1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 大学生の節約術。ノートでつける家計簿のおすすめの書き方は?

大学生の節約術。ノートでつける家計簿のおすすめの書き方は?

学生生活を楽しむために、少しでも節約したいという大学生も多いかと思います。ノートを使って簡単に始められる家計簿ならお金の流れを把握することができる為、書き方のコツを抑えれば楽しく節約できます。自分に合った方法で家計を管理しましょう。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで発行枚数の多い、学生~20代までの方にイチオシのクレジットカード3選!

  • 【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
    10ヶ月連続1位 18歳〜25歳の方のみ発行できる!初めてのクレカはコレで決まり!
  • 【2位】JCB CARD W
    通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【3位】楽天カード
    ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみの楽天カード!

大学生が家計簿を付けるメリット

大学生の主な収入源は、仕送りやアルバイトによる収入といわれています。

親元を離れて一人暮らしをしている大学生は、1カ月の収入で家計をやりくりする必要があります。

家計簿をつけて家計を管理することで、休みの予定を立てやすくなったり、家計が赤字になるのを防ぐことができます。

せっかくの学生生活をより充実して送るためにも、家計の流れを知ることで無駄な支出を抑え、今後に役立てていくことができます。

一人暮らしの平均支出を知る

大学生の場合の平均支出は約10万円といわれています。この中には家賃も含まれているため、いかに節約することができるかが重要なポイントになります。

自宅から通っている場合と、下宿や学生寮などから通っている場合とでは、支出の平均額に約2倍の差があるといわれています。

家賃の相場は約5万円なので、平均支出の約半分が家賃代として消えていきます。

仕送りの金額によって差はありますが、赤字にならない為にも、家計をしっかり管理することが大学生だからこそ必要になります。

ノートが有効な理由

家計簿をつけるにあたり、ノートは自分で記録をする必要があるため、お金に対する意識が変わって有効的だといわれています。

ノートならすぐに始めることができますし、家計簿専用のノートなら表や項目を作成する手間も省くことができます。

家計簿をつけることの大きな意味は、自分が何にお金を使っているのか意識的になることです。

1カ月ごとのお金の流れを理解することで、無駄な支出を抑えることができます。

学生ならではの支出と節約法

学生ならではの支出といえば、大学で使う教材費やサークル代、学生ローンなどが挙げられます。

サークルは種類にもよりますが、教材費や学生ローンは必要な支出ですので、あらかじめ蓄えておく必要があります。

また、携帯やインターネットの通信費などは、若い世代を中心に支出の割合を多く占めています。

学生向けのプランなどに変更して少しでも安く抑えるなどの工夫が必要です。

やりくりできる額を知る

仕送りの金額とアルバイトの収入金額に目安がついた場合は、家賃や教材費、学生ローンなどの支出を固定支出として設定し、残金でやりくりをする必要があります。

あらかじめ必要な金額は別の口座に移動するなどして、お金を使いすぎないように意識することが大切です。

支出の見直し

もし支出が収入額を上回った場合は、赤字にならないために支出を見直す必要があります。

大学生はおよそ7割がアルバイトで収入を得ているといわれています。アルバイトの目的は旅行などの他、生活を維持するためやサークル代など目的は様々です。

せっかくの収入を効率よく使うためにも、使用頻度などによって金額が変わる項目は注意することが大切です。

通信費や光熱費、食費や娯楽費などは計画的に使うことで支出額を調整することができます。

賃貸の場合は下宿や学生寮などを利用することで、大幅に支出を抑えることができます。学生ならではのメリットを有効的に活用し、出費を抑えるようにしましょう。

項目と具体的な書き方

大学生の場合は、勉強したりサークル活動をしたりと、なかなか家計簿をつける時間がとれないという方も多いかもしれません。

長期的に続けるためには、飽きずにシンプルな方法でノートに記録する必要があります。

デザインや大きさなど、自分のライフスタイルに合わせてノートを購入し、よく使う大きい金額から順番に記録していきましょう。

まずは目的を設定する

節約や貯蓄を考えている場合は、モチベーションを保つために、何のために家計簿をつけるのか、その目標を設定しましょう。

海外旅行に行くため、欲しいものを購入するため、など、自分の好きな目的を設定することで、前向きに節約することができます。

ノートの自由欄を有効的に使うことで、常にその目標が分かるようにするのもポイントです。

あとこれくらいで目標の金額に達成するなど、わかりやすくするのが良いでしょう。

最初は項目はシンプルに設定

家計簿をつける時に細かく項目を設定すれば、その分徹底的に家計を管理することができます。

しかし、初めて家計簿をつける場合などは、生活費、食費、娯楽費、その他などざっくりとした項目で分けることで簡単に記録することができます。

お金を使う項目は限られている場合がほとんどですので、使った金額と日付、項目、の3種類を毎日記録するだけでもお金の流れを把握することができます。

具体的な書き方

家計簿を具体的に始める前に、最初にルールを設定しておくことも一つの方法です。

  • 項目は3~4つに設定し、用途が不明な場合はその他に分類する
  • 支出額は1週間ごとに計算する
  • レシートは捨てずに袋にまとめるかノートに貼る
  • カード払いはその日に記録する

日付と金額を記入し、やりくりできる残高を書いていくだけでも、無駄遣いなどを抑えることができます。

項目分けした支出の合計金額を1カ月や1週間ごとに比較し、使いすぎてしまっている場合は早めに抑えるようにするなどの対処をするようにしましょう。

家計簿はノートで楽しく。シンプルな書き方で毎日継続するコツ

大学生だからこそ家計簿で家計の管理を

家計の管理をすることで日常をより豊かにし、楽しく暮らすことができます。

大学生は勉強することはもちろんですが、家計をしっかり管理して充実した日々を送る事が大切です。

ノートを活用してシンプルに家計簿をつけることで、節約しながら楽しい学生生活を送ることができます。家計簿で家計を管理し、楽しく節約しましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 借金がやっとなくなったのに生活がキツキツ

    例えば借金がなくなった。 少しは生活が楽に!と思ってあと少しの辛抱と思って生活をしていても いざ、楽になってるはずの期間に入っても生活はキツキツ… もっと...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供1人

  • 今の仕事の給料では物足りないのでもっと稼ぎたい

    今営業をやっている25歳男性なのですが、どうしても仕事の給料では満足がいかず副業を考えている始末です。しかしどうしても副業をするというのは会社から禁止され...

    20代 / 男性 / 島根県 / 年収 300万円以下 / 独身

家計の人気記事

カテゴリ

家計