1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金のコツをつかめば貯められる。子供がいても貯金を増やす方法

貯金のコツをつかめば貯められる。子供がいても貯金を増やす方法

子供には教育費をはじめ、いろいろお金がかかります。また、子供以外にも自分たちの老後にもお金は必要です。これから将来に向けて、効率よく貯金していくにはどうすればよいのでしょうか。今回は、貯金を増やすコツや方法についてご紹介します。

この記事の目次

貯金はいくら必要か

子供を育て老後の生活を送っていくには、どれくらいのお金が必要になるのでしょうか。それぞれについて詳しく解説していきます。

子供にはいくらお金が必要か

子供1人が大学を卒業するまでには、いろいろな費用がかかります。どれくらいの金額が必要かについて、幼稚園から高校卒業までと、大学4年間にわけて具体的にみていきます。

幼稚園から高校卒業まで

下の表は、文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」の結果を基に、幼稚園から高校卒業までの学習費総額を、公立・私立別にまとめたものです。学習費総額とは、学校教育費・学校給食費及び学校外活動費の合計額を指します。

幼稚園から高校卒業までの学習費総額の合計は、すべて公立に通った場合はおよそ523万円、すべて私立に通った場合はおよそ1,770万円かかり、金額に大きな開きがあることがわかります。

公立 私立
幼稚園 634,881円 1,492,823円
小学校 1,924,383円 9,215,345円
中学校 1,444,824円 4,017,303円
高等学校(全日制) 1,226,823円 2,973,792円
学習費総額合計  5,230,911円  17,699,263円

結果の概要-平成26年度子供の学習費調査:文部科学省

大学4年間

大学にかかる費用については、自宅から通学する学生と、そうでない学生との間でかなりの違いがあります。下の表は、それぞれの場合について、国・公・私立にわけて1年間にかかる学生生活費を示したものです。

大学4年間の学生生活費を、平均値を基準として計算すると次のようになります。

  • 自宅から通学する学生:平均値1,677,100円×4年間=6,708,400円
  • 自宅以外から通学する学生:平均値2,129,900円×4年間=8,519,600円

学費のみでは、大学4年間で次のようになります。

  • 国立:  647,700円×4年間=2,590,800円
  • 公立: 666,300円×4年間=2,665,200円
  • 私立:1,361,600円×4年間=5,446,400円
 区分 学費 学生生活費/自宅 学生生活費/自宅以外
国立 647,700円 1,099,300円 1,714,600円
公立 666,300円 1,098,800円 1,649,400円
私立 1,361,600円 1,769,600円 2,390,500円
平均 1,195,300円 1,677,100円 2,129,900円

※学生生活費とは学費と生活費を合わせたものです。

学費:授業料その他の納付金・修学費・課外活動費・通学費の合計。

生活費:食費・住居光熱費・保健衛生費・娯楽・嗜好品・その他の日常費の合計。

平成26年度学生生活調査 - JASSO

子供以外にもお金は必要

子供にかかる費用以外にも、老後の生活や住宅・車の購入など、まとまったお金が必要となる場合は多くあります。

総務省の「家計調査報告‐平成28年」によると、夫65歳以上・妻60 歳以上の夫婦のみの無職世帯では、実収入212,835円、非消費支出(税金・社会保障費など)29,855円、消費支出237,691円となり、毎月54,711円の赤字となります。

この不足分は、何かしらの手段で補わなければなりません。老後の資金に関しても、どれくらいの金額が必要かを考え、計画的に準備していくことが求められます。

子供の教育費をまず確保してから、老後の資金を貯金していくのも可能です。ただ、この場合は子供にかかる資金を、なるべく早く用意することが重要となります。

統計局ホームページ/家計調査報告(家計収支編)―平成28年(2016年)平均速報結果の概況

家計を見直す

貯金の計画を立てる前に、現時点での家計を把握する必要があります。収入・支出・貯蓄ごとに、いくら費やしているのかを確認し無駄を省くことで、貯金する金額を増やせます。その方法について、具体的にみていきましょう。

家計を把握する

まず、自分の家計について整理します。1カ月ごとに給与・食費・光熱費などの、大まかな費目に分けた家計の収支を記録し、それぞれの費目別合計額を出します。これを3カ月程度繰り返すと、大体の家計の費目別収支が把握できます。

その収支を基に無駄な支出を減らし、毎月、貯蓄に確保できる金額を考えます。毎月の貯金額が決まったら、給与からまず先に貯金分を銀行口座へ入金し、残ったお金で生活していく習慣を身に付けていきましょう。

