1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. 家賃を節約する方法。収入に対する家賃の割合はどれくらい?

家賃を節約する方法。収入に対する家賃の割合はどれくらい?

家賃や住宅ローンなどの住居費は、家計の支出の大部分を占めるコストです。家賃が数万円安くなるだけで、グッと生活が楽になる家庭も多いのではないでしょうか。本記事では、無理なく家賃を節約するコツを、ケース別に詳しく紹介します。

この記事の目次

現在の収入に占める家賃の割合は?

家賃を節約するためにはまず、収入に対し家賃が占める割合を把握しましょう。手取り収入に対し、身の丈に合った金額かどうかを知ることは、節約するうえでとても大切です。

家賃は収入の1/3が目安

一般的に、家賃は収入の1/3程度が目安とされています。家賃に加え、光熱費や食費、交際費などの出費、さらにそこから貯金もすることを考えると、妥当な数字だと考えられます。具体例として、1人暮らしの場合の生活費をみてみましょう。

月給手取り20万円、都内1人暮らしAさんの場合

  • 家賃:6.6万円
  • 光熱費:7,000円
  • 水道料金:3,000円
  • 通信費:1.1万円
  • 食費:2万円
  • 交際費:1万円
  • 被服費:2万円
  • 日用品、医療費:3,000円
  • 出費合計:14万円

一人暮らしの生活費、全国平均でどれくらい?|マイホーム情報不動産

大まかに計算すると、家賃も含めて毎月14万円もの出費が発生します。社会人であれば交際費として飲み会代もかさみ、そのほか趣味にもお金がかかってきます。

家賃のウェイトがこれ以上大きくなると、赤字になってしまう可能性があります。家計の収支を健全な状態に保つためには、収入の1/3程度が適切な家賃といえるでしょう。

節約はまず家賃の割合を考えよう。家賃を安く抑えるコツをご紹介

引越しは家賃の節約になる?

家賃をもう少し抑えたい場合は、引っ越しも視野に入れるとよいでしょう。たとえば、家賃が月10万円の部屋と月7万円の部屋では、年間で36万円もの差が出ます。

5年住めば180万、10年住めば360万円と、住む年数が長くなるほどその差はさらに広がっていきます。引っ越し費用が数十万円かかることを差し引いても、家賃を抑えることで大きな節約効果が得られます。

月々3〜4万円の差であれば、条件をほんの少し下げるだけでも、物件の選択肢が広がります。引っ越しを検討する際は、自分の中で譲れない条件と妥協できる条件を整理すると、物件探しがよりスムーズになります。

節約のため現在の家賃の割合を把握しよう

引っ越しを検討する前に、まずは現在の家賃が家計の中でどれくらいの割合を占めているのかを計算しましょう。毎月の家計が苦しいと感じる場合、家賃が高すぎる可能性があります。

まずは手取り収入に対し、毎月どのような出費が発生しているのかを確認し、家賃の割合が大きすぎないかどうかチェックしてみてください。

月収の半分以上を家賃が占めていた場合は、収入とのバランスが合っていないため、家賃の安い物件に引っ越すことを検討しましょう。

節約は家賃から始めよう。引越しにかかる費用は取り戻せるのか?

1人暮らしで家賃を節約するコツ

ここからは、ケース別に家賃を節約するコツを解説していきます。まずは、1人暮らしの場合をみていきましょう。

駅や中心地から離れた場所を選ぶ

1人暮らしで家賃を節約するには、駅から少し離れた物件が狙い目です。駅や街の中心部に近づくほど、利便性が高いことから家賃も高くなっていくため、家賃を抑えたい場合は、郊外の物件に目を向けるとよいでしょう。

駅から多少距離があっても、駅までのバス停が近くにあれば、移動手段にはさほど困りません。また、自転車やバイクなどを活用すれば、駅まで徒歩20分の距離も10分程度で行かれます。

駅近物件は利便性が高く魅力的ですが、移動手段を少し工夫することで、物件の選択肢も広がります。

マンションではなくアパートを選ぶ

家賃を抑えるには、マンションよりもアパートを選ぶこともポイントです。アパートは木造か軽量鉄骨造で作られていることが多く、鉄骨造や鉄筋コンクリートのマンションに比べると、建築費用が安いため家賃も安くなります。

そのため、家賃が同額でもマンションよりアパートのほうが間取りが広く、条件がよいケースも少なくありません。

築年数が古いアパートでも、最近ではリノベーションできれいに生まれ変わっている物件もあり、安い家賃でおしゃれな部屋に住めることもあります。

また、学生の多い街では学生向けに安く部屋を貸し出している大家さんもいます。学生街は治安もよい傾向にあり、飲食店も多いため狙い目の物件です。

節約で家賃を減らせば一人暮らしが豊かになる。物件探しのコツを紹介

2人暮らしで家賃を節約するポイント

次に、2人暮らしで家賃を節約するコツを解説します。間取りが広くなる分、1人暮らしに比べて家賃相場も上がりますが、共働きなどで家賃を折半できるとお得になります。

安くても住みやすい部屋を探す

2人暮らしの場合、1人暮らしよりも少し広い物件を探すことになります。1人暮らしとは異なり、それぞれのスペースが守れるよう、最低でもふた部屋以上ある間取りに住む必要があります。

