1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの申込は複数枚可能?審査への影響とその対策

クレジットカードの申込は複数枚可能?審査への影響とその対策

クレジットカードを作るときに、複数のクレジットカードに申し込むことは可能なのでしょうか。クレジットカードの審査基準と、複数のクレジットカードへの申込が審査に及ぼす影響、また、その対策について解説します。

この記事の目次

クレジットカードの審査基準とは

クレジットカードを作るためには、カード会社の審査を受ける必要があります。審査に通らなければ、クレジットカードは作れません。

カード会社は明確な審査基準を公表していませんが、一般的にクレジットカードの審査には、以下のような基準が設けられています。

年齢と家族構成

クレジットカードの審査では、申込者の年齢と家族構成がひとつの基準となります。審査の際、カード会社は個人信用情報機関で、申込者の信用情報の照会をおこないます。

ほとんどのクレジットカードで、入会条件が『18歳以上』とされているため、年齢が若ければ、信用情報がなくても問題ありません。

しかし、ある程度の年齢で信用情報がないと、過去に自己破産などの金融事故を起こしている可能性があると判断され、審査落ちする場合があります。

また、クレジットカードによっては、対象者を20歳以上で、年齢に応じた平均的な年収を得ている人としている場合もあるため、年齢が重要になるのです。

そして、クレジットカードを作る際には、『支払可能見込額』が算出されます。同居家族の有無や人数によって、支払可能見込額が異なるため、家族構成も審査基準に含まれます。

勤務先と年収

勤務先と年収も、クレジットカードの審査基準のひとつです。クレジットカードは、カード会社が利用者の買い物などの代金を立て替え、引落日に立て替えた代金を返済してもらうという仕組みになっています。

つまり、利用者がきちんと返済してくれないと、カード会社が損をするということです。そのため、『滞りなく返済してくれる人かどうか』ということが重要視されます。

公務員や大企業などの、倒産する可能性が低い安定した勤務先である人や、年収が多い人は支払いが滞る可能性が低いと判断され、審査に通りやすい傾向にあります。

クレジットヒストリー

1番重要な審査基準は、『クレジットヒストリー』です。クレジットヒストリーとは、これまでのクレジットカードの利用履歴のことを指します。

個人信用情報機関には、クレジットカードやローンに申し込んだ時期、利用枠や毎月の利用額、返済額、さらに、滞りなく返済しているかといったことまで記録されています。

審査の際には、必ずこれらの情報が照会され、他社で多額の借入をしていないか、返済の延滞を繰り返していないかなどがチェックされます。

複数のカードの同時申込はできるか

複数のクレジットカードに同時申込はできるのでしょうか。

審査が厳しくなる傾向

複数のクレジットカードに同時申込すること自体はできますが、審査が厳しくなる傾向にあります。

年収と借入額および件数

複数のクレジットカードに申し込む場合は、年収や他社での借入額・件数が重要になります。クレジットカードの審査の際に算出される支払可能見込額は、現在の収支の状況から算出されるからです。

支払可能見込額を算出する際には、現在の年収と家族構成だけでなく、他社で借入がある場合は、その返済額なども考慮されます。

そのため、年収が低い人は、複数のクレジットカードに申し込んでも、支払可能見込額を超え、審査に落ちる可能性があるのです。

また、年収が高い人でも、複数社で借入をしている場合や、他社で高額な借入をしている場合は、返済能力やお金の管理能力に疑問を持たれ、審査に落ちる可能性があります。

総量規制

クレジットカードにキャッシング枠をつけて申し込む場合は、総量規制を考慮する必要があります。

総量規制とはすべての借入の総額を、年収の1/3以内にするよう定めたもので、クレジットカードのキャッシング枠も対象に入ります。

複数のクレジットカードにキャッシング枠をつけて申し込む場合は、キャッシング枠の合計、さらに、他社で借入がある場合は、その借入額も合計した金額が、自分の年収の1/3以内になるようにしなければ、審査に落ちる可能性があります。

割賦販売法と割賦可能利用枠

クレジットカードには、割賦販売法という法律により、利用枠の制限が定められています。割賦販売法では、クレジットカードの一括払い以外の支払方法の利用上限は、支払見込可能額の90%以内に収めるようにとの規定があります。

