1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金の金利からシミュレーション。利息額はいくらになる?

貯金の金利からシミュレーション。利息額はいくらになる?

効率良く貯金をするためには、ただ銀行にお金を預け入れるだけでなく、預け入れる期間や金額によってどれくらい利息が付くのか把握しておく必要があります。金利の種類や計算方法、金利から利息をシミュレーションする方法を見ていきましょう。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで人気のロボアドバイザー・投資信託サービス

  • 【1位】FOLIO
    当サイト17ヶ月連続人気1位「おまかせ投資」でプロレベルの投資をかんたんに実現!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!預かり資産1300億円突破!手数料2ヶ月無料!
  • 【3位】THEO(テオ)
    投資初心者でもやさしい!気軽に1万円から自動運用できる!まずは3秒で無料診断!

金利とは何か?

金利とは、お金を貸し借りした時に発生する料金の割合を指します。

例えば、金利1%の銀行に100万円を預け入れた(=貸した)場合、100万円の1%に相当する1万円を上乗せし、101万円にして返します。100万円を貸し借りして発生した料金が1万円、つまり100万円の1%です。この1%という数字が、金利です。

金利の種類

金利は、大きく分けて2種類あります。定められた期間について利率が変動しない固定金利と、一定の条件下で利率が変動する変動金利です。それぞれの特徴について見ていきましょう。

固定金利

固定金利とは、定められた期間について利率が変動しない金利です。景気や市場の動向によって金利は変動する可能性がありますが、固定金利で銀行にお金を預け入れた場合、預け入れた時点の金利が満期まで適用されます。金利の変動による影響を受けないのが大きな特徴で、主に定期預金に適用されます。

変動金利

変動金利とは、一定の条件下で変動する金利です。銀行の普通預金や、変動型の住宅ローンなどに適用されている金利です。景気や市場の動向によって金利が変動するので、固定金利に比べると不確定要素が大きくなりますが、柔軟性のある運用が可能となる利点もあります。

利息とは何か?

利息とは、お金を貸し借りした時に発生する料金の額を指します。

利息は金利とよく似た概念ですが、金利はお金を貸し借りした時に発生する料金の割合、つまり利率を表しているのに対して、利息は金利によって算出される金額を表しているという違いがあります。

利息を計算するには、元本の金額と金利が分かっている必要があります。利息の計算方法は2種類あり、利息の付き方によって、単利型または複利型と呼ばれています。それぞれの計算方法について、詳しく見ていきましょう。

金利の計算方法

金利を計算する方法は、単利型と複利型に分けられます。単利型と複利型の大きな違いは、利息を計算する際、既に利息が発生していた場合に、その利息を次の期間の元本に含めるかどうかにあります。

単利型の場合は、利息は最初に預け入れた元本にのみ付きます。複利型の場合は、発生した利息を元本に足した額を新たな元本とし、利息が発生します。単利型と比べると、複利型は元本が増えていくので、受け取る利息も増えていくのが特徴です。

ここでは例として、金利1%の銀行に100万円を預け入れた場合に利息がいくらになるか、計算してみることにしましょう。

単利型

単利型の場合、1年目の利息は、100万円×1%=1万円となります。2年目は、元本が1年目と同額の100万円なので、1年目と同様に100万円×1%=1万円の利息が付きます。

3年目以降も同様に、元本100万円に対して1%の利息、つまり1万円が発生し、3年間の利息の合計は3万円になることが分かります。

複利型

複利型の場合も、1年目の利息は単利型と同額の1万円です。2年目は、1年目の利息である1万円が元本に加算され、101万円を新たな元本として利息を計算することになりますので、101万円×1%=1万100円となります。

3年目は、2年目に発生した利息1万100円が元本に加算され、102万100円×1%=1万200円になり、3年間の利息の合計は3万300円になることが分かります。

金利から利息をシミュレーション

単利型と複利型、それぞれの利息の付き方をご紹介しましたが、実際には利息には税金が課税されるので、受け取れる利息は税金が引かれた後の金額になります。

利息にかかる税金は、国税15%+地方税5%=20%です。さらに、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間は、復興特別所得税として国税15%に2.1%の付加税が課税されることが法律で定められています。

これにより、利息にかかる税金は、15%×2.1%=0.135%の復興特別所得税が加算され、20.315%になります。

復興特別所得税関係(源泉徴収関係)|源泉所得税関係|国税庁

それでは、普通預金・普通貯金の利息と、定期預金・定期貯金の利息について、それぞれ詳しく見てみましょう。

普通預金・普通貯金の場合

普通預金・普通貯金の場合、お金を自由に出し入れできるため、残高(=元本)が日々変動します。そのため、利息は毎日計算され、一定期間ごとに合算された額が口座に入金されることになります。

利息の入金は年に二回となっている銀行がほとんどですが、ジャパンネット銀行など一部の銀行では、毎月利息が入金されます。

円普通預金の適用利率は毎日24時時点の最終残高で決まります。1日ごとに計算し、翌月初に円普通預金口座へ入金します。

出典:個人のお客さま|預金金利|ジャパンネット銀行

定期預金・定期貯金の場合

定期預金・定期貯金の場合、最初に預け入れた金額は満期まで変わらないため、預け入れた時点の金利で利息が計算されます。また、預け入れる際に満期時の取り扱いを選ぶことができます。

満期時の取り扱いは、元本に利息を合算して自動的に継続する元利金継続型、利息のみを普通預金・普通貯金口座に入金して元本を継続する元金継続型、元本と利息を普通預金・普通貯金口座に入金する自動解約型の3種類からいずれかを選びます。

元利金継続型は、元本に利息を合算して再び預け入れるので、金利の計算方法は複利型となります。また元金継続型は、元本だけを継続して預け入れるので、金利の計算方法は単利型となります。

まとめ

金利は、お金を貸し借りした際に発生する料金のことを指します。金利には、一定期間金利が変動しない固定金利と、一定の条件下で金利が変動する変動金利があります。また、利息の付き方によって単利型と複利型に分けることができます。

利息は、元本と金利が分かれば計算で出すことができますが、利息には税金がかかるため、実際に受け取れる利息は税金が引かれた後の額になります。普通預金・普通貯金と、定期預金・定期貯金では、利息の付き方や受け取れる時期が異なっています。

貯金の金利はどれくらい?金利が高い銀行で賢くお金を増やそう

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計