1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードと電子マネーの違いは?クレジット一体型が最強

クレジットカードと電子マネーの違いは?クレジット一体型が最強

現金を使わずに決済できるクレジットカードと電子マネーには、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴やメリット・デメリット、代表的な電子マネーの詳細などを解説します。また、おすすめの電子マネー付きクレジットカードも紹介します。

この記事の目次

クレジットカードと電子マネーの違い

クレジットカードと電子マネーは、どちらも現金を使わない決済方法です。しかし、この2つには以下のような違いがあります。

クレジットカード 電子マネー
・原則として18歳以上しか利用できない
・基本的に決済時にサインか暗証番号が必要
・限度額内であれば高額決済も可能
・利用代金は1カ月に1回まとめ払いが基本
・18歳未満でも利用可能
・サインや暗証番号なしで決済可能
・少額決済が基本
・利用する都度、決済されるのが基本
(※1カ月に1回まとめ払いするものもあり)

クレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
・限度額内であれば、高額決済もできる
・紛失・盗難時の補償がある
・海外でも利用可能
・原則、18歳以上でないと利用できない
・決済時にサインや暗証番号の入力が必要で、少し手間がかかる

クレジットカードは入会金・年会費永年無料のエポスカード

電子マネーのメリットとデメリット

電子マネーには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
・18歳未満でも利用可能
・決済時にサインや暗証番号の入力が不要で、支払いがスムーズに行える
・基本的に、少額決済にしか利用できない
・紛失・盗難時の補償がない場合がある
・海外では利用できない

電子マネー・モバイル決済|お得・便利に支払う|JXTGエネルギー

代表的な電子マネー

電子マネーには、『流通系』・『交通系』・『後払い式』があります。それぞれの種類の電子マネーには、以下のようなものがあります。

流通系電子マネー

流通系電子マネーとは、ネットショップやコンビニ、スーパーなどの企業が発行している電子マネーです。

使える場所が多い楽天Edy

楽天Edyは、楽天株式会社が発行している電子マネーです。コンビニやドラッグストア、スーパーなど、使える場所が多いほか、チャージ(入金)の方法もさまざまで、利便性が高いのが特徴です。

また、事前に設定しておけば楽天Edyの利用額に応じて、楽天スーパーポイントが付与され、貯まったポイントは楽天Edyに移行できます。

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

イオン利用者ならWAON

WAONは、イオンを利用することが多い人におすすめの電子マネーです。全国のイオングループの店舗で利用可能で、200円利用するごとに1ポイント付与されます。

貯めたポイントは、1ポイント=1円としてWAONに移行して、買い物に利用できるため、家計の節約にもつながります。

電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト

税金が支払えるnanaco

nanacoは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが展開している電子マネーです。nanacoの大きなの特徴は、税金の支払いに利用できることです。

通常はnanacoを利用すると、100円利用するごとに1ポイント付与されますが、税金の支払い時にはポイントは付与されません。

しかし、クレジットカードでnanacoにチャージすれば、クレジットカードのポイントが貯まるため、税金の支払いでも間接的にポイントを貯めることが可能です。

電子マネー nanaco 【公式サイト】

交通系電子マネー

交通系電子マネーは、バスや電車といった交通機関を運営している企業が発行している電子マネーです。

スマホでも使えるSuica

SuicaはJR東日本が発行している電子マネーで、電車やバスなどの交通機関で利用できます。

Suica用のICカードだけでなく、iPhoneやおサイフケータイ機能付きのAndroidなどのスマートフォンでも利用可能で、スマートフォンをかざすだけで改札を通れます。

また、交通機関だけでなくコンビニ、ショッピングセンターなどで買い物をした際の支払いにも利用できます。

Suica:JR東日本

私鉄・バスの利用にPASMO

私鉄やバスの利用が多い人には、PASMOがおすすめです。私鉄やバスの乗車時に、PASMOをかざせば料金の支払いが完了します。

また、PASMOを利用してバスに乗るとバスポイントが貯まり、一定数ポイントが貯まると、特典バスチケットが付与されます。特典バスチケットは、バスの運賃として利用できるので、バス代の節約に役立ちます。

PASMO(パスモ)-電車も バスも PASMO

後払い式電子マネー

後払い式電子マネー(ポストペイ式)は、クレジットカードに付帯しているのが基本で、利用代金が後からまとめて請求される電子マネーです。

クレジットカード連動のQUICPay

QUICPayは、JCBが発行している後払い式の電子マネーです。クレジットカードと連動しており、利用代金は後日クレジットカードの利用代金とまとめて請求されます。

電子マネーの残高が減ると、連動しているクレジットカードから自動的にチャージがおこなわれるため、自分でチャージする必要がありません。

少額決済のときに、サインや暗証番号を入力する手間を省くための、簡易版のクレジットカードとイメージするとよいでしょう。

電子マネー【QUICPay(クイックペイ)】|QUICPay

電子マネーの使い方

電子マネーは、以下の手順で使用します。

まずチャージが必要

電子マネーを利用するときには、まずチャージが必要です。コンビニや駅の券売機など、電子マネーのチャージに対応している場所で、自分の希望額を入金します。

チャージ可能な場所は電子マネーによって異なるほか、現金でのチャージやクレジットカードでのチャージなど、さまざまなチャージ方法があります。

それぞれの電子マネーの公式サイトなどで、あらかじめチャージできる場所やチャージ方法を調べておきましょう。

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | チャージ(入金)する
PASMOのチャージ(入金)方法:駅でのチャージ方法|ご利用方法|PASMO(パスモ)

