1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの申込方法。初めての人もこれさえ読めば安心

クレジットカードの申込方法。初めての人もこれさえ読めば安心

クレジットカードの申込方法には、いくつか種類があります。本記事では、それぞれの申込方法の特徴や、申込から発行までの流れを解説します。また、クレジットカードに申し込むときに、注意すべきことも知っておきましょう。

この記事の目次

クレジットカードの申込方法は3種類

クレジットカードの申込方法には、主に以下の3種類があります。

インターネットでの申込

ひとつは、インターネットで申し込む方法です。希望のカード会社のサイトにアクセスし、クレジットカードの入会ページから申込をおこないます。

ほとんどのカード会社が、インターネット申込に対応していますが、クレジットカードの種類によっては、書面での申込のみとなっている場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

カードお申し込みの流れ|クレジットカードを作る|クレジットカードはセゾンカード

店頭や銀行窓口での申込

スーパーやデパートなどの店頭や銀行の窓口で、クレジットカードの申込を受け付けていることもあります。

ただし、どんなクレジットカードでも申し込めるわけではなく、そのスーパーやデパート、銀行が発行しているクレジットカードへの申込になります。

カードお申し込みの流れ|クレジットカードはセゾンカード

申込書を郵送して申し込む

カード会社に申込書を郵送して申し込む方法もあります。希望のカード会社に申込書を請求し、必要事項を記入・捺印したのち返送します。

ただし、この方法は、申込書のやり取りに数週間かかる場合がほとんどです。また、申込書の記入内容に不備があった場合は、その修正でさらに時間がかかるため、急ぎの人には向いていません。

カードお申し込みの流れ|クレジットカードはセゾンカード

どの申込方法を選べばよいのか

『インターネット申込』・『店頭や窓口での申し込み』・『申込書の郵送』のうち、どの申込方法を選ぶとよいのでしょうか。

インターネットがおすすめ

3種類の申込方法のうち、インターネット申込を選ぶのがおすすめです。インターネット申込であれば、24時間・365日、自分の好きなタイミングでおこなえるからです。

また、インターネット申込には、以下のようなメリットもあります。

キャンペーンが豊富

クレジットカードのインターネット申込は、キャンペーンが豊富です。また、インターネット申込の場合のみ、初年度の年会費が無料になるなどの、優遇サービスを提供しているカード会社も多くあります。

なぜなら、インターネット申込は他の申込方法と比べて、人件費や店舗などにかかるコストが安くすむため、その分が利用者に還元されるからです。

カード会社によってキャンペーンなどの内容が異なるほか、キャンペーン期間も決まっているので、希望のカード会社のサイトを確認するとよいでしょう。

カードの発行が早い

インターネット申込は、申込書の郵送などが必要ないため、クレジットカードの発行が早いというメリットもあります。

たとえば、JCBカードはインターネット申込の場合、申込完了後1時間ほどで審査完了し、即日発行・翌日到着が可能です。

また、セゾンカードは、あらかじめインターネット申込で審査まで完了させ、店頭受取を選択すれば、当日中にクレジットカードを受け取れます。

カードお申し込みの流れ|クレジットカードはセゾンカード
最短翌日お届けをご希望の方はご確認ください | クレジットカードなら、JCBカード

初めてで不安な場合は窓口が安心

クレジットカードを作るのが初めてで、インターネット申込に不安がある場合は、店頭や窓口で申し込むと安心です。疑問点がある場合は、その場で質問して確認するようにしましょう。

