1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードに審査が甘いカードはあるの?おすすめカードとは

クレジットカードに審査が甘いカードはあるの?おすすめカードとは

クレジットカードを作るときには、審査を受ける必要がありますが、審査の基準が甘く、作りやすいクレジットカードはあるのでしょうか。本記事では、クレジットカードの審査の基礎知識や、審査に通りやすいクレジットカードについて解説します。

この記事の目次

クレジットカードの審査って何?

クレジットカードの審査とは、カード会社が申込者のさまざまな情報を調査し、クレジットカードを発行しても問題がない人かをチェックするためのものです。

審査は、クレジットカードの申込時に必ずおこなわれるもので、審査に通過しないとクレジットカードは発行されません。まずは、審査がどのようにおこなわれるのかを知っておきましょう。

スコアリングシステム

カード会社には、毎日多くのクレジットカードの申込書が届きます。それをひとつひとつ確認するのは大変な作業であるため、まず『スコアリングシステム』によって、合否を判定します。

スコアリングシステムとは、クレジットカードの審査でチェックする各項目に、それぞれ点数をつけ、すべての項目の合計点によって、合否を決定するシステムです。

スコアリングシステムによるチェック項目は、以下のようになっています。

  • 年齢
  • 居住形態
  • 配偶者の有無
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤務年数
  • 他社での借入件数
  • 他社での借入総額

チェック項目は、どのカード会社でも大体同じですが、それぞれの項目に設定される点数や合格点は、カード会社によって異なります。

合格すれば信用情報をチェック

スコアリングシステムによるチェックに合格すると、次に信用情報が確認されます。信用情報とは、信用情報機関に記録されている、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。

クレジットカードの申込日や利用枠、返済状況や他社での借入状況といった情報が、すべてわかるようになっています。

そして、信用情報にも問題がないと判断されると、審査に通過してクレジットカードが発行されます。

このとき、他社で高額な借入をしていたり、支払いの遅延を繰り返していたりと、返済能力を疑われるような情報が見つかると、審査に落ちる可能性が高くなります。

信用情報とは|信用情報について|指定信用情報機関のCIC
信用情報機関の役割|CICとは|指定信用情報機関のCIC

クレジットカード審査の仕組みとは。基本事項をまとめて解説

クレジットカードの審査で見られるポイント

クレジットカードの審査でチェックされるのは、どのようなことでしょうか。

もっとも大切な返済能力

クレジットカードの審査でもっとも重視されるのは、返済能力があるかどうかです。クレジットカードは、クレジットカード決済した代金を、カード会社がいったん立替え払いします。

そして、1カ月分の利用代金を、後日まとめて利用者に請求するので、利用者が返済を怠るとカード会社に不利益が生じます。

そのため、クレジットカードの審査では、返済能力がとくに重視されます。返済能力を調査するときには年収額はもちろん、以下のような項目がチェックされます。

安定した仕事に就いているか

申込者の返済能力を調査するときは、安定した仕事に就いているかチェックされます。

たとえば、会社員は毎月決まった収入が安定して得られます。しかし、個人事業主などの場合は、会社から給料が支払われるわけではないので、収入が変動しやすいといえます。

そのため、会社員のほうが、返済能力が高いと判断されやすくなっています。さらに、公務員の場合は、安定した収入があるだけでなく、勤務先が倒産する可能性が低いため、より返済能力が高いと評価される傾向にあります。

信用情報に傷がないか

返済能力を調査するときには、信用情報に傷がないかどうかも細かく確認されます。信用情報に傷がある状態とは、以下のような情報が信用情報機関に残っている状態を指します。

  • クレジットカードの利用代金の返済遅延を繰り返している
  • クレジットカードを強制解約されている
  • クレジットカードの入退会を頻繁に繰り返している
  • 任意整理や自己破産といった、金融事故情報が残っている

このような情報があるとお金に困っている、もしくは金銭的にルーズで、真面目に返済しない人である可能性が高いと判断されます。

また、クレジットカードの入退会を繰り返していると、入会時にもらえるポイントなどの特典が目当てなのではないかと警戒されます。

たとえ収入が安定している会社員や公務員であっても、このような情報が見つかると、返済能力が低いと判断され、審査に通りにくくなってしまいます。

支払遅延や自己破産はいつまで残るの?

