1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. 車の維持は年間55万!本気で節約する人の「車」の見直しとは?

車の維持は年間55万!本気で節約する人の「車」の見直しとは?

車はとても便利なものですが、車を維持するにはとてもお金がかかることも事実です。車がある生活に慣れてしまうと手放すことは勇気がいるかもしれませんが、本気で節約したいのなら車はぜひ見直してほしい物の1つです。今回は車を手放す、または買い替えることでどれくらい節約できるのかを紹介してみたいと思います。

この記事の目次

節約するなら車は持たないほうが良い?

車を手放すことで節約できる金額は相当なものになります。どうしても車が必要な事情がないのなら、ぜひ1度車がない生活を考えてみて下さい。

1年間でどれだけ節約できる?

では、車を手放した場合、具体的に1年間でどれだけ節約できるのでしょうか?ここでは普通車を例にとってみたいと思います。

項目 金額 予備
自動車税 34,500円 34,500円:1,000cc~1,500cc の車の場合
ガソリン代 240,000円 毎週5,000円として、月20,000円×12カ月
保険代 47,000円 任意保険34,000円+自賠責保険13,000円
車検代 80,000円 1年分
メンテナンス代 20,000円 オイル交換、タイヤ交換など
駐車場代 120,000円 地域によってばらつきがありますが、ここでは月10,000円×12カ月
洗車代 12,000円 月1,000円×12カ月

合計553,500円

1ヵ月分: 553,500÷12=46,125円

出典:はじめてマイカーを持つ前に、知っておきたい車のコスト | お金の教室 |ジャックス

このように、平均的には1年間に50万以上の節約になります。

車を手放す際に考えること

では、具体的に車を手放す際のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

メリット

まずはメリットです。車を手放す際のメリットは沢山ありますが、ここでは経済面でのメリットとそれ以外でのメリットを別に見ていきたいと思います。

経済面でのメリット

車を手放す上で1番重要となる部分です。家と保険の次に高い買い物と言われる車ですから、その節約できる金額は相当なものになります。

車は高価な買い物ですので、ローンを組んで買う人がほとんどだと思います。毎月のローンに加えて、車を維持するためには高額な維持費がかかります。

  • 自動車税の支払いがなくなる

自動車税は排気量や用途によって変わります。以下が普通車と軽自動車の税金になります。

 用途区分  総排気量  税額
 自家用乗用車  1リットル以下  29,500円
1リットル超~1.5リットル以下  34,500円
 1.5リットル超~2.0リットル以下  39,500円
 2.0リットル超~2.5リットル以下  45,000円
 2.5リットル超~3.0リットル以下  51,000円
 3.0リットル超~3.5リットル以下  58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下  66,500円
 4.0リットル超~4.5リットル以下  76,500円
 4.5リットル超~6.0リットル以下  88,000円
6.0リットル超 111,000円
自家用乗用軽自動車 一律 10,800円

出典:毎年発生する自動車税・軽自動車税とは? | 自動車の税金ガイド | ソニー損保

  • その他の維持費の節約

自動車税に加えて、ガソリン代、車検代、保険代、駐車場代、洗車代など様々な維持費がかかります。

上記で挙げた例だと、車を持たないことで、月々に4万円以上の節約になります。もちろん、それぞれの家庭によって差はありますが、政府の統計によると、2017年7月の勤労者の平均では月々29,170円を自動車関係に費やしていると出ています。

出典:統計表一覧 政府統計の総合窓口

  • 余計なものを買わなくなる

車で簡単に運べないので、本当に必要な最小限のものだけ買うようになります。

食事の買い出しに行くのにも、安売りをしているとつい買いすぎてしまうことがよくあります。車がなければ沢山は持ち帰れないので本当に必要な分だけを買うようになります。

また、休日の暇つぶしに、なんとなくショッピングセンターに行くなどということも簡単にはできなくなるため、衝動買いなどがなくなります。

その他のメリット

経済面以外のメリットも沢山あります。

  • よく歩くようになる

車がなければ必然的に交通機関を利用したり、少しの距離を歩くようになります。実際に歩ってみると実はそんなに時間もかからなかったということもよくあります。

よく歩くようになることで体力がつき、ダイエットにもなって健康面ではいいことづくしです。

  • 自分の時間が増える

メンテナンスなど、車に費やしている時間は思っているよりもずっと多いものです。公共交通機関を利用している間も自分の時間になるので、その移動時間で本を読んだり、勉強したり、自分の時間はかなり増えるようになります。

