1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードは海外旅行の必需品。カードの選び方と使い方とは

クレジットカードは海外旅行の必需品。カードの選び方と使い方とは

海外旅行の際には、クレジットカードは必需品です。本記事では、海外でのクレジットカードの必要性や海外利用時の注意点、海外でクレジットカードが使えないときの対処法などを解説します。また、海外利用におすすめのクレジットカードも紹介します。

この記事の目次

海外でのクレジットカードの必要性

まず、海外旅行においての、クレジットカードの必要性について説明します。

現金は持ち過ぎないほうが安全

海外旅行先によっては、スリや強盗などの犯罪率が高いこともあるため、現金は持ちすぎないほうが安全です。もしも、旅行費用を現金で持ち歩いており、すべて盗まれた場合、その後の移動や食事などができなくなってしまいます。

しかし、クレジットカードの場合は、万が一盗まれたとしても、カード会社に連絡すれば、カードの利用が停止されるので、被害を最小限に抑えられます。また、緊急用のクレジットカードを発行してもらえることもあります。

現金を持ち歩く現金は、最低限にしておきましょう。

三井住友カードを紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカードでキャッシングも可能

海外で手持ちの現金がなくなったとき、クレジットカードがあれば、キャッシングが利用できます

海外では、日本の銀行口座にあるお金を、気軽に引き出すことはできません。お金を引き出すには、海外利用に対応している銀行で、国際キャッシュカードを作っておく必要があります。

しかし、クレジットカードのキャッシングを利用すれば、海外のATMで現地通貨を引き出せます。海外では、VISAMasterCard対応のATMの数が圧倒的に多いため、どちらかの国際ブランドがついたクレジットカードがあると安心です。

海外キャッシュサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカードは海外でこんな使い方も。キャッシングについて解説

海外では信用の証

海外では、クレジットカードが信用の証になります。クレジットカードは、カード会社が身元や支払い能力を調査して、信用できると判断した人にしか発行されないからです。

そのため、海外のホテルやレンタカー会社などを利用するときには、身元と支払い能力のチェックのために、クレジットカードの提示を求められることも少なくありません。

このとき、クレジットカードが提示できないと、高額なデポジット(預かり金)の支払いを要求されたり、利用を断られたりすることがあるので、クレジットカードを持っておく必要があります。

海外旅行が充実するカード付帯サービス

ゴールドカード以上のステータスの高いクレジットカードには、海外旅行が充実するサービスが付帯しているものが多くみられます。

カード会社やクレジットカードの種類によって、サービス内容が異なるので、カード会社のホームページなどでチェックしてみましょう。

手荷物宅配サービス

手荷物宅配サービスは、出発時と帰国時に、自宅から空港間で手荷物を無料配送してもらえるサービスです。

配送してもらえる手荷物の数や、無料配送の条件はカード会社によって異なるので、あらかじめ調べておきましょう。

手荷物無料宅配サービス - アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのトラベル - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

コンシェルジュサービス

プラチナカード以上のステータスのカードには、コンシェルジュサービスが付帯していることがあります。24時間対応で海外旅行のプランの提案や、ホテル・レストランの予約代行、緊急時のサポートなどをしてくれます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ・コンシェルジュサービス|クレジットカードなら三菱UFJニコス

空港ラウンジの利用

国内外の空港で、ラウンジが利用できるサービスが付帯していることもあります。ドリンクサービスやマッサージチェアなどが利用できるラウンジもあり、待ち時間をゆったりと過ごせます。

カード会社によって、ラウンジが利用できる空港が異なるため、カード会社のサイトなどで調べておくとよいでしょう。

空港ラウンジサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカードを海外で使用すると

クレジットカードを海外で使用した場合の支払方法や手数料は、以下のようになっています。

支払方法は一括のみ

基本的に、海外でクレジットカード決済をした代金の支払方法は、一括払いのみとなります。カード会社が海外利用時の支払方法として、一括払いに設定しているため、海外でクレジットカード決済すると、一括払いになるのです。

