1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金がない50代は危険?今からできる老後対策の基本について

貯金がない50代は危険?今からできる老後対策の基本について

老後の生活を考えたとき、その対策として大事になってくるのはやはり貯金です。そしてそのときに貯金がなければ、老後に対して強い不安感を持つ方もいるでしょう。今回は、50代からどのような老後対策をしていけばよいのかをお伝えします。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで人気のロボアドバイザー・投資信託サービス

  • 【1位】FOLIO
    当サイト10ヶ月連続人気1位「おまかせ投資」でプロレベルの投資をかんたんに実現!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!預かり資産1300億円突破!手数料2ヶ月無料!
  • 【3位】THEO(テオ)
    投資初心者でもやさしい!気軽に1万円から自動運用できる!まずは3秒で無料診断!

貯金がない50代の現状

貯金がない50代の方は一定数います。そして貯金がない50代の方が、そのまま定年して老後を迎えた場合、かなり苦しい生活が予想できます。まずは、貯金がない50代の現状についてお伝えします。

50代の約3割は貯金がない

総務省統計局の統計によると、50代のうち約1割が貯金額100万円未満となっています。また、その範囲を500万円以下まで広げると、その対象者は実に3割にもなります。

統計表一覧 政府統計の総合窓口

一般的なライフプランで考えても、50代といえばまだ住宅ローンを支払う一方で、子供が高校生や大学生だったりします。教育費のために貯金できなかった、という方がいても不思議ではありません。

老後は平均毎月約7万貯金を崩す

次は老後の生活についてです。生命保険文化センターの調査によると、平均的な老後の生活に必要なお金は毎月約25万円、収入は平均約18万円となっており、毎月約7万円程度を貯金から取り崩して生活している方もいます。

老後の生活費はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

これを先ほどの貯金額に当てはめると、仮に貯金が100万円なら1年程度、500万円だったとしても、約6年程度しか生活できないことになります。

ちなみに50歳の方の平均余命は、厚生労働省平成28年簡易生命表によると、男性で32.54年(約82歳)、女性で38.21年(約88歳)となっています。つまり20年程度も無貯金での生活を強いられることになります。

平成28年簡易生命表の概況|厚生労働省

貯金がなければ苦しい生活に

貯金がなければ当然、収入の範囲内で生活しなければなりません。しかし、老後の収入は基本的に年金のみとなる一方で、老後は医療や介護への費用が増える方も多いため、かなり困窮した生活が予想できます。

もし、生活できない場合は、定年を迎えても再就職して働く必要があります。しかし、60代前半から60代後半にかけて、就業者の数は約63%から約47%へと、急激に落ちているのが実情です。

調査シリーズNo.135「60代の雇用・生活調査」|労働政策研究・研修機構

さらに上記の調査によると、仮に働けても定年後は約42%が「賃金額は減少した」と回答しており、現役時代のように稼ぐのは難しい実情がうかがえます。これらのことから、少なくとも何らかの老後対策はしておいた方がよいでしょう。

今からできる老後対策の基本

老後対策は少しでも若い頃から意識して行動することが大切です。しかし、50代となった今からでもできることは沢山あります。老後対策として、どんなことができるのかをお伝えします。

家計簿を付けて常に家計管理する

まずは家計簿を付けて常に家計管理をすることです。家計簿をしっかりつければ、お金に対する意識がわき、節約や貯金に繋がります。最初は面倒に感じても、なるべく実行するようにしましょう。

ちなみに家計簿は日々の支出を記録・集計するものですが、同時に貯金額や資産残高も一緒に記録すると、さらに管理体制が深くなります。

生活レベルを少しずつ下げる

次は生活レベルを少しずつ下げることです。生活レベルを下げる具体的な方法としては、例えばマイカーを手放したり、軽自動車に乗り換えたりする方法があります。

一般的な普通車の年間維持費は約42万円です。マイカーを手放せばこの金額が今後浮き、老後のための貯金にまわせます。また、軽自動車の年間維持費は約33万円なので、軽自動車に乗り換えるだけでも、年間9万円維持費が下げられます。

軽自動車の維持費は安い?【普通自動車との年額・月額費用比較や節約術】 - SBI損保の自動車保険

そのほかにも、老後が目前という時期なので、生命保険を見直してもよいでしょう。

特に子供が社会人になっていれば、教育費の支払いがありません。よって、万が一に備えての高額な死亡保険金が必要ではなくなるので、最低限の補償内容にするなど、検討してみるとよいでしょう。

運動をして健康を維持する

運動をして健康を維持することも大切です。健康を損ねれば、働くこともできませんし、医療費も増えてしまいます。統計でも医療費は年齢が高くなるほど、高額になっているのがわかります。

医療保険に関する基礎資料 |厚生労働省

ただし、いきなり急激な運動をすると、逆に体を壊してしまう可能性があります。普段、特に体を動かしていないのであれば、最初は自宅の少し手前の駅から歩いて帰るなど、ウォーキング程度から体を慣らしていくのがよいでしょう。

できれば実行してほしい老後対策

基本的な老後対策だけでは、どうしても不安が取れない方もいるでしょう。そこで、追加的に実行しておくと、さらに老後への安心感が高まる方法もお伝えします。

住宅ローンの繰り上げ返済

まずは住宅ローンの繰り上げ返済です。住宅ローンの残存年数や金利によっても効果は違いますが、残存期間が10年程度あれば1.0%の金利であっても100万円の繰り上げ返済で約1年返済期間を短縮でき、利息も10万円程度不要になります。

資産活用マネープラン研究所 トチカツラボ|トチカツ|セキスイハイム

定年後の雇用対策

次に定年後の雇用対策です。具体的には、ツテを頼って就職先を確保しておく、何か資格を取得しておく、独立開業への準備をしておく、などの方法があります。

なお、60代になってから取得した資格として人気なのは、

  • 介護ヘルパー
  • 簿記
  • マンション管理士、管理業務主任者
  • 宅地建物取引士(宅建)
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)

がトップ5です。50代のうちに取得しておけば、それだけ役に立つ可能性があります。

60代の人気資格ランキング!|【ユーキャン】

将来の雇用対策がしっかり取れれば、貯金がなくても何とか生活していける可能性が高くなります。

親に生前贈与をお願いする

親に財産があることが前提になりますが、親に生前贈与をお願いする手段もあります。

もし生前贈与をしてもらえたら、例えば住宅ローンの繰り上げ返済に充てるなど、老後対策に活かせるでしょう。ただし、年間110万円を超える贈与には、贈与税がかかるため注意が必要になります。

(生前贈与とは、本来親の死後に相続する財産を、生前に受け取ることです。)

No.4402 贈与税がかかる場合|贈与税|国税庁

老後不安が尽きない場合は

様々な老後対策をしても不安が尽きない場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

プロであるFPに相談しよう

貯金がなく、どうしても老後への不安が消えない場合は、FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談しましょう。FPとは、家計の問題に対してアドバイスをし、解決へと導く専門家です。

FPに相談すれば、効果的な老後対策を考えてくれます。また、家計をシミュレーションして、可視化もしてくれます。

悩みや不安は、一人で考えていると悪い方向に考えがちです。どうしても不安感が消えない場合は、専門家に頼るのがよいでしょう。

まとめ

貯金がない状態で50代となると、少なくともこのままだと、厳しい老後生活が待ち受けています。しかし、今からできる老後対策は沢山あります。

老後不安は対策をすれば、安心できるものですので、一つでも多く実行していきましょう。

貯金がない人ってどれくらいいるの?これから貯金上手になるには

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計