2DKや2Kの部屋であれば、家賃を抑えつつそれぞれの部屋を持つことも可能です。逆に、2人暮らしでワンルームや1Kなどの狭い物件に住むと、生活リズムの違いや個人のスペースがないことで、衝突してしまう可能性が高くなります。

快適な2人暮らしをするためには、家賃と同時に住み心地も重視しましょう。

共働きで家賃を折半する

2人暮らしでお互いが働いていれば、家賃を折半することが可能になります。それぞれの手取り収入が20万円ずつあれば、12万円程度の家賃を捻出できます。

家賃が10万円以上の条件になると、該当する物件の幅も大きく広がります。最寄駅の規模や駅からの距離などを工夫すれば、収入の1/3の家賃でも広くてきれいな部屋が見つけやすくなります。

2人で家賃を出し合うことで少しグレードのよい部屋に住めるのは、共同生活の大きなメリットです。

固定費を見直す

マンションは家賃のほかに、管理費がかかります。これはマンションの管理人や管理会社の費用を住民が負担するもので、毎月5,000〜1万5,000円程度かかります。家賃を節約するためには、管理費の安い物件に引っ越すのもひとつの方法です。

また、そのほか住居には、光熱費や通信費などの固定費もかかってきます。現在の契約が本当に家計に合っているのかどうかを定期的に見直し、必要があれば契約先や条件を変更しましょう。

節約するにはまず家賃。2人暮らしの家賃を安くする方法

東京暮らしの家賃節約方法

東京はとりわけ地価が高く、地方に比べて家賃が高くなる傾向にあります。ここでは、東京で暮らす場合の節約のコツを紹介します。

都心から離れた場所で暮らす

同じ東京都内でも、23区内とそのほかの都市では物件の価格にも大きな差があります。

  • 23区の家賃相場:6.5万〜14万円
  • 23区外の家賃相場:5万〜8.1万円

東京都の家賃相場:賃貸物件サイト【CHINTAI】

23区内の家賃相場は、最も安い葛飾区で6.5万円、最も高い港区では14万円となっています。一方、23区外では最も安い多摩市では家賃5万円から、最も高い武蔵野市でも8.1万円で住めます。

もちろん都心に近いほど利便性も高くなりますが、多少都心から離れても家賃を抑えたい場合、郊外の物件は有効な選択肢のひとつでしょう。

新築物件は避ける

やはり新築物件は家賃が高いです。家賃が高くてもきれいで新しい部屋に住みたい場合を除けば、新築よりも少々築年数が経過した物件のほうがお得な場合が多いです。

築年数が古くなると、どうしても人気が低下してしまうため、入居希望者がくるよう家賃も下がっていきます。古くてもしっかりメンテナンスされている物件であれば、快適に暮らすことができます。

また、リノベーションできれいになっている部屋も増えているため、古い物件を探す際は、不動産屋にリノベーション物件を紹介してもらえるよう、お願いしてみるのもよいでしょう。

礼金なし物件を探す

引っ越しの際の代表的なコストといえば、敷金・礼金です。敷金は大家さんに預けるデポジットになるため、退去時に全額、または一部が返ってくることがほとんどです。

しかし、礼金は大家さんへの謝礼という扱いになり、あとから返ってくることはありません。

礼金の相場は家賃1カ月分程度ですが、そのほかの引っ越し費用と合わせると大きな出費といえます。しかし、最近では若い人を中心に礼金を避ける傾向があるため、礼金なしの物件も増えてきています。

家賃の振込手数料を節約する方法

毎月の家賃や管理費のほかに、隠れたコストとなるのが振込手数料です。振込の際には、どの銀行でも100〜200円程度の手数料がかかり、年間では数千円の出費になります。

振込手数料無料のネット銀行を利用する

ネット銀行を利用すると、振込手数料を節約できます。楽天銀行ソニー銀行新生銀行住信SBIネット銀行では、他行宛の振込手数料が無料になるサービスを実施しています。

銀行によって手数料が無料になる条件は異なりますが、各銀行が提供する会員プログラムにエントリーすることで、振込手数料無料回数が増えていく形式が多いです。

ソニー銀行では口座を開設すれば、誰でも月1回は振込手数料が無料になります。そのほかの楽天銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行では会員プログラムにエントリーし、条件をクリアする必要があります。

住信SBIネット銀行のサービスを利用する

住信SBIネット銀行では、会員のランクに応じて月々の振込手数料無料回数が変わる、『スマートプログラム』というサービスを提供しています。ランクごとの振込手数料無料回数は下記のとおりです。

会員ランク 振込手数料無料回数
ランク1 月1回
ランク2 月3回
ランク3 月7回
ランク4 月15回

ランクの判定は毎月行われます。預金残高に加え、住信SBIネット銀行のサービスの利用状況によって、どのランクに当てはまるかが変わってきます。

預金残高が30万円以上であればランク2になり、月に3回まで他行宛の振込手数料が無料になります。さらに、ATMの引き出しも月に5回まで無料になるため、家賃を手渡しの場合も活用できます。

まとめ

家賃の金額によって、家計の支出は大きく左右されます。現在の家賃が高いと感じる場合、家計に対する割合が大きすぎないかどうか、よく確認しましょう。

また、工夫次第で家賃が安く条件のよい物件を見つけることも可能です。利便性や間取り、駅からの距離など、個々のライフスタイルによって重視する点はさまざまですが、家計とのバランスを考え、無理のない物件選びを心がけましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計