1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. おすすめの家計簿のつけ方。飽きずに続けられる方法

おすすめの家計簿のつけ方。飽きずに続けられる方法

家計簿と聞くと続けるのが難しいかも…と思ってしまいがちですが、毎日続けることでお金の流れを理解し、節約や貯金に役立てることができます。家計簿本来のメリットや飽きずに続けられる方法を知り、好きなことへお金を使う機会を増やしていきましょう。

この記事の目次

家計簿とは

家計簿とは、家計のお金の流れを記録することで、いつどんな時にお金が使われたのか、その内容を把握することができる帳簿のことをいいます。

いつのまにか使ってしまっていた支出の内訳を記録して理解することで、自分がどんなものにお金を使う傾向があるのかを把握することができます。一人暮らしの場合も家族で暮らしている場合も、生計を立てるために有効的な手段のひとつです。

支出の項目を見直してみよう

家計簿を始めるにあたり、まずは支出の項目を見直すことから始めてみましょう。家賃や保険料など、毎月必ず出ていく固定支出のほかに、交際費や娯楽などに使われるお金など、お金の使い方は人によって様々です。

1カ月のお金の流れを知ることにより、減らすことができる項目を見つけることができます。電気やガス・水道代などは普段の使い方が影響しているため、心がけ次第でコストを抑えることが可能です。

食費などは記録をつけることで、店の単価の違いなども把握できるため、店選びのポイントとして家計簿を参考にすることができます。自分にとって使う必要があるかどうかの判断をつけるために、支出の項目の内訳を理解しましょう。

一番多い出費を知る

出費の内容は、世代によって異なりますが、大学生などの場合は教材や学生ローンなどがある場合もありますし、シニア世代になると医療費や生活費が支出の大半を占めるようになります。

働き盛りの30代から40代にかけては、将来のために貯金したりマイホームのローンや自動車保険など、若い世代と比べても支出額が高くなる傾向になります。子供がいる場合は養育費もかかるので、少しでも出費を抑えたいと思う方も多いでしょう。

一番多くかさむ出費を理解し、そのうえで少しでも節約できる項目を見つけることで、将来のための貯蓄につなげることができます。支出する場合に優先順位などをつけてみるのも一つの方法です。

レシートでできること

買い物をした時のレシートは後で何にお金を使ったのか確認できる証明になるので、捨てずにとっておくことをおすすめします。

レシートの内容を見ることで家計簿に役立てることができますし、どの店でいつ何にお金を使ったのかが分かる大切な証明ですので、捨てずにとっておくようにしましょう。

クレジットカードで買い物をした場合も、その明細が記録されていはずですので、家計簿を付ける時の参考になります。レシートやカードの明細は支出の内訳を把握する大切なポイントですので、意識して確認することが大切です。

毎日続けるためのコツ

レシートやカードの明細をチェックするのはめんどくさい…と思う方も多いかもしれません。家計簿は続けることに意味があるので、続けるためにも飽きない方法で記録をつけることが大切です。

携帯などで簡単に管理できる方法やノートに手書きで記録する方法など、家計簿の付け方は様々です。自分の性格やライフスタイルに合った方法を実践し、ストレスなく続けることが大切です。

家計簿を簡単につけるコツは?目標を設定して楽しく節約しよう

家計簿をつけるメリット

家計簿を飽きずに続ける為にも、家計簿をつけるメリットを理解しましょう。大きく分けると、以下のような3つのメリットが挙げられます。

  • お金の流れを理解し、無駄な支出を抑えることができる
  • 毎日記録することで、赤字を未然に防ぐことができる
  • 長期的なプランや貯金がしやすくなる

支出の内訳が分かれば、お金に対する意識が変わってきます。自分の収入や予算に見合った使い方をすることで、お金を使う時にそれが本当に必要な支出かどうかを考える機会を持つことができます。

毎日記録をすることで、1カ月の支出の合計額を把握することができるので、もし赤字などになってしまう場合は、その前に対処することが可能になります。赤字を防ぐことで、長期的なお金の流れを見ることができ、貯金もしやすくなります。

手書きや自分で作成するコツ

家計簿の一般的な方法は、ノートなどに記録することがまず最初に挙げられます。毎日書くことで、お金に対する意識が変わり、それだけでも出費を抑えることにつながります。時間がある方やコツコツ管理したい方には手書きの家計簿がおすすめです。

まず始めにすること

毎日続けるなら手間も省けて楽に続ける方法がおすすめです。日付と使った金額、何に使ったかなどシンプルに記録するようにしましょう。最初はこれだけでも、だんだん続けることによって、支出の合計金額なども計算しやすくなります。

毎日書くのが難しい場合は、週末や曜日を決めるなど、習慣化する癖をつけるようにする事も大切です。食費などは細かく記録をせず、合計金額だけでも書くように心がけましょう。

何に使ったか分からない項目をなくすことが家計簿をつける上で、まず最初にするべきポイントです。

つけ方のポイント

項目をシンプルにすることは、家計簿を長く続ける大切なポイントです。それが慣れて習慣化してきたら、支出を項目ごとに計算し、その割合をみてみましょう。毎月の金額に変動がある場合は、コストを抑えることが可能です。

