1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. あなたの通信費は大丈夫?さらに節約できる通信費。今より半額の場合も

あなたの通信費は大丈夫?さらに節約できる通信費。今より半額の場合も

現代においてスマホや携帯電話、インターネットは、日常にかかせない必需品となっています。ですが、それらにかかる月々の通信費が高いとお悩みの方も多いと思います。そこで今回は、通信費を節約する方法をご紹介いたします。

この記事の目次

そもそも通信費とは?

電話代金やインターネットの使用料金など、通信にかかった費用のことです。固定電話代金やファックスの送信代金、郵便料金なども含まれます。

個人の方が「通信費を節約したい」という場合の多くは、携帯電話料金やインターネット料金を安くしたいという意図があります。

家計における通信費

総務省統計局の発表によれば、2016年の2人以上の勤労者世帯の平均通信費は、201,181円でした。月に均すと月々16,765円の支出になります。

通信費のなかでも大きな支出となっているのが、移動電話通信料です。これは携帯電話やスマホにかかる料金のことで、パケット代金なども含みます。

先ほど通信費は月々16,000円以上の支出であるといいましたが、この支出のうち携帯電話やスマホの料金は80%以上と大きな割合を占めています。

(※勤労者世帯とは、世帯主が会社や官公庁、学校などになどに雇用されている世帯のことをさします)
統計表一覧 政府統計の総合窓口

スマホ料金が高い?近年の通信費事情

さらに電話料金をピックアップしてみていきましょう。総務省の平成28年版情報通信白書では、以下のようにまとめられています。

2015年の電話通信料の支出額は前年比3.5%増の11万7,720円、世帯消費支出に占める割合は3.97%と昨年から0.2ポイント増加している。内訳をみると、2009年以降、固定電話通信料※27への支出が減少傾向なのに対し、移動電話通信料※28への支出は増加傾向となっている。また、移動電話通信料への支出は、固定電話通信料への支出の3.5倍となっている。

※27ここでいう固定電話通信料とは、電話・高速通信料(IP電話料等を含む)、電報料、電話・ファクシミリ借賃、テレホンカード・スーパーワールドカードなど。
※28ここでいう移動電話通信料とは、携帯電話通信料、PHS通信料及び自動車電話通信料(データ通信(パケット等)料を含む)など。

出典:総務省|平成28年版 情報通信白書|電話通信料

このように、固定電話の通信費は年々下がっていますが、携帯電話やスマホなどの通信費は年々増加傾向にあります。

iPhoneやAndroidの料金を節約しよう!

以上のことから、通信費を節約するためにはスマホや携帯電話の使用料金を節約することが重要である、ということがお分かりいただけたかと思います。

一般的には、ガラケーよりもスマホの方が基本料金が高いです。そのため今回は、スマホの場合、具体的にどのように節約を行うのかご紹介していきます。

もっと節約できる通信費。スマホの使用料金を安くするには?

節約上手は通信費から。2人暮らしの通信費を安くしよう

docomo、au、ソフトバンクの使用料金節約方法

簡単に通信費を下げる方法としてよく格安SIMがあげられますが、家族割を利用しているから現在のキャリアを使用していたい、という方もらっしゃるかと思います。

そこでまずは、docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアでできるスマホ料金の節約方法についてご紹介いたします。

有料オプションを解約する

スマホの契約の際に、様々な有料オプションがついていることも少なくありません。本来であれば必要ないのに、契約時から放置してそのままオプション料金を払い続けていた、ということも意外とあります。

オプション料金を払っていないか確認し、不要であれば解約をするようにしましょう。

契約している料金プランを見直す

現在契約している料金プランが、自分のスマホの使用状況にあっているか確認をしましょう。

例えば通話することが多のであれば、もっと通話料の低いプランを選択することで得をするかもしれません。逆に、電話を使用しないのに電話を使用する方が得な契約プランにしていて、損をしている場合もあります。

まずは自身のスマホの利用状況を確認しましょう。そして契約プランが使用状況にあっていないようであれば、窓口などに相談しましょう。

料金割引サービスを確認する

各社それぞれ、独自の料金割引サービスを提供しています。ファミリー割引などが有名ですが、そのほかにも様々な割引サービスがあります。

docomoであれば4年以上契約している人を対象とした「ずっとドコモ割」や、auであれば対象のインターネット回線とスマホのセット割引「auスマートバリュー」などがあります。

特にインターネット回線とスマホのセット割引は、各社とも行っています。自宅のインターネット回線を見直すことで、スマホだけでなくインターネット料金も安くなる可能性がありますので、是非ご検討ください。

