1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを紛失したと思ったら?焦らず適切な対応を

クレジットカードを紛失したと思ったら?焦らず適切な対応を

クレジットカードを紛失してしまったとき、悪用などを防ぐために最も大切なのは、落ち着いて対処をすることです。本記事では、クレジットカードを紛失したときの手続き方法と注意点について解説します。ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

クレジットカードを紛失したら

クレジットカードが見当たらず、紛失したかもしれないというときには、まずカード会社、および警察に連絡をしましょう。そのままにしておくと不正利用され、多額の請求がされるという事態になりかねません。

カード会社と警察へ連絡することが、クレジットカードが悪用されるのを防ぐ第一歩です。

カード会社に即連絡する

クレジットカードを紛失したときには、速やかにカード会社の『紛失・盗難ダイヤル』に連絡しましょう。これにより、クレジットカードの不正利用を防ぐことが可能となります。

紛失・盗難ダイヤルは、ほとんどのカード会社で24時間365日受け付けています。

主なカード会社の連絡先

一般的によく利用されている、主なカード会社の紛失・盗難ダイヤルは、以下のとおりです。

カード会社 連絡先
三井住友VISA 0120‐919‐456
三菱UFJニコス 0120‐159‐674
JCBカード 0120‐794‐082
アメリカン・エキスプレス 0120‐965‐877
楽天カード 0120‐86‐6910
エポスカードsponsored" >エポスカード 03‐5340‐3333
オリコカード 0120‐828‐013
セゾンカード 0570‐064‐107

解約ではなく利用停止を

クレジットカードを紛失した際には、カード会社に『利用停止』の申請をし、新しいカードの再発行を行います。利用停止ではなく『カードの解約』をしてしまった場合、再びカードを持つには、新規申し込みをしなければなりません。

電話やインターネットネットによる申込が可能なことが多い再発行に比べ、新規申込によるカードの作成は、書類による申請や本人確認書類の提出などが必要となることもあります。

新規申込による手続きや審査を行わずにすむよう、紛失時に焦って解約をしないよう気をつけましょう。

クレジットカード紛失時の対処法は?すぐに解約すべきなのか

警察にも届け出る

クレジットカードを紛失してしまったときには、カード会社だけでなく警察にも連絡をする必要があります。紛失の場合には紛失届、盗難の場合は盗難届を出しましょう。

クレジットカードには、原則としてカード盗難保険が付帯されており、不正利用されても保険の適用条件に該当すれば補償してもらえます。ただし、警察に届けを出していないときには、補償の対象外となるので覚えておきましょう。

カードを盗難・紛失した際には、警察へは届けるのでしょうか。|よくあるご質問Q&A|クレジットカードはUCカード

届出番号はカード会社に伝えること

警察に紛失届、または盗難届を出すと、届出番号(受理番号)が付与されます。紛失したカードが不正利用され補償を受ける事態となったときには、この届出番号が必要になるので大切に保管しましょう。

また、カードの紛失を警察に届けたことを明確にするために、カード会社にも届出番号を連絡しておくと万全です。

悪用されるとどうなる?

前述のとおり、クレジットカードには紛失・盗難時における補償サービスが付いていますが、補償が適用されるかどうかはケースにより異なります。補償の対象外となった場合は、全額自己負担で不正利用の支払いをしなければなりません。

クレジットカードを万が一紛失してしまっても、きちんと補償を受けられるよう、紛失時の対処方法について日ごろから知識を持っておくことが大切です。

届出から60日以内に使われた分は補償

紛失・盗難時に補償されるのは、『カード会社に紛失の届けを出した日から60日前にさかのぼった日以降に不正利用されたもの』のみです。届出から61日以上前の不正利用分は補償されません。

紛失・盗難のご連絡|クレジットカードなら、JCBカード

補償されないケースに注意

クレジットカードの紛失・盗難時の補償は、クレジットカードが適切に使用されていることが前提とされています。そのため、クレジットカードの利用・管理方法が悪かった場合には、補償されないケースがあります。

届出が遅い・届出をしていない

補償を受けるには、カード会社や警察に届出をしていることが条件です。

紛失届を出せばクレジットカードの利用停止ができるにもかかわらず、届出をしていないということは、クレジットカードの所有者である本人にも落ち度があったとみなされ、補償の対象外となります。

また、届出をしていたとしても、紛失から日数が経ってからの届出は認められません。前述のとおり、届出から61日以上前の不正利用額は補償されないため、紛失に気がついたときには速やかにカード会社、および警察に届けを出すことが肝心です。

暗証番号が漏えいしている

補償が適用されるかの判断基準は、『クレジットカードの管理や利用を適切に行っていたか』です。クレジットカードの利用の仕方に過失があった場合には、補償の対象となりません。

補償の対象外となるケースには、暗証番号の漏えいがあります。クレジットカードの暗証番号は、利用者の本人確認のために使用されるとても重要なものです。

そんな暗証番号の管理が悪かったということは、クレジットカードの所有者である本人に過失があったとみなされます。そのため、暗証番号が漏えいしたことによる不正利用の場合には、補償を受けられません。

暗証番号が漏えいしたとみなされるケース例は、以下のとおりです。

  • 暗証番号をクレジットカードに書いていた
  • 暗証番号を記入したメモを、クレジットカードと一緒に紛失した
  • 誕生日や電話番号などを暗証番号にしていた
  • 単純な数字の羅列(1111や1234など)を暗証番号にしていた

