1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. 節約の基本。お金を貯めたい人が実践すべき節約術を徹底解説

節約の基本。お金を貯めたい人が実践すべき節約術を徹底解説

節約術をマスターすると効率よくお金を貯められるといいますが、いざ節約を始めようとすると続けるのが難しいものです。そこで、効率よく簡単に実践できる節約術で、少しずつでも貯金を増やしていきましょう。ここでは、おすすめの節約術を紹介します。

この記事の目次

節約術をマスターするとお金が貯まる

節約術をマスターすると、お金は確実に貯まっていきます。この節約術をマスターして続けるにあたって大事なことが、節約生活を楽しむことです。楽しくないことは長く続けられませんが、一度楽しいと感じると続けられるようになります。

節約は日々の積み重ねです。毎日小さなことを続けると、節約につながります。今お金が貯まらずに困っている人は、自分の気づかないところで出費が多くなっている可能性が高いです。そこで、節約術を上手にマスターして節約生活を楽しめるように工夫しましょう。

どんな節約術が効果的?

自分に合った節約術を実践すると、無駄を省いてお金を貯めることができます。そこで、今の自分の生活を見直してどんな節約術をすべきか考えてみましょう。家賃を見直す、食費を見直す、交際費や衣服や美容、趣味に必要なお金をちょっと減らしてみるなどの方法を試してみると、毎月少しずつではありますが貯金を増やすことができます。

実際にお金が貯まった人の体験談

節約術をマスターして実際にお金が貯まったという人の体験談を紹介しましょう。

 

  • A子さんの場合

手取りが20万円から家賃や光熱費、食費、お小遣いと出費がとにかく多くて困っていました。毎月1万円でも貯金したいと思いながら、給料がきれいになくなってしまいます。そこで、ついコンビニや惣菜で済ませがちな食事を自炊するようにしました。お昼は会社にお弁当を持参して、食費の節約に心がけました。

すると、いつも赤字で貯金ができなかったのに節約生活を始めてから1ヶ月経過した頃に1万円貯金に回すことができました。この調子で、ちょっとずつでも貯金をしていこうと思います。

 

  • C男さんの場合

手取りは30万ですが、趣味にお金をつい使いすぎてしまいお金が貯まりません。趣味を減らすことは厳しいので、携帯電話の料金を見直しました。毎月1万円以上かかっているのですが、今話題の格安スマホに変えてみたところ今までと変わらずスマホを使用できて、月々3000円代にまで下げることができました。おかげでほんの少しではありますが毎月お金を貯金できるようになりました。

 

このように、小さなことを見直して改善することで節約はできるのです。

最新の節約速報を紹介します!

節約速報という言葉を聞いたことはありますか?最新の節約に関するニュースということで、お得な情報が紹介されています。たとえば、ファーストフードがお得に食べられる、スーパーや通販でタイムセールをしているなど、普段から節約に関するアンテナを張り巡らせていると、何かしらの情報はゲットできます。

その速報を利用して賢く買い物や食事をしましょう。そうすれば、ちょっとずつお金に余裕ができて節約ができます。

日用品は通販を賢く利用する

日用品は毎日使用するものなので、いずれなくなります。よって、定期的に購入しなければならないものです。この日用品を賢く購入すれば、出費が多い生活から余裕のある生活に変えていくことができます。

日用品はスーパーや薬局、ホームセンターなどで購入している人が多いと思いますが、通販を利用するとさらにお得に購入できる場合があります。シャンプーや洗剤、トイレットペーパー、ティッシュなど必ず必要なものは、少しでもお得な価格で購入できるようにしましょう。

日用品だけで毎月どれぐらいの出費があるか計算してみると、通販を利用して賢く買い物をすることで数百円、数千円の節約につながります。生活に絶対必要なものは少しでも安く購入すると決めて通販を利用してみましょう。通販ならかさばるものや重たいものも自宅に届けてくれるので助かります。

節約は日用品の見直しから。明日からできる具体的なコツとは

食材は1週間分をまとめ買いしておく

節約をする上でネックになってくるのが食費です。外食や買ってきたものは便利で簡単に食事ができます。しかし、毎回買っていると毎食お金ばかりかかってしまいます。そこで、できるだけ自炊をすると決めて食材をまとめ買いしておきましょう。

このまとめ買いは1週間分を目安に購入します。1週間分の一人分は約3000円という相場が出ているので、3000円を目安にスーパーに行って必要なものを買います。肉類や魚類、野菜、卵や加工食品などバランスよく買っておくと自炊をする上でもしやすいです。食材の多くは冷凍ができるので、まとめ買いから帰ってきたら冷凍するものは整理をして、傷みやすい野菜の保存にも気をつけると良いです。

このように食材をまとめ買いしておくと、冷蔵庫の中身でやりくりしようという気持ちも出てきます。お弁当を作って持参しても良いですし、冷凍できるおかずは多めに作って保存しておくと忙しい時にも自炊ができます。

