貯金がないけど結婚できる?結婚前に考えなければならないこと

結婚は人生の一大イベントです。結婚式に憧れる女性も多いですが、結婚式を挙げるには、まとまったお金がかかることも事実です。貯金がない場合でも結婚はできるのか、今回はそんな結婚費用について、事前に考えなければいけないことをご紹介します。

一般的な結婚にかかる費用

結婚情報誌ゼクシィの調査によると、婚約してから新婚旅行にかかるお金の平均は469.7万円、新生活に関する費用も含めると平均600万円かかるというデータが出ています。

両親からの援助を受けたり、ブライダルローンの利用も可能ですが、本人たちのみで行う場合には、貯金がないと厳しい金額です。

結婚費用の項目と相場|親ごころゼクシィ

結婚するまでの準備にかかる費用

結婚式を挙げるまでには結納や婚約、結婚指輪などの準備が必要です。また、結納前に両家の両親が顔合わせとして、食事会などをする場合もあります。

ゼクシィのデータによると、両家の顔合わせにかかる平均費用は6.3万円、結納式にかかる費用の平均費用は14.2万円となっています。また、婚約指輪の平均費用は35.9万円、結婚指輪の2人の合計金額の平均は24.3万円です。

この金額に加えて両家の地域が離れている場合、顔合わせや結納式を行う場所によっては、交通費や宿泊費などもかかってきます。

結婚後は相手の家族との付き合いが始まります。今後の付き合いをスムーズに始めるためにも、自分たちの両親がどれだけ正式に結婚準備を行いたいのかなどを、家族としっかり話し合って決める必要があります。

結婚費用の項目と相場|親ごころゼクシィ

結婚式や新婚旅行にかかる費用

挙式と披露宴にかかる費用は場所や招待客の人数などによっても変わりますが、平均費用は約359.7万円というデータが出ています。

しかし、お色直しをすればそれだけ衣装代がかかるほか、料理のコースによっても金額に差が出ます。また、招待客の交通費や宿泊費を出すとなると、その分も費用が上乗せになります。

そして、新婚旅行は行く場所や、旅行先でのアクティビティでも金額の差が出ますが、平均費用は61.6万円ほどかかるという結果となっています。

結婚直後に行かない場合には貯金も可能ですが、新婚旅行に行った場合には、結婚式でお世話になった相手へのお土産を買うとなると、余裕を持った予算が必要となります。

結婚費用の項目と相場|親ごころゼクシィ

貯金がない人は結婚できないのか

先述した結婚にかかる平均費用を見ると、その金額の大きさから貯金がなくては結婚はできないように思う方もいるかもしれませんが、貯金がなくても結婚することは可能です。

結婚することは可能

結婚とは婚姻届けを役所に出すことによって成立するので、貯金がなくても法律上、籍を入れることは可能です。

また、銀行が取り扱っているブライダルローンは、300万円~500万円ほどのお金を借りることが可能で、金利が低いのが特徴です。このお金は挙式だけではなく、新婚旅行や結婚指輪、新居費など幅広く利用できます。

常陽ブライダルローン:結婚費用や新婚旅行に:常陽銀行

結婚相手と相談し妥協するポイントを決める

このように貯金がなくても籍を入れることは可能ですが、貯金がいくらくらい貯まったら結婚するかを、結婚相手とよく相談することも大切です。

とりあえず籍だけ入れて、そこから貯金を始めて後に挙式をあげるのか、ローンを組んででも籍を入れるのと同じタイミングで式を挙げるのかなど、お互いが納得できるポイントを見つける必要があります。

30代貯金なしの彼氏・彼女と結婚したい

最近では晩婚化が進んでおり、30歳を過ぎて結婚する方が増えています。金融広報中央員会の調査によると、30代での貯金額の平均値は500万円となっています。

しかし、貯金がない人の割合は40.4%となっており、貯金がない人も多いことが分かります。

貯金がない状態で結婚式を挙げたり、新婚旅行をしたりするには、先述したブライダルローンなどを活用することもできますが、できるだけ節約したほうがよいのも事実です。

各種分類別データ(平成29年) ― 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]|知るぽると

結婚式費用を節約する

結婚式場によって様々なプランが用意されていますが、節約するにはプランの明細をしっかりと読んで確認しましょう。

自分たちに合うプランだと思っても、自分たちには必要のない項目が入っていることもあります。また、反対にプランには含まれていないものがあり、別途お金が必要になる場合もあります。

自分たちには必要ない項目があれば、その項目を削除することで金額の割引を交渉することも可能です。最初からウェディングプランナーに予算内で収まるようにと伝えると、最終見積もりで金額が大幅に増えることを防げます。

また、当日に予定外に加算してしまう出費があることも多いので、見積もりを作る際には、予算に少し余裕をもつことも大切です。

新婚旅行費用を節約する

新婚旅行費を節約するには、下調べを十分にすることが重要です。インターネットで予約できるものには、格安ツアーなど種類が豊富にあります。また、オフシーズンに行くことで費用を大幅に抑えられます。

もし旅行に慣れている場合は、ホテルや交通手段などを、すべて自分たちで計画することで節約できます。時間は多少かかりますが、自分たちの希望に沿った一番安いオプションを選べるので、節約になります。

また、お土産は現地で調達するよりも、事前にインターネットで注文した場合のほうが安くすみます。

そして、海外に行く場合の現金の両替は、現地で行ったほうがレートがよいため、現地でまとめて両替することで節約できます。

引っ越し費用を節約する

引っ越し代を節約するには、数件の会社から見積もりをもらって、比較することが大切です。同じ距離でも会社によって値段が違うほか、引っ越す時期や時間帯によっても値段は変わります。

3月や4月は新生活に伴って引っ越しが増えるので、可能であれば避けるのが無難です。また、引っ越し費用は朝が一番高く、夕方に下がります。

引っ越しをする際には、できるだけ物を減らすことも重要です。荷物が多ければそれだけ引っ越し代も高くなります。食器やキッチン用品など、相手と重複して持っているものは寄付するか、売れるものは売ってしまうと収入にもなり一石二鳥です。

大事なのは結婚後

一番大切なのは結婚後の生活です。1人暮らしのときは、貯金がなくてもそれなりにやりくりできますが、結婚して子供ができたときや将来のことも考えると、貯金をするのはとても重要なことです。

そのため、結婚を機に出費をよく考えて貯金をはじめることが大切です。

2人になることで出費はどうなる?

2人で住むことになれば、基本的な生活費の出費も2倍になります。共働きならば収入も増えますが、今までの生活と同じでは貯金ができないので、何にお金を使っているのか、出費をはっきりさせることが重要です。

出費をはっきりさせるには家計簿をつけるのが効果的です。最近では携帯のアプリなどでも簡単に家計簿をつけられるものがあります。

家計簿は続けることが一番大切なので、まずは自分のできる範囲で記録を続けていくようにしましょう。

結婚5年でいくら貯めておきたい?

貯金は手取りの15%が目安と言われています。貯金ゼロでスタートした場合、年収400万円で月の手取りが約33万円の場合、月に約5万円の貯金をすると1年間で60万円、5年間で300万円貯まります。

しかし、これはあくまでも目安であり、子供ができたら出費が増えるほか、冠婚葬祭などの急な出費もあります。そのため、大切なのは、コツコツと続けて貯金することです。

貯金が苦手だという場合には、定期貯金などを利用して、給与から直接振り分けられるようにすると、そのお金は使えないので貯金ができます。

年代別貯金総額の平均と毎月の貯金額目安:常陽銀行

協力して少しずつ目標を実現しよう

その他の貯金のコツとしては目標を立てることです。例えば、マイホームを買うのが夢であれば5年後、10年後にいくら必要なのかを具体的に算出すると、月々に貯金しなければならない金額が明確になるため、貯めやすくなります。

また、1年に1回は旅行するなどの近い目標を立てるとやる気が続くため、自然と無駄遣いが減るようになります。夫婦でしっかりと話し合って、お互いが納得した目標を掲げることが大切です。

まとめ

貯金がなくても籍を入れて結婚することは可能です。結婚式や新婚旅行も、ブライダルローンを利用するなどして実行できます。

しかし、夫婦となって家庭を持つ以上、その後の生活のために貯金を始めることは重要です。結婚という節目を機に出費を見直して、コツコツと貯金をすることで、将来にもゆとりができます。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

ライフプランを作成する

Fincy」では、専門家に直接お金の相談をすることができます。「家計に関するお悩み・相談」など のお悩みを、カテゴリーページから探してみましょう。