1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 人生設計が豊かな生活の基本?人生設計の立て方とシミュレーション

人生設計が豊かな生活の基本?人生設計の立て方とシミュレーション

豊かな生活を送るためには、詳細な人生設計を立てて準備しておくことが大切です。人生設計の立て方とシミュレーション方法を知り、自分の人生設計を立ててみましょう。人生設計について専門家に相談する方法や、おすすめの本も紹介します。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ 当サイトの登録の多い、節約・貯金に効くサイト

  • 【1位】ブロードワイマックス
    当サイト18ヶ月連続人気1位 新生活にはWiMAX!通信制限・通信費の節約になら!
  • 【2位】NEXTmobile
    ソフトバンク回線を格安で使える!最大50GB使えて3日間の制限なし!
  • 【3位】UQ wimax
    即時開通!無料でWiMAXを試したい!という方におすすめ

人生設計とは

豊かな生活を送るためには、詳細な人生設計を立てて、準備しておくことが重要です。

人生設計の意味

人生設計とは、これから先の人生で、いつどんなことを実現したいのか、そのためにはどのような準備が必要かといったことを、具体的に計画したもののことです。

就職、結婚、出産、老後の生活や住宅購入など、人生ではさまざまなライフイベントが発生します。このようなライフイベントに対し、人それぞれ『こうしたい』という理想があるでしょう。

しかし、これらのライフイベントの多くは多額の資金を必要とするため、ただ何となく進めていくだけでは、なかなか理想通りにはならないものです。

そのため、前もっていつどのライフイベントを実現したいか、資金はいくら必要かといった計画を立てて、着実に準備を進める必要があるのです。

人生設計図やライフプランの作り方

ライフイベントの実現時期や必要資金など、綿密な計画を頭の中だけで考えるのはむずかしいものです。

そのため、人生設計を立てるときには、人生設計図(ライフプランシート)を作成します。どのように作成すればよいのか流れを理解して、自分のライフプランシートを作ってみましょう。

イベントなどを明確にする

ライフプランシートは、人生の年表のようなものです。まずは、結婚や出産、老後の生活など、将来実現したいライフイベントを明確にしましょう。メモなどに書き出しておくのがおすすめです。

出典:ライフプラン | 福井県鯖江市の「アイアイ家計相談ねっと」

そして、横軸に現在から数年、数十年先までの西暦を、縦軸に家族全体のライフイベントの記入欄と、家族それぞれの記入欄を作成します。もし、今後家族が増える予定がある場合は、その家族の分の記入欄も設けておくとよいでしょう。

枠組みができたら、書き出しておいたライフイベントを家族全体、個人別に振り分けてシートに記入していきます。

収支の計算をしてみる

ライフイベントをすべて記入したら、次にそのライフイベントにかかる資金額を記入します。さらに、家族それぞれの収入額と支出額も記入しましょう。

生命保険の満期保険金など、臨時の収入が入る予定がある場合は、それも記入しておきます。そして、各年度の収支を計算してみましょう。

このとき重要なのは、収支をできるだけ細かく書き出すことです。住宅購入など多額の資金を必要とするものだけでなく、家族旅行や生活費など、できるだけ細かく記入した方が、より正確なシミュレーションができるようになります。

ライフプランの実現予定日までに必要資金が貯まるのかもチェックできるように、貯金額も記入しておくとよいでしょう。

プランの見直しや改善を考える

ライフイベントや収支の記入が終わったら、プランの全体像を確認してみましょう。赤字が続いていないか、ライフイベントを実現する年までに必要な資金は貯まっているかなどをチェックします。

もし住宅購入後から赤字が続いているなど、何らかの問題が発生していたら、問題が解決できるまでプランの見直しや改善策を考えることが重要です。

人生設計のパターン例を知ろう

自分で人生設計を立てるときには、現時点から結婚まで、子どもが独立するまでなど、ある程度期間を区切った方がよいでしょう。人生設計を立てる期間が長すぎると、正確な収支が予測しにくくなるためです。

とくに、年齢が若い人は、これから転職や結婚、出産など、大きな変化を伴うライフイベントが起こりやすいため、収支がどのように変化するかが明確にできません。老後のことまで考えることは重要ですが、まずは短期間の人生設計を立ててみましょう。

結婚までをメインにしたプラン

現在から結婚までの期間は、自己投資をしたり、貯金額を増やしたりすることに集中しやすい期間です。この期間中に将来を見据えた人生設計を立てて、資金作りの体制を整えておけば、その後の人生設計も実現しやすくなります。

結婚式や新婚旅行などにこだわりがある人は、その資金作りについても計画を立てておきましょう。結婚情報ゼクシィの調査によると、挙式と披露宴を挙げた場合の費用の平均総額は『357万5000円』です。

式場やプランで金額が変わるので一概には言えませんが、これだけの費用を貯めるには、それなりの期間が必要になるでしょう。自分が希望するプランの金額を調査して、計画的に貯金しておくことが大切です。