朝の渋滞に巻き込まれることもなくなり、また公共交通機関に間に合うように家を早めに出るなど、時間に余裕をもって行動するようにもなります。

  • 車の事故に巻き込まれるリスクが減る

2016年に起きた交通事故件数は、49万9201件にもなります。交通事故に巻き込まれた場合は、大怪我や死亡する可能性もあり、多額の損害賠償を請求されることもあります。

もちろん歩行者が交通事故に巻き込まれる可能性もありますが、運転している場合に加えてそのリスクは大幅に減ります。

出典:統計表一覧 政府統計の総合窓口

デメリット

それではデメリットをいくつか挙げてみたいと思います。

  • 沢山の荷物を一度に運べない

何か大きな買い出しをしなければいけない時や、大型の荷物を運ぶ時には不便かもしれません。しかし、今はネットで何でも買える時代です。送料無料で買える場合も多いですし、品物の値段自体、ネットで買うほうが安い場合もあります。

大型の家具なども配達してくれますし、それほど問題にはならないでしょう。

  • いざというときに足がない

子供がけがをしたり、夜に急に具合が悪くなって病院に行かなければならないなどの場合を考えると、車がないと少し不安かもしれません。

しかしタクシーは24時間利用可能ですし、本当に救急なら救急車を呼ぶこともできます。

  • レジャー面で不便

家族や友達と出かける時などに不便と感じるかもしれません。

しかし、動物園や遊園地などのメジャーな施設に出かけるなら、大概の場所は電車やバスなどの公共機関でアクセスしやすいようになってますし、最寄り駅からのシャトルバスが出ている場合も多くあります。

また、キャンプなどに行く場合でも、レンタカーを借りることも可能です。

車の買い替えでも節約できる

次に、住んでいる場所や仕事の関係などで、どうしても車が必要だという場合を見ていきたいと思います。

現在の車の状態によっては、買い替えたほうが節約できる場合があります。

買い替えのタイミング

買い替えのタイミングとして良い時期は、車検の前です。車検にはまとまったお金が必要となりますし、車検を通したからと言って車の価値が上がるわけではありません。

車が古くなればなるほど維持費がかかってきますので、そうなる前に車自体に価値があるうちに買い替えたほうが、長い目でみると節約になります。

また、走行距離からみると、5万kmを超えると査定価格が下がる傾向があるので、5万km以下で売るのがベストです。

出典:車を高く売る時期とタイミング|中古車査定・車買取のガリバー

買い替え時に節約する方法

では、実際に買い替えをするときに節約する方法をご紹介します。

売る前に査定を受ける

買い替えの時に提示された金額が適切なものかどうかを知るためにも、実際に車を売る前に査定を受けます。

下取りの査定を無料で行ってくれる場所もありますし、車種と年代を入れるだけで価格を表示してくれるサイトもあります。

また、下取りの金額が把握できれば、次の車にどれくらい費やすかの予算も立てやすくなります。

安い時期に買う

車が安い時期とは、次の3つの時期です。

  • 夏と冬のボーナス時

車は大きい買い物ですので、そう簡単に買う決断はできません。しかし、ボーナス時には企業もこちらにお金の余裕があることを分かっていますので、そこを狙ってセールなどをやります。

  • 月末

月末に安くなるというのは、企業のノルマの期限だからです。営業部門では、必ず月のノルマがあります。月末はそのノルマを達成するために気合が入る時期でもありますので、交渉をしやすくなります。

  • 企業の決算の時期(3月と9月)

企業の決算は3月と9月に行われます。そのため、業績を上げようとセールを始める会社もありますし、交渉もしやすくなります。

節約につながる車選びのコツ

次は節約につながる車選びのコツをご紹介します。

ライフスタイルに合った車を選ぶ

車を選ぶのは大きな決断ですし、できるだけ自分の好みにあったものを選びたいというのが普通ですが、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要になります。

まず、1番コストパフォーマンスが良い車は軽自動車です。

車の値段を比べても、軽自動車なら新車でも100万円以下で買えるものがあるのに対し、セダンタイプでは300万円以上するものもあります。

仕事関係でセダンタイプでないといけない場合や、家族の事情などでどうしてもワゴンなどの大型車でないといけないなどの理由がない限り、軽自動車が一番の節約になります。

最近の軽自動車はトランクが広いものも多いですし、通常の交通手段や買い物に使う程度なら、軽自動車で十分生活できます。

下の表は軽自動車と普通自動車の維持費を比較したものです。この比較から、軽自動車は普通車と比べて、1年間で4万円以上の節約になります。

品目 軽自動車 普通自動車
(3ナンバー)
普通自動車
(5ナンバー)
駐車場代 都内 ¥377,160 都内 ¥377,160  都内 ¥377,160
全国 ¥95,172 全国 ¥95,172 全国 ¥95,172
ガソリン代  ¥90,000  ¥168,750  ¥112,500
保険料(任意)  ¥67,042  ¥75,000  ¥75,000
自動車税  ¥7,200  ¥45,000~¥111,000  ¥39,500
車検代(*)  ¥29,500  ¥50,000  ¥36,764
整備費用  ¥8,500  ¥15,000  ¥10,000
消耗品費  ¥40,000  ¥80,000  ¥60,000
合計 / 年間  都内 ¥619,402  都内 ¥810,910~¥876,910  都内 ¥710,924
 全国 ¥337,414  全国 ¥528,922~¥594,922  全国 ¥428,936
最低限  ¥45,200  ¥110,000~¥176,000  ¥86,264
合計 / 月間  都内 ¥51,617  都内 ¥67,576~¥73,076  都内 ¥59,244
全国 ¥28,118 全国 ¥44,077~¥49,577 全国 ¥35,745
最低限  ¥3,767  ¥9,167~¥14,667  ¥7,189

※(*)自賠責・重量税を含む

※最低限は駐車場代・ガソリン代・任意保険・消耗品費を削除

※保険料(自賠責)は離島、沖縄県は異なります

※整備費用、消耗品費は仮定の金額

出典:軽自動車の維持費は安い?【普通自動車との年額・月額費用比較や節約術】 - SBI損保の自動車保険

エコカーにする

また、最近では増えてきたエコカーにすると、ガソリン代の節約になるだけでなく、自動車税の減税の対象になります。

エコカー減税(自動車税の優遇措置)

燃費基準の達成度合 自動車税
平成32年度燃費基準プラス10%達成 概ね50%
減税
平成32年度燃費基準プラス30%達成 概ね75%
減税
次世代自動車 概ね75%
減税

出典:毎年発生する自動車税・軽自動車税とは? | 自動車の税金ガイド | ソニー損保

エコカー減税(軽自動車税の優遇措置)

車両タイプ 燃費基準の達成度合 自動車税
乗用車 平成32年度燃費基準
プラス10%達成
概ね25%
減税
平成32年度燃費基準
プラス30%達成
概ね50%
減税
次世代自動車 概ね75%
減税
軽貨物車 平成32年度燃費基準
プラス10%達成
概ね25%
減税
平成32年度燃費基準
プラス30%達成
概ね50%
減税
次世代自動車 概ね75%
減税

出典:毎年発生する自動車税・軽自動車税とは? | 自動車の税金ガイド | ソニー損保

このように、エコカーを選ぶだけで、最高で75%もの減税が可能です。また、エコカーの中でもさらに燃費が良い車を選べば、ガソリン代の節約にもなります。

こだわらない

車の買い替えにあたって、次の車選びにはできるだけこだわらないことが節約の鍵となります。

車の色や内装のオプションなど、色々な選択肢があると思いますが、これらも通常はいらなくても良いものばかりです。

また白とシルバーは乗る人の年齢や性別を問わないため、高く下取りをしてもらえます。

車を購入の際には、よほどのこだわりがない場合、できるだけシンプルにしたほうが購入時、下取り時の両方で節約になります。

まとめ

以上が車を手放す際のメリットとデメリット、そして買い替え時に節約するコツでした。

思い切って車を手放してみたら、意外と不便ではなかったという場合もあります。どうしても必要ならまた購入することも可能ですし、確実に節約にはなるので、1度試してみる価値はあります。

車を買い替える場合には、その後を考えてよりシンプルな車選びと、交渉しやすいタイミングで買い替えることで節約できます。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計