下の表は、総務省の調査資料を基に、2人以上の世帯の費目別消費支出(2016年)についてまとめたものです。各家庭で収入や家族構成など条件に違いはありますが、自分の家庭と比較することで、毎月の予算配分の参考となります。

項目 月平均額 構成比 項目 月平均額 構成比
食料 72,934円  25.8% 教育 11,310円  4.0%
住居 16,679円  5.9% 保険医療 12,888円  4.6%
光熱・水道 21,177円  7.5% 交通・通信 39,054円  13.8%
家具・家事用品 10,329円  3.7% 教養・娯楽 28,159円  10.0%
被服及び履物 10,878円  3.9% その他 58,780円  20.8%
消費支出合計 282,188円  100.0%

総務省|家計調査報告(家計収支編)平成28年(2016年)平均速報

固定費を見直す

家計を見直す場合に、まず手を付けたいのが固定費です。固定費は毎月発生する費目なので、一度見直すことでその効果が毎月期待できます。固定費の見直しで重要なのが、それぞれの契約先や契約プランです。

通信費であれば、携帯電話を格安SIMの電話会社に変更したり、電気は契約先に新しく参入した電力会社を考えたり、また、それぞれの契約プランを見直すことで料金の削減ができます。

【2019年最新】格安SIMおすすめランキング!速度や料金の違いとは?

生命保険に関しても将来に備え加入するのは大事ですが、必要な保障や保険料をよく吟味して選びましょう。無料の相談窓口などを利用すると、専門家の適切なアドバイスを受けながら、納得のいく保険選びができます。

余裕ができても油断しない

給与のアップ・臨時収入などで、家計に余裕ができても油断してはいけません。子供の習い事を増やしたり、無駄な消費をしないようにしたりと注意しましょう。

子供の教育資金などの目標にある程度目途が立つまでは、家計の余裕分はなるべく貯金に回すようにします。

ただ、貯金ばかりに固執することもストレスとなるので、ある程度の気分転換や息抜きも必要です。余裕ができたときは、予算内で家族旅行や食事にでかけるなどし、生活にメリハリをつけて普段は節約を心がけるようするとよいでしょう。

貯金のコツとは

貯金目標を少しでも早く達成するには、貯金の方法を考えてみる必要があります。どのようにすれば効率よく貯金していくことができるのかについて、説明していきます。

専用の口座を設ける

まず、効率よく貯金していくには普段使う口座とは別に、貯金専用の口座を設けて管理します。

例えば教育資金用、住宅購入用など貯金の目的ごとにいくつかの専用口座を設けると、それぞれ目標に対して、現時点でどの程度の金額が貯金できているのかなど、貯金の現状が簡単に把握することができます。

そして、それぞれの目標に対して少しずつでも近づいていることが実感できるので、貯金に対するモチベーションを保つ効果もあります。

また、何らかの原因で貯金目標の見直しや変更が必要になった場合にも、計画の立て直しが考えやすくなり便利です。

児童手当は必ず専用口座へ貯金

子供が誕生して申請を行うと児童手当が給付されます。児童手当の支給額を対象年齢別にまとめたものが下の表です。

 

子供の年齢 支給金額 支給総額
0~3歳未満 一律15,000円 54万円
3歳から小学校修了まで 第1子・第2子 10,000円
第3子以降    15,000円
108万円
162万円
中学生 一律10,000円 36万円
所得制限以上(960万円以上) 一律 5,000円 90万円

 

児童手当制度の概要 - 内閣府

児童手当を子供の誕生から中学卒業まで貯金すると、第1子・第2子は総額198万円、第3子以降は総額252万円となります。児童手当だけでも全額貯金すると、かなりの金額になることがわかります。

児童手当は必ず貯金専用口座へ入金し、子供のために使うお金として手を付けないようにします。

また、子供の誕生や入学など、子供の成長の節目でいただくお祝い金も一緒に貯金していけば、教育費の一部として役立てることができます。

目標額を決める

これまでの資料を基に計算してみると、すべて公立の幼稚園・学校に通い、大学を自宅通学とした場合で、子供1人当たり、約790万円の教育費が必要となります。ただ、これは790万円の貯金が必要というわけではありません。

