1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ファイナンシャルプランナーへ相談時の準備。円滑に進めるコツとは

ファイナンシャルプランナーへ相談時の準備。円滑に進めるコツとは

ファイナンシャルプランナーには、どんな相談ができるのでしょうか。今回はファイナンシャルプランナーの選び方や相談できる内容について解説します。また、相談を円滑に進めるために、相談時に必要な準備についても詳しくみていきましょう。

この記事の目次

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは、個人のお金や資産について、アドバイスをしたり、資金計画を立てたりする専門家のことです。省略してFPと書かれることもあります。

ファイナンシャルプランナーは家計や保険の見直し・住宅購入資金の準備・老後の資金などについて、依頼者の状況に合った計画を立て、問題解決のためのアドバイスをします。

ファイナンシャルプランナーとして活動するには資格が必要です。ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格と民間資格の2種類があり、国家資格は『FP技能士』、民間資格は『CFP資格・AFP資格』です。

国家資格と民間資格のどちらを取得している人でも、対応できる相談内容に違いはないため、依頼者に影響はないでしょう。

FP技能検定 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

FP資格取得を目指す | 日本FP協会

独立系FPと企業系FP

ファイナンシャルプランナーは、独立系と企業系に分かれます。

独立系ファイナンシャルプランナーは自分で事務所を開業し、そこを訪れた依頼者の相談に対応します。企業系ファイナンシャルプランナーは銀行・保険会社・不動産会社などに雇用されており、その企業の顧客の相談に対応します。

独立系ファイナンシャルプランナーは、依頼者から支払われる相談料や、セミナーの講師などで収入を得ています。対して、企業系ファイナンシャルプランナーは雇用されている企業からの給料や、保険の契約が成立したときに保険会社から支払われる手数料などが収入となっています。

ファイナンシャルプランナーの給料・年収 | ファイナンシャルプランナーの仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

それぞれのメリット

独立系および企業系ファイナンシャルプランナーには、それぞれ以下のようなメリットがあります。

FPの種類 メリット
独立系FP 中立的な立場でアドバイスできる
企業系FP 相談料が無料
住宅ローンの審査基準など、商品の内容に詳しい

独立系ファイナンシャルプランナーに相談するメリットは、企業との利害関係がないため、中立的な立場からアドバイスを受けられることです。依頼者に合わないローンや保険などを勧められることもありません。

また、住宅ローンの相談などで、もしローンが負担になりすぎるときは、一旦ローンを組むのをやめるようにアドバイスされることもあります。

企業系ファイナンシャルプランナーに相談するメリットは、企業が顧客へのサービスとして、ファイナンシャルプランナーの相談窓口を設けているため、基本的に無料で相談できることです。

また、雇用されている企業のサービスや商品の詳細に詳しいため、住宅ローンを組むときに、どうすれば審査に通りやすくなるかなど、具体的なアドバイスがもらえる可能性が高いといえます。

どんな相談ができるのか

ファイナンシャルプランナーには、以下のようなお金や資産についての相談ができます。

  • 家計や保険の見直し
  • 資産運用
  • マイホーム購入時の資金について(頭金の準備や住宅ローンなど)
  • 老後の資金について(年金や老後の生活費など)

ファイナンシャルプランナーは、依頼者の収支の状況や希望などを聞いて、目標を達成するための資金計画を立ててくれます。

また、現状のままでは目標達成が難しい場合、それを解決するためのアドバイスもしてくれます。

たとえば、3年後にマイホーム購入を検討しているとすると、『今の収入に見合った住宅ローンの金額はいくらなのか』・『毎月いくら貯金すればよいか』など、詳細な計画を立ててくれます。

もし現状のままではマイホーム購入が難しいときには、『マイホーム購入を5年後に変更する』・『保険を見直して貯金額を増やす』などの解決策もアドバイスしてくれます。

ファイナンシャル・プランナー(FP)に相談しよう | 日本FP協会

相談するベストなタイミングとは

ファイナンシャルプランナーに相談するベストなタイミングは、就職や結婚・出産・住宅の購入など、何らかの大きなライフイベントが起きたときです。

このようなライフイベントには、引っ越し代や出産費用・子供の教育費・保険加入・住宅ローンなど、大きな出費が伴うことが多いものです。このタイミングでファイナンシャルプランナーに相談し、具体的な資金計画を立てておけば、適切に対処できるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの選び方

ファイナンシャルプランナーを選ぶときに押さえておくとよいポイントがあります。

  • 相談したい分野を専門としているファイナンシャルプランナーを選ぶ
  • 営業・勧誘が目的のファイナンシャルプランナーは避ける

ファイナンシャルプランナーには、それぞれ専門分野があります。住宅ローン関係が得意な人・保険関係が得意な人など、ファイナンシャルプランナーによって異なります。

当然、その分野を得意としているファイナンシャルプランナーの方がより効果的なアドバイスができます。ファイナンシャルプランナーを選ぶ際には、自分の相談したい内容を専門としている人を探しましょう。

また、企業系ファイナンシャルプランナーであれば、その企業の商品の詳細に詳しいものです。

企業系ファイナンシャルプランナーに相談したいときには、銀行や不動産会社の窓口で、ファイナンシャルプランナーの相談サービスが受けられないかを確認するとよいでしょう。

