1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの家族カードとは。利用するとどんなメリットが?

クレジットカードの家族カードとは。利用するとどんなメリットが?

クレジットカードの家族カードとは、どんなカードなのでしょうか。家族カードの詳細やメリット、さらに、家族カードを作るのにおすすめのクレジットカードを紹介します。また、家族カードを使用するときの注意点も知っておきましょう。

この記事の目次

クレジットカードの家族カードとは

クレジットカードの家族カードとは、どのようなカードなのでしょうか。

家族用に追加で発行するカード

家族カードとは、クレジットカードの本会員(名義人)の、家族用に追加で発行するカードのことです。

クレジットカードは、本会員本人しか使用できないと利用規約で定められています。たとえ家族であっても、本人以外の使用は認められません。

本人以外がクレジットカードを使用した場合、クレジットカードの不正利用の被害にあっても、カード会社の補償を受けられなくなる可能性があるほか、クレジットカードを強制解約される恐れがあります。

そのため、本会員以外がクレジットカードを使用したい場合は、家族カードを発行するか、家族名義のクレジットカードを新たに作るかということになります。

もちろん、家族名義のクレジットカードを新たに作るのもよいでしょう。しかし、家族カードには、いろいろなメリットがあるので、ぜひ家族カードを発行することも検討してみてください。

家族カードのメリット

家族カードには、以下のようなメリットがあります。

年会費無料のカードが多い

家族カードのメリットのひとつとして、年会費無料のカードが多いことがあげられます。本会員のクレジットカードの年会費が有料でも、家族カードは年会費無料となる場合も少くありません。

たとえば、「JCBゴールドカード」の場合、本会員は年会費が10,000円(税抜)かかりますが、家族カードは、1枚目は年会費無料です。(2枚目から1,000円(税抜)/枚)

もし夫婦で「JCBゴールドカード」の本会員になった場合、年会費は20,000円かかりますが、どちらか1人が家族カードにすれば、年会費が10,000円になるため、年会費が節約できます。

JCB CARD GOLDの詳細へ

ポイントも貯まって合算できる

家族カードを発行すると、本会員のカードと家族カード、それぞれのポイントが合算できるため、ポイントが貯まりやすいというメリットもあります。

夫婦がそれぞれクレジットカードの本会員になっていると、ポイントの合算はできません。たとえば、100ポイントの景品と交換したい場合は、それぞれが100ポイント貯める必要があります。

しかし、どちらかが家族カードにしていれば、2人で100ポイント貯めればよいので、早く景品と交換できます。

カード会社によって異なりますが、豪華な景品に交換したり、マイルに交換したりと、さまざまな使い道があるので、本会員のカードと家族カードのポイントを合算できるのは大変便利です。

本会員と同様のサービスを受けられる

家族カードを持っていると、本会員と同様のサービスを受けられます。これは、家族カードの年会費が無料の場合でも変わりません。

たとえば、「JCBゴールドカード」には、国内では最高5,000万円、海外では最高1億円補償される旅行傷害保険や、国内外の空港ラウンジを利用できるサービスなど、さまざまな特典がついています。

この特典は本会員だけでなく、家族カードの会員も利用可能です。カード会社やクレジットカードの種類、ステータスによって受けられる特典が異なるので、いろいろなカード会社の特典を比較してみるとよいでしょう。

JCB CARD GOLDの詳細へ

家族カードの対象者

家族カードは対象者が決まっています。家族カードに申し込む前に、対象者を確認しておきましょう。

基本は配偶者・親・子供

基本的に、家族カードの対象者は、本会員の配偶者・親・満18歳以上の子供です。ただし、本会員の親や子供でも、住所や生計が異なる別世帯の場合は、家族カードの対象外になることがあります。

たとえば、本会員の扶養に入っている子供が、大学に通うために1人暮らししているなどという場合は、家族カードの対象者になる可能性が高いでしょう。

また、社会人になって扶養を外れた子供や、住んでいる場所が離れており、生計も別の親などの場合も、家族カードの対象外となる可能性が高くなります。

年齢18歳以上でも高校生は原則対象外

家族カードの対象者となる条件に、『満18歳以上の子供』とありますが、年齢が18歳以上でもまだ高校生の場合は、原則として家族カードの対象外となります。

ただし、カード会社によっては、子供が海外留学するときなどは、高校生でも家族カードの発行を行っています。

クレジットカードがあれば、海外で多額の現金を持ち歩く必要がなくなるほか、万が一のときに、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用できる可能性があります。

子供が海外に行くときには、ぜひ家族カードの発行を検討してみてください。

クレジットカードの家族カード。高校生でも発行可能なのか?

