1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 40代の平均貯金額は?いくらあれば安心?

40代の平均貯金額は?いくらあれば安心?

40代は子供の教育費、住宅ローン、自動車ローン等多くの出費が重なる年代であり、20代30代のころに比べて年収が上がっている分を考慮しても家計は厳しいものでありますので、40代までに貯金をしていたかどうかが非常に重要となります。

この記事の目次

40代の平均貯金額はいくら?

男性の場合

平均貯金額は平均年収と大きく関連しており、国税庁の民間調査の結果から平均年収は40代で約600万円という結果になっています。

出典:国税庁「民間給与実態統計調査」

40代ともなるとある程度の役職についていて、手当等が加算されサラリーマンの賃金カーブでは最も上昇率が高い年代であるため男女差が大きくなっています。

さて、次に平均貯金額ですが、総務省の全国消費実態調査によると約530万円となっています。

出典:総務省統計局

これはあくまで平均値ですので統計結果にはバラツキがあり、約1/3は現預金ゼロという結果になっています。

女性の場合

次に女性の平均年収ですが、女性の場合は非正規社員の割合が男性と比べて多く、キャリアを積んだ正社員とパートやアルバイト等で家計を支える兼業主婦で2つに大分されますが、国税庁の民間調査の結果から40代では約290万円となっています。

出典:国税庁「民間給与実態統計調査」

男性と比べるとかなり少ない傾向となっておりますが、これは雇用形態が契約社員の比率が男性より高いことから、比例して平均年収も少ない結果となることは容易に想像できます。

では、平均貯金額はどうでしょう。

総務省の全国消費実態調査によると平均貯金額は約630万円となっており、40代女性の場合は既婚者である場合が多く、貯金がしやすい環境にある人も多く、また独身者は40代ともなれば堅実に貯金している傾向にあります。

出典:総務省統計局

既婚の場合

夫婦共働き・夫が働き妻は専業主婦又は兼業主婦という構成が多くを占めていますが、上記の平均年収を単純合算した40代での世帯年収は約890万円であり、総務省の全国消費実態調査では、40代の平均貯金額は約440万円となっております。

出典:総務省統計局

しかし、これも平均値であり貯蓄なしの世帯も約1/3という結果であり、会社の業績による給与の昇給停止や賞与の減額等それぞれの事情があり中には貯金を崩しながら生活しなければいけない家庭もあるのが事実です。

独身の場合

独身の場合の40代は、総務省の全国消費実態調査では平均貯金額は約490万円という結果になっています。

また、約1/3の人は共通して貯金なしという結果にもなっています。

出典:総務省統計局

既婚者に比べて貯金額は若干多い傾向にありますが、40代である程度の収入がありながら家庭を持たないことで、自分の趣味や将来のための投資にあてることができます。

しかしながら既婚者以上に貯金ができていることは、ある程度は将来を見据えて堅実に貯金している人も多いということです。

40代の貯金額はいくらあれば安心?

40代で500万円あればひとまず安心

40代の平均貯金は450万円から550万円ですので500万円あればひとまず安心と言えるでしょう。

500万円あれば年収の手取り分以上はあるということもあり、世帯主にもしもの時でも、ある程度の生活は維持できますし、突発的な出費に対しても現預金で対応できます。

40代で考えておかなければならない出費とは

40代では子供もある程度大きくなっている家庭も多く、大きな出費といれば教育費です。

学習塾の費用や高校・大学の授業料、また仕送りや家賃負担等が必要となるケースも多くあります。

子供の人数はタイミングによってはこれらの出費が単年に重なることもあり、出費が年収を上回ることもありますので、このような時期までに貯金をしておくことが重要であることが分かります。

また、先の話にはなりますが、老後に向けての貯蓄も早いうちから準備しておいた方が良いでしょう。

生命保険文化センターの調査によると、ゆとりのある生活をする為には老後毎月約35万円必要になると言われています。

年金受給額の低下や、受給開始年齢の後ろ倒しを考えると、教育費と共に老後資金の準備も少しずつ始めていった方が良いでしょう。

40代におすすめの貯金方法

財形貯蓄

40代は財形貯蓄のように給与天引きの貯金方法を、継続的に実施するのが最も一般的で確実な貯金方法ですが、出費の多いこの年代においては30代から財形貯蓄をしていて40代で取り崩したという世帯もあるかと思います。

保険商品

こちらは子供の大学進学費用や老後の備えという目的で活用されていることが多いかと思います。

財形貯蓄と違い安易に取り崩すことができないため、将来必ず発生する大きな出費に対して備えることができます。

投資

賞与が今年は多かったや少し金銭的余力があるときに、株式投資や外貨預金等にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

ただし、運用状況によっては元本割れになることもありますが、できるだけリスクが少なく、リターンが大きいものを選択することをお勧めします。

また、一時の浮き沈みに一喜一憂するのではなく、5年くらいの長期で運用をしていき、1.5倍にでもなれば大成功となります。

まとめ

40代は家族構成が固まり、将来必要なお金も予測できますので、計画的に貯金をしていきたいところですが、この世代は教育や住宅、将来の備え等の必要なお金も多いのも事実です。

ですので30代までにいかに貯金できたかが重要であり、40代では収入の増加分を上手く運用し、さらなる将来に向けて貯金していくことが重要です。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 収入40万で家賃11万は割高でしょうか?

    手取り収入訳40万円です。現在の家賃は収入に対して割高なのではないか、と時々親や知人に言われることがあります。オートロック付、エレベーターありの築25年の...

    40代 / 女性 / 大阪府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • 無理のない貯金の仕方を教えてほしいです

    無理のない貯金の仕方を教えてほしいです。 食費や交際費が多いので節約をして貯金の当てたいのですが、節約をしようとするとストレスがたまり、結局食べたいものを...

    20代 / 女性 / 愛知県 / 年収 300万円以下 / 独身

貯金の人気記事

カテゴリ

家計

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり