1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 独学一発合格。子育てしながらファイナンシャルプランナーになれる術

独学一発合格。子育てしながらファイナンシャルプランナーになれる術

今回は、ファイナンシャルプランニング技能士の資格取得に向けて、自身の経験や得た知識をもとに合格に向けてのお手伝いをいたします。

私自身が子育てする中資格取得に挑んだため、主婦業と子育て中で、これから取得を検討している方に特に必見です。

この記事の目次

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー(以下FP)とは、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士の資格を保有している者を指します。

またFPは名称独占資格であり、資格取得者以外の者にFPの呼称の利用が法令で禁じられています。

FPの試験は3級から1級まであり、3級は誰でも受験可能ですが、2、1級はそれぞれ受験資格が設けられています。

FPに関するQ&A一般社団法人 金融財政事情研究会

主な仕事内容

仕事内容については、主に暮らしやお金についての相談業務になります。相談内容は、金融、税制、不動産、保険関係、住宅ローン、年金制度など多岐にわたり、幅広い知識が必要となります。

依頼を受けた相談内容によって適切なアドバイスをして、解決策の提案と実行に向けての支援を行います。

FP(ファイナンシャルプランナー)試験について

FPの資格取得を目指す人は、まずFP3級の取得を目指します。3級を取得しなければ、2級を受験できないためです。(3級の受験免除に該当する方については、後ほど解説します)

FP3級試験の詳細

  • 試験日

1月5月9月

  • 受験料

学科3000円 実技3000円

  • 出題形式

学科120分(マークシート形式)実技60分(FP協会はマークシート形式、金融財政事情研究会は事例形式)

  • 学科出題科目

ライフプライニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承

  • 実技出題科目
  • 試算設計提案業務(FP協会の場合)
  • 個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務の一方を選択(金融財政事情研究会)の場合)

FPの試験にはFP協会と金融財政事情研究会(以下、金財)のどちらかの試験機関を選ぶ必要があります。実技の内容が異なりますが、試験の価値に優劣はありません。

3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱 | 日本FP協会

ファイナンシャル・プランニング 技能検定 3級 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

FP2級の試験は、学科については3級と同じ範囲からの出題になります。内容はより掘り下げられたものになっています。

FP2級試験の詳細

  • 試験日

1月5月9月

  • 受験料

学科4200円 実技4500円

  • 受験資格
  • AFP認定研修を修了した者
  • FP3級を取得した者
  • FP業務に関して2年以上の実務経験がある者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査を取得した者
  • 出題形式

学科120分(マークシート形式)実技90分(FP協会は記述式、金財は事例形式)

  • 学科出題科目

3級と同じ

  • 実技出題科目
  • 資産設計提案業務(FP協会の場合)
  • 個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務より一つ選択。(金財の場合)

3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱 | 日本FP協会

ファイナンシャル・プランニング 技能検定 2級 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

ファイナンシャルプランナー試験に挑戦。試験準備に必要な情報を解説

難易度について

次に難易度についてです。こちらも3級と2級に分けて解説していきます。

FP3級の合格率

まず3級試験についてです。3級は入門レベルで、合格基準は

  • FP協会の場合、で学科36点以上(60点満点)実技60点以上(100点満点)
  • 金財の場合、学科36点以上(60点満点)実技30点以上(50点満点)

配点についてはどちらとも公表していません。国家試験の中では比較的合格率の高い試験です。3級の合格率は、以下となっています。(2017年5月実施分)

  • FP協会主催では、学科71.87%、実技86.18%
  • 金財主催では、学科55.12%、実技個人資産相談業務59.69%、保険顧客相談業務40.60%

平成29年5月実施3級FP技能検定試験結果 | 日本FP協会

試験結果:2017年5月試験 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

FP2級の難易度

2級になると、実務には欠かせないレベルの知識が問われます。2級の合格基準はFP協会、金財ともに3級と同じです。合格率は、以下の通りです。(2017年5月実施分)

  • FP協会主催では、学科41.44%、実技46.79%
  • 金財では、学科24.85%、実技個人資産相談業務34.10%、保険顧客相談業務41.96%、中小事業主資産相談業務49.12%(2017年1月実施分)、損保顧客相談業務60.51%(2016年9月実施分)

平成29年5月実施2級FP技能検定試験結果 | 日本FP協会

試験結果:2017年5月試験 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

試験結果:2017年1月試験 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

試験結果:2016年9月試験 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

試験免除について

今まで述べてきたように、FP試験には学科と実技の2つの試験が行われるのですが、有効期限内であれば一方のみの合格も認められています。しかし一方の合格のみでは合格証書は発行されず、3級、2級の技能士とは認定されません。

一部合格(学科試験のみの合格、または実技試験のみの合格)は、当該合格した学科試験または実技試験の実施日の翌々年度末までに行われる技能検定に限り、当該合格した学科試験または実技試験が、申請により免除されます。

出典:3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱 | 日本FP協会

ファイナンシャルプランナーの難易度。勉強時間はどれくらい?

