1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードのランクを解説。ランクアップを目指す方法とは

クレジットカードのランクを解説。ランクアップを目指す方法とは

クレジットカードのランクには、どのような違いがあるのでしょうか。低ランクのカードから、ハイステータスな高ランクのカードまで、ランクの詳細について解説します。また、高ランクのクレジットカードにランクアップする方法も知っておきましょう。

  • 【1位】三井住友VISAカード
    10ヶ月連続1位 20~30代のうちにゴールドカードが欲しい、というあなたにおススメ!
  • 【2位】JCB ORIGINAL SERIES
    安心のJCBブランドで買い物を楽しもう!最短即日発行翌日お届け
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

この記事の目次

クレジットカードのランクって何?

クレジットカードのランクとは、そのクレジットカードが示すステータス(社会的地位)を決めるものです。

クレジットカードのランクが高いほどステータスも高くなり、豪華な特典やサービスが付帯しているほか、さまざまな店舗や施設で優遇を受けられます。

基本的なランクは色分け

カード会社によって異なりますが、基本的にクレジットカードのランクは、カードの色によって分けられています。

  • ブラックカード
  • プラチナカード
  • ゴールドカード
  • シルバーカード

1番高ランクのクレジットカードはブラックカードです。次いでプラチナカード、その下がゴールドカード、そして、一般的なクレジットカードがシルバーカードとなっています。

見た目で判断できないケースも

クレジットカードのランクは、見た目で判断できないケースもあります。たとえば、ダイナースクラブの一般カードである、「ダイナースクラブカード」は、他のカード会社のゴールドカード、もしくはプラチナカードと同程度ランクのクレジットカードです。

カードの色は、そのクレジットカードのランクを判断する目安になるものの、確実なものではないので注意しましょう。

ランク付けの基準は年会費と審査の難易度

クレジットカードのランク付けの基準は、年会費と審査の難易度です。基本的に、クレジットカードのランクが高いほど年会費が高額で、入会審査も厳しくなります。

低ランクカードは、年会費が無料であることも多く、信用情報に問題がない人であれば発行されます。

しかし、高ランクカードは、年会費が数万円~数十万円と高額で、信用情報に問題がないことはもちろん、年間のカード利用額や年収、社会的地位なども含めた、厳しい審査がおこなわれます。

さらに、プラチナカード以上のクレジットカードの場合は、そもそも申込は受け付けておらず、カード会社からのインビテーション(招待)が必要となることもあります。

初心者向けの低・中ランクカード

低・中ランクの、一般的なシルバーカードや若者向けのゴールドカードは、カードを初めて作る人向けのクレジットカードです。

万人向けの年会費無料カード

年会費無料のクレジットカードは、専業主婦や学生、フリーターといった、収入がない人や安定しない人でも持てる、万人向けのクレジットカードです。

このタイプのクレジットカードは、通販会社や大手スーパーなどが発行する、『流通系クレジットカード』や、個人向け少額融資を取り扱う会社が発行する、『消費者金融系クレジットカード』に多く見られます。

通販やスーパー、消費者金融などは主婦や学生、フリーター、会社員といったさまざまな人が、自社の施設やサービスを利用します。

そのため、幅広い層をクレジットカードの対象者に含んでおり、審査基準も比較的緩めに設定しているのです。

年会費無料のクレジットカードで代表的なものには、「楽天カード」や「イオンカード」などがあります。

バランスがよいクラシックカード

クラシックカードは、シルバーカードの中では、ややランクが高いクレジットカードです。銀行が発行する『銀行系クレジットカード』などが、クラシックカードに当たります。

年会費は無料から数千円程度で、キャッシュカードと一体化されていたり、顔写真付きでセキュリティが高くなっていたりと機能性が高く、さらに、銀行が発行しているという安心感もあって、バランスがよいのが特徴です。

