1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金のコツが知りたい。高校生でも成功する貯金方法や節約術とは

貯金のコツが知りたい。高校生でも成功する貯金方法や節約術とは

高校生で貯金は難しいと思っている人は多いのではないでしょうか。バイトを頑張っている人や、おこずかいを節約している人など、様々な方法で貯金をしている人もいるでしょう。そんな高校生のために、ここでは貯金のコツを紹介します。

この記事の目次

高校生の貯金の平均は?

他の人はどのくらい貯金をしているのだろう?というのは気になるところです。はたして高校生の貯金額はいくらくらいなのでしょうか。

もちろんアルバイトをしている人や、そうでない人によって大きく差はありますが、アルバイト情報誌anの調査によると65,000円くらいが高校生の平均貯金額となっています。

高校生バイト実態調査! | アルバイトニュース・プラス

高校生が貯金をするためのコツとは

いくら収入があっても、なかなか貯金が貯まらないという人もいれば、それほど収入はないのに貯金が多いという人もいたりします。

貯金の上手な人とそうでない人の違いは何なのでしょうか。

貯金をする理由を明確に持つ

まず、貯金をする前に「なぜ貯金をするのか」という明確な理由を持つことが大切です。貯金に限らず何をするにしても、目標がなければ頑張ることは、なかなか難しいでしょう。

例えば、ダイエットにしても「あの人と付き合いたい!」とか「夏にみんなで海に行く予定がある!」などといった明確な目標があれば、頑張ることができるでしょう。漠然と「痩せたい」というだけではなかなか頑張ることができないのと同じです。

そのため、手段である貯金をすることを目標にするのではなく、貯金をして何を買いたいのか、何をしたいのか、という目標を明確にすることから始めましょう。

毎月の貯金額を決める

「原付バイクを買うために10万円貯めよう」という貯金の目的を決めても、10万円という金額だけを考えると、なんだか途方もない額のように感じてしまいます。

そこで、毎月いくらずつ貯金して、いつまでにその目的を達成するかという目標を決めることが大切です。

例えば、「5kgダイエットしよう」というのは大変なイメージがありますが、毎月0.8㎏ずつ体重を落とすことを目標にして、半年後までに5㎏痩せようと目標を立てれば、実現可能だと感じるでしょう。

人は難しいと感じることや、無理だと感じることには頑張れません。そのため、これなら頑張れるという毎月の貯金額を決めることが大切です。

貯金をするための手段を考える

貯金をする目標を明確にしたら、次は貯金をするための手段を考える必要があります。

毎月5,000円貯金しようという目標を決めたのに、毎月の収入がおこずかいの5,000円のみでは難しいと言えるでしょう。そのため、貯金をするための手段ををみていきましょう。

アルバイトをする

毎月1,000 円や2,000円などの貯金であれば、おこずかいだけでも可能かもしれません。しかし、毎月1万円以上の貯金を目標にするのであれば、やはりアルバイトをして貯金をするのがよいでしょう。

では、貯金をするためにはどのようなアルバイトを選べばよいかをみていきます。

高校生のアルバイト平均額

アルバイト情報誌anの調査によると、高校生でアルバイトをしている人の平均額は1カ月に45,000円ほどです。これだけあれば、月に1〜2万円の貯金というのも現実味をおびてきます。

例えば時給800円のバイトであれば、1日3時間で2,400円、週に4回アルバイトをすれば、1カ月で約4万円は稼ぐことができます。

高校生バイト実態調査! | アルバイトニュース・プラス

時給よりもシフトを重視

限られた時間の中で働く必要のある高校生は、時給の高さでアルバイトを選ぶよりも、シフトの入りやすさや自由度で選ぶのがおすすめです。

どんなに時給の高いアルバイトを選んでも、あまりシフトに入ることができなければ意味がないほか、学生であれば試験期間の休みなども欲しいところです。

そのため、時給が高いことに越したことはありませんが、ある程度シフトの自由が効くというのも高校生のアルバイトでは大切なポイントです。

続きそうなバイトを選ぶ

高校生でアルバイトをする人の多くが、アルバイト未経験だったりします。そのため、思っていた仕事と違ったなどの理由で、アルバイトを辞めてしまう人もいます。

当然、どんなに時給が高くて稼げるアルバイトでも、続かなければ意味がないので、続けられそうなアルバイトを選ぶようにしましょう。

続けられそうなアルバイトとはファーストフードやコンビニのアルバイトなどが挙げられます。

これらのアルバイトは、どのような仕事なのかイメージがしやすいため、思っていた仕事と違ったということも少ないでしょう。

必要のないものを売る

読んでいない漫画や聴いていないCD、遊んでいないゲームや着ない洋服などが家にありませんか?

まずは、そういったものを中古品店などに売って処分するというのも、お金を作るには有効な手段のひとつです。

確実に毎月の収入の足しになる、なんてことはありませんが、目標金額を少しでも増やすことができます。

もし使っていない不用品が家にある場合は、売って処分するということも考えてみましょう。

高校生でもできる節約術とは

よくテレビなどで役に立つ節約術が紹介されていますが、大抵は高校生には関係のないような話ばかりです。しかし、高校生でもできる節約術も探せばあるものです。

ここでは、高校生でも簡単にできる、おすすめの節約術をいくつか紹介します。

学校での飲食代を節約する

高校生の昼食は弁当か学食、売店の利用のどれかではないでしょうか。親が弁当を作ってくれているのであれば別ですが、毎日500円の昼食代をもらっているなどの場合は、それを節約してみてはどうでしょうか。

例えば、家からご飯だけを弁当箱で持参しておかずのみを購入し、500円を使い切らなければ多少なりとも節約に繋がります。

また、毎日学校でジュースやお茶を購入している場合は、家から飲み物を持参するのもよいでしょう。こういった外での飲食代の節約も考えてみましょう。

コンビニではなくスーパーを利用する

ジュースやお菓子を買うときはどこを利用していますか?おそらく高校生はコンビニが多いのではないでしょうか。コンビニは確かに便利ですが、商品のほとんどは定価で販売されています。

それに比べてスーパーは、割引が当たり前の価格なので、当然日々の買い物はスーパーを利用したほうが、お得なことは言うまでもありません。

微々たる差かもしれませんが、塵も積もれば…ということです。節約とはそういった細かいことが大切です。

通勤手段を自転車に変えてみる

学校と自宅との距離があまりに遠い人や、自転車通学が禁止されている高校であれば無理ですが、自宅の最寄り駅と学校の最寄り駅が近い人であれば、貯金をする間、自転車通学に切り替えてみるのもひとつの手です。

おそらく、定期券を購入して通学している人も多いかと思いますので、その定期代を貯金に回せば、かなり貯金の足しになってくれるでしょう。

ただし、親に黙って定期代をネコババしてしまうと、バレたときが大変ですので、貯金のために自転車で通い、その間の定期代は貯金にまわさせて欲しい、ときちんと親に相談しましょう。

まとめ

たとえ高校生であっても、きちんと目標と手段を決めさえすれば、おのずと貯金の目標金額達成までの道のりは見えてきます。

どうしても欲しいものがある人や、やりたいことがある人は、ぜひ参考にしてみてください。

貯金のコツについてもっと広く知りたい方はこちらの記事がおすすめです!

貯金のコツを押さえて貯金上手に。誰でも今すぐできる貯金術を大公開

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり