1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードと電子マネーの組み合わせ。メリットと活用術は?

クレジットカードと電子マネーの組み合わせ。メリットと活用術は?

クレジットカードと電子マネーは、上手く組み合わせて使うと大きなメリットが得られます。本記事では、電子マネーの基礎知識と、クレジットカードと電子マネーを組み合わせたときに、どんなメリットが得られるのかを解説します。

この記事の目次

電子マネーの基礎知識

電子マネーとは、電子化(データ化)された通貨のことです。電子マネー機能付きのスマートフォンやカードを決済端末にかざすと、スマートフォンやカードに記録されているデータを読み取り決済が完了します。

電子マネーの種類

電子マネーには、いくつか種類があります。

  • 流通系電子マネー:コンビニやスーパー、通販会社などが発行する電子マネー
  • 交通系電子マネー:電車やバスなどの交通機関が発行する電子マネー
  • ポイント型電子マネー:貯めたポイントを電子マネーに移行して、支払いに利用できるもの

また、流通系や交通系の電子マネーでも、利用額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを電子マネーに移行できる複合型の電子マネーも存在します。

事前チャージ式とオートチャージ式がある

電子マネーのチャージ方法(入金方法)には、『事前チャージ式』と『オートチャージ式』があります。

  • 事前チャージ式:電子マネーを利用する前に、自分で必要額をチャージする
  • オートチャージ式:電子マネーの残高が事前に設定した金額を下回ると、クレジットカードや銀行口座から自動的にチャージされる

プリペイドとポストペイとは?

電子マネーは、『プリペイド式』と『ポストペイ式』に分かれます。

  • プリペイド式:電子マネーの利用額を先払い(チャージ)するもの
  • ポストペイ式:チャージ不要で、利用額があとから請求されるもの

プリペイド式は、自分で必要額をチャージするため、いくら使ったのかを管理しやすい点がメリットです。

ただし、紛失・盗難にあった場合は、基本的に残高の補償がなく、補償があっても一部に限られるというデメリットがあります。

一方、ポストペイ式はチャージ不要なので、毎回自分でチャージする手間がかかりません。また、紛失・盗難時の補償があるものも多いため、安心して利用できるというメリットがあります。

ただし、後払いなので、利用総額が把握しにくい点がデメリットです。

クレカと組み合わせるメリットや注意点

クレジットカードの中には、電子マネーと組み合わせられるクレジットカードがあります。そのようなクレジットカードを利用する際の、メリットと注意点を紹介します。

獲得ポイントの一元化

電子マネー機能付きのクレジットカードを利用すると、獲得ポイントを一元化できるメリットがあります。

電子マネー機能付きのクレジットカードでは、クレジットカードを利用した際にはクレジットカードのポイントが、電子マネーを利用したときには、電子マネーのポイントが付与されます。

基本的に、クレジットカードと電子マネーのポイントは、相互交換が可能なので、自分の使いやすいポイントに一元化して管理できます。

事前にチャージの必要がない

クレジットカードによるオートチャージを利用すれば、自分で事前にチャージする手間がかかりません。また、支払い時に残高不足になる心配もなく、安心して利用できます。

オートチャージを利用するには、事前登録が必要です。登録方法は電子マネーによって異なるので、各電子マネーのサイトで確認しておきましょう。

電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | 楽天Edyをはじめる | いろいろ選べる楽天Edyのオートチャージ
Suica・オートチャージのご利用・設定:ビューカード

オートチャージ式は使いすぎに注意

電子マネーをオートチャージにする場合は、使い過ぎに注意しましょう。オートチャージは、自分でチャージする必要がないため、利用額が把握しづらく、知らない間に使いすぎることがあります。

予想外の利用額の請求がきて、支払いが困難になることがないよう、利用履歴を確認するなどして、常に利用総額を把握するようにしておきましょう。

利用履歴照会をしたい | Q & A | 楽天Edyで困った時は

クレジットカードと電子マネーの違いは?クレジット一体型が最強

さまざまな組み合わせでよりお得に

ここでは、クレジットカードと電子マネーの、おすすめの組み合わせを紹介します。

nanacoとの組み合わせでお得!「セブンカード・プラス

nanacoとの組み合わせでおすすめなのは、『セブンカード・プラス』です。

そして、全国のセブンイレブンや提携店で利用すると、200円ごとに3nanacoポイント付与され、効率よくポイントを貯められます。『セブンカード・プラス』を利用すると、通常nanacoポイントが200円ごとに1nanacoポイントが付与されます。

また、オートチャージを利用すれば、200円チャージするごとに1nanacoポイントが付与されます。

セブンカード・プラスの詳細へ

Edyとの組み合わせでお得!「楽天カード

Edyを利用している人には、『楽天カード』がおすすめです。

楽天カード』は、通常の利用で100円につき1ポイントが付与されます。また、楽天のサービス利用時には、最大で3倍のポイントが付与され、非常にポイントが貯めやすいのが特徴です。

貯めたポイントはEdyに移行できるほか、『楽天カード』からのオートチャージも可能です。さらに、オートチャージ200円ごとに1ポイント、チャージしたEdyの利用でも200円ごとに1ポイント付与されるため、2重でポイントを獲得できます。

楽天カードの詳細へ

交通系ICカードとの組み合わせは「ソラチカカード

交通系ICカードを利用している人は、ANAマイルとJCBのOki Dokiポイント、さらに、メトロポイントが貯まる『ソラチカカード』がおすすめです。

ソラチカカード』は「ANAカード」と「JCBカード」、そしてPASMOが一体になったクレジットカードです。

東京メトロでの定期券購入などに利用するとメトロポイント、ANAの航空機利用時にはANAマイル、通常のクレジットカードの利用にはOki Dokiポイントが付与されます。

それぞれのポイントは相互交換可能なので、貯めたマイルやOki Dokiポイントをメトロポイントに移行して、PASMOにチャージすれば電子マネーとして利用できます。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の詳細へ

まとめ

クレジットカードと電子マネーを組み合わせると、ポイントが貯めやすくなったり、チャージの手間が省け利便性が上がったります。

どのクレジットカードと組み合わせるかによって、還元率などが変わるので、よりお得に利用できるクレジットカードを見つけましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの将来について

    ビットコイン・イーサリアム・リップル等の仮想通貨が普及する兆しがある昨今ですが、もし、世界各国の広い地域で流通しだすと、今流通しているドル・ユーロ等の通貨...

    50代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • JCBの使い方について教えてください

    いまの社会、本業だけでは暮らしていけないと思っています。そこで質問です。簡単でガッツリ儲ける副業なんてものはないですか? 僕はいまFXというものに興味を持...

    20代 / 男性 / 愛媛県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • クレジットカードのオススメについて教えてください

    クレジットカードは用途によってそれぞれオススメって違うのは理解しています。車関係ならついたポイントが車のローンから引かれる。等々ありますね。 私が知りたい...

    20代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