1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの付帯保険。意外と知らないその補償内容とは

クレジットカードの付帯保険。意外と知らないその補償内容とは

クレジットカードには、紛失・盗難保険やショッピング保険など、さまざまな保険が付帯していることがあります。本記事では、クレジットカードの付帯保険の中でも代表的な、『海外旅行傷害保険』に焦点をあてて解説します。

この記事の目次

【2019年最新】 ▼ 当サイトで最も申し込みが多いクレジットカードはこちら!(ランキング根拠:2019年当サイトのアクセス数)

  • 【1位】JCB ORIGINAL SERIES
    最短翌日にカードが届く!ポイントサービスも充実
  • 【2位】三井住友クラシックカード
    セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなどの対象店舗で還元率2.5%と高還元!圧倒的な信頼感!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

クレジットカードの付帯保険とは

クレジットカードの付帯保険とは、クレジットカードの会員が利用できる保険のことです。

海外旅行保険や紛失・盗難補償など、さまざまな種類があり、無料で付帯していることもあれば、有料のオプションとなっており、別途申込が必要な場合もあります。

代表的なのは海外旅行傷害保険

クレジットカードの付帯保険として代表的なものは、『海外旅行傷害保険』です。海外旅行中にケガや病気の治療をしたとき、携行品の紛失・盗難にあったときなどに、費用を補償する保険です。

カード会社やクレジットカードの種類によって、無料で付帯している場合もあれば、有料オプションになっている場合もあります。

海外旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカード付帯保険の使い方。海外旅行保険を中心に紹介

ほぼすべてのカードに付いている紛失・盗難補償

ほぼすべてのクレジットカードに無料で付帯している『紛失・盗難補償』は、クレジットカードの紛失・盗難の被害に遭い、不正利用された場合に、被害額を補償するための保険です。

カード会社に紛失・盗難による不正利用の被害に遭ったことを届け出た日から、さかのぼって60日間の被害額が補償されるのが一般的です。

ただし、不正利用したのが家族である場合や、会員がクレジットカードの利用規約に違反していた場合などは、保険適用外となるので注意が必要です。

三井住友カードを紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード

高額商品の買い物に安心のショッピング保険

ショッピング保険は、クレジットカード決済で購入した商品が、破損・盗難の被害に遭った場合に、補償金が支払われる保険です。

ただし、無制限に補償されるわけではなく、補償期間が定められているのが一般的です。また、一部費用を自己負担する必要があったり、商品を購入した際の領収書やお客様控えの提出を求められたりする場合があります。

お買物安心保険(動産総合保険)|クレジットカードの三井住友VISAカード

海外旅行傷害保険とは

海外旅行傷害保険の具体的な補償内容は、どのようなものなのでしょうか。

主な補償内容

海外旅行傷害保険は、海外旅行時のケガや病気、携行品の紛失などのトラブルによって発生した費用を補償する保険です。

海外旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード

海外旅行中のケガや病気

海外旅行中にケガをしてしまったり、病気にかかってしまったりして、病院で治療を受けると、当然治療費が発生します。

治療内容や滞在中の国によっては数十万、数百万円という、高額な治療費になる場合があります。しかし、海外旅行傷害保険が付帯されていれば、かかった治療費を補償してもらえます。

また、会員が死亡した場合や後遺障害が残った場合に、補償金が支払われる場合もあります。

飛行機の遅延や欠航

飛行機が遅延・欠航して代替の便がなく、どこかに宿泊する必要があったり、飛行機以外の交通手段で移動したりした場合に、その費用を海外旅行傷害保険で補償してもらえる場合があります。

ただし、かかった費用が全額補償されるというものではなく、1万~3万円程度の上限があるのが一般的です。

航空便遅延保険(海外・国内)|クレジットカードの三井住友VISAカード

携行品の紛失

海外旅行傷害保険では、デジタルカメラや携帯電話などの携行品が、紛失・盗難の被害に遭った場合も補償を受けられます。

ただし、この場合も無制限に補償されるわけではなく、金額の上限が定められているので注意しましょう。

引ったくりやスリの多い地域に行く場合や、乗換が多くスーツケースが破損するリスクが高い場合などは、あらかじめ補償の上限額を調べておくのがおすすめです。

トラブル時のサポートが安心

多くのカード会社が、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っている会員向けに、トラブル時のサポートサービスを用意しています。