アメックスは対象範囲が広い

アメリカン・エキスプレスの家族カードは、他のカード会社の家族カードと比べて、対象範囲が広いという特徴があります。

アメリカン・エキスプレスの公式サイトには、家族カードの対象者は、『配偶者、ご両親、18歳以上のご子息・ご令嬢等』と記載されており、配偶者、親、子供以外も対象となる可能性が示されています。

兄弟も対象になる

アメリカン・エキスプレスの家族カードは、本会員の配偶者・親・満18歳以上の子供のほかに、本会員の兄弟も対象に入ります。

アメリカン・エキスプレスは、名前のとおりアメリカのカード会社です。アメリカには『戸籍』という制度がなく、あるのは個人を特定する『Social Security Number』という制度です。

また、離婚率が高く、多種多様な民族が混在している国であるため、日本のような『戸籍上の家族』という括りが難しいのです。

このような、複雑な状態に対応するため、アメリカン・エキスプレスの家族カードは、対象者の範囲が広く設定されています。

クレジットカードの家族カード。兄弟同士でも使用は可能?

さらに事実婚や婚約中のパートナーにも

アメリカン・エキスプレスは、兄弟だけでなく事実婚や婚約中のパートナーも、家族カードの対象となる場合があります。

そのほか、同性婚の相手や育ての親など、本会員が家族だと認める人であれば、家族カードを発行できる可能性があります。

他社のクレジットカードで対象外となる人が家族カードを作りたい場合は、1度アメリカン・エキスプレスの家族カードに申し込んでみるのがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・カードの詳細へ

クレジットカードの疑問。家族カードは事実婚でも作成可能?

家族カードの作り方

家族カードを発行したいときには、以下の方法で申込をおこないます。

申込は2パターン

家族カードを申し込む場合、2つのパターンから選択することになります。

  • 現在使用しているクレジットカードの家族カードに申し込む
  • 新たにクレジットカードに入会し、本会員のカードと家族カードを同時に申し込む

現在使用しているクレジットカードの家族カードに申し込むほうが、スムーズに家族カードを発行できるでしょう。

しかし、クレジットカードの中には、家族カードを発行していないものもあるため、その場合は、新たにクレジットカードに入会する必要があります。

家族カードの申込方法は、インターネットからの申込や、書面での申込など、カード会社によって異なるため、カード会社の公式サイトなどで確認するとよいでしょう。

また、家族カードの申込は、必ずクレジットカードの本会員がおこなわなければなりません。家族が本会員の代わりに申し込むことはできないので注意しましょう。

発行枚数には上限あり

家族カードの発行枚数には上限があります。発行枚数の上限は、カード会社やカードの種類によって異なるため、複数枚必要な場合は、カード会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

家族の審査はないのか

基本的に、家族カードの発行時には審査はありません。本会員が家族カードの発行を申し込めば、無審査で発行されます。

また、新たにクレジットカードに入会して、本会員のカードと家族カードを同時に申し込む場合でも、審査の対象となるのは本会員のみです。

そのため、専業主婦や学生など、収入がなく審査に通りにくい人には、家族カードがおすすめです。

クレジットカードを家族カードで作成。発行できる年齢は?

家族カード使用上の注意点

家族カードを使用する際には、以下の点に注意しましょう。

名義もカード番号も本会員とは異なる

家族カードは、本会員のカードの追加カードとして発行されるものですが、カードの名義もカード番号も、本会員のものとは異なります。

家族カードの申込の際に、家族カードの使用者として記載した人が、その家族カードの名義人となります。その名義人以外は、本会員であっても家族カードを使用することはできません。

家族全員がクレジットカードを持つ必要があるときは、人数分の家族カードを発行しましょう。

家族の人数分家族カードを発行すると、家族カードの発行枚数の上限を超えてしまうという場合は、本会員をもう1人増やすか、他社のクレジットカードの家族カードを発行するなどして対応しましょう。

クレジットカードの家族カードの名義は誰?ふるさと納税にも使用可?

