1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカード解約後の引き落としはどうなる?解約前の注意点

クレジットカード解約後の引き落としはどうなる?解約前の注意点

クレジットカードの解約後、残っている利用代金の引き落としはどうなるのでしょうか。本記事では、クレジットカードの解約方法と、解約後の引き落としについて解説します。また、クレジットカードを解約するときの注意点も知っておきましょう。

この記事の目次

解約前に気をつけること

クレジットカードを解約する前に、気をつけておいたほうがよいことがあります。

公共料金などの支払先変更

解約予定のクレジットカードを、公共料金や携帯電話料金などの支払いに使っている場合は、支払方法を変更しておく必要があります。

カード会社や加盟店が、支払方法の変更手続きをしてくれるのではなく、自分で各料金の支払方法の変更手続きをおこなわなければなりません。

変更手続きを忘れると、支払いが滞ってしまいます。そして、それに気づかないまま長期間経過すると、各サービスが利用停止される恐れがあるため、必ず前もって変更手続きを済ませておきましょう。

貯まっているポイントの確認

利用代金に応じて、ポイントが付与されるクレジットカードを使用している場合は、解約前にポイントがどのくらい貯まっているのかを確認しましょう。

貯まったポイントは、クレジットカードの解約と同時に失効します。解約前に他のポイントに移行しておくか、景品と交換しておくのがおすすめです。

カード会社によっては、ポイントの交換手続きを済ませていても、ポイントの移行や景品との交換が完了する前にクレジットカードを解約してしまうと、交換手続きがキャンセルされる場合があります。

早めに交換手続きを済ませておき、すべてのポイントの交換が完了してから、クレジットカードを解約するとよいでしょう。

ETCカードや家族カードの使用有無

クレジットカードを解約する前には、ETCカードや家族カードの使用の有無も確認しておきましょう。

ETCカードや家族カードは、本会員のクレジットカードに紐づけて発行されるカードです。そのため、本会員のクレジットカードを解約すると、それらのカードも自動的に解約されます。

クレジットカードの解約後も、ETCカードや家族カードが必要な場合は、別のカード会社のクレジットカードを用意しておきましょう。

解約後の引き落としについて

ここでは、クレジットカード解約後の引き落としについて解説します。

引き落とし前に解約した場合

クレジットカードの利用代金の引き落とし前にクレジットカードを解約すると、基本的に、残っている利用代金(残債)を、一括で支払うことになります。

そのため、残債の金額が大きく、一括での支払いが難しい場合は、解約の延期を検討したほうがよいでしょう。

また、リボ払いや分割払い、キャッシングの利用代金が残っている場合は、クレジットカードを解約できない可能性があります

引き落とし先の口座を解約した場合

クレジットカードの利用代金の引き落とし先の口座を、クレジットカードの解約時に一緒に解約してしまうと、残債の引き落としができなくなり、延滞扱いになる可能性があります。

延滞扱いになった場合は、個人信用情報機関にその記録が残ります。そうすると、新しくクレジットカードを作りたい場合や、ローンを組みたいときに、審査に悪影響が出る恐れがあります。

また、カード会社から督促状が届いたり、自分でカード会社の口座に振込しなければならなかったりと、何かと手間もかかるので、残債の引き落としが完了するまでは、引き落とし先の口座は残しておきましょう。

年会費にも注意しよう

クレジットカードの解約時には、年会費にも注意しましょう。基本的に、年会費を支払った直後にクレジットカードを解約した場合でも、年会費は返金されません。

年会費の支払日をきちんと把握しておき、次回の年会費の支払日が来る前までに、クレジットカードの解約手続きを済ませておきましょう。

未払い額の支払い方法

解約するクレジットカードに残債がある場合、支払方法はどうなるのでしょうか。

一括払いか分割払いは選べる?

基本的に、残債は一括払いです。カード会社としては、支払いが滞るリスクや手間を考えると、残債の分割払いに応じるメリットはほぼないからです。

ただし、カード会社によっては、リボ払いや分割払いが継続される場合もあります。また、残債の分割払いに応じてもらえるカード会社もあるため、まずは相談してみましょう。

また、『解約予約』を利用するという方法もあります。解約予約とは、クレジットカードを利用停止して、残債の支払いだけを続けていく方法です。

残債の支払いが完了すると、その時点でクレジットカードが解約されます。残債の一括払いが難しい場合は、この方法も検討してみましょう。

退会したいカードに利用残高がありますが、退会できますか? | JCBカード - よくあるご質問 (個人・法人)

よくあるご質問の詳細 -カードを退会(解約)すると、リボ払い・分割払い残高の支払いはどうなりますか? | 三井住友カード株式会社

引き落とし日はいつか

カード会社によって、残債の引き落とし日は異なります。通常通りの引き落とし日に引き落とされる場合もあれば、解約手続きが完了した時点で、すぐに引き落とされる場合もあるなど、対応はざまざまです。

いつ残債が引き落とされるかは、カード会社に確認するとよいでしょう。

クレジットカードの解約方法

クレジットカードの解約方法は、以下を参考にしましょう。

カード会社に電話しよう

クレジットカードを解約するときは、クレジットカードの裏に記載されている、カード会社の電話番号に連絡をしましょう。

自動音声に従ってボタンを押していけば、そのまま解約手続きが完了するか、オペレーターに繋がります。

オペレーターに繋がった場合は、クレジットカードを解約したい旨を伝え、オペレーターの指示に従いましょう。

また、インターネットから解約手続きができるカード会社もあるため、カード会社の公式サイトなどを確認するとよいでしょう。

JCBカードの退会方法を教えてください。 | JCBカード - よくあるご質問 (個人・法人)

よくあるご質問の詳細 -カードを退会(解約)したいので手続き方法を教えてください。 | 三井住友カード株式会社

解約後のカードはきちんと処分する

クレジットカードは、ICチップや磁気ストライプに個人情報が記録されています。記録された個人情報が流出してしまわないように、解約後のクレジットカードは、きちんと処分しましょう。

できればシュレッダーにかけるとよいですが、家にシュレッダーがない場合は、ICチップや磁気ストライプをハサミで細かく裁断しましょう。

1回切込みを入れるだけでは、中の情報が読み取られるかもしれないので、できるだけ細かく裁断します。

裁断したクレジットカードを捨てるときは、ゴミ袋の外側からクレジットカードが入っていることがわからないようにして、数回に分けて捨てるとよいでしょう。

まとめ

クレジットカードを解約すると、残債が一括払いになる可能性があります。カード会社によっては、リボ払いが継続できたり、分割払いに対応してもらえたりするので、まずはカード会社に相談しましょう。

また、解約するクレジットカードで、公共料金などの支払いをしていた場合は、自分で支払方法の変更手続きをおこなう必要があります。

スムーズにクレジットカードを解約できるように、前もって準備をしておくことが大切です。

クレジットカードの解約。年会費や引き落としなどの疑問を解決

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • リボ払いを有利に使う方法は?

    リボ払いは毎月一定額を払うので一見支払いが楽そうですが、金利が高く、いつまでも支払いが終了せず、自転車操業のように支払いに追われるという怖いイメージがあり...

    50代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • ドコモのdカードについて教えてください

    ポイントが毎月貯まってるようなのですが具体的な使い方がわかりません。サイトとかでも調べるのが面倒くさく難儀してます。 ポイントが貯まるとどんなメリットがあ...

    40代 / 女性 / 大阪府 / 年収 301-400万円 / 独身

  • オリコのポイント還元率について教えてください。

    どうしたら効率良く貯金ができるでしょうか? 私は浪費家というわけではありませんが、なかなか貯金をすることができません。ひと月の収入から各費用を差し引くと、...

    20代 / 男性 / 東京都 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