カードご利用代金のお支払い方法|クレジットカードの三井住友VISAカード

リボ払いになっていないか注意

クレジットカードの海外利用時の支払方法は、一括払いに設定されていることが多いですが、念のためリボ払いになっていないか確認しておきましょう。

もし、支払方法がリボ払いに設定されていると、海外旅行中にクレジットカード決済をした代金がすべてリボ払いになってしまい、支払総額が増えてしまいます。

また、クレジットカードには、リボ払い専用カードが存在します。リボ払い専用なので、当然一括払いに変更はできません。

気づかずに利用してしまった場合は、追加返済を申し込めば、残金をまとめて支払える場合もあるので、追加返済できないかを確認してみましょう。

DCカード Jizile(ジザイル)※リボ払い専用カード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

いつの為替レートが適用されるのか

海外でクレジットカードを利用した場合、現地通貨を日本円に換算した金額が請求されます。

その際に適用される為替レートは、決済をした時点のものではなく、決済データがカード会社の決済センターに届いた時点のものとなります。

決済データが決済センターに届くのは、クレジットカードを利用した日から2~4日後になるのが一般的です。ただし、クレジットカードを利用した店舗の手続きが遅れると、その分データの到着も遅れます。

為替の状況によっては、クレジットカード決済をした日よりも、日本円に換算したときの金額が高くなる可能性があることを、考慮しておきましょう。

海外でのご利用にあたって|クレジットカードの三井住友VISAカード

手数料はいくらかかるのか

海外でクレジットカードを利用すると、事務手数料が発生します。事務手数料は国際ブランドによって異なるので、前もって手持ちのクレジットカードの国際ブランドと、事務手数料を確認しておきましょう。

国際ブランド 事務手数料
VISA 1.63%
MasterCard 1.63%
JCB 1.6%
アメリカン・エキスプレス 2.0%
ダイナースクラブ 1.3%

クレジットカードを海外で使う。その手数料はどれくらい?

決済通貨が選べるなら現地通貨で

海外でクレジットカード決済をするときに、決済通貨を選べる場合は、現地通貨にするのがおすすめです。日本円で決済すれば、その場で請求額が確定できるものの、店舗が決定した為替レートで日本円に換算されるため、割高になる可能性があります。

法外な為替レートを設定して、手数料を多めに取ろうとしている場合もあるため、現地通貨を指定したほうがよいといえます。

海外でのご利用にあたって|クレジットカードの三井住友VISAカード

海外利用時に気をつけること

海外旅行でクレジットカードを利用する場合は、以下のことに注意しましょう。

旅行前に暗証番号をチェック

海外旅行にクレジットカードを持っていく際は、事前にクレジットカードの暗証番号をチェックしておきましょう。

基本的に、海外ではICカード利用時に、暗証番号の入力を求められます。このとき、暗証番号がわからないと、決済できないことがあります。

日本では暗証番号がわからなくても、サインで対応してもらえる店舗が多いですが、海外ではサインでの対応を断られるケースが増えています。

また、何度も暗証番号を間違えると、不正使用検知システムに引っかかり、クレジットカードの利用を止められることもあります。

もし、暗証番号がわからない場合は、カード会社に照会を依頼しましょう。暗証番号の照会には1~2週間程度かかることがあるので、早めに手続きすることが大切です。

海外でのご利用にあたって|クレジットカードの三井住友VISAカード
暗証番号照会・変更|クレジットカードの三井住友VISAカード

利用時は必ず金額をチェック

海外でクレジットカードを利用するときには、必ず支払金額をチェックしましょう。金額に誤りがあったり、サービス料込みの料金にさらにチップ代が上乗せされていたりすることがあります。

