1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ライフプランで住宅ローンをシミュレーション。無理なく返済するコツ

ライフプランで住宅ローンをシミュレーション。無理なく返済するコツ

マイホームを手に入れるため、住宅ローンは欠かせないものです。しかし、この先支払い続けることができるのかという不安もあります。この記事では、安心して住宅ローンを組むためのライフプランの考え方や、無理なく返済するためのコツを紹介しています。

【2018年最新】 ▼ 当サイトで申し込みの多い、住宅ローンサービス

この記事の目次

ライフプラン優先で住宅ローンを

無理なく返済できる住宅ローンを組みたいのなら、まずはライフプランのシミュレーションを行うことが必要です。

借りられる金額で買うと危ない

初めてマイホームを買うとき、多くの場合は住宅ローンを組みます。一般に、住宅費は手取り収入の25%以内に抑えるのが、健全な家計を維持するポイントであるとされています。

例えば、手取り25万円の人の場合だと毎月62,500円になります。この人が35歳で25年の住宅ローンを組んで住宅を購入した場合、頭金300万円・ボーナス払いなしで買える物件は、約2,000万円のものとなります。

もちろん、ボーナス払いありの30年ローンなら、もっと高い物件の購入が可能ですが、住宅ローンを利用して住宅を購入するのは、「買う」のではなく「借りる」ということです。

借りられる金額目いっぱいの物件を購入することは、人生の大半を担保に入れたのと同じことになります。

この先30年間払い続けられる?

返済期間が長引くほどリスクは高まります。勤め先が定年まで存続するかどうかさえ不透明な今のご時世です。また、リストラや減給があるかもしれず、そのための自衛策としての預貯金も必要となります。

頼みの綱のボーナスや退職金も当てになりません。また、マイホームは買って終わりではなく、毎年の固定資産税や定期的なメンテナンスおよびリフォームが必要となるため、そのための費用も確保しておかなければなりません。

住宅ローンを完済するまでの期間は山あり谷ありです。今後30年間支払い続けられるかどうかを見極めた上で住宅ローンを組まないと、途中でマイホームを手放すハメにならないとも限りません。

参考:マネー全般 知るぽると

ライフプランのシミュレーション

ライフプランのシミュレーションをする際、住宅の取得とともに見落としてはならない大きな出費があります。

ライフプランを作成する

人生の三大出費とは?

必要なのは住宅費用だけではありません。これに加えて子供の教育費と老後の生活費を用意しなければなりません。これらの費用はあわせて「人生の三大出費」といわれているもので、人生の途上で避けられないものとされています。

厳密にいえば、子供を持たないという選択は可能ですが、ここではすでにお子さんがいる、あるいはお子さんを希望しているものとして考えます。

教育費と老後費用を確保しながら住宅ローンを返済してゆくためには、購入物件を吟味することが大切です。おおむね次のような物件なら無理のない返済を続けられます。

  • 物件価格は年収の5倍以内
  • 頭金は物件の最低15%
  • 返済額は手取り収入の25%以内

参考:住宅ローン返済シミュレーション

子供にお金を掛けすぎない

子供を持つという選択をした場合、避けて通れないのが教育費です。かわいい我が子に充分な教育を施したい、夢を叶えてやりたいというのは、親としての当たり前の願いです。

しかし、親のスネの太さを考えることを忘れてはなりません。「大学に入れたものの学費が続かず中退」という話を聞いたことはないでしょうか。しっかりとライフプランのシミュレーションをしておかないと、資金がショートしてしまいます。

教育プランに優先順位をつけて、習いごとやお稽古ごと、部活動などにお金を掛けすぎないようにしなければなりません。お子さんが小さいうちから将来について話し合い、適性を見極めながら教育プランを練り上げたいものです。

老後の心配をし過ぎない

少子化や不景気による社会不安から、「老後破綻」「下流老人」などという言葉がよく聞かれます。確かに先行きの不透明さは否定できませんが、あまりに早くから老後の備えのために奔走するのはいかがなものでしょうか。

人生の目的は老後の安泰ではなく人生そのものを充実させることで、そのためにライフプランというものがあるのです。ライフステージにおける優先順位をつけ、マネープランのシミュレーションを合わせて行いましょう。

住宅ローンではボーナス払いを利用せず、定年までに払い終えられるプランを組めば、老後の生活費用を抑えることができます。定年前にマイホームの全面改修を済ませておけば、さらに安心です。

家庭の数だけライフプランがある

家を買うのか借りるのか、子供は何人ほしいのか、老後はどのように暮らしたいのかなど、ライフプランは家庭の数だけ存在します。

どうしてもマイホームがほしいから車を諦める、老後は子供に頼りたくないから子供の教育費を圧縮するなど、思い切った決断が必要になることもあります。

また、実家のことも考慮しておくことが大切です。親の生活だけでなく家の処分など、意外とお金が掛かるため注意が必要となります。

お金の話がタブーとされていたのは昔の話です。家族みんなの夢とリアルな現実をすり合わせながら、ユニークなライフプランをシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

