1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. 節約が趣味になっている人はどのくらい?おすすめの節約術を紹介

節約が趣味になっている人はどのくらい?おすすめの節約術を紹介

節約はほとんどの人が意識していることです。しかし、意識していてもつい無駄遣いをしてしまうことも少なくありません。今回は、節約を趣味とする人たちの行っている節約術や、お金をかけずに楽しめる趣味について紹介します。

この記事の目次

節約や貯金が趣味の人は多い?

多くの人が、節約や貯金することを意識しています。しかし、節約を意識している人の中で、節約を趣味としている人は多くはありません。

節約が趣味の人の割合

アサヒグループホールディングスが、2017年に20歳以上の男女を対象に行った節約に対する意識調査によると、『強く意識している』または『まあまあ意識している』と回答した人の割合は、およそ93%にもなりました。

貯金を意識している人に、その理由を調査したところ、上位5つの回答は以下のような結果になりました。複数回答が可能なため、割合の合計値は100%ではありません。

節約の理由 割合
老後生活が不安なため 36.3%
長引く経済不況のため 27.5%
子供の教育費のため 26.7%
給料の減少のため 20.7%
節約が趣味のため 19.2%

このように、節約を意識している人の中で、節約が趣味である人は5人に1人という結果になりました。

いま、節約を意識していますか?|毎週アンケート|ハピ研 青山ハッピー研究所|アサヒグループホールディングス

貯金に不安を感じている人は多い

節約する理由の多くは、老後の不安や経済不況、教育費などの金銭的な理由によるものでした。この結果から、節約は趣味ではないが今の貯金では将来が心配、という人が多いことがわかります。

履歴書やエントリーシートでアピールする人も

節約が趣味の人の中には、履歴書やエントリーシートの趣味の欄に、貯金と記入する人もいます。履歴書などの趣味の欄は、自分をアピールすることができるポイントのひとつです。

短時間で自分を表現しなければいけない面接の場で、節約について話ができるほど自信がある人がいるということになります。

しかし、節約が趣味と書いたのにも関わらず、話を掘り下げることができないと、評価が低くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

主婦や1人暮らしの人に役立つ節約術

次に、主婦や1人暮らしの人向けの節約術について説明します。節約したいけれどなかなかできない人は、参考にしてみてください。

自炊は基本

総務省統計局が毎年行っている家計調査によると、2017年における単身者世帯の1カ月あたりの食費は約4万円で、このうち約1万円が外食によるものでした。

極端ですが、もし毎日の昼食と夕食を外食ですませるとします。昼食と夕食で1日2,000円かかるとすると、1カ月で6万円にもなります。

このように外食が多いとその分食費がかさみます。外食を控え自炊することで、食費を抑えられます。さらに、前日の夕食の残り物でお弁当を作れば、昼食代も抑えることが可能です。

たとえば、月20日間出勤する場合、毎日昼食に500円使うとすると1カ月で1万円、1年で12万円になります。お弁当にすることでこの12万円を節約できます。

家計調査 家計収支編 単身世帯 詳細結果表 年次 2017年 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

日々の買い物はまとめて済ませポイントを活用

無駄なく買い物をしたい場合におすすめなのが、まとめ買いです。毎日買い物に行くと、冷蔵庫にまだ残っているものを買ってしまう可能性があるので、週に一度予算内でまとめ買いすることで、食費を抑えられます。

また、まとめ買いする日はスーパーで行われている、ポイントアップデーをねらうとよいでしょう。スーパーではポイントが通常より貯まりやすくなる、お得な日があることが多いので上手に活用しまししょう。

電気代を下げる工夫

電気代を見直すことも節約につながります。使用していない家電製品はコンセントを抜いておいたり、必要ないときは電気を消したりして、節約の習慣をつけましょう。また、エアコンは代表的な電気代のかかる家電製品のひとつです。

資源エネルギー庁が公表しているデータによると、夏の暑い日に設定温度を27℃から28℃にすると、年間でおよそ670円の節約ができます。冬の寒い日に設定温度を21℃から20℃にすると、年間でおよそ1,170円の節約ができます。

さらに、上記の温度で1日1時間エアコンの起動時間を短くすると、年間でおよそ1,300円の節約になり、すべて合わせると3,140円にもなります。

このほかにもお風呂やトイレ、洗濯機などさまざまな家電でも、ひと工夫することで電気代を抑えられるので、家電製品を使用する際には意識するようにしましょう。

エアコン | 上手な省エネの方法 | 一般向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

節約しながら趣味を楽しもう。一人暮らしをより充実させる趣味とは?

節約しながら趣味も遊びも楽しもう。主婦目線でアドバイス

家族で見直したい節約のポイント

家族で生活をしている場合、主婦が1人で節約するよりも家族全員で意識したほうが、効率よく節約できます。節約する際には、一度家族にも声をかけてみるようにしましょう。

スマホ代の見直し

家族がそれぞれで意識的にできる節約のひとつは、スマホの月額利用料金の見直しです。インターネットに関する調査を行っているMMD研究所によると、1人のスマートフォンの平均月額利用料金は、大手キャリアで7,876円です。

これを、格安SIMとよばれる安価で利用できるSIMカードにすると、平均月額利用料金は2,957円となります。

格安SIMにすると、1人あたりの利用料金は約5,000円節約できます。4人家族だと1カ月で2万円、1年では24万円もの節約になります。

格安SIMスマートフォンには、通話に関するデメリットなどがありますが、今の時代は無料通話アプリが増えているので、そこまで大きな問題にはなりません。

2017年携帯電話の利用料金に関する調査

コンビニや自販機でのちょっとした買い物

もうひとつ家族で意識したいことは、コンビニや自販機での買い物です。コンビニは24時間営業なことからいつでも利用でき、さまざまな商品が揃っているので便利ですが価格がネックになります。

多くのスーパーでは商品を安く売るのに対し、コンビニは基本的に商品を定価で販売しています。したがって、便利だからといってコンビニを利用しすぎると、家計を圧迫する原因になってしまします。

また、自販機も喉が渇いたときに気軽に利用しがちです。たとえば、150円の飲み物を自販機で毎日購入した場合、1カ月で4,500円かかります。

しかし、家でお茶を沸かしそれを水筒に入れて持ち歩けば、大きな節約になります。家族全員でちょっとした買い物を控えるように、心がけてみましょう。

趣味を楽しむための節約術

趣味によっては、お金がかかるものもあります。音楽が趣味であれば楽器代がかかり、スポーツが趣味であれば道具が必要なります。しかし、お金がかかる趣味を持つ人でもできる節約術があります。

趣味のための買い物はクレジットカードで

趣味のために必要なものを購入する際、クレジットカードで代金を支払うことで、ポイントを貯められます。

クレジットカード決済は支払い額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントはギフトカードなどの商品と交換できるので、現金払いよりもお得です。

実益を兼ねる方法を模索する

趣味でお金を稼ぐことができれば、趣味で使うお金を趣味で補うことができます。

たとえば、読書が趣味な人は、自分で小説を書いて販売するという方法があります。Kindle ダイレクト・パブリッシングという、Kindleの電子書籍を個人で販売できるサービスを利用することで、気軽に自分の書いた本を販売できます。

そのほかにも、イラストを書くことや手芸が趣味な人は、ブログに作品を掲載することで仕事の依頼がくる可能性があります。

KDP へようこそ | Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

お金のかからない趣味を持つのも方法

最後に、お金のかからない趣味をいくつか紹介します。どれも節約しながらでもできることなので、趣味を探してる人は参考にしてみてください。

ブログ

文章を書くのが楽しいという人や、新しい情報を収集したり発信したりするのが好きな人には、ブログを書くことをおすすめします。

空いた時間に自分の興味のあることを自由に書くことができ、読者が増えれば達成感も味わえます。さらに、ブログに広告を掲載すれば、広告収入を得られる可能性もあります。

読書

新品の本を買うとお金がかかりますが、中古本であれば安価で手に入ります。また、図書館を利用すれば、お金をかけずに読書を楽しむことも可能です。

読書をすると知識や読解力が身につくだけでなく、アイデア力や表現力も身につけられます。本を読んでいくうちに新たな趣味を見つけられる可能性もあるので、多くの人におすすめできる趣味であるといえます。

ランニング

ランニングは気軽にできて、基本的にあまりお金がかからない運動です。最初にランニングシューズとスポーツウェアを買えば、あとは大してお金がかかりません。

ランニングは心身のリフレッシュになり、ストレスを解消することができます。また、体力向上や快眠にもつながります。体へのさまざまなメリットがあるので、健康を気にしている人におすすめです。

ゲーム

スマートフォンを利用して、無料のゲームアプリを楽しむこともできます。スマートフォンのゲームアプリは、多くのジャンルや種類があるので、自分の熱中できるゲームが見つかる可能性が高いです。

しかし、無料のゲームにも課金要素がある場合があります。熱中しすぎて課金してしまう可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

節約は多くの人が意識していることであり、金銭的な不安が節約する理由の大半を占めています。節約したいと考えている場合、まずは電気代やスマホ代などの見直しから始めてみましょう。

また、節約しながら趣味も楽しみたいという人もいます。そのような人は、ブログや読書などのお金のかからない趣味がおすすめです。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 借金がやっとなくなったのに生活がキツキツ

    例えば借金がなくなった。 少しは生活が楽に!と思ってあと少しの辛抱と思って生活をしていても いざ、楽になってるはずの期間に入っても生活はキツキツ… もっと...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

  • 光熱費を抑える方法を教えてほしいです

    箇条書きで記載します。 ㈰光熱費を抑える方法に関して教えてもらいたいです。 ㈪住宅は賃貸・購入どちらの方が将来的に費用が掛からないか教えてもらいたいです。...

    20代 / 女性 / 宮城県 / 年収 401-500万円 / 既婚

節約の人気記事

カテゴリ

家計