詳細な割引サービスの内容については各社内容が異なりますので、それぞれの公式サイトからご確認ください。

NTTdocomo
au
ソフトバンク

ポイントを利用する

各社とも、毎月の利用金額に応じてポイントが貯められる仕組みがあります。貯まったポイントは電話料金の支払いなどに利用できます。上手にポイントを貯めて、通信費の支払いに活用しましょう。

docomoの場合

docomoではdポイントと呼ばれるポイントがあります。これは携帯電話料金やドコモ光の使用料金支払いのほか、ローソンやマクドナルドなど、提携しているお店やネットショッピングでもポイントを貯めることができます。

dポイントを利用できるカードにはいくつか種類があり、通常のdポイントカードのほか、クレジット機能のついたもの、プリペイド式のものなどがあります。

また年会費はかかりますが、特典が多く、ポイント還元率の高いdカードゴールドもあります。自分にあったカードを選択しましょう。

1ポイント1円換算で、スマホや携帯電話料金の支払いに使用することが可能です。

auの場合

auではauポイントがあり、au WALLETカードで利用できます。auWALLETにはプリペイドカードと、クレジットカードの2種類があります。

カードはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニのほか、イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、紀伊国屋書店など多くの店で使用することができます。
1ポイント1円換算で、電話料金や機種変更の支払いも可能です。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクではTポイントが利用できます。1ポイント1円として、Tポイントで電話料金を支払うことができます。また月々の使用料金1,000円につき、Tポイントを5ポイント貯めることもできます。

Tポイントを貯める場合も通信料の支払いに使用する場合も、ソフトバンクにTポイントの番号を登録する必要があります。番号登録はMySoftBankまたはソフトバンクショップで行うことができます。

ガラケーに機種変更する

「そもそもスマホが必要なのか?」と思う方は、思い切ってガラケーへ機種変更するのも1つの手です。ガラケーの基本料金はスマホより安い場合は多いです。

自宅にいることが多い人や、スマホの利用が電話メインでインターネットやSNSをしない人であれば、ガラケーへ機種変更することも視野に入れましょう

節約したい通信費。機種変更を安くすませる方法とは?

格安SIMやWiMAXを利用しよう

キャリアの中でスマホ料金を節約する方法には、どうしても限界があります。そこで、既存キャリアにこだわりなくスマホの通信費を安くしたいという方は、格安SIMやWiMAXをおすすめいたします。

格安SIMは1人暮らしの家計にも優しい

1人暮らしの場合、電話料金の平均は大体8,000円前後といわれています。ここにインターネット回線の使用料金をいれると、通信費は10,000円を超え、かなり大きな出費となります。

キャリアを離れることに抵抗がないのであれば、格安SIMへの乗り換えを検討しましょう。格安SIMは現状、スマホの月額料金を一番安くできる方法です。

キャリアでは家族割やシェアプランが充実しているところが多いので、家族で同キャリアを使用していると割引金額も多くなります。ですが1人暮らしなどで家族と同キャリアを使用していない場合は、その恩恵も受けられません。

格安SIMのメリットは、なんといっても月額料金が安いことです。うまく活用すればスマホの使用料金が半額以下になる場合もあります。またキャリアに多い2年しばりがないこともメリットの1つといえます。

ただし、デメリットもあります。まず大手キャリアと違い、サポート体制がありません。

そのため、初期設定や故障のサポートなどは期待できません。キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)も使用できなくなりますので、注意しましょう。

ノマドにもおすすめ!WiMAXを利用しよう

Wi-Fi環境でない場所でスマホを使いすぎると、通信制限に引っかかってしまう場合があります。通信制限を気にせずスマホを快適に使用し、かつ通信費を節約したい、そんな方たちにおすすめなのが、WiMAXです。

WiMAXとは持ち運びできるモバイルルーターです。無線でインターネットに接続することができます。

モバイルルーターといえばポケットWi-Fiもありますが、WiMAXの特徴は、データ通信の上限がないことです。

WiMAXを使用すれば外出先でもインターネットができますので、スマホの契約プランをデータ通信量の低い定額プランに変更しても問題ありません。データ通信量最低の安い定額プラン+WiMAX使用料金の方が、現行のスマホ契約プランより安くなる可能性があります。

WiMAXは1台で複数のスマホやタブレットに接続できます。自宅以外で仕事をすることの多いノマドワーカーにもおすすめです。

WiMAX・プロパイダおすすめランキング2019年版!機種やプランで徹底比較!

節約できてる?通信費節約は1人暮らしの家計にも重要です

まとめ

今回は通信費を節約する方法をご紹介いたしました。通信費は、スマホの使用料金が大きな割合を占めています。スマホの使用料金を見直すことは、通信費節約の大きなカギとなっています。

格安SIMに乗り換えれば大幅に月額料金を安くできますが、家庭の事情などでキャリアを継続使用したい場合もあります。自分にあった節約方法を検討しましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計