1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカード付帯の旅行保険とは。国内旅行で使う場合の注意点

クレジットカード付帯の旅行保険とは。国内旅行で使う場合の注意点

クレジットカードに付帯している国内旅行保険は、国内旅行中の事故を補償してくれます。しかし、この保険には適用範囲など、知っておきたい特徴がいくつかあります。今回は、クレジットカード付帯国内旅行保険の注意点などについて説明します。

この記事の目次

国内旅行保険とは?

国内旅行保険とは、国内での旅行の際の損害などを補償してくれる損害保険の1種です。一般的には以下の補償を受けられます。

  • 死亡・後遺障害:事故により死亡したり、障害を負ったりした場合の補償
  • 入院保険金:怪我をした際の入院費用を補償
  • 手術保険金:怪我をした際の手術費用を補償
  • 通院保険金:怪我の治療で通院する際の補償
  • 個人賠償責任:損害賠償責任を負う際の補償
  • 救援者費用:事故により家族が駆けつけた際の渡航費用の補償
  • 携行品:カメラなどの携行品に損害が生じた際の補償

付帯国内旅行保険の特徴

クレジットカードに付帯している国内旅行保険には、覚えておきたい特徴がいくつかあります。

年会費無料のカードに自動付帯は少ない

クレジットカードには、年会費がかかるものと無料のものがあり、基本的には年会費有料のものに、より充実したサービスが付帯しています。

年会費無料のものだと国内旅行保険が、クレジットカードで旅行代金を支払うことを条件とする『利用付帯』であったり、そもそも付帯していなかったりすることもあります。

年会費が有料のものは、持っているだけで保険が適用される、『自動付帯』である場合もあります。自分の持っているクレジットカードが利用付帯か自動付帯かを、きちんと確認しておきましょう。

基本的に本人にのみ適用される

付帯国内旅行保険には、『家族特約』が付帯していないことが多いのも特徴です。家族特約とは、本人だけでなく、条件に該当する家族や親族にも保険が適用されるサービスです。

付帯海外旅行保険には家族特約が付帯している場合もありますが、付帯国内旅行保険においては、基本的には本人のみに保険が適用されます。

クレジットカードの付帯保険。意外と知らないその補償内容とは

付帯国内旅行保険の注意点

クレジットカードに付帯している国内旅行保険は適用範囲があり、すべての事故において補償してくれるわけではありません。いくつかの注意点についてみていきます。

適用範囲の判断が複雑

クレジットカードに付帯している国内旅行保険の適用範囲は、大きくわけて以下の3つの状況下における事故です。

  • 公共交通機関での事故
  • 宿泊施設での事故
  • パッケージツアー中の事故

基本的には事故が保険の対象なので、病気や過失は含まれません。また、旅行や出張であることが条件で、近所の友達の家に行く場合や、通勤・通学の場合などは対象外になります。

国内旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード

レンタカー使用中の事故では?

レンタカー使用中の事故は、保険の対象外となります。保険の適用範囲の1つ目の公共交通機関とは、航空機、電車、バス、タクシーなどが該当し、自家用車やレンタカーは含まれません。

ホテルで病気になったときは?

ホテルで病気になった場合も、保険の対象外となります。保険の適用範囲の2つ目に、宿泊施設での事故とありますが、これは火災や爆発などが対象であり病気は含まれません。

個人旅行での怪我は?

個人旅行での怪我も保険の対象外です。保険の適用範囲の3つ目に、パッケージツアー中の事故とあるように、観光中の事故は1泊以上のパッケージツアーに参加していることが条件となります。

したがって、個人旅行や日帰りのツアーで事故にあっても、補償を受けることができません。

携行品の補償はされる?

基本的には、クレジットカードの国内旅行保険では、携帯品は補償されません。しかし、一部のクレジットカードでは携帯品の補償を、オプションとしてつけることができます。

セゾンカードにはSuper Value Plusというサービスがあり、毎月300円で携帯品の盗難や破損を最大10万円まで補償してくれます。

暮らし・持ち物安心プラン|セゾンカード会員様限定|保険@SAISON CARD

国内旅行保険付帯のおすすめカード

国内旅行保険が付帯している、おすすめのクレジットカードを紹介します。

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド」は、年会費1,905円(税別)のクレジットカードです。国内旅行傷害保険は航空券や宿泊費の支払いを、事前にクレジット決済にすることで補償される利用付帯となっており、補償額は以下のように設定されています。

補償内容 金額
死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院保険金 3,000円(日額)
手術保険金 3,000円×(10~40倍)
通院保険金 2,000円(日額)

MUFGカード ゴールド」の場合、家族特約はありませんが死亡・後遺障害の他にも、入院や手術も補償してくれるので、コストをかけずに手厚い補償を受けたい人におすすめです。

MUFGカード 国内旅行傷害保険|クレジットカードなら三菱UFJニコス

JCBゴールド

JCBゴールド」は、年会費10,000円(税別)のクレジットカードです。国内旅行傷害保険は自動付帯となっており、補償額は以下のとおりです。

補償内容 金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院保険金 5,000円(日額)
手術保険金 入院日額×(10倍、20倍、40倍)
通院保険金 2,000円(日額)

入院保険、手術保険、通院保険はそれぞれ8日以上の治療から対象となります。なお、家族特約はありません。

JCBゴールド」は年会費が高いかわりに、保険が自動付帯であったり補償額が高額であったりと、優れた補償内容となっています。

付帯保険内容照会 | JCBカードのおすすめ保険

JCBが発行するJCBカードゴールドはステータス性の高さが魅力です。 充実した海外旅行保険が自動付帯するので、海外によく行く方におすすめ。 下記の記事で詳細を説明しています。あわせてご覧ください。

JCBゴールドは即日発行可能?豊富な特典や申込方法を解説します

まとめ

クレジットカードに付帯している国内旅行保険には、利用付帯と自動付帯があり、持っているだけでは補償が受けられないこともあります。また、保険の適用範囲にも特徴があり、基本的には個人旅行や病気の場合には適用外となります。

付帯している国内旅行保険の特徴をきちんと理解して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

クレジットカードの人気記事

カテゴリ