ポストペイならチャージは不要

ポストペイ式電子マネー(後払い方式)の場合は、連動しているクレジットカードから自動的にチャージがおこなわれるため、自分でチャージする必要がありません。

また、自分でチャージする必要がある、プリペイド式電子マネー(前払い方式)の場合でも、クレジットカードなどからのオートチャージサービスが、利用できる場合があります。

自分で毎回チャージするのが面倒だという人は、オートチャージを設定しておくとよいでしょう。

電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | 楽天Edyをはじめる | いろいろ選べる楽天Edyのオートチャージ

クレジットカードで電子マネーにチャージできる?お得な活用術の解説

使い方はかざすだけ

電子マネーで決済をするときは、電子マネー用のICカードや、電子マネーに対応しているスマートフォンを、決済端末や改札機にかざすだけです。

そうすると、機械がカードやスマートフォン内のデータを読み取り、自動で支払いが完了します。

電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | 楽天Edyをはじめる | Edy機能付き楽天カードでのお支払い方法

電子マネー付きクレジットカードが最強

電子マネー付きクレジットカードは利便性が高く、ポイントが貯まりやすい点がメリットです。

チャージでポイントが2重に貯まる

電子マネー付きクレジットカードで電子マネーにチャージすると、チャージした金額に応じて、クレジットカードのポイントが貯まります。

また、クレジットカードによりチャージした電子マネーで支払いをすると、電子マネーのポイントが付与されます。つまり、ポイントが2重で貯まることになり、お得にポイントが貯められます。

カードと電子マネーの組み合わせが大事

電子マネー付きクレジットカードを選ぶときには、クレジットカードと電子マネーの組み合わせを確認することが重要です。

同じ電子マネーが付帯しているクレジットカードでも、クレジットカードによってポイントの還元率が異なるためです。

せっかく電子マネー付きのクレジットカードにするのであれば、ポイント還元率を比較して、よりポイントが貯まりやすいものを選びましょう。

クレジットカードと電子マネーの組み合わせ。メリットと活用術は?

オートチャージが便利

電子マネー付きクレジットカードを利用するときには、オートチャージを設定しておくと便利です。

オートチャージを設定しておくと、あらかじめ登録した残高を下回ったときに、自動でチャージがおこなわれるため、毎回チャージする手間がかかりません。

また、オートチャージされた金額に応じてポイントが付与されるので、ポイントが貯まりやすくなるメリットもあります。

チャージでポイントが貯まるおすすめカード

電子マネーのチャージに利用するとポイントが貯まる、おすすめのクレジットカードを紹介します。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
項目 詳細
年会費 515円(初年度無料)※年1回以上利用で翌年度無料
発行可能ブランド VISA、JCB
ポイントの還元率 0.50%~10.00%
ビックカメラSuicaカードの詳細へ

Suicaを利用している人には、ビックポイントとビューサンクスポイントの、2種類のポイントが貯まる「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。

Suicaにクレジットカードでチャージすると、1.5%相当のビューサンクスポイントが付与されます。また、チャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物すると、利用代金の10%のビックポイントが貯まります。

通常の利用でも、ビックポイントとビューサンクスポイントが0.5%ずつ同時に貯まり、貯まったビックポイントはSuicaのチャージに使えるので、節約にもつながります。

ビックカメラSuicaカード:ビューカード

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
項目 詳細
年会費 500円(初年度無料)※年5万円以上利用で翌年度無料
発行可能ブランド JCB・VISA
ポイントの還元率 0.50%~1.50%
セブン&アイグループのお店で利用すると最大3倍のポイントが貯まる!
セブンカード・プラスの詳細へ

しかし、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで利用すると、還元率が1.5%まで上がります。「セブンカード・プラス」は、nanacoがお得に使えるクレジットカードで、通常はポイント還元率が0.5%です。

また、クレジットカードでnanacoにチャージしたときと、チャージしたnanacoを利用したときの両方でポイントが付与されます。よって、ポイントが2重で貯まり、お得に利用できます。

セブンカード・プラスはnanacoをもっとお得に便利にするクレジットカード

楽天カード

楽天カード
項目 詳細
年会費 無料
発行可能ブランド JCB・VISA・MasterCard・American Express
ポイントの還元率 1.0%~12.0%
年会費無料・ポイント還元率高い・CMでも話題
楽天カードの詳細へ

