1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. 貯金
  4. 貯金するにはどうすればいい?金利の推移から見る傾向と対策

貯金するにはどうすればいい?金利の推移から見る傾向と対策

貯金をしようと思った時、気になるのものの1つが金利です。金利が高ければ高いほど、受け取れる利息も大きくなります。

金利がどのように推移してきたか、これからどう推移していくかを踏まえ、効率良く貯金をしていくためにはどうすればいいかを考えてみましょう。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼当サイトで人気のロボアドバイザー・投資信託サービス

  • 【1位】FOLIO
    当サイト10ヶ月連続人気1位「おまかせ投資」でプロレベルの投資をかんたんに実現!
  • 【2位】Wealth Navi
    人気急上昇中!預かり資産1300億円突破!手数料2ヶ月無料!
  • 【3位】THEO(テオ)
    投資初心者でもやさしい!気軽に1万円から自動運用できる!まずは3秒で無料診断!

これまでの金利の推移

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本経済はバブル期と呼ばれる未曾有の好景気に沸いていました。しかし現在は、2016年にマイナス金利政策が導入されたことも影響し、金利は低水準で推移を続けています。

普通預金と定期預金、それぞれの金利がどのように推移してきたのかを知るには、日本銀行が毎月更新している「金融経済統計月報」を参考にしましょう。ここでは、直近10年間を例にして、国内銀行や信用金庫の平均金利の推移を見ていきます。

金融経済統計月報 : 日本銀行 Bank of Japan

普通預金

普通預金の金利は、2007年に0.198%を記録した後、下降の一途を辿っています。2017年現在、三大メガバンクと呼ばれる三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行では、いずれも普通預金の金利は0.001%となっています。

イオン銀行や楽天銀行、SBJ銀行など一部のネット銀行では、普通預金の金利は0.02%で、メガバンクの20倍となっています。ネット銀行の方がメガバンクより高金利ではありますが、2007年と比べるとかなりの低金利であることが分かります。

定期預金

定期預金の金利も、普通預金と同様、低迷が続いています。預入期間が3年間の定期預金の金利を見ると、2007年の0.333%をピークに下降する一方となっています。2017年4月には0.02%を割り込み、0.019%まで落ち込んでいます。

定期預金の場合も、メガバンクよりネット銀行の方が金利は高くなっています。預入期間が3年間の定期預金では、イオン銀行の場合は0.1%、楽天銀行の場合は0.03%です。しかし、いずれも2007年と比べるとかなりの低水準であることが分かります。

これからの金利の推移

かなり低い水準で推移してきた金利ですが、今後はどのように推移していくのでしょうか。先に取り上げた日本銀行の「金融経済統計月報」から、直近1年間の月ごとの金利推移を改めて見てみることにしましょう。

金利は今後も低迷する傾向

普通預金および定期預金ともに、直近1年間の月ごとの金利推移は、ほぼ横ばいとなっています。直近10年間で下降傾向にあり、直近1年間に限っても横ばいですので、今後も低金利が続くと考えるのが自然です。

低金利への対策は?

このように低金利が続く中、少しでも貯金を増やすためにはどうすればいいのでしょうか。これまでに見てきた金利の推移や特徴も踏まえて、考えられる対策を見ていくことにしましょう。

ネット銀行はメガバンクより金利が高い

ネット銀行は、メガバンクやその他の大手銀行に比べて金利が高めに設定されています。実店舗を持たないことで人件費や設備投資にかかる費用を抑え、その分を金利に反映しているのです。

ネット銀行は、24時間365日、インターネットで取引ができます。銀行の窓口が空いている時間に銀行まで足を運ぶ必要がなく、自分の都合に合わせて使えうことができるため、非常に便利です。

地方銀行のインターネット支店を活用する

最近では、地方銀行がインターネット専用の支店を開設するケースも増えています。インターネット専用支店では、普通の支店とは異なる金利が設定されていることが多く、ネット銀行と同水準の金利を採用している銀行もあります。

ATM手数料が優遇される銀行を選ぶ

ATMを利用して現金を出し入れする際、土日祝日や夜間など、時間外手数料がかかる場合があります。低金利への対策として、一定の条件を満たすことでATM手数料が優遇される銀行を選ぶという方法があります。

例えばメガバンクである三菱東京UFJ銀行の場合、提携先のコンビニATMの利用手数料が優遇される「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」という普通預金があります。適用条件を満たしていてコンビニATMをよく利用する場合、非常に便利です。

提携先コンビニATMを無料で利用する方法はありますか。 | よくあるご質問 | 三菱東京UFJ銀行

定期預金を上手に活用する

銀行に預金する際には、普通預金より金利の高い定期預金を上手に活用する必要があります。定期預金は、預入期間や金額によって金利が異なります。

また、特にネット銀行では、夏冬のボーナス支給時期などに合わせ、期間限定で金利が上乗せされるキャンペーンを実施していることがあります。公式サイトなどでよく確認し、自分に合った定期預金を選ぶようにしましょう。

まとめ

バブル期をピークに、普通預金および定期預金ともに、金利は下降の一途を辿っています。直近1年間を見ても金利は横ばいで、今後も低金利が続くことが予想されます。

少しでも貯金を増やすためには、大手銀行より金利の高いネット銀行や、ATM手数料が優遇される銀行を利用したり、普通預金より金利の高い定期預金を積極的に活用するなど、工夫が必要です。

貯金の金利はどれくらい?金利が高い銀行で賢くお金を増やそう

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

貯金の人気記事

カテゴリ

家計