節約しながら外食も楽しむ。外食好きのためのしっかり節約術

おかずを節約して貯金を殖やす

食費を節約するのならおかずも上手に節約をしたいです。そこで、食材選びの際に賢く選んでみましょう。たとえば、鶏肉であればもも肉より胸肉の方が価格がリーズナブルです。牛肉より豚肉の方が安いです。肉類はメインで登場する機会が多いので、少しでもお得にまとめ買いしておきたいです。

また、野菜においては破格の料金となっているもやしを活用する、きのこ類は傷む前に冷凍をしていつでも使えるようにしておく、魚は切り身でいくつかまとめてパックにしてあるものを購入するなど、スーパーで選ぶ食材にも注意してみましょう。食材を賢く選んで自炊をすると、自然と食費の節約につながり無駄遣いを減らすことができます。

おかずは毎日似たようなものを食べていると飽きてしまいます。そんな時には節約メニューと調べておいしそうなレシピを検索してみましょう。楽しく節約をするためにもご飯はおいしく食べたいです。

食費を計算して無駄を省こう

食費は1人分であれば1週間平均3000円と紹介しましたが、実際に自分が3000円程度でやりくりできているのかを計算することも大事です。そこで、簡単なもので良いので家計簿をつけてみましょう。

1週間分のまとめ買いの際にいくらお金を払ったか、どんなものを買ったのかレシートを貼り付けておくと今後自炊を続けていく上で参考になります。家計簿を1ヶ月続けてみてどれぐらいの食費がかかっているか確認できたら、無駄がある部分を発見できたり、どんな食材が節約につながっているのかを知ることができます。

食費は毎月の出費の中で外せないものです。外せないものをどのようにやりくりするかで、食費の無駄を省いて貯金を増やすことができます。いつもスーパーのレシートはそのまま捨ててしまっているという人は、一度レシートを取っておいてまとめ買いをしたその日の夜にでも家計簿をつけてみましょう。

家計簿も自分が気に入った1冊を用意しておくと、つけるのが日課になって楽しくなります。

日常生活で簡単にできる節約方法

食費の節約はスーパーでの食材選びやメニューの内容によって実践することが可能です。しかし、節約は食費だけではお金を貯めることができません。そこで、日常生活においても簡単にできる節約方法を実践してみましょう。

以下のようなことを実践してみると、毎月の節約につながります。

  1.  洗濯機は一度にまとめて洗う
  2.  銀行や郵便局の手数料に注意する
  3.  湯船に水を入れたペットボトルを入れて湯量を増やす
  4.  美容院や外食はクーポンを賢く利用する
  5.  中古で妥協できるものを利用する
  6.  ファッション関連のものはセールを利用する
  7.  携帯電話の料金を見直す
  8.  旅行は賢くサービスを利用してお得に宿泊する
  9.  掃除を趣味にしてみる(休日の過ごし方は家をきれいにすること)

この他にも節約方法は存在しますが、普段何気なくしていることを意識して改善するとさらに節約ができます。節約できるものはちゃんとするという意志を持って取り組むと、短期間でもお金を貯めることができるのです。

無駄遣いには注意して節約生活を楽しむのがポイント

節約生活を続ける上で、敵となるのが無駄遣いです。つい買い物をしていると目移りして余計なものを買ってしまう時もあります。しかし、この状態を続けていると無駄遣いが増えるばかりで、いつまで経ってもお金は貯まってくれません。そこで、無駄遣いを極力なくして、節約生活を楽しめるように変えていきましょう。

辛い節約生活の日々だと続けるのが困難になり、途中で挫折してしまいます。無駄遣いは食費の時と同じように家計簿をつけてみると、よくわかります。つい買ってしまった雑貨や服などが家計簿で発覚すると、これをなくしていこうと考えることができます。会社でのランチをいつも外で済ませているのなら、お弁当にするだけでも半額以下にまで節約ができるでしょう。

たまには無駄遣いも大切ですが、ずっと続けていると破産してしまい節約どころではなくなってしまいます。自分が普段どんな内容で無駄遣いをしているのかを把握して、その部分を節約していくにはどの方法がベストなのか考えてみましょう。

 

節約は楽しむのが続けられるコツとなります。楽しくないと続けるのは辛いです。そこで、今の家計を見直してどんな点を改善すれば良いのか考えてみましょう。食費を節約して自炊を心がけるだけでなく、無駄遣いにも注意して楽しく節約生活を続けられるように工夫をすることが大切です。

普段の生活を見直してどんな点に注意すれば節約が効率よく進められるか考えてみると、問題点が見えてきます。人によって向いている節約方法は違います。ストレスを溜めずに楽しく節約できる方法を探して実践してみましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計

確定申告の対策期限まで、残り 14日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり