1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金額は60代ではいくら位必要?老後を踏まえた資産形成はお早めに

貯金額は60代ではいくら位必要?老後を踏まえた資産形成はお早めに

60代は老後の生活を踏まえた資産形成ができあがる時期です。しかし、実際にはいくらの貯金があればいいのでしょうか?60代の貯金の現状や、目標貯金額について解説します。また、投資や老後の仕事についても知り、資産づくりに役立てましょう。

この記事の目次

60代夫婦の貯金額の現状

60代はこれまで行ってきた貯金がまとまった金額になる年齢です。また、定年退職を迎え、退職金を受け取る年代でもあります。そのため、貯金額がピークに達するのです。では、一般的に60代夫婦にはどのくらいの貯金があるものなのでしょうか。

貯金の平均額

60代の貯金の平均額は下記の通りです。こちらは、預金はもちろん、生命保険や株式などの金融資産全てを含んでいます。

  • 全世帯:1991万円
  • 夫婦:2133万円
  • 独身男性:1611万円
  • 独身女性:1622万円

全国消費実態調査 平成26年全国消費実態調査 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

また、60代の貯金額の平均は独身723万円・夫婦933万円ですが、中央値は独身495万円・夫婦770万円で、平均の貯金額と中央値に差があることが分かります。これは、60代は平均貯金額がピークに達する年代ですが、貯金がゼロという世帯もあることを示しているのです。

(※中央値とは、データを小さい順に並べたときに、真ん中に位置する値のことです。)

現金預金以外の保有資産は?

60代は現金や預金以外にも、生命保険や株式といった資産を持っている人が多くなります。その割合は貯蓄額の1/3ほどで、金融資産の金額が他の世代よりも多いのが特徴です。しかし、現金や預金で資産を持っている割合が多いという点では、他の世代と共通といえます。

60代夫婦で必要となる貯金額は?

60歳以降の老後の生活費は、一般的に7000万~1億円ほど必要といわれています。60代の夫婦が老後の生活を見据えたとき、どのくらいの貯金を用意しておくのがいいのでしょうか。60代夫婦に必要な貯金額について解説します。

生活水準を保つための最低額

老後の生活費として最低限必要な金額は、1人あたり1カ月15万4000円といわれています。この金額をもとに、夫婦2人の老後に必要な生活費を計算してみましょう。

男性の平均寿命は81.09歳ですので、65歳から老後生活を送ると仮定すると、平均余命は16.09年です。女性の平均寿命は87.26歳ですので、同様に計算すると、平均余命は22.26年です。

『1カ月の生活費×12カ月×平均余命』の計算式に、それぞれの数字を当てはめると、老後の生活費に最低限必要な金額が分かります。

  • 男性:15万4000円×12カ月×16.09年=2973万4320円
  • 女性:15万4000円×12カ月×22.26年=4113万6480円
  • 合計:7087万800円

ただし、この金額全てを貯金で用意しておく必要はありません。夫婦の年金受給額をあわせると、1カ月におよそ20万円になるケースがほとんどです。そのため、用意しておくべき貯金額は、年金受給額と老後の生活費との差額分ということになります。

ゆとりある老後を楽しむためには

老後に趣味を楽しむなど、ゆとりのある暮らしをするためには、1カ月に1人あたり24万5000円の生活費が必要といわれています。夫婦2人が、老後にゆとりのある暮らしをするためには、下記の金額が必要です。

  • 男性:24万5000円×12カ月×16.09年=4730万4600円
  • 女性:24万5000円×12カ月×22.26年=6544万4400円
  • 合計:1億1274万9000円

こちらのケースでも、やはり全額を貯金でまかなう必要はありません。年金受給額と老後の生活費の差額分を定年退職までに貯金することを目指しましょう。

節税して財産を残そう

貯金を財産として残すことを考えている場合には、相続税の節税対策をしておくことも大切です。全ての貯金を、そのまま預貯金にしておくと、残高がそのまま財産評価となってしまいます。そのため節税対策が全くできず、財産を思うように残せないのです。

老後の生活費が思いのほか節約でき、年金受給額で十分暮らせる状態だとしたら、預貯金で投資用マンションを購入することも検討してみましょう。財産評価を下げることにつながり、節税効果が期待できます。

資産形成は早めに始めよう

老後のための資金作りをするなら、資産形成は早めに始めるべきです。資産形成の方法について解説します。

預貯金だけでは心許ない?

資産形成として、日本では預貯金を利用しているケースが多くなっています。預貯金の特徴は、預けた金額の全てと、それにかかる利息が全額保証されることです。確実に貯められる反面、低金利が長く続いている昨今では、資産運用としてお金を増やす目的には利用しにくくなっています。

そのため、積極的に資産運用をするのであれば、預貯金と同時に投資を行うのが良いでしょう。大切なのは、最適なバランスで、預貯金と投資を使い分けることです。例えば、100万円を資産運用するときには、70万円を預貯金に30万円を投資にまわすようにします。

株式などの有価証券投資について

株式などの有価証券投資の特徴は、預貯金よりも積極的な資産運用ができるということです。例えば50万円を貯金した場合、1年経っても金額にほとんど変化はありません。

一方、50万円を利回り3%で投資にまわした場合、1年目で51万5000円になり、1万5000円増やすことができます。長期にわたる資産運用をした場合、その差はますます大きくなっていくのです。

ただし、投資商品にはリスクがあります。元本が保証されませんので、投資に費やした金額を確実に回収できるというわけではないのです。そのため、まずはリスクが低い投資に少額から挑戦するようにしましょう。下記に投資の種類について解説します。

投資商品 内容
外貨預金 米ドルやユーロなど、円以外の通貨で預金する投資方法。そのときのレートによって利益が出たり損失が出たりする投資です。
投資信託(ファンド) 一般的にリスクの低い投資の方法です。集めた資金をプロが運用します。少額から投資できる商品もあり、まとまった資金がなくても分散投資ができる方法です。
株式投資 企業の株を購入します。株価が安いときに購入して高いときに売ることで利益を得られるほか、配当金を受け取ることも可能です。長期保有による運用が望ましいといわれています。
債権 国や企業が発行する借用書のこと。例えば、国債も債権のひとつです。

 

不動産投資について

不動産投資は、もともと大きな資金を持っている人のためのものというイメージがありました。しかし、近年では、一般的な年収のサラリーマンが投資用ワンルームマンションを購入する、というケースが増えています。

どのような不動産かにもよりますが、中古物件で5~7%、新築物件で3~4%ほどの利回りが期待できます。単に、不労所得を得るためだけではなく、節税効果を期待して不動産投資を行っている人も多くいるのです。

60代で不動産投資をするのであれば、相続税対策としてのメリットもあります。できるだけ多くの財産を残したいという場合に検討するのも良いでしょう。

高齢でも収入を得る方法

定年退職までに目標の貯金額を達成できなかった場合や、もっと多くの予算で充実した生活を送りたい場合には、老後でも働くという選択肢があります。老後にはどのような仕事があり、どこで探すことができるのか、解説します。

シルバー人材センター等への登録

シルバー人材センターは、登録している高齢者が、庭木の剪定や草むしり・家事代行などを請け負うサービスです。自治体ごとに設置されています。

営利目的の組織ではないため、高収入を目指すのには向いていません。報酬の平均は、月8~10日の稼働で、3~5万円ほどです。

登録条件や登録の仕方については、お住まいの自治体に設置されているシルバー人材センターへ問い合わせてみましょう。

全国シルバー人材センター事業協会

インターネットを活用する

インターネットでは、シニア向け求人サイトが開設されています。そうしたサイトを利用して、老後の仕事を探すことも可能です。アルバイトはもちろん、クラウドソーシングで在宅ワークをするという選択肢もあります。

老後の仕事を探すときには、無理なく続けられる仕事を探すようにしましょう。お給料がいいからと体力が必要な仕事にすると、長く続けられず仕事を転々とすることになる可能性もあるからです。

また、まずは応募してみるということもポイントになります。シニア世代の仕事はなかなか決まらないこともあるので、気になる仕事には応募してみる・不採用でも気にし過ぎない、ということを心がけましょう。

(※クラウドソーシングとは、インターネット上で、仕事を依頼したいクライアントと仕事をしたい人とを結びつけるサービスのことです。)

まとめ

60代夫婦の平均貯金額について解説しました。定年退職までに、年金ではまかないきれない老後の生活費を貯金しておくのが理想的です。目標貯金額に達していない場合には、投資で今ある資金を増やすことを考えたり、老後でも働くことを視野に入れて考えてみましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計

確定申告の対策期限まで、残り 15日です。

確定申告の準備を早く終わらせましょう。お問い合わせ夜間対応もあり