1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. おすすめの家計簿のつけ方は?ノートや無料アプリを活用しよう

おすすめの家計簿のつけ方は?ノートや無料アプリを活用しよう

家計簿をつけることで支出の無駄をなくし、お金に対する意識を変えることができます。続ける自信がないという方でも、家計簿の種類は様々です。携帯やノート、パソコンでの管理など、自分に合った方法を見つけて、楽しく家計を管理しましょう。

この記事の目次

手書きで家計簿をつける

家計簿を始めようと思ったらまず最初に思い浮かぶのが、手書きで支出の内訳をノートに書くことではないでしょうか。

いつでも簡単に始めることができ、空いた時間を使ってできるので始めやすいのが特徴です。

レシートなどはまとめてあとで計算することもできるので、細かい部分までしっかり管理したいという方にはおすすめの方法です。

手書きで記録することにより、お金に対する意識も変わってきます。まずは家計簿を自分のペースでつけたいという方は手書きで家計簿をつけてみましょう。

家計簿でできること

家計簿のメリットとして挙げられるのは、何にお金を使ったのか分からないという不透明な支出が減ることにあります。

お金の内訳を細かく記録することで、支出の内訳を理解し、無駄な支出を抑えることにつながります。

1カ月にどれだけお金を使ったのかが家計簿によってわかるようになると、赤字や使いすぎといったお金の悩みも未然に防ぐことができます。

お金に対する意識が変わることで貯蓄や節約につながるので、家計簿は家計を無駄なくやりくりするためにも必要な手段といえるでしょう。

書きながら支出を確認

コンビニなどでついつい買ってしまったものなど、普段の生活の中で意識せずに使っているお金も、ノートに記録することを意識すれば確認することができます。

少額だと思っていた支出も、積み重なると大きな金額になることもあります。書きながら支出の内訳を理解することで、少しずつお金に対する意識が変わってきます。

月ごとの差を比較

家計簿を1カ月続けることで、まずはその月の支出の内訳を項目ごとに計算することができます。

光熱費や水道代、通信費などは毎月金額が異なるため、使いすぎてしまった場合は次の月に抑える…などの対処をすることができます。

人と会うための交際費や趣味の娯楽費なども、あらかじめ予定を立てておくことによって、月ごとの支出をコントロールすることが可能です。

家計簿をつけて他の月と比較することで、長期的なプランも立てやすくなります。

ノートを有効活用

ノートなら自分の好きなデザインや大きさを選ぶことができるため、家計簿をつけるのにとても便利です。

線が入っているものを選べば、そこに品目や金額を記録するだけなので、表などを作成する手間も省くことができます。

シャープペンシルや消せるタイプのボールペンを使って、まずは好きなように書いてみましょう。

おすすめ手書き法

項目などは細かく分けてしまうと続かない可能性もあるため、まずは大まかに項目を分けてシンプルに書くことを心がけましょう。

左右のページを有効的に使うことも一つの方法ですが、日付と項目、金額のみの記入から始めてみるのがおすすめです。

レシートはテープで張るだけにするなど、時間をあまりかけずに記録することで家計簿を継続して続けることができます。

SNSで人気の「づんの家計簿」など、他の方の家計簿を参考にするのもひとつの方法です。

見開きならカレンダー形式で記入することができるため、分かりやすくて便利です。

自由にメモをする欄を作ったり、支出の項目は食費、暮らし、遊びの3つの項目にするなど、気軽に続けられる方法を試してみましょう。

項目を知ろう

家計簿は細かく項目を設定することで、より徹底的にお金の流れを把握することができます。

項目は一番最初に設定しておくことで、家計簿の記入をする際の手間を省くことができます。

支出の主な項目は、食費、生活費、その他の費用で設定し、家賃や保険料などは固定費として支出金額に加えておきましょう。

医療費や、交際費など、急に必要になる支出もありますので、毎月その分の備えをする必要があります。

貯蓄などの他にも生活に必要な固定支出として設定し、項目として設定しましょう。

通信費や光熱費などは毎月の金額が異なるので、節約できる対象になります。金額に変動のある項目は特に注目して記録することが大切です。

ダイソーの家計簿専用ノート

100円ショップダイソーに家計簿専用のノートがあるのをご存知ですか?

