1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ファイナンシャルプランナーとは?相談する際の費用の目安と内容

ファイナンシャルプランナーとは?相談する際の費用の目安と内容

ファイナンシャルプランナーには、どのような内容の相談ができるのでしょうか。ファイナンシャルプランナーが対応できる相談内容や、相談にかかる費用について、また、相談する前に準備しておくとよいことなどを、詳しく解説します。

この記事の目次

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、『ファイナンシャル=金銭上の、金融上の』、『プランナー=企画係、設計者』、つまり資金計画を立てる人のことです。

個人の家計や住宅資金、老後資金などの、管理方法や準備方法など、お金や資産に関するアドバイスや、資金計画案の作成などをしてくれます。

資格について

ファイナンシャルプランナーの資格には、2種類の資格があります。

  • ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)
  • CFP資格・AFP資格

FP技能士は、国家試験を受けて取得する国家資格です。CFP資格とAFP資格は、日本FP協会が認定する、民間資格となります。

FP技能士には1級から3級まであり、1級が一番レベルの高い資格となります。そして、CFP資格は1級FP技能士、AFP資格は2級FP技能士と、ほぼ同水準の資格です。

ファイナンシャルプランナーがFP技能士とCFP資格、どちらの資格を持っていても、相談できる内容に違いが出るわけではないので、依頼者にさほど影響はないでしょう。

FP技能検定 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

FP資格取得を目指す | 日本FP協会

相談できる内容

ファイナンシャルプランナーに相談できる内容には、以下のようなものがあります。

  • 家計管理
  • 個人の資産運用
  • 住宅資金の準備や住宅ローンの返済などについて
  • 年金や老後の資金について
  • 子どもの教育資金について
  • 各種保険の見直し

基本的に、上記のような個人のお金、資産に関する相談であれば、ほとんど対応してもらえます。

現在の収入で住宅資金を準備するにはどうしたらよいか、老後の資金はどの程度かかるのか、そのためには月々いくらぐらい貯金するとよいかなど、依頼者の希望と現状を照らし合わせ、詳細な計画を立ててもらえます。

ただし、ファイナンシャルプランナーには、それぞれ得意なジャンルがあるため、相談を依頼する前に、自分の相談内容に対応可能かどうか、問い合わせてみたほうがよいでしょう。

相談費用はどのくらい?

ファイナンシャルプランナーへの相談費用は、いくらぐらいかかるのでしょうか。

費用の目安

ファイナンシャルプランナーへの相談費用の金額は、法律で定められているわけではありません。そのため、ファイナンシャルプランナーによって金額が異なります。

目安としては、1時間当たり5,000円~1万円程度の金額に設定されていることが多いですが、定額制や顧問制などの場合もあります。

相談を依頼する前に、自分の相談内容にかかるおおよその金額や、時間制なのか定額制なのかなどを、詳しく確認しておくとよいでしょう。

料金体系について | 日本FP協会

別途費用が発生するケース

相談費用以外に、別途費用が発生するケースもあります。たとえば、今後のライフプランを提案する資料や、キャッシュフロー(※)表などの資料作成は、相談費用と別料金になっていることがあります。

また、生命保険など各種保険の見直しも、別途費用がかかる場合があります。相談費用以外に、何か費用が発生するのか、発生する場合はいくらぐらいかかるのか、相談前に明確にしておくことが大切です。

(※キャッシュフローとは、一定の期間でどれぐらいの収入があり、どれぐらいの支出があったのか、資金の流れを表したものです。)

安すぎは注意?

ファイナンシャルプランナーへの相談費用は、できれば安く抑えたいものですが、あまりにも安すぎる金額に設定されている場合は、注意が必要です。

ファイナンシャルプランナーには、相談費用以外に、保険の紹介料という収入源があります。相談に来た依頼者に保険を紹介し、契約が成立すると手数料が支払われるのです。

相談費用が目安を大きく下回る金額に設定されている場合、安い相談費用で依頼者を集め、保険を紹介して収入を確保しようとしている可能性があります。

また、まだ経験が浅く、自分の提案や計画に自信が持てないファイナンシャルプランナーが、相談費用の金額を低く設定していることもあります。

ファイナンシャルプランナーに相談する内容は、今後の自分の人生に大きく影響します。費用の安さだけで決めず、適切なアドバイスをくれるファイナンシャルプランナーを選ぶことが大切です。

相談前に準備することは?