カード会社の緊急デスクに連絡すると、日本語が通じる病院や通訳の紹介、医療品類の手配などのサポートをしてもらえます。

いざトラブルが起きた際に冷静に対応できるよう、あらかじめ緊急連絡先と利用方法を調べておくと安心です。

緊急アシスタンスサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード

補償額はカード会社によって異なる

海外旅行傷害保険で補償される補償額は、カード会社やクレジットカードの種類によって異なります。また、保険適用には条件がある場合はほとんどです。

いざというときに保険適用外になって困ることがないように、海外に出発する前に、補償額や適用条件を調べておくことが大切です。

楽天カードの場合

楽天カード」の補償内容と補償額は、以下のようになっています。

補償内容 楽天カード 楽天プレミアムカード
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用 200万円/1事故 300万円/1事故
疾病治療費用 200万円/1疾病 300万円/1疾病
賠償責任(免責なし) 2,000万円/1事故 3,000万円/1事故
救援者費用 200万円/年 200万円/年
携行品損害(免責額3,000円) 20万円/年 50万円/年

保険適用には条件があります。また、上記は最高補償額であって、必ずしも上記の金額が支払われるわけではないので注意しましょう。

楽天カード: 海外旅行傷害保険

保険会社の保険との比較

保険会社の海外旅行傷害保険と、クレジットカードの海外旅行傷害保険では、『補償対象』と『支払い方法』が異なります。

補償対象の違い

保険会社とクレジットカードに付帯の海外旅行傷害保険は、補償対象に違いがあります。

たとえば、保険会社の海外旅行傷害保険では、海外旅行中に病気が原因で死亡した場合も補償されます。一方、クレジットカードに付帯の海外旅行傷害保険では、対象外になっている場合がほとんどです。

また、付帯の海外旅行傷害保険の場合は対象外となる、緊急歯科治療の費用に関しても、保険会社の海外旅行傷害保険では対象となる場合があります。

海外旅行中に悪化する恐れのある病気にかかっている場合や、緊急治療が必要になる口腔状態なのであれば、治療が完了してから出発したほうがよいでしょう。

しかし、やむを得ない事情がある場合や、どうしても不安な場合は、保険会社の海外旅行傷害保険への加入も検討しておきましょう。

たびとも
緊急歯科治療費用|海外旅行保険|三井住友海上|海外保険

支払方法の違い

保険会社とクレジットカードに付帯の海外旅行傷害保険には、補償金の支払い方法にも違いがあります。

保険会社の海外旅行傷害保険の場合、海外の病院で治療を受けた際の治療費は、直接保険会社に請求されるため、治療費を自分で支払う必要がありません。

しかし、クレジットカードに付帯の海外旅行傷害保険は、治療費を一旦自分で支払い、帰国後にカード会社に請求するパターンが多い傾向にあります。

ただし、カード会社やクレジットカードの種類によっては、自己負担なしで治療を受けられるものもあるので、前もって調べておきましょう。

補償内容を手厚くするには

海外旅行傷害保険の補償内容を手厚くする方法はあるのでしょうか。

保険会社の保険にも加入する

海外旅行傷害保険の補償内容を手厚くしたい場合は、保険会社の海外旅行傷害保険にも加入するのがおすすめです。

クレジットカードの付帯保険と比べて、疾病死亡や緊急歯科治療など、補償対象の範囲が広いほか、それぞれの最高補償額も高いものが多いので、長期滞在中に体調を崩した場合でも治療費を心配せずにすみます。

保険会社の海外旅行傷害保険に加入すると、別途保険料を支払う必要がありますが、高額な治療費を自己負担するリスクを考えれば、それほど高い金額ではないでしょう。

三井住友海上 海外旅行保険 | ネットde保険@とらべる

複数のカードの補償は合算できる

クレジットカードの付帯保険だけで補償を手厚くしたい場合は、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを複数所持しておくとよいでしょう。

海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを複数所持している場合は、それぞれの補償額が合算できるようになっているためです。

たとえば、傷害治療費の最高補償額が、A社は200万円、B社が100万円だった場合、補償額が合算されて、最高300万円まで補償されるようになります。

ただし、死亡・後遺障害補償は補償額が合算できず、複数のカード会社の海外旅行傷害保険で、最も高額な補償額を上限とし、各カード会社が分担して補償金を支払います。

海外旅行傷害保険の使い方

いざというときにスムーズに利用できるように、海外旅行傷害保険の使い方を知っておきましょう。

まずは緊急デスクに連絡を

海外旅行中にトラブルが起きたときは、まずカード会社の緊急デスクに連絡しましょう。基本的に、緊急デスクは日本語対応なので、現地の言葉が話せなくても問題ありません。

滞在中の地域によって、緊急デスクの電話番号が異なる場合があります。緊急時に焦らずにすむように、電話番号を控えておくとよいでしょう。

緊急アシスタンスサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード
楽天カード: 海外アシスタンスサービス

キャッシュレス診療を受けるためには

治療費を一時的に自己負担することなく、診療が受けられる『キャッシュレス診療』を受けるためには、キャッシュレス診療対応の病院に行く必要があります。

カード会社の緊急デスクに連絡をすれば、最寄りのキャッシュレス診療対応の病院を紹介してもらえます。

紹介された病院によっては、本人確認のためにパスポートや、クレジットカードの提示が必要な場合もあるので必ず持参しましょう。

また、キャッシュレス診療を利用すると、後日カード会社から、利用明細書などの書類の提出を求められることがあります。

書類に不備があると、治療費が補償されなくなる可能性があるため、必要書類を確認しておくことも大切です。

日本の保険証は必要ない

海外の病院で治療を受ける場合、日本の保険証は必要ありません。日本の保険証は、あくまでも日本国内の病院で有効なものであり、海外では使用できないからです。

ただし、国民健康保険加入者が海外で治療を受けた場合、海外療養費制度によって、支払った治療費の一部が払い戻されることがあります。

払戻を受けるには、診療内容明細書や領収明細書などの書類が必要になるので、地方自治体のホームページなどで、必要書類を確認しておきましょう。

国民健康保険の海外療養費の支給|西宮市ホームページ

国内旅行では使えないの?

原則として、海外旅行傷害保険は国内旅行では適用されません。ただし、クレジットカードに国内旅行傷害保険が付帯している場合は、国内旅行でのトラブルで発生した費用が補償されます。

年会費有料のカードが多い

海外旅行傷害保険だけでなく、国内旅行傷害保険も付帯しているクレジットカードは、年会費が有料である場合がほとんどです。

稀に、年会費無料のクレジットカードに国内旅行傷害保険が付帯している場合もありますが、その数はあまり多くありません。

国内旅行中にケガや病気で治療を受けたとしても、ほとんどの場合、現在加入している保険で対応できます。

頻繁に家族旅行に行くなど、何らかの事情がない限りは、国内旅行傷害保険の付帯の有無を気にする必要はあまりないでしょう。

三井住友VISAアミティエカード(学生)|三井住友VISAカード
リクルートのクレジットカード Recruit Card

クレジットカード付帯の旅行保険とは。国内旅行で使う場合の注意点

保険目的のクレジットカードの選び方

付帯保険が目的でクレジットカードを選ぶ場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。

付帯条件をチェックする

クレジットカードを付帯保険の内容で選ぶときには、付帯条件をチェックしましょう。クレジットカードの付帯保険には、『自動付帯』と『利用付帯』という、2種類の付帯条件があります。

  • 自動付帯:クレジットカードを所持しているだけで、保険が利用できる
  • 利用付帯:カード会社の定める条件を満たすと、保険が利用できる

利用付帯に注意

付帯条件が『利用付帯』の場合は注意が必要です。なぜなら、利用付帯はカード会社が定める条件のもと、クレジットカードを利用しないと、保険が利用できないためです。

たとえば、「楽天カード」の海外旅行傷害保険は、日本出国前に自宅から出発空港までの交通費、または海外旅行代金の支払いに「楽天カード」を使用しないと、保険が利用できません。