さらに、楽天Edyへのオートチャージと、チャージした楽天Edyの利用の両方で、ポイントが獲得できるため、非常にポイントが貯まりやすくなっています。「楽天カード」は通常の利用で1%、楽天のサービス利用時には、最大3%の還元率を誇る、高還元率カードです。

楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

店舗側にも電子マネーのメリットはあるのか

電子マネーでの決済に対応している店舗側には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

手数料は電子マネーでも必要

クレジットカード決済を導入すると、加盟店手数料がかかるように、電子マネー決済を導入した場合でも、加盟店手数料を支払う必要があります。

加盟店手数料の金額は個別に設定されるため、導入を検討している電子マネーの発行会社に確認しましょう。

また、加盟店手数料以外にも、電子マネー決済用の端末費用や端末設置費用など、初期導入コストがかかります。

さらに、端末故障時の対応などの維持費もかかるので、電子マネー決済を導入するときには、費用対効果をしっかり検討することが大切です。

電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | 加盟店募集|導入までの手順
JR東日本:Suica 電子マネー決済導入のご案内 > Suicaの加盟店になるには

クレジットカードと電子マネー。便利な機能と手数料を比較

リピーターや優良顧客が増える?

電子マネー決済を導入すると、リピーターや優良顧客が増える可能性があります。利用者側からすると、細かな現金を持ち歩かずにすみ、サインや暗証番号の入力が不要で、スムーズに支払いが完了できる電子マネーは大変便利です。

さらに、現金払いと違いポイントが貯まったり、クーポンが利用できたりと、お得感もあります。

日本銀行による決済動向の統計でも、電子マネーの決済件数は年々増加しており、また、1件あたりの決済金額や、電子マネーの発行枚数も増えています。つまり、電子マネーにメリットを感じている利用者が多いということです。

電子マネーを利用している人は、利便性とポイントやクーポンの獲得目的で、自然に電子マネー決済ができる店舗を利用する傾向にあります。そのため、電子マネー決済を導入することが、顧客の獲得につながるのです。

決済動向 : 日本銀行 Bank of Japan

電子マネーを紛失したらどうなるのか

電子マネーを紛失すると、どうなるのでしょうか。

残高補償は記名式電子マネーのみ

電子マネーを紛失した場合、残高が補償されるのは、所有者の氏名や住所といった情報が登録されている記名式の電子マネーと、電子マネー定期券のみとなります。

電子マネーは、使用時にサインや暗証番号の入力が必要なく、手軽に利用できる分、紛失した場合に不正利用される可能性が高くなります。

紛失に気づいた時点で速やかに発行会社に連絡し、利用停止と再発行の手続きをしましょう。再発行後のカードには、紛失時の残高や定期券などが引き継がれます。

ただし、利用停止までに第三者に不正利用され、残高が減っていたとしても、その分は返金されません。

PASMOの紛失:記名PASMO・PASMO定期券の再発行|紛失・再発行・払いもどし|PASMO(パスモ)

ポストペイ型は不正利用の補償あり

ポストペイ型の電子マネーは、クレジットカードと連動しているため、不正利用された分も補償が受けられます。

発行会社に紛失・盗難を届け出た日からさかのぼって、60日以内の損害額の補償が可能です。

QUICPayを紛失した場合は、補償の対象になりますか?

まとめ

クレジットカードと電子マネーには、利用できる年齢や決済できる金額などが異なります。そのため、両方のメリット・デメリットを比較して選ぶとよいでしょう。

もし、クレジットカードと電子マネーをどちらも利用するのであれば、電子マネー付きクレジットカードがおすすめです。

場面に合わせて使い分けができるほか、オートチャージが利用できたり、ポイントが2重で獲得できたりと、利便性と還元率が高くなります。

電子マネーによって、相性のよいクレジットカードが異なるので、クレジットカードのサービスや還元率を比較して、お得に利用できるものを選びましょう。

クレジットカード・電子マネー徹底比較。おトクに使うには?

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレカの家購入時の注意点について教えてください!

    家を買うときにカードをたくさん持っていると借金していることと同じ扱いになると聞いたことがあるのですが本当ですか? 私は現在賃貸マンションに住んでいます。そ...

    30代 / 女性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 既婚

  • クレジットカードの海外使用について

    海外旅行に行くと、現金は最小限の両替にしてクレジットカードを使うようにしているのですが、海外手数料や事務手数料がかかると思います。それらは会社によって違う...

    20代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 501-600万円 / 既婚

  • クレジットカードの安全性

    クレジットカードの安全性とより安全に使う方法。昨今違法なクレジットカードの使用などで身に覚えのない商品の購入明細がきたり気が付いたら口座内の金額が減ってい...

    30代 / 男性 / 群馬県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • VISAカードの信用情報について

    クレジットカードでお金を借りることが出来る反面、作り過ぎたるすると住宅を購入する際のローンなどの信用状況などに影響を及ぼすと聞きましたが、本当なのでしょう...

    30代 / 男性 / 福岡県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