なお、店頭や窓口で申し込む場合は、以下のものを準備する必要があります。

  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • キャッシュカードや通帳など
  • 銀行の届け印

カード会社や銀行によっては、上記以外のものも必要になることがあるため、店頭や窓口に出向く前に、必要なものを確認しておきましょう。

郵送にはメリットなし

申込書を郵送して申し込む方法は、時間や手間がかかるうえ、わからないことがあっても質問できるわけでもなく、これといったメリットがありません。

ただし、一部のクレジットカードは、申込書の郵送による申込のみとなっているため、希望のクレジットカードの申込方法を、しっかり確認しておきましょう。

クレジットカードの申し込み・発行・入会の流れのご案内|三井住友VISAカード

申込から発行までの流れ

クレジットカードの申込から発行までの流れは、以下のとおりです。

  1. クレジットカードの入会ページや申込書に、必要事項を記入して申し込む
  2. カード会社の審査を受ける
  3. 審査に通過後、クレジットカードを受け取る

クレジットカードの申込みから発行までの流れ|一般社団法人日本クレジット協会

必要事項を漏れなく記入

クレジットカードの入会ページや申込書に記入する必要事項は、漏れがないように記入しましょう。

記入を求められる情報は、すべてクレジットカードの発行に必要な情報であるため、不備があると申込が完了できません。

とくに、申込書を郵送して申し込む場合、申込書の記載内容に不備があると、カード会社に電話して訂正したり、一度申込を取り消して再度申し込んだりと、時間と手間がかかるので、慎重に記入しましょう。

必ず審査がある

クレジットカードの入会時には、必ず審査があります。

年収やクレヒスをチェックされる

クレジットカードの審査では、申込者の年収や勤務先、勤続年数などがチェックされます。

また、個人信用情報機関でクレジットヒストリー(※)が照会され、他社で高額な借入をしていないか、支払いの延滞をおこしていないかといったこともチェックされます。

クレジットカードは、決済された代金をカード会社が立て替えて、後から利用者に請求する仕組みになっているため、申込者に返済能力があるかを調査しているのです。

これにより、返済能力があると判断されれば、審査に通過してクレジットカードが発行されます。

(※クレジットヒストリーとは、クレジットカードなどを利用している人の、契約内容や返済状況、ローンやキャッシングでの借入額などの情報のことです)

審査の期間は人それぞれ

クレジットカードの審査期間は人それぞれです。たとえば、即日発行可能なクレジットカードでも、人によっては審査に数日かかることもあります。なぜなら、人によって年収やクレジットヒストリーの状況が異なるからです。

たとえば、クレジットヒストリーが優良な人は、返済能力を慎重に調査する必要がないため、審査期間が短くなる傾向にあります。

また、申込方法によっても審査期間が変わります。たとえば、インターネット申込の場合は、カード会社にデータが到着した時点で、すぐに審査が開始できます。

しかし、申込書を郵送する方法の場合、カード会社が申込書の内容を入力してから審査が開始されるため、その分時間がかかります。

カードの受取

審査に通過するとクレジットカードが発行され、申込時に記入した住所にクレジットカードが郵送されます。

申込時に店頭受取を希望した場合は、店頭に受け取りに行きましょう。なお、郵送の場合も店頭受取の場合も、受取の際に本人確認書類が必要になります。

また、申込後に引っ越したなどで、申込時の住所と本人確認書類の住所が異なる場合は、公共料金の領収書などの提示が必要になります。

クレジットカードは誰でも作れるのか

クレジットカードは、誰でも作れるのでしょうか。

学生でも申込可能

クレジットカードは、高校生を除く18歳以上であれば学生でも申込可能です。学生の場合は、『学生OK』や『学生専用』などの記載があるクレジットカードに申し込むと、審査が比較的緩くなっているため、クレジットカードを作りやすくなります。

また、学生がクレジットカードを作る場合は、親権者の年収やクレジットヒストリーが審査対象となるため、親権者の同意が必要です。

学生や専業主婦以外で無職だと厳しい

一般的に、クレジットカードの申込条件は、『安定した収入があること』となっているため、学生や専業主婦以外で無職の場合は、審査に通過できない可能性が高くなります。

経済産業省では、学生や専業主婦がクレジットカードを作ることに関して、以下のように公表しています。

専業主婦(夫)や学生等の場合は、世帯主の収入も合算して支払可能見込額を算定し、クレジットを利用することができます。

出典:割賦販売法に関するFAQ(METI/経済産業省)