信用情報機関には、『CIC』『JICC』『JBA』の3つの機関が存在します。支払遅延の記録はどの機関でも5年、自己破産の記録はCIC・JICCでは5年、JBAでは10年残ります。

信用情報機関 支払遅延情報の保有期間 自己破産などの情報の保有期間
CIC 契約期間中、および契約終了後5年以内 契約期間中、および契約終了後5年以内
JICC 契約継続中、および完済日から5年を超えない期間 当該事実の発生日から5年を
超えない期間
JBA 契約期間中、および契約終了日から5年を超えない期間 破産手続開始決定などを受けた日から10年を超えない期間

各信用情報機関に情報開示請求をすると、自分の信用情報が確認できます。信用情報に不安がある人は、クレジットカードに申し込む前に確認しておくとよいでしょう。

CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC
登録内容と登録期間 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関
個人情報の取扱い - 全国銀行協会

住所や居住形態がポイントに

審査時には、住所や居住形態も確認されます。たとえば、転職によって住所や勤務先を変更している回数が多いと、収入が安定しておらず、返済能力が低いと判断される可能性があります。

また、持ち家や賃貸、公団住宅などの居住形態も、審査に影響があります。クレジットカードに申し込んだ際、最初におこなわれるスコアリングシステムによるチェックでは、以下の順で高得点が与えられます。

  1. 持ち家(自己所有)
  2. 持ち家(家族所有)
  3. 賃貸マンション・借家
  4. 賃貸アパート
  5. 公営住宅・公団住宅

持ち家があるということは、それだけ経済力があると判断しやすいため、高得点になっています。また、持ち家の場合、気軽に手放して引っ越すのはむずかしいものです。

そのため、クレジットカードの返済を踏み倒して逃げる可能性が低く、万が一のことがあっても居場所がつきとめやすいことから、審査時には返済能力が高いと評価されます。

クレジットカードの審査。通りやすくするための方法は?

審査が甘いカードってあるの?

入会時の審査が甘く、入会しやすいクレジットカードはあるのでしょうか。

審査が通過するかはその人次第

クレジットカードの審査では、さまざまな情報から総合的に合否が判断されるため、基本的にクレジットカードの審査に通過するかどうかはその人次第です。

たとえば、年収が高い人であっても、頻繁にカード利用額の返済を遅延しているような場合は、審査に通過できない可能性が高くなるでしょう。

また、カード会社は、申込者の『支払可能見込額』を計算しています。支払可能見込額とは、申込者が無理なく支払えるであろう金額のことで、支払可能見込額が低いと、審査に落ちる可能性があります。

  • 支払可能見込額=年収 - 生活維持費 - クレジットカードやローンによる債務

支払可能見込額は、上記の計算式で算出されます。人によって年収や生活維持費などが異なるため、支払可能見込額も必然的に異なり審査結果に違いが出ます。

割賦販売法施行に伴うご利用可能枠の設定ルールについて

流通系や消費者金融系は通りやすい?

流通系や消費者金融系のクレジットカードは、比較的審査に通過しやすいクレジットカードです。

  • 流通系:デパートやスーパー、コンビニなどが発行しているクレジットカード
  • 消費者金融系:個人向けの少額融資をおこなっている、消費者金融が発行しているクレジットカード

スーパーやコンビニ、消費者金融などは利用者の層が幅広く、主婦や学生、会社員など多くの人が利用します。

そのため、クレジットカードの対象者も幅広く設定しており、年収が少ない主婦や学生でも審査に通過しやすいよう、審査基準が比較的緩く設定されています。

ANAカードは銀行系と同様

銀行が発行している銀行系のクレジットカードは、流通系や消費者金融系のクレジットカードなどと比べて、審査が厳しい傾向にあります。

銀行系のクレジットカードは、定職についており安定した収入があることや、信用情報が優良な人であることが重視されるためです。

そして、航空会社のANAが発行しているクレジットカードの申込条件は、『満18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入がある人』と定められており、銀行系のクレジットカードと同等の審査基準となっています。