たとえば、一括払い以外の支払方法の利用上限が50万円だった場合、利用枠が20万円と30万円の2枚のクレジットカードを持つことができます。

また、利用枠10万円のクレジットカード2枚と、30万円のクレジットカード1枚というように、50万円の範囲内であれば、さらに枚数を増やすことも可能です。

しかし、50万円という範囲を超えてしまうと、クレジットカードの審査に通らなくなってしまいます。

多重申込で資金難を疑われるケースも

複数のクレジットカードに同時に申し込むと、『多重申込』として資金難を疑われ審査に落ちるケースもあります。

金銭的に困って、クレジットカードでお金を借りようとしているのではないかと警戒されるためです。

個人信用情報機関には、いつどこのクレジットカードに申し込んだかという情報も残るので、複数のクレジットカードに申し込んでいることは、すぐにわかります。

審査に落ちると、別のクレジットカードの審査に悪影響を及ぼす可能性もあるので、注意が必要です。

カード取得は半年スパンがベスト

クレジットカードの取得は、半年スパンがベストです。個人信用情報機関に記録されている、クレジットカードの申込情報の保管期限が半年間で消えるためです。

申込情報が消えてから申し込めば、資金難を疑われて審査に落ちる可能性も少なくなるでしょう。

CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

複数回申し込むときに審査を有利にする要件

複数回クレジットカードに申し込む際に、審査を有利に進めるための要件があります。

健全なクレジットヒストリー

クレジットカードの審査を有利に進めるためには、健全なクレジットヒストリーを積んでいることが重要です。

1枚目のクレジットカードを作ったら、毎月クレジットカードを利用して、絶対に延滞しないように支払いを続けましょう。

そうすることで、健全なクレジットヒストリーを積むことができ、次のクレジットカードの審査を有利に進められます。

キャッシング枠をゼロに

クレジットカードにキャッシング枠をつけて申し込むと、審査が厳しくなる傾向にあります。審査に通りやすくするには、キャッシング枠をゼロにして申し込むのがおすすめです。

心配なら個人信用情報機関でチェック可

どうしても、審査に通るか心配な場合は、個人信用情報機関で自分の信用情報をチェックしましょう。

個人信用情報機関には、『KSC(全国銀行個人信用情報センター)』・『CIC』・『JICC(日本信用情報機構)』の3つの機関が存在します。

それぞれの機関で情報開示の手続きをおこなえば、自分の信用情報をチェックできるため、むやみにクレジットカードに申し込み、審査に落ちることを防げます。

よくあるご質問|指定信用情報機関のCIC

まとめ

複数のクレジットカードに同時に申込ことは可能ですが、審査が厳しくなることを知っておきましょう。

また、急にたくさんのクレジットカードに申し込むと、資金難を疑われ審査に落ちる可能性もあります。

クレジットカードが複数枚必要な場合は、同時に申し込むよりも、健全なクレジットヒストリーを積みながら、半年スパンで申し込むのがよいでしょう。

クレジットカードの申込方法。初めての人もこれさえ読めば安心

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 一番還元率の高いクレカは何ですか?

    私はクレジットカードをよくネットショッピングで使用しています。日々家計を考えつつ、お得なクレジットカードを使うように心掛けているのですが、色々と調べるうち...

    40代 / 男性 / 奈良県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 楽天カードの信用について

    最近楽天カードなど審査がゆるくすぐ発行できるものがあります。学生でも簡単に手を出せるこれらを自分も利用していますが、大人の方からみたらどうなのでしょうか。...

    20代 / 女性 / 大阪府 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 新規カード作成の審査の可否について

    現在、クレジットカードを7枚所持しています。新たに新規のクレジットカードを申し込みたい場合に、審査の通りやすさについておうかがいできればと思います。 これ...

    50代 / 女性 / 東京都 / 年収 501-600万円 / 独身

  • お金についての様々な質問

    クレジットカードを持つメリットとデメリット お金を貯めるために行うといいこと 専門家おすすめのお金の使い方 FXや株のようなリスクがあるものじゃなく、安全...

    30代 / 女性 / 大阪府 / 年収 501-600万円 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