将来の教育費を貯金しながら、現時点でかかる教育費については、家計の中から捻出可能な期間が存在します。これを念頭に置いて目標額を考えていきます。

目標額は子供の進学先が国公立か私立かによって違ってきます。子供と話し合いながら、収入や貯蓄とのバランスも考えて進路を決めていきましょう。

また、場合によっては、教育ローンや奨学金制度などを活用することも選択肢のひとつです。

子供の成長に合わせて目標を設定

貯金の目標金額が決まったら、子供の成長に応じた短期目標を設定します。短期目標をクリアしていくことで、確実に目標へと近づくことが可能となります。

例えば、幼稚園・小・中・高校卒業までと、ある程度幅を持たせた期間ごとの目標額を決めます。そこから1年間に貯金する金額を計算し、子供の進級に合わせて年間目標を設定するなど、自分の家庭に合った計画の立て方を考えます。

また、子供が2人以上いる場合は、全員まとめて目標額を設定して貯金するのではなく、子供それぞれ平等に目標額を設定し、貯金していくほうが好ましいと言えます。

上の子に教育費をかけすぎて、下の子の教育費に困ってしまうなどといったことにならないよう注意が必要です。

子供が小学生の期間に貯金を増やす

貯金をする際、貯金がしやすい期間を逃さないようにすると、無理なく順調に貯金できます。子供がいる場合は、子供にお金がかからない時期というのが、この貯金しやすい期間となります。

この期間にあたるのが子供の小学校在学中です。幼児期は幼稚園の月謝など、何かとお金が必要です。

また、中学・高校となると部活動を始めたり、洋服や通信費、塾・受験の準備が必要になったりと、いろいろとお金がかかることが多くなります。

中学・高校と出費が増えることを念頭に、子供が小学生の間に、できるだけ多くの貯金を増やすよう計画を立て実践していくことで、後々の貯金を楽に続けられるようになります。

貯めやすい貯金の方法を考える

目標とする金額をなるべく早く達成するには、貯金の方法についても考える必要があります。どのような方法で貯金すれば、効率的にお金を貯められるかについて説明します。

積立・天引きなどを利用

貯金を長く継続していくには、勤務先の財形貯蓄や、銀行の自動積立定期預金の利用が有効な手段となります。特に、貯金に苦手意識のある人にはおすすめです。

給与が支給されたらまず先に貯金をし、残ったお金で生活するという考え方をします。生活費が足りなくなっても、安易にATMから貯金を引き出すことも好ましくありません。

まず、手元にあるお金で、どうにかやりくりすることを考えていく姿勢が大切です。

子育て支援の優遇金利を利用

子育て支援として、子供のいる家庭を対象に定期預金金利の優遇を行っている銀行があります。

地元と関係の深い地方銀行や信用金庫が、取り扱っている場合が多く見られます。このような金利のよい金融機関を利用し、預金するのも効率のよい方法です。

子育て支援の定期預金を取り扱っている金融機関を、いくつか紹介します。このほかにも、いろいろな金融機関で取り扱いがあるので、地元の金融機関などについて調べてみるとよいでしょう。

それぞれの商品の詳しい内容や契約条件などについては、各金融機関のホームページにてご確認ください。

子育て応援 定期積金|定期預金|ためる・ふやす|北日本銀行
子育て応援定期預金ANGEL PLUS ONE|大和信用金庫
子育て応援積立定期預金|積立預金|愛媛銀行

 ネット銀行を利用

ネット銀行は店舗を構えず、対面サービスを行わないなどの経費削減により、預金に対する高い金利の設定を可能にしています。定期預金に関しても金利の高い商品を多く取り扱っています。

そのため、ネット銀行の定期預金を利用すると有利な貯金ができます。ネット銀行の扱う好金利の定期預金をいくつか紹介します。詳しい情報や最新の金利については、各銀行のホームページにてご確認ください。

 銀行名 6カ月 1年 3年 5年
オリックス銀行 0.08% 0.10% 0.18% 0.25%
SBJ銀行 0.05% 0.15% 0.25% 0.30%
イオン銀行 0.04% 0.05% 0.10% 0.10%

eダイレクト預金 | 預金 | オリックス銀行
金利一覧|個人のお客さま|SBJ銀行
スーパー定期(定期預金) |定期預金・普通預金|イオン銀行

まとめ

目的を目指し貯金をする場合、まず目標額を設定し、無理のない具体的な計画を立て、長く続けていくことが重要となります。

教育、マイホーム、老後など、人により目的は様々ですが10年、20年、またその先を見据えた貯金が安定した将来へとつながります。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計