サインや暗証番号を入力した時点で、金額に同意したとみなされるため、金額チェックは、必ずサインや暗証番号の入力前におこないましょう。

海外でのカード利用でよくあるトラブル|クレジットカード・カードローンのオリコ海外でのカード利用上のご注意|クレジットカードなら、JCBカード

利用明細が届くまで控えは取っておく

クレジットカード決済後に渡される『お客様控え(売上表)』は、クレジットカードの利用明細が届くまで取っておきましょう。

お客様控えと利用明細と照らし合わせれば、もし金額に誤りがあった際に正しい金額を証明できます。

海外でショッピング|クレジットカード・カードローンのオリコ

海外旅行保険が自動付帯か確認する

クレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合は、『自動付帯』なのか『利用付帯』なのかを確認しておきましょう。

自動付帯の場合は、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。しかし、利用付帯の場合は、カード会社が定める利用条件を満たしていないと適用されません。

クレジットカードの海外旅行保険が利用付帯であることに気づいておらず、いざ保険を使おうとしたときに保険適用外になり、高額な治療費が全額自己負担になったケースも存在します。

同じカード会社のクレジットカードでも、クレジットカードの種類によって、自動付帯と利用付帯に分かれている場合もあるので、必ず出発前に確認しておくことが大切です。

海外旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード
楽天カード: 海外旅行傷害保険

海外旅行保険がないと治療費は高額に

海外旅行先によっては、ケガや病気で治療を受けた場合に、数百万円~数千万円の高額な治療費を請求されることがあります。

海外旅行保険がないと、治療費が全額自己負担になるほか、海外旅行保険があっても補償額が低いと、治療費のほとんどを自己負担することになります。

また、クレジットカードの海外旅行保険には、治療費が直接カード会社に請求されるものと、一旦利用者が治療費を立て替えて、後日カード会社に請求するものがあります。

もしも、治療費が高額になった場合は立替払いが困難になるので、治療費が直接カード会社に請求されるものを選びましょう。

アメリカ 保険金お支払い例 | 損保ジャパン日本興亜 海外旅行保険

クレジットカードの海外保険は使える?使い方と注意点を解説

海外で使えないときはどうすればよいのか

海外でクレジットカードが使えないときには、どのように対処すればよいのでしょうか。

使えない原因はさまざま

クレジットカードが使えない原因はさまざまです。

  • クレジットカードの有効期限切れ
  • クレジットカードの利用限度額を超過した
  • クレジットカードの劣化・破損により、データが読み取れない
  • 不正利用を疑われ、クレジットカードがロックされた
  • 手持ちのクレジットカードの国際ブランドに対応していない店舗だった
  • 決済端末が故障している

クレジットカードが使えない原因を探り、原因に合った対処法を考えましょう。

困ったらカード会社に連絡を

クレジットカードが利用できない原因がわからず困ったときは、カード会社に連絡をしましょう。クレジットカードが使えない原因や対処法を教えてもらえます。

滞在中の国によって、サポートセンターの電話番号が異なる場合があるので、あらかじめ調べておくと安心です。

JCBプラザコールセンター(海外)|クレジットカードなら、JCBカード

複数枚持っていくと安心

海外旅行には、クレジットカードを複数枚持っていくと安心です。複数枚あれば、どれか1枚が利用できなくなっても、他のカードで代用できます。

ただし、あまりにも枚数が多すぎると、盗まれたときのリスクが高まるので、2~3枚程度にしておくとよいでしょう。

また、クレジットカードは別々の場所に保管しておきましょう。そのようにしておけば、もし荷物をひとつ盗まれても、他のクレジットカードは守れます。

クレジットカードが海外で使えない?さまざまなシチュエーション

海外での利用におすすめのカードブランド

海外でクレジットカードを利用するときには、海外利用に強い国際ブランドのクレジットカードを持っていくようにしましょう。

JCBは使えない国も多い

JCBは日本発の国際ブランドであるため、日本国内では便利に利用できるものの、海外では加盟店が少なく、利用できない国も多くあります。

日本人が多い観光地などでは使えることも多いですが、メジャーな観光地を離れると、利用できないお店が多くなります。

JCBプラザラウンジは便利

JCB会員が利用できる『JCBプラザラウンジ』が設置されている国に行く場合は、JCBのクレジットカードを持っていると便利です。

JCBプラザラウンジでは、ドリンクサービスやインターネット、荷物預かりサービスなどが無料で利用できます。加えて、JCBカードや財布などを紛失したり、盗まれたりした場合のサポートも受けられます。