何に? いくら? 結婚式のキホン項目の相場|ゼクシィ

子育てを含むプラン

出産予定がある人、すでに子どもがいる人は、子育てを含む人生設計を立てましょう。子どもがいる世帯では、子どもの教育費などで多額の資金を必要とするからです。それまでより生活費も増加し、家族が増えることで引っ越しが必要になることもあります。

そのため、家族全体のプランと夫婦、子どもの各自のプランを明確にして、収支の管理と資金作りを徹底しなければなりません。まずは、子どもが独立するまでの人生設計を立ててみましょう。

また、住宅購入を検討している場合は、住宅購入の資金作りや住宅ローンの返済についても計画に組み込む必要があります。住宅ローンの返済は家計に与える影響が大きいので、購入時期や購入価格、頭金の準備や返済計画などをしっかり練り上げましょう。

老後のプラン

子育てが落ち着いたら、老後の人生設計について考える必要があります。厚生労働省の『17年・簡易生命表の概況』によると、日本人の平均寿命は『男性81.09歳・女性 87.26歳』です。65歳から年金の受給を開始して、20年程度年金生活が続くということです。

総務省統計局のデータによると、65歳まで再雇用を受け、その後年金で生活するようになってからの収入は、再雇用期間中の5割程度になるとされています。よって、大幅に収入が減少した状態が数十年続くことを見越した人生設計を立てることが大切です。

60歳で定年する仮定した場合、50代が老後の資金作りができるラストチャンスになるので、50代になるまでに老後の人生設計を立てた方がよいでしょう。

平成29年簡易生命表の概況|厚生労働省
統計局ホームページ/統計Today

人生設計をシミュレーションしてみよう

自分でライフプランシートを作成するには、それなりの時間と手間がかかります。なかなか時間が取れない人や、もっと手軽にシミュレーションしたいという人は、金融庁や日本FP協会などが公開しているシミュレーターを利用してみましょう。

金融庁

金融庁が公開している『ライフプランシミュレーション』では、年齢や年収額、貯金額といった簡単な質問に答えていくだけで、ライフプランがシミュレーションできます。

今のペースで貯金を続けて老後資金に充てた場合に、何歳ごろで貯金が尽きるかといったこともわかるので、貯金額の目安が立てやすくなるでしょう。また、資産運用についてのアドバイスも表示されるので、これから投資を始めたい人にもおすすめです。

ライフプランシミュレーション : 金融庁

日本FP協会

日本FP協会とは、ファイナンシャルプランナー(FP)の養成や認証、ファイナンシャルプランニングの普及などを目的としたNPO法人です。

日本FP協会の『ライフプラン診断』では、画面の指示に沿って質問に答えていくだけで人生設計のシミュレーションができます。ファイナンシャルプランナーの観点から見たアドバイスも確認できるので、人生設計を立てるときに役立つでしょう。

日本FP協会の概要 | 日本FP協会
ライフプラン診断

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の『ライフプランシミュレーション』では、年齢や年収以外にも、今の生活スタイルやマイホームの有無などを入力する必要があります。

他のシミュレーションより入力の手間はかかりますが、現役時代と老後それぞれの家計の状況や、予測される貯金額、負債額など、より細かいシミュレーションが可能です。

ライフプランシミュレーション-ゆうちょ銀行

人生設計の基本公式も参考に

現在から老後までに必要な貯蓄率を計算するための、『人生設計の基本公式』があります。この公式で年間の貯蓄率を算出すれば、毎月どれくらい貯金すればよいのかの目安が立てられます。

必要な貯蓄率を簡単に計算できるサイトがあるので、一度シミュレーションしてみるとよいでしょう。貯金の目安ができる時期が早いほど準備期間も長くなるので、必要額を貯めやすくなります。

人生設計の基本公式 ◆ Office Benefit(オフィスベネフィット)-ファイナンシャルプランナー 岩城みずほ

専門家に相談するのもアリ

住宅ローンを組む予定がある人や、家計の赤字を改善したい人など、しっかりした人生設計を立てたい人は、専門家に相談するのもおすすめです。

FPとは

人生設計に関する相談は、『ファイナンシャルプランナー』にするとよいでしょう。ファイナンシャルプランナーとは、税金、保険、資産運用などのお金に関する豊富な知識を持ち、家計改善のアドバイスをする専門家のことです。

ファイナンシャル・プランナーについて | 日本FP協会

お金や人生設計のプロ

ファイナンシャルプランナーはお金や人生設計のプロなので、ファイナンシャルプランナーに依頼すれば、自分で作成するよりも正確なライフプランシートを作ってもらえます。

また、ライフプランを実現するための具体的な方法や、保険などの万が一の備えや資産運用についてのアドバイスをしてもらうことも可能です。

無料相談できる

ファイナンシャルプランナーへの相談は、基本的に有料です。相談料は1時間あたり5000~2万円程度になることが多いですが、初回に30分程度の無料相談を設けているファイナンシャルプランナー事務所もあります。