キャンペーン中のカードは狙い目

審査に通過しやすいクレジットカードを探しているのであれば、入会キャンペーンがおこなわれているクレジットカードが狙い目です。

なぜなら、入会キャンペーンは、カード会社がクレジットカードの利用者を増やすことを目的として、開催しているものだからです。そのため、通常時よりも審査が緩くなっている可能性があります。

審査に通りやすくする方法とは

クレジットカードの審査に通過しやすくするためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

キャッシング枠は0円に

クレジットカードの審査に通過しやすくするには、キャッシング枠を0円にして申し込みましょう。なぜなら、キャッシング枠をつけて申し込むと、審査が厳しくなるからです。

たとえば、クレジットカードをショッピングとキャッシングで、それぞれ1万円ずつ利用したとすると、引落日にはショッピングとキャッシングの利用分を合計した、2万円が引き落とされます。

そのため、キャッシングを利用しても返済を続けられるか、より厳しく返済能力が調査されます。

ショッピング枠も最初は低めに

ショッピング枠の希望額も、最初は低めに抑えて申し込むと、審査に通過しやすくなります。通常、クレジットカードの審査では年収や居住形態など、さまざまなことが調査されます。

しかし、利用限度額が30万円以下の場合は割賦販売法により、信用情報などを確認する簡単な審査で発行してよいとされています。

限度額が30万円以下のクレジットカードを発行する場合は、過剰な債務や延滞等を確認する簡易な審査で発行可能とします。

出典:早わかり改正割賦販売法(METI/経済産業省)

そのため、ショッピング枠の希望額を30万円以下にして申し込むと、審査に通過しやすくなります。

嘘は絶対に書かないこと

クレジットカードの申込の際には、絶対に嘘の情報は書かないようにしましょう。カード会社は、信用情報機関で情報を照会したり、必要であれば住民票を確認したりと、さまざまな方法で申込者の情報をチェックします。

嘘の情報を書いてもすぐに見破られるため、正直に申請しましょう。

2018年おすすめのクレジットカード

ここからは、おすすめクレジットカードを紹介します。

楽天カード

JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、9年連続1位になっている『楽天カード』は、ポイント還元率が高く、お得に活用できるクレジットカードです。

18歳以上であれば学生や主婦、アルバイトでも申込可能で、比較的入手しやすくなっています。

年会費永年無料の楽天カード|楽天カード

年会費無料でポイントが貯まりやすい楽天カード。 海外旅行保険も付帯しているので、幅広い層におすすめの定番カードです。 審査も優しいので、是非申し込んでみてください。下記の記事で詳細を説明しているので、あわせてご覧ください。

楽天カードってどんなカード?ポイント還元率が最大の魅力!

Yahoo!Japanカード

Tポイントを貯めている人には、『Yahoo!Japanカード』がおすすめです。通常は利用額100円ごとに、Tポイントが1ポイントが付与されますが、Yahoo!ショッピングで利用した場合は3倍貯まります。

18歳以上で本人、または配偶者に継続収入があれば、フリーターや主婦でも申込可能です。

Tポイントがたまる年会費無料クレジットカード-Yahoo! JAPANカード

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード』は、20歳以上69歳以下で安定した収入があれば申込可能です。

自動契約機(むじんくん)を利用すれば最短30分で審査が完了し、クレジットカードが発行されます。

クレジットカード(ACマスターカード)【アコム公式サイト】

アコムACマスターカードは即日発行可能なクレジットカードです。 独自の基準で審査を行なっているため、審査が不安な方にもおすすめのカード。 下記の記事で詳しく説明しているので、合わせてご覧ください。

アコムACマスターカードは即日発行できる?審査方法と特徴を解説

学生でも作りやすいおすすめのカード

学生でクレジットカードを作りたい場合は、以下のクレジットカードがおすすめです。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード』は名前の通り、学生だけが持つことのできるクレジットカードです。申込条件は満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の学生となっています。