JCB PLAZA | クレジットカードJCB 海外でも便利な優待特典やJCB PLAZA情報

VISAかMasterCardがおすすめ

海外旅行に持っていくのであれば、VISAかMasterCardの国際ブランドのクレジットカードがおすすめです。

この2つの国際ブランドは、クレジットカードの世界シェア1位と2位のブランドで、世界中のクレジットカードが利用できる、店舗や施設のほとんどで利用可能であるためです。

まれに、VISAかMasterCardのどちらかにしか対応していない場合があるので、できれば両方持っていくとよいでしょう。

「クレジットカード利用実態調査」の結果を公表

海外に持っていくべきクレジットカード3選

海外旅行に持っていくのに、おすすめのクレジットカードを紹介します。

安心の三井住友VISAクラシック

項目 詳細
年会費 初年度無料 / 2年目以降1,250円(税抜)
国際ブランド VISA・MasterCard

三井住友VISAクラシック」は、海外旅行時のサポートが充実している、安心のクレジットカードです。

海外旅行保険やショッピング保険が付帯しているほか、不正利用防止のために、顔写真入りのICカードも発行できます。

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA|三井住友VISAカード

無料でも保険が充実のエポスカード

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド Visa

エポスカード」は、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯している、お得なクレジットカードです。傷害治療費の補償額が高く、最高200万円まで補償してもらえます。

また、日本語対応のサポートデスクも設置されており、観光案内や緊急時のサポート受けられます。

クレジットカードは入会金・年会費永年無料のエポスカード

エポスカードは年会費無料で即日発行可能なクレジットカードです。 自動付帯の海外旅行保険や審査の通りやすさが魅力で、初めてクレジットカードを作る方におすすめ。下記の記事で詳細を説明しているので合わせてご覧ください。

エポスカードは即日発行できる?豊富な特典とメリットを解説します

サービス満点のアメックスゴールド

項目 詳細
年会費 29,000円(税抜)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスのゴールドカード」は、海外旅行を充実させるサービスが豊富なクレジットカードです。

海外のホテルや航空券の予約ができる会員専用のサイトや、手荷物の配送サービス、空港のラウンジサービスなど、さまざまなサービスが利用できます。加えて、最高5,000万円まで補償される海外旅行保険が付帯しています。

ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス

業界最高峰のステータス性を誇るアメックスゴールド。
他のカードにはない豪華な特典が付帯するので、是非発行してみてください。下記の記事で詳細を説明しています。あわせてご覧ください。

アメックスゴールドはどんなカード?そのステータス性と特典を解説

まとめ

海外旅行の際には、支払いや身分証明のために、さまざまな場所でクレジットカードが必要となります。

カード会社やクレジットカードによって、付帯するサービスや保険、海外利用時の事務手数料が異なるので、利便性の高いクレジットカードを持っていきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 月の利用限度額を上回る金額を利用してしまった

    クレジットカードによって、月の利用限度額が20万円までや30万円までなどそれぞれ決まっていると思いますが、たまたま○月だけ利用額が多かった、買い物をしすぎ...

    30代 / 女性 / 茨城県 / 年収 601-700万円 / 既婚

  • 楽天カードはすぐに止まる?

    ネットの口コミなどを見ると、楽天カードは理由なく止められることがあるとか、発行は簡単だがある日突然止まる、等の意見を見かけます。 楽天でのポイント還元が魅...

    30代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 901-1000万円 / 既婚

  • JALカードのマイルを貯めるコツを教えて下さい

    今、JALカードでマイルを貯めています。陸マイラーなので、ポイントは主にスーパーでの支払い、光熱費などカードが使えるものはすべてJALカードに切り替えてい...

    30代 / 女性 / 山梨県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