1. Fincyトップ
  2. 家計
  3. ライフプランと子供の教育費の関係とは?早めの対策で負担を減らそう

ライフプランと子供の教育費の関係とは?早めの対策で負担を減らそう

ライフプランを考える上で思い浮かぶのが、子供の教育費です。教育費にかかる費用を貯蓄するためには、早めの対策が大切です。家計の負担がなるべく軽減されるように、ライフプランと子供の教育費の関係について理解しておきましょう。

この記事の目次

子供の教育費にかかる費用を知る

子供の教育費は生活費も合わせると、一人あたり約1,000万円以上は成人するまでにかかるといわれています。

公立や私立によっても費用は大きく異なるため、子育てをする際には教育費のための貯金が必要不可欠です。

公立で大学まで通った場合

幼稚園から大学まですべて公立なら、教育費合計は746万円。

出典:子どもの教育費いくら必要? | 子育てマネーアドバイザー

一番安く抑える方法は大学まですべて公立の学校にくことですが、教育費のほかにも部活動や塾などに通わせた場合は、さらに支出の金額が増えていきます。

もし子供が2人以上いる場合は、その倍のお金がかかってくるため、そのための貯金が必要になります。

すべて私立の学校の場合

幼稚園から大学まですべて私立の学校に通った場合は、公立でかかる教育費の約2倍以上の費用が掛かります。

子どもにかかる教育費は、進学のコースで大きく変わります。たとえば、幼稚園から大学まですべて公立なら、教育費合計は746万円。逆に、すべて私立(大学は私立文系)なら、2063万4000円に。大学で医歯科系に進学すると、さらに大きく増えることになります。

出典:子どもの教育費いくら必要? | 子育てマネーアドバイザー

私立の場合は理系や文系などの分野によって異なりますが、公立の場合が約1,000万円以内に対し、2,000万円以上の学費となるため、金額の差が大きくなります。

定年後に教育費がかかる場合

近年では晩婚化が進み、定年退職後も教育費が発生するケースも少なくありません。

その場合は退職後も働いたり、学生ローンなどを選ぶことで、教育費を支払っていくことができます。

公立や私立で教育費に2倍以上の差があるため、夫婦で子育てについて話し合うことも大切です。

教育費の他にも車のローンや住宅ローンなどがある場合は、家計が赤字にならないような学校選びをすることが必要です。

(※学生ローンとは、学生を対象にした、学費などの教育関係経費を銀行などから借りる融資のことです)

学資保険やローンの選び方

子供の教育費の負担を少しでも減らすため、学資保険や教育ローンなどに加入する方も増えてきています。

大学の奨学金制度もありますが、少しずつ積み立てるタイプの保険やローンを上手く使うことで、教育費の負担を減らすことができます。

(※教育ローンとは、学生の保護者を対象とした、教育関係に限定した融資のことです)

学資保険とは

学資保険(がくしほけん)とは、子どもの教育資金の確保を目的とした保険のことで、基本的な保証内容は他の生命保険などと同じく、毎月決まった額の保険料を払い続ければ、主に祝い金や満期学資金として、契約時に決めた子供の年齢に合わせた給付金が受け取れる保険のことです。

出典:学資保険とは?学資保険に入る必要性とメリット・デメリット - 保険コネクト

学資保険に加入することで祝い金などをもらうことができるため、学校に入る年度が決まっていれば、教育費の支出の負担を軽減することができます。

また、学資保険は生命保険と同じ分類になるため、金額によっては税額控除を受けることができます。

奨学金や教育ローンを利用する

奨学金は、進学に必要な学費や生活費を支援してくれる制度です。大学卒業後に返還する「貸与」型と、返還の必要がない「給付」型があります。

出典:奨学金の種類と申し込み方法

学校によっては、成績などの条件を満たした場合に受けることができる奨学金制度を設けている場合があります。

返還の有無や免除される金額など、条件は学校によって異なりますので、早いうちから情報収集することで自分に合った奨学金を受けることができます。

奨学金の支給が始まるのは多くが入学してからとなっているため、入学金などの学費を教育ローンで支払う方法もあります。

教育費を準備するために

教育費は学校の選び方や子供の人数などによって大きく金額が異なります。

早いうちから子供にかける教育費について夫婦で話し合いをし、ローンや保険などを利用しながら効率よく準備していくことが大切です。

塾などに通う場合は、その分の費用も必要になるため、家計のお金の流れを理解しながら、無理のないお金のかけ方をすることが大切です。

ライフプランを立てる

ライフプランとは、これからどんなライフイベントがあるのかを書き出すことで、人生設計を立てることです。

子供が2人以上欲しい方や、通わせたい学校などに希望がある場合は、ライフプランを立てることであらかじめ出費にかかる費用を把握し、備えることができます。

早いうちからしっかりとプランを立てることで、子供の教育方針もクリアになります。

ライフプランを作成する

子供へのお金のかけ方で注意すること

子供へのお金のかけ方で注意するべきことは、他の子供と比較してしまうことです。

塾に通ったり私立の学校へ通わせるなどする時は、子供にとって最良の選択肢かどうかをしっかり見極めることが大切です。

子供が大きくなってきた場合は、子供の意見も聞きながら学校選びをするなど、子供との話し合いをする機会も増やすようにしましょう。

選択肢を広げて考える

子供が育つのはあっという間かもしれません。最近では職業体験などの機会も増えてきているので、子供自身にも将来の選択の幅を広げてあげることが大切です。

子供の気持ちをきちんと考えながら、子供の育つ環境を整えていきましょう。

ライフプランを設計。具体的なポイントや気をつけることとは

まとめ

ライフプランを立てる時は、ついつい出費のことばかりを気にして、教育費について悩む方も多いかと思います。

教育費は学校の選び方でも大きく金額が異なります。家族で話し合いをしながら、無理のない学校選びをすることが大切です。

学資保険や教育ローンなどを有効的に活用し、子供の将来のためにも良い選択をするようにしましょう。

この記事の監修者

明治大学出身。上場保険代理店にて1年目新人賞、2年目社長賞受賞後にFPとして独立。これまで約2,000人と面談、プランニングを手掛ける。一人ひとりの資産設計の参謀として、お金の貯め方・守り方・増やし方などをアドバイスしている。 掲載メディア:ゼクシィ、Lifehacker、みんなのおかねドットコム、RAINBOW Town FM、他

保険・住宅ローン、お金の悩み、現在の家計・老後の家計や将来が
気になるという方は、「お金の専門家」に相談するために、まずは
ライフプランを作成してみましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

家計の人気記事

カテゴリ

家計