不安な場合は、付帯条件が自動付帯になっているクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

楽天カード: 海外旅行傷害保険

死亡補償より治療費の補償を重視

クレジットカードの付帯保険は、死亡補償よりも治療費の補償を重視して選ぶのがおすすめです。

海外旅行中に、死亡するようなトラブルに巻き込まれる可能性は低く、万が一死亡してしまったとしても、現在加入している生命保険などで補償が受けられます。

しかし、海外旅行中にケガや病気にかかる可能性は、死亡する可能性よりもはるかに高いうえに、滞在先によっては数百万円、数千万円という高額な治療費を請求されることも考えられます。

たとえば、アメリカ滞在中に交通事故に遭い、頭部を強打し23日間入院したところ、2,178万円以上の治療費が発生したというケースもあります。

このようなケースで、治療費が全額自己負担になった場合に受ける、金銭的な負担は計り知れません。そのため、治療費の補償額を重視して選ぶことが重要です。

アメリカ 保険金お支払い例 | 損保ジャパン日本興亜 海外旅行保険

保険が充実のおすすめカードを紹介

付帯保険でクレジットカードを選ぶのであれば、付帯保険が充実している『エポスカード』と、『セゾンブルー アメックスカード』がおすすめです。

エポスカード

エポスカード
項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド Visa
付帯保険 海外旅行傷害保険
紛失・盗難補償

エポスカード」は年会費無料で、傷害治療費が最高200万円、疾病治療費が最高270万円まで補償される、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。

また、ネットショッピング専用のカード番号の発行や、ネットにログインしたときにメールで通知されるサービスがあるなど、不正利用に対するセキュリティが高いことも特徴です。

さらに、有料にはなるものの、40円~1,000円という安価な価格で、医療保険やがん保険などへの加入も可能で、非常に便利なクレジットカードです。

年会費無料で即日発行可能なクレジットカード。 自動付帯の海外旅行保険や審査の通りやすさが魅力です。 初めてクレジットカードを作る方におすすめ。下記の記事で詳細を説明しています。あわせてご覧ください。

エポスカードは即日発行できる?豊富な特典とメリットを解説します

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
項目 詳細
年会費 初年度無料/2年目以降3,000円(税抜)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング保険
・紛失・盗難補償
・オンライン・プロテクション(ネット上の不正利用補償)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は、付帯保険が非常に充実しているクレジットカードです。

年会費は3,000円(税抜/初年度無料)で、国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。海外旅行傷害保険では、死亡・後遺障害が最高3,000万円、治療費が最高300万円まで補償されます。

また、アメリカン・エキスプレス・カードの特典である、さまざまな施設での優待や、手荷物無料宅配サービスなども利用できます。

【公式】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルー・アメックス|SAISON BLUE AMEX)

まとめ

クレジットカードには、海外旅行傷害保険やショッピング保険などの、さまざまな保険が付帯していることがあります。

カード会社やクレジットカードの種類によって、付帯している保険の種類が異なるため、自分の生活に合ったものを選びましょう。

また、補償額や付帯条件も、カード会社やクレジットカードの種類によって異なります。いざというときに、どれぐらい補償してもらえるのか、補償額や保険の利用方法などをしっかりチェックしておくことも大切です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 1番お得なカードを教えてください。

    現在、エポスカードと楽天カードをよく利用します。エポスはレストラン等で割引になるお店が多く、持っていると何かとお得だと思えるので、外出先ではよく利用します...

    30代 / 女性 / 長崎県 / 年収 901-1000万円 / 既婚、子供1人

  • 楽天カードのメリットについて教えてください。

    普通のクレジットカードに比べて、圧倒的に便利と聞いてますが、何がどう便利なのか教えてください。銀行のクレジットカードを持っているのですが、決済機能しか使っ...

    40代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 楽天クレジットのポイント還元について教えて下さい

    今は、ネットショッピングでの支払いのみをカード払いにしています。楽天は還元率も良いですし、全ての支払い(スーパー、コンビニ、公共料金等)を楽天カードにした...

    30代 / 女性 / 秋田県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • 楽天カードの家族カードについて

    現在、楽天カードを私名義で所有しており、主人名義で家族カードを持っています。支払いなどの関係で、給料が振り込まれる主人名義の通帳からの引き落としの方が何か...

    30代 / 女性 / 宮城県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