1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 気になる貯金額の中央値は?40代から無理なくできる貯蓄プラン

気になる貯金額の中央値は?40代から無理なくできる貯蓄プラン

自分と同世代の方の年収や貯金額は、どれぐらいだろうと思うことはありませんか。年収は何となく察しがついても、貯金額は聞きにくいものです。今回は、40代になって将来的な貯蓄が気になり始めた人に、無理なくできる貯蓄プランを紹介します。

この記事の目次

平均値と中央値の違い

データ全体を捉えるために、『平均値』と『中央値』というものがあります。この2つの値には、それぞれ特徴があるので、違いについてみていきましょう。

平均値とは

平均値とは、すべての数値を足して、数値の個数で割った値のことをいいます。

例えば、年収が300万円、350万円、450万円、600万円、700万円、800万円の5人の平均年収をみてみましょう。

(300万+350万+450万+600万+700万+800万)÷5=640万

5人の平均年収は640万円になります。

しかし、データの中に1人だけ高年収の人がいたらどうなるでしょう。年収300万円、350万円、450万円、600万円、700万円、1,200万円の5人の場合をみてみましょう。

(300万+350万+450万+600万+700万+1,200万)÷5=720万

平均値は720万になります。

平均値は、すべてのデータを考慮した値になるので、集団全体の特徴を捉えるには向いています.。しかし、ひとつだけかけ離れた値が含まれると、その影響を大きく受けてしまう側面があります。

中央値とは

中央値とは、数字を小さい順に並べたときに、真ん中にくる値のことをいいます。

上記と同じデータでみてみましょう。

年収が300万円、350万円、450万円、600万円、700万円、800万円の5人の中央値は450万円になります。

また、年収300万円、350万円、450万円、600万円、700万円、1,200万円の5人の場合も、中央値は450万円になります。

中央値は平均値と違い、かけ離れた値の影響を受けません。このことから、極端な数字が入っている場合は、平均値よりも中央値の方が実感に近い数字になるといえます。

40代の貯金額の平均と中央値

近年、ライフスタイルの多様化により、同じ40代でも独身の人もいれば、早くに結婚して孫がいるという人もいます。

また、会社員ならある程度の地位に就いている人も多く、収入は増えている一方、子どもの教育費や住宅ローンと出費の多い年代でもあります。

このような40代の貯金額の平均値や中央値についてみてみましょう。

独身の場合

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成29年)」によると、年間手取り収入からの貯金割合は、『貯蓄しなかった割合』が22.7%と一番多く、貯蓄している中では、『10%~15%未満の割合』が21.4%でした。

貯蓄している人だけを集計した場合、平均1,747万円、中央値700万円としっかり貯金しているイメージですが、貯蓄がない人を含めると平均936万円、中央値は30万円となっており、貯蓄のある人とない人との差が大きいということがわかります。

世帯持ちの場合

こちらも「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成29年)」によると、年間手取り収入からの貯金割合は、『10%~15%未満の割合』貯蓄がある世帯が25.9%と一番多く、次に『5~10%未満の割合』貯蓄がある世帯が18.4%でした。

『貯蓄しなかった世帯』は17.3%で、単身世帯より貯金していることが伺えます。貯蓄している人だけを集計した場合、平均1,014万円、中央値650万円となっています。貯蓄がない人を含めると平均643万円、中央値は220万円です。

単身者と世帯を持っている人では、生活スタイルの違いもあり、貯めている金額も異なることがわかります。

40代から始める資産運用

まず、資産運用を始める前に、今後どのようなライフイベントがあり、どの程度資金が必要か、具体的な金額を決めましょう。

40代は、子どもの進学費用など出費がかさむむうえ、老後についても考え始める時期です。このような時期に、大きな資金で運用することは難しいですが、堅実に老後の備えができるよう考えてみましょう。

老後へ向けてのイベントを考える

働き盛りの40代に考えられるライフイベントには、以下のものが挙げられます。

  • 高校・大学入学など教育資金
  • 子どもの結婚資金
  • 住宅費用(ローンやリフォームなど)
  • 老後資金

単身世帯には教育資金などの負担がなくても、親世代が高齢になってくることから、介護の問題がでてくる可能性もあります。両親の介護費用を1人で負担することは、経済的に大変なことです。

老後資金も考え始める

『老後の生活にいくら必要か』という質問に、ゆとりある生活をするには、平均34.9万円、最低でも平均22.0万円と言われています。年金だけでは、生活の維持が簡単でない中、病気や介護などのリスクも考えなければなりません。

40代から老後資金について考えば、老後の生活に大きな差がでてきます。ゆとりある生活を送るためにも、貯金はもちろんですが、投資を活用してみるのもひとつの方法かもしれません。

老後の生活費はいくらくらい必要と考える?|公益財団法人 生命保険文化センター

不動産投資を始めてみよう

さまざまな投資方法がある中に、不動産投資があります。不動産投資には、実際アパートやマンションへ投資する方法と、投資信託の要素を備えたREITと呼ばれる方法があります。

REITは、不動産投資会社にお金を信託して、自分の代わりに運用を行ってもらいます。そのため、物件情報を集めたり、管理を行ったりする手間がかかりません。また、小額から行えるので、初心者にとって始めやすい投資のひとつとなっています。

まとめ

40代の貯金事情をみてきましたが、自分の貯金額は周りと比べていかがでしたでしょうか。貯蓄に回せるお金に余裕があるかは、ライフスタイルによって違います。自分のできる範囲で目標額を決め、しっかり貯蓄していきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計