ライフプランを作成する

ライフプランの大波を乗り切ろう

ライフプランをシミュレーションしておくことで、人生に訪れる大波を事前に把握し対策を講じることができます。

ボーナスと退職金は当てにしない

ボーナスや退職金を加算した住宅ローンを組む方がおられますが、大変危険です。ボーナスや退職金は約束されたものではなく、手に入る見込みの資金なのです。

現に大手企業82社の2017年夏のボーナス平均額は91万7906円で、2016年より4.56%減少しています。

参考:一般社団法人 日本経済団体連合会

また、退職金も年々減少しています。大学卒の平均退職金は2013年の2,156万円でしたが、2003年は2,612万円でした。

参考:厚生労働省

不確定要素が増えるほどハイリスクとなります。ボーナスや退職金はあったら儲けものと考えてライフプランを立てておけば、「何があっても大丈夫」とまではいかなくても「何かあっても大丈夫」といえるローリスクな人生航路が期待できます。

最大の資本は健康

入念にライフプランのシミュレーションを行っても、最後に残る不安は健康状態です。老後破綻への転落のキッカケは、病気や怪我で失業して収入が途絶えたことや、入院や通院で医療費が増えたという事例が多く見られます。

参考書籍:『老後破産:長寿という悪夢 』NHKスペシャル取材班 (著)・新潮社

健康であれば働くことができ、医療費も節約できます。中年期に現れる生活習慣病は、若いころからの偏った食事や運動不足をはじめ、喫煙、過度の飲酒、ストレス過多などの不摂生が原因です。

適切な健康管理を行うことで、老後に健康を損なうリスクは軽減できます。健康こそが今すぐできる最大の資本づくりといえるのではないでしょうか。

何のために家を買うのか?

家は一生涯のうちで最も大きな買い物です。そもそも「何のために家を買うのか」ということを念頭に置いて、慎重に検討する必要があるものなのです。

家族の安らぎの場、子供が成長して巣立って行ってもいつでも立ち寄れる憩いの場、人生のベースキャンプなど、家に求めるものは人それぞれです。

しかし、どの理由も「家族の幸せ」のためであることに変わりはありません。家を買ったがため住宅ローンの支払いに無理を重ねるようでは、本末転倒と言わざるを得ないでしょう。

住宅ローンが支払えなくなって借金を重ねたり、マイホームが差し押さえられて競売に掛けられたりするようなことは避けたいものです。

住宅ローンの返済は焦らない

ライフプランをしっかりとシミュレーションした上で組んだ住宅ローンなら、返済を焦る必要はありません。プランどおりに毎月着実に返済してゆけばよいのです。

繰り上げ返済はほどほどにしよう

マネー雑誌などでは繰り上げ返済がよく取り上げられています。確かに金利の高いときに住宅ローンを組んだ場合、現在の超低金利下で預貯金をするより、繰り上げ返済をした方が得ということには一理あります。

しかし、預貯金より繰り上げ返済を優先することは、必ずしもおすすめできるものではありません。預貯金なら必要に応じて解約して現金化できますが、繰り上げ返済に充てたお金は引き出せません。

必要な金額が足りなければ新たな借入れを行うしかありません。住宅ローンを抱えた方が新たな借入れを行う場合、よく利用されるのがカードローンです。特に銀行系のカードローンは総量規制がなく、専業主婦の方でも簡単に利用できます。

無理すると元も子もなくなるかも

カードローンは、インターネットだけで申込みができ、コンビニエンスストアのATMで借入れができます。生活費の不足を補うためや急な出費の際に、いつでも気軽に利用できるのです。

しかし、カードローンの金利は住宅ローンより遥かに高く、新生銀行カードローンレイクで契約限度額200万円以下の場合は15~18%となっています。

また、返済方式が残高スライドリボルビング方式なら支払っているのは利息がほとんどで、元金はわずかしか減りません。

毎月最低返済金額を返済していれば追加の借入れが可能なため、借金が膨らんで返済できなくこともあり、無理して繰り上げ返済を急ぐと元も子もなくなるかもしれません。

参考:新生銀行カードローンレイク

まとめ

住宅ローンを組む前に、ライフプランのシミュレーションを行うことの重要性と、無理なく返済するためのコツについて解説しました。

しっかりとライフプランのシミュレーションを行ってからマイホームを購入すれば、無理なく住宅ローンを返済でき、教育費の確保や老後のための準備も可能です。

また、いざというときの預貯金を確保するためには、繰り上げ返済を急ぎすぎないことも大切です。

マイホームを家族の幸せの砦とするために欠かせないライフプランのシミュレーションです。記事を参考に、家族の幸せの実現に向けてじっくりと検討して頂ければ幸いです。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり