1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 家計が赤字で苦しい。住宅ローンの負担を減らす方法は?

家計が赤字で苦しい。住宅ローンの負担を減らす方法は?

家計が赤字の時、住宅ローンが負担に感じたら、まずは返済計画の見直しを行いましょう。また同時に、できることから節約を始めます。無理のない住宅ローンのポイントや節約方法について解説しますので、参考にして貯金のできる家計を目指しましょう。

この記事の目次

まずは無理のない住宅ローンを組もう

住宅ローンで家計が赤字にならないためには、借入するときに無理のない住宅ローンを組むことが大切です。収入に見合った最適な住宅ローンの金額や、返済が苦しくなる理由について解説します。

収入に合ったローンとは

住宅ローンを借りるときには、収入に見合った金額を借り入れるのがポイントです。収入に合ったローンの金額はいくらが目安なのでしょうか。ローン金額の考え方について解説します。

手取り収入の2割5分が目安

住居費の目安は、手取り収入の25%といわれています。そのため、住宅ローンを組むときにも、手取り収入の4分の1以内におさまるようにすると、無理がありません。

また、毎月の生活費と貯金から、住宅ローンにいくらあてられるかを計算することもできます。手取り収入が30万円で、生活費に20万円使い、貯金を3万円する場合、住宅ローンにあてられるのは最大で7万円です。7万円以下なら、無理をして赤字家計に陥ることがありません。

この際気をつけたいのが、住宅ローン以外の費用です。住宅を購入すると、様々な費用が発生します。マンションであれば管理費や修繕積立金、車を所有していれば駐車場代などがプラスでかかりますし、固定資産税の納税もしなければなりません。こうした費用も含めて、住宅ローンの金額を考えましょう。

返済額シミュレーションを活用しよう

先にあげた手取り収入が30万円の例では、住宅ローンにあてられるのは最大で7万円までという計算になりました。しかし、これだけでは、いくらの物件が買えるかまでは分かりません。金利を含む計算をしなければいけないからです。

そこで利用したいのが、返済額シミュレーションです。銀行のホームページなどで公開されているシミュレーションツールを使えば、月々の返済額から購入可能な物件の価格を知ることができます。また、住宅ローンの完済までに支払う総返済額も確認できます。

将来、ローン返済が苦しくなる原因

住宅ローンを組むときには問題がなくても、長年返済していくうちに、ローン返済が苦しくなっていくことがあります。ローン返済が次第に苦しくなっていくのには、原因があるのです。

維持費や税金がかかる

マイホームを買うと、維持費や税金がかかります。下記にあげる費用を考えずに購入に踏み切ると、予定外の出費が多くなってしまい、赤字家計の原因となるのです。

  • 購入時:頭金、融資手数料、ローン保証料、火災・地震保険・団体信用生命保険、登録免許税、司法書士への報酬、不動産取得税、印紙税、仲介手数料、など
  • 購入後:管理費、修繕積立金や修繕費(以上マンションの場合)、ローン返済金、駐車場代(マイカーがあれば)、固定資産税、都市計画税、など

これらの出費について十分理解し、準備していた場合でも、予定外に出費が多くなることがあります。マンションの管理費や修繕積立金が、大規模改修に向けて段階的に引き上げられてしまった場合、2年~10年などの住宅ローンの当初優遇金利の適用期間が終了してしまった場合、などがそうです。

収入が減ってしまうことも

住宅ローンの返済中に、予想に反して収入が減ってしまうということもあります。例えば、共働きだった夫婦が、子供の誕生を機に妻が専業主婦になるようなケースです。共働きの収入をベースにマイホームを購入した場合、夫だけの収入では返済がままならなくなってしまう可能性があります。

また、将来の昇進・昇給を期待して住宅を買っていた場合にも、収入が減ったのと似た状態が起こるといえるでしょう。10年後・20年後の給料があがっていると考えて返済計画を立てた場合、予定通りに昇給しなかったときの負担が大きくなり過ぎてしまいます。

教育費など出費が増える

家庭の出費は、もちろん住宅ローンの返済だけではありません。子供がいれば、教育費も必要になります。子供が小さなうちは幼稚園や保育園などにかかる費用が必要ですし、小学生になれば習い事を始めたいかもしれません。中学生・高校生になれば、塾や予備校へ通うようにもなるでしょう。

こうした出費が増えることで、予定よりも家計を圧迫してしまい、住宅ローンの返済が苦しくなってしまう可能性があるのです。

それでも家計が赤字になった場合は?

住宅ローンが負担にならないように、様々な要因を考慮して家計のバランスを図ってていても、赤字になってしまうことはあります。そんな時にはどのように対処すればいいのでしょうか。

キャッシングで補填するのは危険

家計が赤字になり住宅ローンの返済が苦しくなった場合、一番やってはいけないのが、キャッシングをして返済しようとすることです。キャッシングは住宅ローンよりも金利が高く、どんどん返済に追われる悪い循環に入り込んでしまう可能性が高くなります。

すると、いよいよ返済が難しくなったときに、任意売却をするよう金融機関からいわれてしまったり、競売にかけられたりしてしまうのです。当然、住む家を失うことになってしまいます。そのため、家計が赤字になったとしても、キャッシングは使わないことです。

家計の見直しを検討する

家計が赤字になってしまったとき、まずすべきことは家計の見直しです。いくつかの費目で、少しずつ支出を減らせないか、検討してみましょう。

例えば、外食を1回減らして食費を5000円減らす、バスを利用せず自転車や徒歩で移動し交通費を3000円減らす、携帯の契約プランを見直して2000円節約する、といった具合です。

赤字を一気に黒字にするのには、大変な努力が必要です。まずはできるところから確実に支出を減らしていきましょう。

住宅ローンの負担を軽くする方法

住宅ローンの返済が苦しいときには、節約で赤字解消を目指すのと同時に、住宅ローンそのものの負担を軽くすることも大切です。住宅ローンの負担を減らす方法を紹介します。

返済計画の見直しを行う

住宅ローンの返済が苦しいと感じたら、まずは銀行に相談しましょう。リスケジュール(リスケ)という、返済計画の変更をお願いするのです。例えば、返済期間を延長するかわりに月々の返済額を減額する、一定期間だけ利息のみの支払いにしてもらう、といったことができます。

リスケには、総返済額が増えてしまうことや、金利の優遇がなくなるケースがある、というデメリットもあります。しかし、リストラや病気など、突発的な収入の減少に直面した際には、まずできる対策として有効です。

住宅ローンの借り換えを検討

借り換えとは、住宅ローンを借りているのとは別の金融機関でローン残高を借り入れてローンを完済することです。今よりも低い金利でローンを借りられれば、返済額の負担が減り、赤字が改善する可能性があります。

借り換えの効果が大きいのは、金利差が大きいとき・返済までの期間が長いときです。また、忘れてはいけないのは、借り換えにかかる諸費用です。それも含めて考え、負担が軽くなる方を選ぶといいでしょう。

任意売却という手段も

家計が赤字になってしまい、どうしても住宅ローンの返済ができないという場合には、任意売却することも検討しましょう。任意売却というのは、売却して得たお金を返済にあてても住宅ローンが残るとき、金融機関の合意を得て売る方法です。

住宅ローンで購入した不動産には、抵当権がついていますので、売却時には住宅ローンを完済しなければいけません。そのため、購入時よりも価格が下がった不動産の場合、通常の売却ができないということがあるのです。

そうしたケースで不動産を手放したいと考えるなら、任意売却をするようにしましょう。

貯金もできる家計を目指そう

できるところから節約し、住宅ローンの負担を減らし、家計が好転したとします。この時目指すのは、貯金ができる家計です。毎月ぴったり使い切るような状態ではなく、余裕を持った家計運営ができるようにしましょう。

まずは家計をしっかり把握しよう

貯金ができる家計を目指すなら、まずは何にいくら使っているのかを把握することです。小さな出費も積み重なれば大きな金額になります。そうした無意識のうちに使っているお金が、家計を圧迫している可能性があるのです。

家計簿アプリなどを上手に活用し、日々の買い物の記録をつけましょう。そして、無駄な出費がないかどうか見直します。少しずつでも確実に無駄を省いていくようにしましょう。

少しずつの支出減から始めよう

いきなり大きく支出を減らすのは大変です。しかし、少しずつの節約なら、小さな努力でできます。そこで、まずは把握した無駄をもとに、少しずつ節約をしましょう。

料金が大きくなりがちなスマホ代は、格安SIMの利用を検討したり、無料通話アプリや通話無料のプランで電話代を少なく抑えたりします。また、ガソリン代は、セルフスタンドを利用したり、石油系のクレジットカードで支払ったりして、上手に節約してください。

こうした節約がうまくできるようになったら、生命保険などの保険料の支払いを半年払いに変更してみましょう。保険料の割引を活用できるようになりますし、ボーナスで支払う循環ができるようになり、月々の負担がより軽くなります。

まとめ

家計が赤字で苦しいとき、住宅ローンの負担を減らすには、まず銀行に相談しましょう。そのうえで、節約をして家計の無駄を省きます。目指すべきは貯金のできる家計です。少しずつでも節約の習慣を身につけて、赤字の家計から脱出しましょう。

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 収入40万で家賃11万は割高でしょうか?

    手取り収入訳40万円です。現在の家賃は収入に対して割高なのではないか、と時々親や知人に言われることがあります。オートロック付、エレベーターありの築25年の...

    40代 / 女性 / 大阪府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

  • 食費と光熱費を浮かす方法を知りたいです

    食費を浮かす方法と光熱費を浮かす方法、で、生活費(出費)は同棲してる男性分も含まれていて通信費にお金をかける癖が私にあります。 ローンは車と車の保険1万ず...

    20代 / 女性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 独身

家計の人気記事

カテゴリ

家計