初めから有料相談に行くのは抵抗があるという人は、まずはこのような無料相談を利用してみるとよいでしょう。

また、日本FP協会でも、対面や電話で無料相談を受け付けています。ある程度自分で人生設計を立てているものの、よりよい方法がないか知りたいという人などにおすすめです。

料金体系について | 日本FP協会
FP無料体験相談(対面相談) | 日本FP協会

人生設計での仕事の描き方

人生設計を立てるときに、仕事は切っても切り離せないものです。収入がなければ、どのライフイベントも実現しようがありません。

とくに、転職を考えている人や自営業の人は、仕事に関する計画を立てることは重要です。ここでは、人生設計での仕事の描き方を解説します。

目標やプランを立てる

仕事についての計画を立てる場合も、基本的な流れは同じです。まずは、どのような仕事をしたいのか、転職をしたいのか、事業を起こしたいのか、目標を明確にしましょう。そして、その目標を何歳ごろに達成したいのかを書き出します。

とくに転職や起業を考えていない人でも、資格取得や昇進などを希望している場合は、そのことについて目標を立ててみましょう。

手段や期間を定める

目標が明確になったら、どうやって実現するか手段を考えましょう。仮に転職したい場合、いつごろ転職するのか、今までと同じ職種で探すのかなど、考えることはたくさんあります。

また、転職先がすぐに見つかるとは限らないので、最大何年間転職活動を続けるのか期間を定めること、そして期間内に実現できなかった場合どうするかを考えることが大切です。

検証と改善

目標や手段、期間が決まったら、実現可能かどうか検証してみましょう。また、目標を実現するための費用や、転職したり起業したりした後の収入の増減についても考えておく必要があります。

そこで、起業するにも資金が足りないなど問題が出てきたら、改善方法を考えましょう。もともとの予定よりも起業する時期を遅らせるなど、問題を改善できるまで検証を繰り返すことが重要です。

人生設計に関しておすすめの本

最後に、人生設計を考える人におすすめの本を紹介します。

人生のプロジェクト

出典:楽天ブックス: 人生のプロジェクト - 山崎拓巳 - 9784861139130 : 本

こうなりたいという目標を実現するための方法として、目標をかなえた時点から逆算して段取りを考えるというものがあります。ある目標に対して『こうなればいいな』と思っているだけでは、ただの夢で終わることもあるでしょう。

しかし、目標実現までの具体的な段取りができてしまえば、その目標は夢ではなく実現可能な計画になるというものです。

『人生のプロジェクト』では、夢を計画に変え、実現しやすくするための『段取り力』について解説しています。写真や図解が多いので、本を読むのが苦手な人でも読みやすいでしょう。

こころとお金のコーチング

出典:楽天ブックス: こころとお金のコーチング 女性のための人生設計塾 - 吉川 美有紀 - 9784062171700 : 本

『こころとお金のコーチング 女性のための人生設計塾』は、女性が人生設計を立てるときに知っておきたい『お金との付き合い方』を学べる本です。

お金は豊かな生活を送るために非常に重要なものですが、使い方や付き合い方を学ぶ機会は非常に少ないものです。自分で収入を得るようになってからも、自分から積極的に情報を収集しないと、なかなかお金の話に触れる機会はありません。

人生設計を立てるときには、お金についての計画(マネープラン)も並行して考える必要がありますが、堅実なマネープランを立てるには、お金に関する知識が必要です。

これまであまりお金についての情報に触れる機会がなかった人は、入門書としてこの本を読んでみるとよいでしょう。

人生を変えるライフプランノート

出典:楽天ブックス: 人生を変えるライフプランノート - 35歳からの生きかた設計 - 本田桂子 - 9784522430095 : 本

『人生を変えるライフプランノート - 35歳からの生きかた設計』は、今までの人生やこれからの目標が書き込めるようになっています。ライフプランシート作成の基本を知りたい人、何から始めればよいのかわからない人は、この本からスタートするとよいでしょう。

最初からすべての項目を埋める必要はなく、わかるところから書いていけるようになっており、初めてライフプランを考える人でも取り組みやすい作りになっています。

また、遺言も書けるようになっているので、簡易なエンディングノートとして利用するのもよいでしょう。自分の人生についてじっくり考えたい人におすすめの本です。

まとめ

豊かな生活を送るには、人生設計を立てて着実に準備を進めていくことが大切です。とりあえず、結婚するまで、子どもが独立するまでなど期間を区切ってライフプランシートを作成してみましょう。

40代以降の人は老後資金を作るラストチャンスとなる50代を迎える前に、老後の生活も見据えた人生設計を練っておくのがおすすめです。

ライフプランシートは自分で作成できますが、あまり時間が取れない人や住宅ローンを組む予定がある人などは、専門家の力を借りることも検討しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計