つまり、学生や専業主婦であれば、本人に収入がない場合でも、世帯主の収入を合わせて審査を受けられるということです。

しかし、学生や専業主婦以外で無職の場合は、上記が適用されないため、返済能力がないとみなされ、審査に通過することがむずかしくなります。

申込時に注意すべきこととは

クレジットカードの申込時には、以下の点に注意しましょう。

複数枚のカードを同時に申し込まない

複数枚のクレジットカードに同時に申し込むと、『多重申込』という状態になり、入会時の審査に通過しにくくなります。

急にたくさんクレジットカードを作ろうとしているということは、お金に困ってるのではないかと、警戒されてしまうからです。

また、そもそもカード会社が、複数枚のクレジットカードに同時に申し込むことを、認めていない場合もあります。

短期間に複数のお申し込みをいただいた場合については、当社基準によりお見送りになる場合がございます。

出典:セゾンカードインターナショナル オンラインお申し込みの流れ(最短即日~3営業日発行)|クレジットカードはセゾンカード

個人信用情報機関には、クレジットカードの申込情報も記録されるため、他社のクレジットカードにも申し込んでいることは、すぐにわかります。

よって、保有したいクレジットカードが複数あっても、一度に申し込むのは避けましょう。

クレジットカードの申込は複数枚可能?審査への影響とその対策

連続して申し込む場合は6カ月経過してから

クレジットカードに連続して申し込む場合は、6カ月経過してから申し込むとよいでしょう。

なぜなら、個人信用情報機関に記録されている、クレジットカードの申込情報の保有期間が、6カ月となっているからです。

6カ月経過すると、個人信用情報機関から申込情報が消えるので、多重申込を疑われることがなくなります。

CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

クレジットカードの申込を連続で行うと?審査を通すための対処法

キャッシング枠は0円

学生や専業主婦が申し込む場合は、キャッシング枠を0円にして申し込みましょう。クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象となっています。

総量規制とは、キャッシングやローンによる借り過ぎを防ぐために、借入総額を年収の1/3までに制限するという規制です。

アルバイトなどをしていない学生や専業主婦の場合、年収が0円なので借入総額も0円ということになります。そのため、キャッシング枠を付けて申し込むと、審査に落ちる可能性があります。

貸金業法のキホン:金融庁

初期設定がリボ払いになっていないか

クレジットカードによっては、支払方法の初期設定がリボ払い(※)になっていることがあります。その場合は、契約書などに記載されているため、申込時に必ず確認しておきましょう。

リボ払いになると、利用代金を完済するまで毎月手数料がかかるため、支払い総額が高くなります。

リボ払いになっていることを知らずに利用していたとしても、契約書などに記載してあれば、取消にはできないので注意が必要です。

(※リボ払いとは、クレジットカードの利用代金を、毎月一定額ずつ返済していく方法のことです)

申込はキャンセルできるのか

クレジットカードの申込は、クレジットカードの発行前であれば、キャンセルが可能です。

キャンセル方法は簡単

クレジットカードの申込は、カード会社に電話連絡するか、クレジットカードを申し込んだ店頭や窓口に連絡を入れるだけで、簡単にキャンセルできます。

カードの申し込みを取り消したいので、手続きの方法を教えてください。 |よくあるご質問Q&A|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

申込履歴は残るのか

クレジットカードの申込情報は、申込を完了した時点で、個人信用情報機関に記録されるため、キャンセルしても履歴は残ります。ただし、クレジットカードが発行されたときに記録される『成約情報』は残りません。

注意したいのが、クレジットカードの審査に落ちた場合も、同じように個人信用情報機関に申込情報だけが残り、成約情報は残らないということです。

そのため、カード会社がクレジットヒストリーを照会した際に、申込をキャンセルした人なのか、審査に落ちた人なのかは判断できません。

1件ぐらいであれば大きな影響はありませんが、申込情報だけが残っている記録が複数あると、お金に困って多重申込をしたのではないかと、疑いをかけられる可能性があります。

そうすると、今後のクレジットカードの審査に影響が出ることがあるため、頻繁にキャンセルすることがないよう、計画的に申し込むようにしましょう。

クレジットカード申込の履歴は残る?情報が消えるまでの期間と仕組み

カード発行済の場合は解約手続きが必要

クレジットカードが発行済みの場合は、すでにクレジットカードの入会が完了しているため、解約手続きが必要となります。

解約手続きも、カード会社に連絡を入れるだけで、むずかしい手続きなどはありません。ただし、クレジットカードを解約した情報は、個人信用情報機関に5年間残ります。

入会直後にクレジットカードを解約している情報が複数あると、入会キャンペーンの特典が目的と疑われ、その後のクレジットカードの審査に通りにくくなる可能性があるので注意しましょう。

カード会員を退会するにはどうしたらよいのでしょうか。 |よくあるご質問Q&A|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード
CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

クレジットカード申込のキャンセルをしたい。その対応方法と注意点

初心者におすすめのクレジットカード

初心者には、以下のクレジットカードがおすすめです。

若者向けの三井住友VISAデビュープラス

「三井住友デビュープラスカード」は、18~25歳限定のクレジットカードです。ポイント優遇特典があり、通常カードの2倍ポイントが貯められます。

また、26歳になると、自動でプライムゴールドカードにランクアップされます。(クラシックカードへの切替も可能)

三井住友デビュープラスカードのご案内・お申し込み|三井住友VISAカード
三井住友VISAプライムゴールドカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAデビュープラスカードは実質年会費無料で利用できる若者向けのカードです。 ポイントが貯まりやすく、何より25歳を過ぎると自動的にプライムゴールドカードに切り替わるのが魅力。 以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

三井住友VISAデビュープラスカードは学生におすすめ?その特徴を解説

顧客満足調査1位の楽天カード

「楽天カード」は、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、9年連続1位になっているクレジットカードです。

ポイント還元率が非常に高いのが特徴で、通常は100円利用するごとに1ポイント、楽天のサービス利用時には、最大3倍のポイントが貯まります。

年会費永年無料の楽天カード|楽天カード

年会費無料で審査も優しい楽天カード。 高いポイント還元率がメリットのクレジットカードです。 若者から主婦層の方まで、幅広い層におすすめです。下記の記事で詳細を説明しています。合わせてご覧ください。

楽天カードってどんなカード?ポイント還元率が最大の魅力!

まとめ

クレジットカードの申込には、いくつかの方法がありますが、キャンペーンが豊富で、カード発行までの期間が短い、インターネット申込を利用するのがおすすめです。

クレジットカードを作るのが初めてで不安がある場合は、その場で質問できる店頭や窓口で申し込むとよいでしょう。

申込の際には、申込書などに記入する内容に不備がないようにするほか、複数枚のクレジットカードに同時に申し込まないようにすることが大切です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードは重要か

    日本がクレジットカード社会になった経緯を知りたいです。また、現在私は中国に住んでいますが、デビットカードによる支払いや、最近ではスマホのアプリでネットバン...

    20代 / 男性 / 新潟県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • リボルビング払いの危険性について教えてください。

    現在は独身なのですが、いずれ結婚して家庭を持ちたいと考えています。そうなってくると色々とお金の問題が関わってくる事になると思いますが、例えば、子供が一人出...

    10代 / 男性 / 神奈川県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • クレジットカードの正しい使い方について教えて下さい

    クレジットカードを持っていますが、実際に使うことはあまりないし、実はシステム自体良く分かっていません。今持っているカードはスマホの引き落とし用に作っただけ...

    30代 / 男性 / 宮城県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

  • シェルポンタカードキャッシングについて

    給油の際にポイントがつくので、シェルポンタカード(VISA)で作りました。キャッシングについてですが、17.4%くらいの利率だったかと思います。ドコモカー...

    40代 / 女性 / 長野県 / 年収 301-400万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