貯金したい場合はその目的などをノートに書くなどして、楽しく続けられるように意識しましょう。

家計簿はノートで楽しく。シンプルな書き方で毎日継続するコツ

パソコンのエクセルで作成

普段パソコンを使う方は、エクセルの表を使って記録していくと、自動で計算することもできるため、とても便利です。空いた時間を使って日付と金額、項目を記入し、家計簿を管理してみましょう。

家計簿をエクセルで作成。初心者でも簡単に作成するポイントとは

おすすめのアプリと活用法

スマホで簡単にできる家計簿アプリがあるのをご存知ですか?スマホならいつでも持ち歩いて簡単に記録することができるため、とても便利です。

手書きやエクセルはめんどくさい…と思う方は、スマホの無料家計簿アプリを使うことで、継続して家計簿を付けることができます。

スマホのアプリが人気な理由

家計簿を続けることが難しいと思っている方でも、スマホのアプリなら普段メールやニュースをチェックするのと同じ感覚で家計簿をつけることができます。ノートや自宅のパソコンではそのためのツールが必要ですが、スマホならそのような心配がありません。

アプリは金額などを記入するだけで、自動で計算してくれるため、自分でわざわざ計算する手間を省くことができます。月単位や週単位など、細かく記録をチェックすることもできるため、計画も立てやすいのが特徴です。

飽きやすい方には、シンプル機能のみのものやデザインのかわいいものなど、複数の選択肢の中から家計簿アプリを選ぶことができます。無料なので複数のアプリを試しに使うことで、自分に合った家計簿アプリを使うことができます。

目的や用途でみるおすすめアプリ

家計簿をつけることの本来の目的は家計のお金の流れを知ることにあります。お金の流れを知るだけでなく、徹底的に資産を管理したい人には高機能のアプリもありますし、レシート読み込み機能で簡単に記録できるものまで、用途はさまざまです。

つけ方が簡単なアプリ

まずは記録をしてお金の流れを把握したい方には、シンプルな機能のついたアプリがおすすめです。金額を入力するだけで自動計算してくれるタイプなど、最低限の時間を使ってできるものを選ぶようにしましょう。

とにかく家計簿をつけるのが目的という方は、「らくな家計簿」というアプリがおすすめです。その名の通り、画面が見やすく、金額を入力するだけのシンプルなアプリです。

カレンダーや内訳表示もあるので、見やすくて飽きのないデザインが人気の理由です。

らくな家計簿

高機能で徹底管理

徹底的に資産を管理したい方や、普段クレジットカードでの買い物をよくする方には「マネーフォーワード」という無料アプリがおすすめです。クレジットカードと銀行口座の両方と連携できる機能がついているので、細部まで徹底して管理することができます。

パソコンからでも利用できるので、いつどんなときでもすぐに資産をチェックすることができます。使った内訳を自動で分類する機能もあるため、その分の手間を省くことができるのも特徴のひとつです。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

レシート読み込み機能

支払いの時にもらったレシートをスマホで撮影するだけで簡単に記録することができる便利な家計簿アプリがあります。レシートはかさんでしまいがちですが、撮影して記録するだけなのでかさむ心配もなく、いつでも簡単にすることができます。

献立のレシピなども提案してくれる女性にも嬉しいおすすめのアプリが「レシーピ!」です。使い方も簡単で長く使うことができると評判のアプリです。

完全無料の家計簿アプリ「レシーピ!」レシート読取で簡単・楽しく・役に立つ!

家計簿アプリなら無料で簡単?毎日の積み重ねで貯金をアップしよう

おすすめの家計簿のつけ方は?ノートや無料アプリを活用しよう

テンプレートを使ってパソコンで作成

スマホで家計簿をつけるよりも家でゆっくりパソコンで家計を管理したい方には、パソコン専用のテンプレートを使って家計簿を管理しましょう。中には無料のテンプレートなどもあるため、簡単に始めることができます。

おすすめのソフト

エクセルで作成する場合は無料のテンプレートを使うことにより、表の作り方が分からなかったり計算方式が分からないという方にはその作成の手間を省くことができます。自分の記録しやすい形式やデザインを選んで楽しく家計を管理しましょう。

無料家計簿テンプレート一覧 - フリーソフト100

家計簿でできること

家計簿をつけることの意味とは、家計の管理はもちろん、お金の使い方にも意識を向けることによって無駄な出費を抑え、好きなことにお金を使う機会を増やすことができるというメリットが挙げられます。

これからますます充実した日々を送るためにも、自分に合った家計簿をつけることで、少しでも生活にゆとりを持たせて楽しい毎日を送りましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 収入40万で家賃11万は割高でしょうか?

    手取り収入訳40万円です。現在の家賃は収入に対して割高なのではないか、と時々親や知人に言われることがあります。オートロック付、エレベーターありの築25年の...

    40代 / 女性 / 大阪府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • 食費と光熱費を浮かす方法を知りたいです

    食費を浮かす方法と光熱費を浮かす方法、で、生活費(出費)は同棲してる男性分も含まれていて通信費にお金をかける癖が私にあります。 ローンは車と車の保険1万ず...

    20代 / 女性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 老後の預金額の計画について

    預金はあるけど65歳で定年になった時のはできるだけ今の預金を増やす形でするかそれとも厚生年金加入してくれる会社に転職するかそれとも個人年金の加入するか 平...

    50代 / 男性 / 年収 300万円以下 / 独身

家計の人気記事

カテゴリ

家計