ファイナンシャルプランナーに相談する前に、何か準備しておくことはあるのでしょうか。

毎月の手取り金額

まず、現在の収入がわからないことには、今後の資金計画が立てられません。ファイナンシャルプランナーに相談する前に、『毎月の手取り金額』がわかる資料を準備しておきましょう。

この毎月の手取り金額とは、年収の金額÷12で計算したものではなく、1カ月あたりの手取り金額のことです。ボーナスがある場合は、ボーナスの金額は別に記載しておきます。

また、共働きなどや副業などで複数の収入がある場合は、すべての収入を合計した、1カ月あたりの金額を出しておきましょう。

項目別の支出費用

項目別の支出の金額がわかる資料も必要です。

  • 家賃(または住宅ローンの月々の支払額)
  • 食費
  • 消耗品費
  • 水道光熱費
  • 車の維持費(自動車ローンの支払額や、駐車場代、ガソリン代など)
  • 通信費(携帯電話代、インターネット回線費用など)
  • 各種保険料

上記のような生活に必要な費用が、1カ月あたりいくらかかっているのか、項目別に金額を記載する必要があります。

これがあることによって、何にお金を使いすぎているのか、どこをいくらぐらいに抑えれば、どの程度の貯金ができるのかなど、詳細な計画が立てられます。

上記の項目以外にも、毎月費用がかかっていることがあれば、忘れずに記載しておきましょう。

借金がある場合

住宅ローンや自動車ローン以外に、クレジットカードやローンなどの借金がある場合は、それがわかる資料を用意しておきましょう。

  • どこでいくら借りているのか
  • 現在の借入残高
  • 毎月の返済額
  • 利率

上記のような内容がわかるように、資料を準備しておきましょう。借入残高を少なく書いたり、複数社から借り入れているのに、1社しか書かなかったりすると、正確なアドバイスが受けられなくなります。

どうしてもわからない場合は仕方ありませんが、できる限り正直に書くことが大切です。

あると助かるもの

以下の項目の資料が準備されていると、ファイナンシャルプランナーが、より依頼者に合った計画を立てたり、詳細なアドバイスをしたりするのに役立ちます。

クレジットカード明細

クレジットカードの明細があると、クレジットカードで何にいくら使っているのかがわかります。とくに、携帯電話代やインターネット回線費用、水道光熱費などの固定費をクレジットカード払いにしている場合、明細があればそれぞれの正確な費用がわかります。

ざっくりとクレジットカード払いの金額を出すよりも、細かい金額がわかったほうが、アドバイスしやすくなるのです。

ローン契約書

ローンの契約書があると、依頼者本人が覚えていなくても、どこでいくら借りたのか、借入額や利率はどれぐらいかなど、詳細が確認できます。

詳細がわかれば、月々の返済額の見直しや、もっと利率の低いローンへの借り換えなどのアドバイスができるのです。

各種保険証券など

各種保険証券があれば、固定費の金額の確認や、保険の見直しをするときに役立ちます。保険の金額はもちろん、現在の状況では不要な保険がないか、契約内容に問題はないかなどをチェックしてもらえます。

とくに保険の見直しを相談するときには、各種保険証券が準備されているとよいでしょう。

まとめ

ファイナンシャルプランナーとは、個人のお金、資産管理についての相談を受ける、資格を持った専門家です。

日々の家計から、住宅の購入、老後の費用など、自分の人生に大きく関わる内容を相談する人です。相談費用の金額だけで決めず、豊富な経験や知識があり、親身に相談に乗ってくれる人を見つけることが大切です。

また、ファイナンシャルプランナーにも得意ジャンルがあるので、自分の相談内容に合った人を探し、今後の人生設計を一緒に作り上げていきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計