相談する前に必要な準備とは

ファイナンシャルプランナーに相談する前には、円滑に話を進めるための準備が必要です。

特に、独立系ファイナンシャルプランナーは相談料が時間制であることが多いため、余計な時間をかけずに済むよう、しっかり準備しておきましょう。

現在の資産状況を把握

まず、ファイナンシャルプランナーに相談する前に、現在の資産状況を把握しておきましょう。貯金や株・投資信託などの資産についての情報は、資産計画を立てるときに必要になります。

マイホームや車を所有している場合は、その情報もあるとよいでしょう。住宅ローンなどの返済や、リフォーム・買い替えの費用が必要になるのであれば、その資金を考慮した計画を立ててもらえます。

また、カードローンなどの借金がある場合は、借入先や借入額・借入条件などがわかるようにしておきましょう。借入金の返済を考慮した資金計画を立てたり、借換を検討したりする際に必要です。

収支の内容

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、収支の内容を項目ごとに出しておく必要があります。以下を参考に、収支の詳細を出しておきましょう。

収入 支出
毎月の手取り額
ボーナスの金額
給料以外の収入額
家賃(または住宅ローンの返済額)
水道光熱費
食費・消耗品費
通信費
各種保険料

収入については、年収ではなく毎月の手取り額がわかる資料を提出します。額面の『総支給額』ではなく、実際にもらっている『手取りの金額』です。ボーナスや、副業で収入がある場合などは、それもわかるようにしておきましょう。

また、夫婦で共働きしている場合は、手取り額やボーナスの金額を2人分伝える必要があります。

支出に関しては、家賃や水道光熱費などの項目別に分け、毎月の支出額を出しておく必要があります。上記以外にも、何らかの収入や支出がある場合は忘れずに記載しておきましょう。

最終目標を明確にしておく

ファイナンシャルプランナーに相談するときには、最終目標を明確にしておくことも大切です。たとえば、ただ家計を見直したいというのではなく、家計を見直してどうしたいのかということです。

  • 家計を見直して、毎月の貯金額を2万円増やしたい
  • 保険を見直して、不必要な保険は解約し、保険料を下げたい
  • 3年後にマイホームを購入したいので、頭金500万円を貯めておきたい

上のように、『何についての相談なのか』・『最終的にどうしたいのか』という目標を立てておきます。

ここが明確になっていると、目標達成のために改善すべき点がわかり、具体的な資金計画が立てられるのです。

質問を明確にしておく

ファイナンシャルプランナーに何を聞きたいのか、質問を明確にしておくことも重要です。ファイナンシャルプランナーへの相談は時間が限られています。

家計の見直しから、資産運用・子供の教育資金・老後の資金など、何もかも聞いておこうとしても時間が足りません。

また、あれもこれもと詰め込むと、それぞれの表面的な部分しか聞くことができないほか、いろいろ聞きすぎて内容を覚えきれない可能性もあります。

家計の見直しや住宅購入など、今一番知りたいことにポイントを絞り、何が聞きたいのかを明確にしておきましょう。

相談内容について簡単な予習をする

相談内容について簡単な予習をすることも、円滑に話を進めるためのポイントです。ファイナンシャルプランナーへの相談中に、いろいろな専門用語が出てくることがあります。

もちろん意味を聞けば教えてもらえます。ですが、限られた時間を専門用語の説明に費やすよりも、予習をしておいて、アドバイスをもらったり資金計画を立てたりすることのような重要な部分に時間を使いましょう。

準備しておくとよい資料

ファイナンシャルプランナーに相談するときは、以下の資料を準備しておくとよいでしょう。

  • 収入がわかる書類
  • 毎月の支出がわかる資料
  • 貯金や株などの資産がわかる資料
  • カードローンなどの借金についての資料(借入額と借入残高、借入条件などがわかるもの)
  • 加入している保険の内容がわかる資料

このような、現在の収支や資産状況がわかる書類や資料を準備しておけば、それらの情報を元に正確な資金計画が立てられます。

家計簿などの支出がわかる書類

家計簿などの支出がわかる書類は、特に重要です。家計や保険の見直し・住宅ローンの理想的な金額の算出・老後資金の準備など、すべてにおいて支出を管理することが重要になるためです。

家計簿がある場合はそれを提出すればよいですし、すべて銀行口座から引き落とされるようになっているのであれば、その履歴が確認できるようにしておきましょう。

今まで支出を管理していなかったのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談する前に、おおよその支出が把握できるようにしておくことが大切です。

FP相談の準備物|大阪の女性FP前野彩が家計の相談に応えます

まとめ

ファイナンシャルプランナーには、家計の見直しや資産運用・住宅ローンなどの資産やお金に関する相談ができます。相談するときには、相談が円滑に進められるよう、前もって準備しておきましょう。

相談前に、現在の資産状況や収支を把握し、何が問題なのか、最終的にどうなりたいのかを明確にしておくことが大切です。

より正確な情報が伝わるように、資産状況や収支がわかる資料も用意しておきましょう。しっかりと準備しておくことで、ファイナンシャルプランナーへの相談がより効果的なものになります。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計