1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 法人クレジットカードの年会費の仕訳は?おすすめのカードも紹介

法人クレジットカードの年会費の仕訳は?おすすめのカードも紹介

法人用クレジットカードの年会費は、経費として計上できるのでしょうか。本記事では、法人カードの年会費の経費計上についてわかりやすく解説します。また、個人事業主でも作成できる、おすすめの法人カードも紹介します。

この記事の目次

【2021年最新】 ▼法人・中小企業、個人事業主の皆様に人気のサービス!

法人のクレジットカードとは

そもそも法人向けのクレジットカードとは、どのようなものなのでしょうか。

個人事業主や企業に対して発行

法人向けのクレジットカード(法人カード)とは、個人事業主や企業に対して発行される、事業用のクレジットカードです。

出張費用や事務用品の購入などの、経費精算に利用することが目的のクレジットカードで、一般的な個人用のクレジットカードよりも、利用限度額が高い傾向にあります。

法人口座より引き落とし

法人カードで精算した経費は、カード会社が定める引落日に、法人口座から引き落とされます。

ただし、個人事業主で個人名義の口座しかない場合は、個人名義の口座の登録も可能です。

しかし、法人カードの種類によっては、個人名義の口座は不可となっている場合もあるので、申込前に条件を確認しておきましょう。

法人カードのメリット

法人カードには、以下のようなメリットがあります。

  • 出張などの経費を立て替える必要がなくなる
  • 経費の管理が楽になる
  • 飛行機の予約サービスなど、ビジネス向けのサービスが付帯しているものが多い
  • 法人税の納付に利用できる

法人カードのデメリット

法人カードには、以下のようなデメリットがあります。

  • 利用代金の支払いは、原則として一括払いになる
  • キャッシング機能がないものが多い
  • 個人用のクレジットカードよりも、審査が厳しい傾向にある
  • 年会費無料のものが少ない

法人カードは、個人用のクレジットカードよりも利用限度額が高くなるため、審査も厳しくなる傾向にあります。

カード会社は、審査基準を明らかにしていませんが、一般的に法人設立から3年以上経っており、2期連続黒字である場合は、審査に通りやすくなるとされています。

ただし、個人事業者やフリーランスOKとされている法人カードは、審査が比較的やさしくなっており、本人確認書類だけで審査ができるものもあります。(利用限度額などに制限あり)

個人事業主や設立して日が浅い法人などの場合は、そのような法人カードに申し込むとよいでしょう。

ビジネクスト・法人クレジットカード、ビジネスローン・事業資金・資金調達・借入のご相談はビジネクストへ

年会費は経費にできるのか

法人カードの年会費は、経費として計上できるのでしょうか。

年会費は経費に計上可能

法人カードは、経費精算を目的としたクレジットカードであるため、年会費も経費として計上可能です。

一方、個人用のクレジットカードの場合は、プライベートでの利用を目的としたクレジットカードです。

そのため、たとえ経費精算に利用していたとしても、基本的に経費には計上できないようになっています。

仕訳の際の勘定科目は

法人カードの年会費を経費として計上する場合、勘定科目は『会費』か『支払手数料』とするのが一般的です。厳密に仕訳をするのであれば、会費とするのがよいでしょう。

ただし、法人カードの年会費は消費税の課税対象(課税仕入れ)となっており、会費は不課税(不課税仕入れ)となることが多いので、経理処理の際にミスが起こる可能性があります。

一方、支払手数料は消費税の課税対象となることが多いので、経理処理でミスが起こりにくくなります。

個人事業主にもおすすめの法人カード

ここからは、個人事業主にもおすすめの法人カードを紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

項目 詳細
年会費 3万1000円(税抜)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、世界的にステータスの高さが認められている法人カードでありながら、個人事業主でも申込可能です。

個人用の「アメリカン・エキスプレス・カード」と同じく、一律の利用限度額は設定されておらず、法人カードの利用状況や支払い状況などによって随時変動します。

また、東京駅構内から23区内のホテルまでの荷物宅配サービスや、空港のラウンジが利用できるサービスなど、出張が多い人に役立つサービスが付帯しています。

アメックスが発行する法人カード。 限度額が無制限なので、大きな決済でも利用できるおすすめの法人カードです。 審査基準もそれほど高くないので是非申し込んでみましょう。下記の記事で詳細を説明しています。あわせてご覧ください。

アメックスの法人カードって?法人向けの特典やメリットを詳しく解説

JCB法人カード

項目 詳細
年会費 1250円(税抜)
※オンライン入会の場合は初年度無料
国際ブランド JCB

コストパフォーマンスが高い法人カードを探している人には、「JCB法人カード」がおすすめです。

JCB法人カード」は年会費が1250円(税抜)と、個人用のクレジットカードと変わらない金額となっています。

しかし、ビジネス向けのサービスが豊富で、航空券や新幹線の予約サービスや、事務用品が特別価格で購入できるサービスなどが付帯しています。

初年度年会費無料でポイントがおトクに貯まるJCB法人カード | 法人カードのお申し込みなら、JCBカード

まとめ

法人カードとは、個人事業主や企業に対して発行されるクレジットカードです。事業上の経費精算を目的としているため、年会費は経費として計上可能です。

ただし、個人事業主などで、個人用のクレジットカードを経費精算に利用している場合は、原則として年会費を経費として計上できないので注意ましょう。

クレジットカードの年会費は払うべき?有料カードのメリットとは

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードの賢い使い方について教えてください

    クレジットカードの賢い使い方を教えて欲しいです。どんなときに現金よりもクレジットカードを使った方が得をするのか、クレジットカードを複数枚もっているときにど...

    20代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 新規カード作成の審査の可否について

    現在、クレジットカードを7枚所持しています。新たに新規のクレジットカードを申し込みたい場合に、審査の通りやすさについておうかがいできればと思います。 これ...

    50代 / 女性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 独身

  • JCBの使い方について教えてください

    いまの社会、本業だけでは暮らしていけないと思っています。そこで質問です。簡単でガッツリ儲ける副業なんてものはないですか? 僕はいまFXというものに興味を持...

    20代 / 男性 / 愛媛県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • VISAカードの信用情報について

    クレジットカードでお金を借りることが出来る反面、作り過ぎたるすると住宅を購入する際のローンなどの信用状況などに影響を及ぼすと聞きましたが、本当なのでしょう...

    30代 / 男性 / 福岡県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ

初年度無料! 法人・中小企業必須!