引落口座は一緒の場合が多い

ほとんどの家族カードは、利用代金の引落口座が、本会員の口座と一緒になります。引落日には本会員の口座から、本会員のカードと家族カードの利用額を合計した金額が引き落とされます。

家族カードが複数枚ある場合でも、全員分のカードの利用代金が、本会員の口座から引き落としとなります。そのため、引落口座を分けたい場合は、家族それぞれが本会員になる必要があります。

利用明細もまとめて記載される

家族カードの利用履歴は、本会員のカードの利用明細書にまとめて記載されます。そのため、それぞれのカードがいつどこで、いくら使用されたのかが、利用明細を見るとすべて把握できるようになっています。

すべてのカードの利用代金の合計額が記載されるので、引き落とされる金額を間違えて、支払いを延滞してしまったなどということが起こらない点では便利です。

しかし、どこで何に使ったのか、家族に知られたくない場合には、それぞれ個別にクレジットカードに入会したほうがよいでしょう。

本会員の利用限度額に準じる

家族カードは、本会員の利用限度額内で使用できるカードです。そのため、家族カードの利用限度額は、本会員の利用限度額に準じます。

たとえば、本会員のカードの利用限度額が100万円に設定されている場合、クレジットカードを使用できるのは、本会員のカードと家族カード、両方合わせて100万円までとなります。

家族カードの発行枚数が多くなるほど、1人当たりがクレジットカードを利用できる金額が下がるため、1人当たりの利用金額を取り決めておくとよいでしょう。

どんな家族カードがお得なのか

どんなクレジットカードが、家族カードを発行するほうがお得になるのでしょうか。

年会費が高いカードこそお得

家族カードは、年会費が高いクレジットカードカードこそお得になります。もともと年会費が無料のクレジットカードであれば、家族カードを発行しても、さほど節約にはなりません。

しかし、ゴールドカード以上のステータスの高いクレジットカードであれば、高額な年会費を抑えられるうえに、ステータスの高いクレジットカードならではの、サービスや特典を利用できます。

カードの種類 本会員年会費 家族カード年会費
JCBゴールドカード 10,000円(税抜) 1枚目無料
(2枚目から1,000円(税抜)/枚)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円(税抜) 1枚目無料
(2枚目から12,000円(税抜)/枚)

家族カードを作るのにおすすめのカード

家族カードを発行するのであれば、以下のクレジットカードがおすすめです。

イオンカード

イオンカード」は、イオングループが発行しているクレジットカードです。毎月20日・30日はイオンやビブレ、マックスバリュなどの、イオングループの店舗での買い物代金が5%オフになります。

さらに、イオングループの店舗での買い物の場合は、ポイントが2倍になるため、ポイントが貯まりやすいという特徴もあります。

貯まったポイントは豪華な景品や、電子マネーとして使えるWAONポイントに移行できます。本会員のポイントと家族カードのポイントは合算できるので、どんどん貯めてお得に利用しましょう。

イオンカードの詳細へ

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド」は、三菱UFJニコスのゴールドカードです。年会費が1,905円(税抜)と、他社のゴールドカードと比べて、圧倒的に安いのが特徴です。

年会費は格安ですが国内の主要な空港と、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが無料で利用できるサービスや、ポイントの優遇制度があるなど、お得な特典がついています。

MUFGカードゴールドの詳細へ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、空港ラウンジの利用や、空港から自宅までのスーツケースの無料配送、レストランやホテルの優待など、ワンランク上のサービスが受けられるクレジットカードです。

1枚目の家族カードは無料で発行でき、特典やサービスは家族カードの名義人でも利用できるため大変お得です。

また、兄弟や事実婚、同性婚などの相手にも、家族カードが発行できるというメリットもあります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細へ

まとめ

クレジットカードの家族カードとは、クレジットカードの本会員の家族用のカードです。基本的に、本会員の配偶者・親・満18歳以上の子供(高校生を除く)が、家族カードの対象者となります。

年会費が高いクレジットカードでも、家族カードは年会費無料、審査なしで発行される場合も多く、さらに、ポイントを合算できるなどのメリットもあります。

とくに、年会費が高額なクレジットカードほど、家族カードを発行するメリットが大きいので、家族用にクレジットカードを作るときは、ぜひ家族カードの発行も検討してみてください。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードの裏ワザを教えてください

    楽天市場を良く使うからという理由で使い始めました。ですが 、イマイチ活用できていないように感じます。楽天カードを使うことで他社カードでは無いような特典を得...

    30代 / 女性 / 新潟県 / 年収 701-800万円 / 独身

  • クレジットカードの提携について

    提携する会社はどのように決めているのでしょうか?クレジットカードを作りたくなった施設や会社でたとえばビザカードにしたいときに、選ぶことができないと他のカー...

    20代 / 女性 / 千葉県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