育児をしながら独学に励んだ実例

こちらでは私自身の経験をもとに述べていきます。

タイトル通り、私自身が5歳と3歳の子を持つ主婦ですので、勉強に費やせる時間は育児の合間を縫って作る形でした。

勉強時間

勉強時間についてです。主婦業と子育てが第一優先であるため、普段の生活スタイルは変えずに、いかに勉強時間を獲得するかが私の大きな課題でした。具体的には、子どもの起床時間の前や寝かしつけた後など、就寝時間を使っていました。

2級、3級ともに試験3か月前から、小刻みな空き時間をトータルすると、一日大体1時間から2時間、休日など時間が取れる日は一日3時間程度取り組みました。

勉強方法

私の場合は、2級3級とも滝澤ななみさん著書の「みんなが欲しかった!FPの教科書」と「みんなが欲しかった!FPの問題集」のセットを購入しました。

私はとにかく基本さえ全て頭に入っていたら、合格ラインは突破できるだろうと踏まえ、教科書を読み込むことに力を入れました。

教科書を何回も読み込み、あとは問題集をひたすら解いていきました。問題集が物足りなくなってきたら、ネット上に掲載されている過去問も同時進行で取り組みました。

独学する上で大変だったこと

独学のデメリットは、自ら情報収集をしなければならなかったことです。ネット上に掲載されている情報が本当か否かも自身で判断しなければなりません。

あとは前でも述べたように、勉強の時間の確保です。独学だと、決まった時間に決まった授業やカリキュラムが組まれているわけではありません。

しかし、絶対取得したいという強い意志を備えていれば、短時間でも集中して取り組み、何とか勉強時間を作る努力をするはずです。

FP取得後について

 

ここからは、無事合格してFP取得後についてです。実際FPへの相談内容とはどういったものがあるか、事例を参考にして解説していきます。

相談事例

FPへの相談事例は以下になります。

  • 老後、どのくらいかかるのか試算してもらいたい。
  • 住宅ローンの返済が苦しくなってきました。借り換えを検討したほうがよいだろうか?
  • 孫へ教育資金を遺すにはどういう方法が最善か?
  • 離婚したが、息子にはちゃんと教育を受けさせたい。今の状況で進学は可能か?
  • 子どもが誕生したことをきっかけに、夫に死亡保障を掛けたい。

上記のように、相談内容はライフプランの設計から保険や住宅ローンの相談など、どの分野においても均等に知識を備えておく必要があります。

また年金や保険などは法改正が多く、常に新しい知識が上書きされていないと正確なアドバイスができないため、日頃から情報収集のアンテナを張っておくことが重要です。

料金体系について

FPへの相談料は、FPそれぞれ独自に設定しています。例えば、弁護士への料金体系を同じように、一時間何円など時間制としている方が多いようです。その他には月額や年額の顧問制や定額制もあります。

ファイナンシャルプランナーに相談しよう。相談の流れや選び方

FPとして働く

いざ本格的にFPとして始動です。こちらでは参考文献も交えながら解説していきます。

現在、私のFPとしての活動は、このように在宅でFPの分野に関することについて、アドバイスをする執筆を行っています。試験勉強と同じで、子育てをしながら空いた時間を使って活動しています。

求人について

FPは企業系FPと独立系FPと大きくふたつに分かれています。企業系FPは金融業界での活躍が一番多く、銀行や保険会社の家計相談などを担当しています。
もちろん相談料は無料です。銀行、保険会社の他に証券会社や不動産会社などもFP取得を推奨していることが多く、昇格や昇給の判断材料にもなります。

金融業界では、就職転職の時点で応募条件にFP保有としている企業や、別業界でいうと不動産業界もFPの知識は就職転職優遇されることがあります。

一方、独立系FPはその名の通り、独立開業しているFPのことです。企業に属していないので、相談実績を積んで自ら顧客を獲得していきます。

企業内FPと独立系FP|ファイナンシャルプランナー(FP)|資格のことなら合格のLEC

年収について

企業系FPの場合、銀行、証券会社、保険会社、不動産、年金事務所と職場により年収は大きく異なります。

独立系FPに関しても、顧客人数、営業力などは人それぞれなので、FPと一括りにした年収のケースはなかなか調査しづらいようです。

参考として、現時点で掲載されているFPの求人情報は下記になります。

株式会社みずほ銀行の求人情報/フィナンシャルコンサルタント

活躍するFPの声

FP協会のホームページの中で、実際に活躍するさまざまなFPの声を紹介しています。下記のリンクをご参照下さい。

活躍するFPに聞く | 日本FP協会

ファイナンシャルプランナーの仕事は何?給料や将来性を解説します

まとめ

今回、FPの資格の基本的な内容から取得に向けての勉強法、取得後の活躍に至るまでを解説していきました。

FPの勉強を通じて得た知識は、主婦をしている身にとって触れる機会が多いものばかりで、知識を持つだけでも日々の暮らしに大変役立ちます。

ぜひ資格取得を目指し、FP主婦として家庭の中だけでなく、社会でも活躍の場を広げていきましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計