飲食店などの優待や海外旅行保険など、学生向けのサービスが充実している便利なクレジットカードです。

学生専用ライフカード|クレジットカードはライフカード

海外旅行に行きたい学生必見!年会費が無料なのに充実した海外旅行保険が付帯する学生ライフカード。 夏休みや春休みの旅行や、卒業旅行でも大活躍間違いなしの1枚です。学生ライフカードについて下記の記事で詳細を説明しています。あわせてご覧ください。

ライフカードは学生に人気?学生限定特典で充実した生活を

三井住友VISAデビュープラス

18~25歳の人であれば、『三井住友VISAデビュープラス』もよいでしょう。『三井住友VISAデビュープラス』は、通常の「三井住友VISAカード」の2倍ポイントが貯まります。

ネットから申し込むと、最短3営業日で発行されるため、急ぎでクレジットカードが欲しい人にもおすすめです。

三井住友デビュープラスカードのご案内・お申し込み|三井住友VISAカード

三井住友VISAデビュープラスカードは実質年会費無料で利用できる若者向けのカードです。 ポイントが貯まりやすく、何より25歳を過ぎると自動的にプライムゴールドカードに切り替わるのが魅力。 以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

三井住友VISAデビュープラスカードは学生におすすめ?その特徴を解説

主婦におすすめの流通系カード

主婦には、使い勝手がよい流通系のクレジットカードがおすすめです。

イオンカードセレクト

イオンカード』は申込条件が、18歳以上で電話連絡ができることとなっており、主婦でも入手しやすいクレジットカードです。

毎月20日・30日に、イオンでの買い物代金を『イオンカード』で支払うと5%割引されます。

イオンカードセレクト|暮らしのマネーサイト

セゾンカード

セゾンカード』は、18歳以上で電話連絡ができ、セゾンカード提携の金融機関の口座を持っている人であれば、主婦や学生でも申込可能です。

セゾンカウンターで手続きすると、クレジットカードとETCカードを即日で発行できます。

セゾンカードインターナショナル|クレジットカードはセゾンカード

もし審査に落ちてしまったら

ここでは、クレジットカードの審査に落ちてしまったときの対処法を説明します。

再申込は6カ月経過後に

クレジットカードの審査に落ち再度申し込む場合は、申込から6カ月以上経過してからにしましょう。なぜなら、信用情報機関には、クレジットカードの申込情報が6カ月間残るからです。

短期間で何度も申し込んでいると、お金に困っているのではないかと警戒されるため、ますます審査に通過しづらくなってしまいます。

6カ月経てば、信用情報機関からクレジットカードの申込情報が消えるので、それまで待ってから再申込をおこないましょう。

CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

デビットカードなら審査なし

利用するたびに、引落用口座から利用代金が引き落とされる『デビットカード』であれば、審査なしで発行できます。

また、通常のクレジットカードは、18歳以上でないと申し込めませんが、デビットカードであれば、15歳から申込可能なものもあります。

デビットカード(イオン銀行キャッシュ+デビット) |イオン銀行

まとめ

クレジットカードの中には、比較的審査が甘く入手しやすいものがあります。しかし、審査では申込者のさまざまな情報を調査し、総合的に合否を決定するため、審査に通過できるかどうかは人それぞれです。

どうしても、審査に通過できない場合は、審査不要のデビットカードを発行するとよいでしょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 月の利用限度額を上回る金額を利用してしまった

    クレジットカードによって、月の利用限度額が20万円までや30万円までなどそれぞれ決まっていると思いますが、たまたま○月だけ利用額が多かった、買い物をしすぎ...

    30代 / 女性 / 茨城県 / 年収 601-700万円 / 既婚

  • 八十二銀行のHALUCAについて教えてください

    銀行が発行するクレジットカードだったため契約しました。 銀行のカードだと信用情報がたまり、ローンを組むときに金利面で交渉がしやすくなると聞きました。 しか...

    30代 / 男性 / 長野県 / 年収 501-600万円 / 独身

  • アプラスカードの他のカードとの比較

    1番ポイントが貯まりやすいカードはなんですか? 住宅ローン、車のローン、光熱費、水道代などカードで支払った場合のポイントの還元率が高いカードまた、ポイント...

    20代 / 男性 / 福岡県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