり、資産を増やしたいのであれば、投資などを始めてお金を運用したほうが賢明です。では、貯金1億円を達成するための運用方法についてみていきましょう。

株式投資

株式投資は、自分のお金を株式という形で働かせることで、キャピタルゲイン(株式の値上がり益)やインカムゲイン(配当金や株主優待など)を受け取れます。また、資金が少ない人でも手軽に始められます。

しかし、株式投資に興味はあって始めたいが、結局どの銘柄を買えばよいかわからないということも少なくありません。まずは『身近な銘柄』から調べていくのが、初心者にはおすすめです。

気になる店やサービス、商品などがあればそれを提供している会社の概要や業績、自分の予算に合う株なのかを確認しましょう。

自分が注目する商品やサービスが、企業の業績を伸ばす可能性があるかという視点を持つことも大切です。また、業種が異なる会社にそれぞれ投資をすれば、リスクの分散にもなります。

FX

FXは為替レートの差を利用して、売買差益や金利差益を得ることを目的とする投資です。FXには少ないお金でも大きな取引ができる『レバレッジ』という仕組みがあります。これを利用することで、少ない資金でも大きな取引をすることが可能です。

レバレッジは最大25倍までかけることができます。1万円なら25万円分の取引が可能ということです。反面、急激な値動きで預けた金額以上に借金を背負うこともあります。

まずは、あまりレバレッジをかけず少額から始めてみましょう。少額取引だと心理的な負荷も大きくないので冷静な判断ができます。また、実際に取引を行っていく中で知識が増え、分に合った取引方法を見つけることができます。

不動産投資

不動産投資は、アパートやマンションなどを購入して、定期的に賃料という形で利益を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却してその差額で利益を得たりする投資です。

株式やFXなどの金融商品と異なり、長期的に安定した収入を得られるメリットがあります。また、病気や怪我、家族の介護で働けなくなった場合でも家賃が入ってきます。

近年、空室の目立つ中古マンションを買い、リノベーションして利益を得ている人もいます。中古の場合は建物自体の価格が下がっており、好立地の物件も手頃な価格で購入できます。

1億円でリタイアするのは早い?

1億円の貯金ができリタイアしたものの、途中で資産が尽きてしまっては意味がありません。そこで、1億円でリタイアするのは早いのか考えてみましょう。

浪費タイプの人はすぐ底をつくかも

現役時代の収入が高いと、つい気が緩んで月々の生活費が膨らんでしまうケースがあります。このように生活のレベルを上げている人は、リタイア後なかなか生活水準を下げることができず、貯蓄を取り崩さざるを得なくなります。

また、使う金額が大きくなっていると大金を動かすことに抵抗がないため、あっという間に貯蓄が底をついてしまう恐れもあります。

このように浪費タイプの人は、まだリタイアせずに資産を増やすほうがよいでしょう。

シミュレーションしてリタイアを決めよう

リタイアすると現役で働いていた頃に比べて収入が減少するので、貯金が底をつかないよう計画を立てる必要があります。

たとえば、50歳で早期リタイアし年間400万円を使ったとすると、貯金が1億円あっても25年後に底をつき、75歳で資産がなくってしまいます。年齢や年間の支出次第ではまだ早期リタイアしてはいけない場合もあります。

リタイアするには早いとなれば、足りない資金を増やしてからリタイアするか、リタイア後元気なうちは、アルバイトなどで収入を確保するかなど、計画を立てておくとよいでしょう。

まとめ

経済的不安から解放されゆとりある生活を送りたいと考えた場合、貯金1億円という金額はひとつの目安といえます。

そして、その1億円という資産を作るには、投資による資産運用は不可欠です。ただし、どんな投資にもリスクはつきものなので、借金を背負う可能性もあることを念頭においておきましょう。

また、1億円貯まってリタイアを考える際は貯金が底をつかないよう、しっかりシミュレーションしておくことが重要です。

貯金の現在高はどのくらい?貯金に関する統計と基本ポイントのまとめ

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計