入会の対象者を正社員などの収入が安定している人に絞っていることも多く、年会費無料のクレジットカードよりも、少し審査が厳しくなります。

クラシックカードで代表的なものには、「三井住友VISAカード」や「VIASOカード」などがあります。

若者向けの格安ゴールドカード

年齢が若く、高い年会費を負担するのは難しいけれど、ゴールドカードを持ちたいという人には、格安ゴールドカードがおすすめです。

通常、ゴールドカードは年会費が1~2万円程度かかります。しかし、格安ゴールドカードであれば、その半額以下の年会費で所持できます。

しかし年会費が安い分、通常のゴールドカードに付帯しているサービスの一部しか利用できないことがある点がデメリットです。

それでも、空港のラウンジ利用サービスなど、シルバーカードにはないサービスが利用でき、持っておいて損はないクレジットカードです。

格安ゴールドカードには「楽天ゴールドカード」などがあります。

20代ならヤングゴールドカード

20代であれば、ヤングゴールドカードもおすすめです。ヤングゴールドカードは、入会資格を20代の人に限定しているゴールドカードです。

将来の優良顧客を獲得したいという狙いがあって発行されているため、年会費5,000円前後と、通常のゴールドカードの半額程度に設定されているのが一般的です。

しかし、通常のゴールドカードと変わらないサービスや、特典を利用できるのが大きな特徴です。

ヤングゴールドカードには、三井住友VISAプライムゴールドカードJCB GOLD EXTAGEなどがあります。

ステータス抜群の高ランクカード

ゴールドカード以上の高ランクカードは、付帯する特典やサービスもハイレベルなものになります。

付帯サービス充実のゴールドカード

ゴールドカードは、シルバーカードと比べて付帯サービスが充実しています。年会費は1~2万円程度が相場で、以下のような特典やサービスが受けられます。

  • 海外・国内旅行保険が自動付帯
  • 空港ラウンジの利用サービス
  • 提携のホテル・レストランなどの施設の優待

カード会社によって、特典やサービスの内容が異なるので、公式サイトなどで比較してみるとよいでしょう。

ゴールドカード | クレジットカードなら、JCBカード

よりグレードの高いプラチナカード

プラチナカードは、ゴールドカードよりグレードの高いクレジットカードです。年会費の相場は2~5万円程度で、特典やサービスもよりグレードアップします。

  • 海外・国内旅行保険が自動付帯、さらに補償額がアップ
  • 空港ラウンジの利用サービス
  • 提携のホテル・レストランなどの施設の優待
  • 24時間対応のコンシェルジュサービス

プラチナカードは旅行保険の補償額が、ゴールドカードの補償額よりも大幅に上がる点が特徴です。また、24時間対応のコンシェルジュサービスが付いている場合もあります。

申込は、一般のクレジットカードのように、自分から申し込める場合もあれば、カード会社からのインビテーションが必要になる場合もあります。

プラチナカード | クレジットカードなら、JCBカード

招待者しか持てないブラックカード

最高ランクのブラックカードは、カード会社からのインビテーションを受け取った人しか作れない場合がほとんどです。

年会費の相場は10万~40万円程度となっており、それぞれのカード会社が、ブラックカード専用の特別な特典やサービスを設けています。

  • 海外・国内旅行保険が自動付帯。最高1億円まで補償される場合もあり
  • 空港ラウンジの利用サービス
  • 提携のホテル・レストランなどの施設の優待
  • 24時間対応のコンシェルジュサービス

その他、飛行機の座席が無料でアップグレードされたり、リムジンでの送迎や乗馬体験ができたりと、さまざまな特典があります。

JCBザ・クラス|クレジットカードなら、JCBカード

2018年最上級ランクのカードとは

高ランクのクレジットカードの中でも、最上級のクレジットカードは、『ダイナースクラブ・プレミアムカード』と、『アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード』です。

ダイナースクラブ・プレミアムカード

ダイナースクラブ・プレミアムカードは、ダイナースクラブのクレジットカードの中で、最高ランクのクレジットカードです。

年会費は13万円(税抜)で、ダイナースクラブからのインビテーションがなければ作れません。

ダイナースクラブ・プレミアムカードは、国際的にもステータスが高いカードとして評価されており、海外の高級ホテルなどでは、優遇特典を用意しているところもあります。

また、24時間対応のコンシェルジュサービスが利用できるほか、提携レストランで会員専用のコース料理を堪能できるなど、さまざまな特典を利用できます。

ダイナースクラブ プレミアムカード

アメックス・センチュリオンカード

国際的に評価が高いクレジットカードであれば、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードも負けていません。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは、アメリカン・エキスプレスからインビテーションを受けた人のみが作れる、最高ランクのクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの会員には、専任のコンシェルジュが付くほか、招待制のレストランの予約が取れるなど、贅沢な特典が用意されています。

重厚感のあるチタンカード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードも、その他のクレジットカードと同じプラスチック素材で作られていますが、希望すれば重厚感のあるチタン製のカードに変更できます。

チタン製のカードは、申込から発行までに2週間~1カ月ほどかかるため、早めに申し込むとよいでしょう。

スケルトンのクリスタルカードは嘘?

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードよりも上のランクのクレジットカードとして、スケルトンのクリスタルカードが存在するという噂がありますが、そのようなカードは実在しません。

アメリカン・エキスプレスの一般カードに青色のカードがあり、日本で発行されていないものであったため、『幻のカード』として噂されたのです。

今持っているカードをランクアップする方法

現在持っているクレジットカードをランクアップするには、どうすればよいのでしょうか。

ゴールドカードは申し込めば作れる

基本的にゴールドカードは、自分から申し込めば作れます。

  • 安定した収入がある
  • 定期的にクレジットカードを利用している
  • 延滞なくカードの利用代金を支払っている
  • 信用情報が優良である

上記のような条件を満たしている人であれば、ゴールドカードの審査に通る可能性が高いでしょう。

インビテーションを受け取るには

一部のプラチナカードやブラックカードにランクアップしたい場合は、カード会社からインビテーションを受ける必要があります。

インビテーションを受けるための、明確な条件は公表されていませんが、以下の条件を満たしている人に、インビテーションが届く傾向にあります。

  • 安定した収入がある
  • 下位ランクのクレジットカードを年間100万円以上、継続利用している
  • 一切の延滞なく、カードの利用代金を支払っている
  • 分割払い・リボ払いの利用がない
  • 信用情報が優良である

インビテーションを受けるには、カード会社から信用できる人、利益をもたらす人だと判断されることが重要なポイントです。

カード会社自社発行のカードを選ぶ

クレジットカードには、カード会社が自社で発行している『プロパーカード』と、提携会社が発行している『提携カード』があります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードなどの、ハイステータス・高ランクのクレジットカードのインビテーションを受けたい場合は、プロパーカードを選びましょう。

ハイステータス・高ランクのカードは、プロパーカードの上位ランクのクレジットカードであるため、プロパーカードを所持している人にしか、インビテーションが届かないのです。

継続してたくさんカードを使う

インビテーションを受けるには、カード会社にとって有益な利用者だと判断される必要があります。

有益な利用者と判断されるには、下位のプロパーカードを、継続してたくさん使うことが重要です。

カード会社は、クレジットカード決済時の手数料が主な収入源です。そのため、クレジットカードをたくさん使う人=有益な利用者ということになります。

どれぐらいの金額を利用すればよいのか、明確な金額が提示されているわけではありませんが、年間100万円以上の利用を数年間続けている人に、インビテーションが届く傾向にあります。

延滞は絶対にNG

インビテーションを受けたいのであれば、利用代金の支払いの延滞は絶対にNGです。インビテーションは、信用度の高い優良な利用者にしか届きません。

支払いを延滞するということは、約束通りにお金を返さない人ということで、著しく信用度が下がってしまいます。

うっかり口座に入金するのを忘れたとしても、延滞したことには変わりありません。利用代金の引き落とし日や引き落とし金額は、しっかり管理するようにしましょう。

ランクアップの際に注意すること

クレジットカードをランクアップする際には、以下の点に注意しましょう。

当然年会費が高くなる

クレジットカードは基本的に、高ランクのものほど年会費も高くなります。よって、現在保有しているクレジットカードからランクアップすれば、当然年会費も高くなります。

高ランクのクレジットカードは、利用限度額も高くなるほか、豪華な特典やサービスも付帯します。しかし、それらを利用しないのであれば、高い年会費を支払ってランクアップする必要はないでしょう。

カード番号が変わる

クレジットカードをランクアップすると、カード番号が変更されます。現在保有しているクレジットカードの上位ランクのクレジットカードにしたとしても、カード番号は変更されるので注意しましょう。

今持っているクレジットカードを、水道光熱費や通信費などの引き落としに利用している場合は、変更後のカード番号への更新手続きが必要となることがあります。

ランクアップする前に、カード番号が変更された場合の更新手続きについて調べておくとよいでしょう。

よくあるご質問の詳細 -カードの種類を切替えました。公共料金・通話料・インターネットなどの代金をカード払いで支払いをしていますが、何か手続きは必要ですか? | 三井住友カード株式会社

ランクダウンすることもできるのか

クレジットカードのランクを下げることもできるのでしょうか。

カード会社への連絡で可能

カード会社に連絡すれば、クレジットカードのランクを下げることも可能です。クレジットカードの裏面に、カード会社のサポートセンターの連絡先が記載されており、電話で対応してもらえます。

解約よりもランクを下げるほうがおすすめ

クレジットカードが不必要になったとき以外は、クレジットカードを解約するよりも、ランクを下げるほうがよいでしょう。

クレジットカードを解約してしまうと、そのクレジットカードが必要になった場合に、改めて入会審査を受けなければなりません。

さらに、カード会社内で解約処理が完了する前に、再度同じカード会社のクレジットカードに申し込んでしまうと、審査に落ちることもあります。

審査に落ちると、高ランクのクレジットカードが発行されるほど優良だった信用情報に、傷がついてしまう可能性があるので注意が必要です。また、せっかく貯めたポイントも、解約すると失効してしまいます。

申込のタイミングに注意

クレジットカードのランクを下げる場合は、申込のタイミングに注意しましょう。年会費が引き落とされる月に申込をすると、年会費が引き落とされた直後にダウングレードされる可能性があります。

原則として、一度引き落とされた年会費が払い戻されることはありません。通常、年会費は、クレジットカードに入会した月に引き落とされるので、ダウングレードする場合は、その前の月までに手続きを済ませておきましょう。

まとめ

クレジットカードのランクとは、そのクレジットカードが示すステータスを決めるものです。高ランクのクレジットカードほど年会費が高くなり、審査も厳しくなります。

現在使用しているクレジットカードからランクアップしたい場合は、優良な利用履歴を作ることが重要です。

また、一部のプラチナカードやブラックカードを作るためには、カード会社からインビテーションを受ける必要があります。

インビテーションは、カード会社から優良顧客だと判断された人に届くので、できるだけ多くクレジットカードを利用し、絶対に利用代金を延滞しないようにすることが大切です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの種類について

    クレジットカードが作れる歳になって、何枚か作ってみました。 ネットショッピング用、映画用、競馬用、よく使うスーパー用、とどんどん種類が増えてしまいました。...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚

  • JCBの使い方について教えてください

    いまの社会、本業だけでは暮らしていけないと思っています。そこで質問です。簡単でガッツリ儲ける副業なんてものはないですか? 僕はいまFXというものに興味を持...

    20代 / 男性 / 愛媛県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 楽天カードについておしえてください。

    クレジットカードのサインですが、一般的には漢字をフルネームでサインする方が日本人は多いと思いますが、 パッと見た時に自分の名前と分からないような自作のサイ...

    30代 / 女性 / 広島県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