1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 節約
  4. 節約しても旅行はしっかり楽しめる。ポイントやおすすめ旅行先を紹介

節約しても旅行はしっかり楽しめる。ポイントやおすすめ旅行先を紹介

旅行はお金がかかりますが、工夫次第で節約もできます。節約旅行だからといって、何かを我慢しなければいけないわけではありません。本記事では、節約しながらでも楽しめるポイントを紹介するので、ぜひ旅行を満喫してください。

【2019年最新】 ▼当サイトで利用者の多い、節約におすすめのサービス

  • 【1位】ブロードワイマックス
    当サイト18ヶ月連続人気1位 新生活にはWiMAX!通信制限・通信費の節約なら!
  • 【2位】LINEモバイル
    WiMAXとあわせて格安SIMで超お得!通信制限・通信費の節約なら!
  • 【3位】楽天カード
    ポイントがザクザク貯まる!TVCMでおなじみの楽天カード!

この記事の目次

旅行に行きたい人のデータ

旅行に行きたい人はたくさんいます。それはデータからも明らかです。しかし中には、旅行はお金がかかるから行けない、と諦めている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、旅行に行きたい人のデータとともに、節約しながらも楽しめる旅行について紹介します。

レジャーや余暇を充実させたい人は多い

レジャーを楽しみたい、余暇をもっと充実させたい、という人はたくさんいます。また、旅行を楽しみたい、という人も大勢いるのです。

それは、『国民生活に関する世論調査』(2018年6月)でも明らかになっています。同調査によると、今後の生活で特に重点を置きたいものに『レジャー・余暇生活』をあげた人は35.2%で、1位でした。

また、自由時間が増えたときにしたいことの1位は『旅行』で、48%の人が旅行に行きたいと思っていることが分かります。しかも『旅行』は調査対象になっているすべての年代で1位なのです。

年代を問わず多くの人が『旅行に行きたい』と感じていることが分かるでしょう。

国民生活に関する世論調査 -内閣府

節約でお得に旅行を楽しもう

その旅行を楽しむのに役立つのが、節約です。旅行は高いというイメージがありますが、上手に節約すれば手頃な料金で楽しめます。

旅行の費用は時期によって大きく変わるものです。休日より平日が、ハイシーズンよりオフシーズンが安くなります。そのため、安い日にちを狙って旅行に行くと、大幅な節約が可能です。

その他、早期予約もおすすめします。早割サービスを導入している宿泊施設や飛行機・新幹線は多いので、ぜひ早めに旅行の予定を立てましょう。

また、予約をするときには、比較サイトのチェックも欠かせません。旅行に行きたい時期の相場を知り、よりお得なプランを探しましょう。

さらに、子供連れの旅行なら、子供料金のチェックやタオルや着替えといった持ち物の入念な準備で、思わぬ出費を減らせます。

節約旅行のための基礎知識

旅行の節約ポイントを押さえれば、しっかり楽しみながら、旅行の費用を最小限に抑えられます。楽しく節約旅行をするための基礎知識を解説するので、参考にしてください。

飲食代は可能な限り抑える

節約旅行では飲食代を抑える工夫をしましょう。例えば、飲み物はスーパーで安く買ったものをクーラーボックスに入れて持参します。

水筒にお茶を入れていくのもおすすめです。飲み物の持ち込みができる宿泊施設を選べば、余計な出費をせずに済みます。

出発時間が早い場合は、おにぎりやサンドイッチを持って行きましょう。移動中の車や電車でさっと食べられ、節約にもなります。

旅行先にピクニックできそうな公園があるかチェックしておいて、そこで持ってきたお弁当で昼食にするのもよいでしょう。

旅行先の飲食代は高くなりがちです。特に家族旅行の場合、節約効果の高い部分でしょう。

移動手段を工夫する

節約旅行では、移動にかかる費用を安くあげる工夫をします。

新幹線をよりお得に予約するには、早期割引の利用やホテルとのセットプランを利用するのがおすすめです。お得になるプランを探して節約しましょう。

飛行機代を節約するなら、格安航空券のチェックは欠かせません。ただし、比較サイトで購入すると仲介手数料が上乗せされるので、航空会社のホームページで直接購入します。

『青春18きっぷ』も節約旅行におすすめです。使える時期は限られますが、1万1850円で全国のJR線の普通・快速列車などに5日分乗れます。1人旅なら5日分の移動に使えますし、5人グループで日帰り旅行をすることも可能です。

他に、夜行バスの利用や、自転車好きならロードバイクでの旅行もよいでしょう。

さらに知っておきたい節約ポイント

節約旅行を楽しむなら、さらに役立つ節約ポイントを押さえておきましょう。事前に調べておくことで、よりお得なプランで旅行ができます。

繁忙期は避けて早めの予約を

宿泊施設・飛行機・新幹線・高速バスなど、旅行に利用するサービスは、繁忙期の利用や直前の予約で高くなる傾向があります。そのため、節約旅行なら時期は閑散期に、予約は早めにするのがポイントです。

閑散期の旅行なら、混雑に巻き込まれることがないので、お金だけでなく時間にもゆとりが持てます。

ただし、早めの予約をすると、予定が変わったり体調や天候が悪かったり、旅行に行けなくなることもあるでしょう。余計な出費が発生しないよう、直前まで無料でキャンセルできると安心です。予約前にキャンセル料規定をチェックしておきましょう。

子供料金やプランはよく調べる

子供も一緒に行く場合、意外と負担なのが子供料金です。宿泊施設によって子供料金が違うので、よく比較して決めましょう。大人料金だけだと高めの宿泊施設でも、子供料金がお得でトータルだと節約になる、というケースもあります。

添い寝プランや食事の有無を選べる場合には、サービス内容によって選びましょう。食事のメニューがあまり子供向けでなければ、食事無しにして大人のものを取り分けたほうがお得です。

ブログや観光協会のサイトを参考にする

旅行先が決まったら、ネットで情報収集しましょう。特に、ブログや観光協会のサイトは必見です。

ブログは実際に現地を訪れた人がレビューしています。そのため、比較サイトや公式ホームページでは分からない情報が見つかることもあるのです。

観光協会のサイトには、自治体で実施している観光キャンペーンのお知らせや、観光施設の割引クーポンが掲載されていることがあります。キャンペーンやクーポンを活用すれば、節約しながら旅行を楽しめるのでお得です。

ケース別節約旅行のおすすめ

節約旅行では、観光地で訪れる場所もポイントです。高額な入館料が必要な施設ばかり巡っていると、どうしても旅行の費用は膨れ上がります。節約旅行を楽しむなら、リーズナブルなおすすめスポットを活用しましょう。

カップル編

カップルでの節約旅行なら、落ち着いていて雰囲気や景色のよい場所がおすすめです。カップルがリーズナブルに楽しめる場所は、実はたくさんあります。節約したいからと旅行を諦めず、2人でお金を気にしないで楽しみましょう。

公園デート

公園は、カップルでの節約旅行やデートの定番です。緑が多く整備された公園なら、2人でゆっくりとした時間を楽しめます。ピクニックできる場所が設けられている公園なら、お弁当や飲み物を持って行ってランチをするのもよいでしょう。

公園デートで特におすすめなのは、東京を訪れたときです。東京には、広大でよく手入れされた公園が多くあります。もともと武家屋敷だった場所を公園にしているところも多く、歴史的な観光スポットにもなっているのです。

こうした整備された公園でも、入園料は数百円ほどで済みます。庭園を散策したり、ベンチで座って持参したコーヒーを飲んだり、のんびり過ごすのにうってつけです。

夜景デート

カップルでの旅行なら、夜には夜景を見に行きましょう。夜景スポットは各地にあります。ロープウェイの料金が必要な場所もありますが、中には出入り自由で無料で夜景を楽しめる場所もあるのです。

東京で夜景を楽しむなら、都庁の展望室がよいでしょう。世界に誇る美しい夜景が無料で見られます。展望室は23:00まで利用できるので、ディナーの後に訪れるのにもピッタリです。

子供連れ編

子供連れの節約旅行なら、子供の興味に合った場所や思い切り体を動かせる場所がよいでしょう。高い料金を支払わなくても、家族全員で楽しめるスポットを紹介します。

動物園

節約旅行に子供と一緒に行くなら、動物園がおすすめです。動物園の入園料は数百円ほどのことが多いので、リーズナブルに利用できます。

いろいろな動物たちを見て回ったり、小動物を抱っこできるコーナーで触れ合いを楽しんだり、普段目にできない動物に子供はもちろん大人も癒されること間違いなしです。

動物園にはお弁当を食べられる場所があることも多いので、ぜひお弁当を持参しましょう。外食よりも出費を抑えられます。

スキー場

スキー場も、子供連れの節約旅行にはもってこいの場所です。各地のスキー場で、子供や親子向けのイベントが行われています。面白そうなイベントを探して参加してみましょう。

雪国にあるスキー場の場合、必要なのはリフト券の料金のみ、というケースがほとんどです。リフトに乗らずに遊べる子供用のゲレンデは、無料で利用できます。そりやウエアを持参すれば、無料で1日中楽しめるのです。

関東の節約旅行は鎌倉がおすすめ

関東で節約旅行ができる場所はたくさんありますが、中でもおすすめなのが鎌倉です。歩いて散策しながら回りやすいですし、江ノ電やモノレールなど交通も充実しています。

歴史ある寺巡りから食べ歩きまで楽しめる

鎌倉は歴史がある街です。神社仏閣が多く、無料や数百円ほどの料金で参拝できるところが多くあります。

例えば、源頼朝と北条政子夫婦に縁のある『鶴岡八幡宮』は、良縁のパワースポットとして人気です。アジサイやドラマのロケ地になったことでも有名な『長谷寺』もあります。

食べ歩きグルメが充実しているのも鎌倉の魅力です。『鶴岡八幡宮』の参道である若宮大路や小町通りには、手頃な値段で食べられるおいしいものが揃っています。

クレープ・ジェラート・卵焼き・ソーセージ・チュロスなど、好みのものをチョイスして食べ歩きをしてみましょう。散策に疲れたら、休憩がてら立ち寄れる甘味のお店も充実しています。

足をのばして江の島散策

鎌倉駅から江ノ島駅までは江ノ電で移動できます。少し足をのばせば、海を臨む美しい景色や『江島神社』などにも立ち寄れるのです。

『江島神社』は、『厳島神社』『竹生島神社』と並ぶ日本三大弁財天の1つとしても知られています。参道には土産物屋が並んでいるので、歩くだけでも観光地のにぎやかな雰囲気を楽しめます。

島の階段をのぼっていくと、映画のロケ地になった『龍恋の鐘(りゅうれんのかね)』があります。デートスポットとして人気の場所なので、カップルで行くのにもおすすめです。

まとめ

旅行は高くてなかなか行けないもの、という先入観があるかもしれません。しかし、うまく節約すれば、リーズナブルに旅行ができるのです。

節約旅行をするには、早期割引の利用・シーズンオフを狙う・比較サイトのチェックが欠かせません。また、飲み物やお弁当を持って行き、外食費を安く済ませる工夫も大切です。

無料や数百円で楽しめるレジャー施設も活用しながら、上手に旅行に出かけましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

節約の人気記事

カテゴリ

家計