レシートが貼れるタイプや金額を入力するだけのシンプルなものなど、初めて家計簿をつける方でも安心してできるものばかりです。

2017年版は4種類のタイプから選べることができます。節約術のコラム付きなど、嬉しいページもあるので、自分に合ったものを選んでみましょう。

家計簿はノートで楽しく。シンプルな書き方で毎日継続するコツ

家族の支出も計算

ノートタイプの家計簿で家族の支出も一緒にまとめることで、家計を徹底的に管理することができます。

右と左で人別に記入すれば、比較しながら家計を管理することができるので、収入源が複数の場合は、まとめて一緒に管理するのが良いでしょう。

特に主婦の方は、自分と夫の家計を分けながら見ることができるので、左右のページを有効的に使って家計簿をつけてみましょう。

学生の場合の項目

大学生の場合は、仕送りやアルバイトなどが収入源となっているため、お金の管理をすることはとても大切です。

学生ローンや、大学のサークル、教材費など、学生ならではの支出もありますので、ノートなどを使って家計簿をつけることで、赤字になるのを防ぐことができます。

アルバイトや支出の見直し

もし交際費などでお金を使いすぎてしまった場合は、支出を見直す必要があります。

生活費や勉強に必要な教材費用は固定費として設定し、そのほかの光熱費や交際費を抑えることを意識してみましょう。

また、アルバイトなどの見直しをすることで収入をアップすることができますが、ストレスのない範囲で支出の見直しをすることが大切です。

一人暮らしの学生の平均支出

学生の生活費は、1カ月10万円以内でやりくりをしている方がほとんどだといわれています。

時間がある場合はアルバイトができるため、生活に困る学生は少ないとの見方もあります。

しかし、家賃が約5万円で収入の半分を占めているため、食費や生活費を節約することが余儀なくされます。

学食や学生寮の利用など、学生ならではの安く抑えるポイントを利用し、上手に節約していくことが大切です。

iPhoneやAndroidのアプリを使って簡単登録

家計簿をノートでつけるのはめんどくさい…という方は、スマホでダウンロードできる家計簿アプリを活用することもひとつの方法です。

スマホはいつも持ち歩いているので、簡単に支出を記録することができ、続けやすいのが特徴です。

種類がたくさんあるため、自分に合ったアプリを見つけて、楽しく家計簿をつけましょう。

2017年おすすめアプリ

家計簿アプリには、初心者でも簡単に使えるものから、徹底的に管理したい上級者向けの高機能のものまでたくさんあります。

人気の家計簿アプリは全て無料でダウンロードすることができるので、複数のアプリを使ってみてから自分に合ったアプリを選ぶことができます。

使いやすくて続けやすい「らくな家計簿」

まずは家計簿を継続してつけることが目的という方は、画面が見やすく機能もシンプルな「らくな家計簿」がおすすめです。

収入と支出の合計金額がいつでも確認でき、円グラフなどで内訳を見やすくすることもできるので、家計の管理をしやすいのが特徴です。

レシートを読み込み機能でかさばらない「レシーピ!」

スマホのカメラ機能でレシートを撮影するだけで簡単に記録でき、献立のメニューの提案もしてくれる「レシーピ!」は女性や主婦からも人気の家計簿アプリです。

デザインも可愛いので、毎日楽しく家計簿を続けたい方におすすめのアプリです。

クレジットカードと連携

クレジット口座との連携機能がついている「マネーフォーワード」なら、クレジットカードで買い物をするのが多いという方は細かく支出を管理することができます。

手入力もできるので、初めてでも安心して使うことができます。

食費や光熱費などが自動で項目分けされる便利な機能もあるので、手間がかからず続けやすいのも特徴です。

ダウンロード数がトップの「zaim」

メディアなどでも取り上げられ、口コミの評価も高い家計簿アプリ「zaim」は、家計簿のほか、節約や貯蓄、予算管理などの目的に合わせて使用することができます。

クレジットカードの連携やレシート読み込み機能もついているほか、家計簿の付け方がわかるマニュアル付きなので、初心者でも簡単に始めることができます。

家計簿アプリなら無料で簡単?毎日の積み重ねで貯金をアップしよう

パソコンのエクセルで管理する

ノートに記入するよりもパソコンで楽に管理したい方は、パソコンのエクセルを使って家計簿を作成する方法があります。

自分で自由にレイアウトすることができ、計算も自動でできるため、すぐに家計簿を始めることができます。

簡単テンプレートを活用

エクセルには自動計算できる関数や、円グラフなどによる表示など、家計簿を有効的に使う機能がついています。

自分で計算式を入力したり、グラフを作成する手間を省きたい方には、無料のテンプレートをダウンロードすれば、よりスムーズに始めることができます。

金額を入力するだけのシンプルなテンプレートや、年間の集計ができるものもあるので、自分に合ったテンプレートを活用しましょう。

スマホのデータと連携

クレジットカードなどの内訳をエクセルで管理する場合は、スマホの家計簿アプリを利用することで、エクセルデータとして保存することができます。

家族のカード情報なども一斉に管理したい場合は、スマホのアプリを利用すれば記入する手間も省けるため、とても便利です。

マネーフォーワード」や「zaim」はエクセルへの抽出が可能なので、スマホとエクセルと両方で家計を管理したい方は使い分けるのが良いでしょう。

家計簿をエクセルで作成。初心者でも簡単に作成するポイントとは

おすすめの家計簿アプリやノートを使って家計を管理しよう

家計簿は続けられないものと考える方が多いかもしれませんが、自分に合った家計簿のつけ方を知ることで、家計を簡単に管理することができます。

家計を管理することで心に余裕が生まれ、将来のために備えることができます。

生活を少しでも豊かにするために、楽しく家計簿を続けて将来のための貯蓄を増やしていきましょう。

おすすめの家計簿のつけ方。飽きずに続けられる方法

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 老後の医療費について

    医療費や自分が痴呆になった場合の対処法が知りたいです。すなわち、法律では、禁治産者制度があるようですが、いまいち、その制度の利用の仕方がわかりません。 私...

    80代 / 女性 / 東京都 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供1人

家計の人気記事

カテゴリ

家計