カード取り扱いの注意とお願い|クレジットカードなら、JCBカード

家族や身内による不正利用

クレジットカードの不正利用が、家族や身内によるものであったときも、補償の対象にはなりません。家族間での不正利用は、本当に不正なのか証明するのが難しいからです。

クレジットカードは家族間でも貸し借りをせず、個人できちんと管理しましょう。

クレジットカードを紛失してしまった。悪用されないための対処方法

新しいカードを入手するには

クレジットカードを利用停止すると、そのカードは使用できなくなるため、再発行をしなければなりません。

再発行の手続き方法

クレジットカードの再発行は、紛失の連絡をしたときに同時に受け付けてくれることもありますが、別途自分で申請する必要があるカード会社もあります。

また、電話やインターネットで再発行の手続きが完了する場合と、書面での申請が必要な場合とがあります。

手続き方法はカード会社により異なるため、紛失届の際に問い合わせるとよいでしょう。

カード再発行のお手続きについて | 楽天カード:よくあるご質問
カードの紛失・盗難連絡先 | アプラス 新生銀行グループ

再発行にかかる日数

クレジットカードの再発行は、原則として即日発行ができません。具体的な日数はカード会社により異なりますが、通常1~3週間程度かかります。

カード名 再発行にかかる日数
みずほマイレージクラブカード 1~2週間
エポスカードsponsored" >エポスカード 1週間
JPバンクカード 1カ月

ご利用カードの再発行(ご利用ガイド) | みずほ銀行
カードをなくしてしまった(盗まれた)! | エポスカード よくあるご質問
クレジットカードについてのよくあるお問い合わせ-ゆうちょ銀行

再発行にかかる費用

クレジットカードの再発行費用は、カード会社により異なります。

カード名 手数料額(税込) 注意点
JALカード 777円 CLUB-Aゴールドカード / JALダイナースカード/プラチナカードは無料
エポスカードsponsored" >エポスカード 一律無料
セディナ / OMCカード 1,080円 手数料対象外カードあり

紛失・盗難のご連絡 - JALカード
エポスカードの再発行に手数料はかかりますか? | エポスカード よくあるご質問
カードの再発行に、手数料はかかりますか? | Cedyna よくあるご質問

クレジットカードを紛失した時の再発行手続き。対応はすぐにしよう

毎月の支払いはカード情報の変更を

クレジットカードを再発行すると、不正利用防止のためにカード番号が変更されます。公共料金などをクレジットカード払いにしている場合には、カード情報の変更を連絡しなければなりません。

変更の手続きをしないと支払いがストップしてしまい、サービスが受けられなくなる可能性もあるため、変更忘れには注意が必要です。

また、再発行の手続き中に支払日が到来するときにも、連絡を忘れないようにしましょう。場合によっては、支払日の変更などが必要となります。

よくあるご質問の詳細 -カードを紛失(盗難)し再発行しました。公共料金・通話料・インターネットなどの代金をカード払いで支払いをしていますが、何か手続きは必要ですか? | 三井住友カード株式会社

手続きが必要な引き落としの例

クレジットカードで支払える料金には、以下のようなものがあります。

項目 項目
電気料金 放送料金
ガス料金 年金保険料金
水道料金 新聞購読料金
固定電話料金 家賃
携帯電話料金 自動車税

紛失したカードが見つかったら

紛失の申出後に紛失したクレジットカードが見つかったとしても、そのカードは利用できません。

古いカードは使えない

紛失の申出と再発行の依頼をした後に、紛失したクレジットカードの再利用を認めてしまうと、新旧2枚のカードが存在することとなり混乱が生じます。また、万が一第三者が利用再開の申請をした場合、悪用されるリスクがあります。

そのため、一度利用を停止したクレジットカードは、使用することができません。紛失したカードを発見したときには、ハサミで切断し破棄しましょう。

海外で紛失した場合の対処法

海外滞在中に紛失をした場合には、前述とは異なる手続きが必要なことがあります。万が一紛失してしまったときに現地で慌てなくてすむよう、紛失時の対応方法について渡航前にきちんと確認しておくと安心です。

海外の場合もまず連絡

海外滞在中にクレジットカードを紛失したとしても、最初にやらなければならないのはカード会社への連絡です。カード会社によっては、滞在する国によって連絡先が異なることがあるため、渡航前に電話番号を確認しておくとよいでしょう。

JCB紛失・盗難海外サポート|クレジットカードなら、JCBカード
三井住友カード紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)(海外)のご案内|クレジットカードの三井住友VISAカード

緊急カードがもらえることも

旅行などで海外を訪れる際、現金の紛失や盗難などのリスクを考え、クレジットカードを利用する人も多いのではないでしょうか。

もし現金をあまり持ち合わせていない状態で、クレジットカードを紛失してしまうと、身動きが取れなくなってしまうことも考えられます。

そのような事態に備え、カード会社によっては、海外滞在中の場合に限り一時的に利用可能な『緊急カード』を発行しています。緊急カードは一般的に数日で手元に届きます。発行手数料はカード会社やカードの種類により異なります。

三井住友VISAカードの場合

三井住友VISAカード」を海外で紛失した場合は、まず海外専用の紛失・盗難受付デスクに連絡します。オートコレクトコールで24時間受け付けています。オートコレクトナンバーは滞在している国により異なるため、確認してから連絡をしましょう。

また、紛失届と同時に、緊急カードの申請を行えます。三井住友VISAカードの緊急カード発行手数料は、10,000円(税抜)です。

なお、三井住友プラチナカード・ゴールドカード・プライムゴールドカード・ヤングゴールドカード会員は、手数料がかかりません。

海外に滞在中は、緊急カードを使用できますが、帰国後は緊急カードの使用はできません。必ず再発行の手続きをしましょう。

三井住友カードを紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード

JCBカードの場合

JCBカード」を海外で紛失したときには、海外専用のJCB紛失・盗難受付デスクに連絡します。電話番号は滞在している国により異なるため、確認のうえ連絡しましょう。緊急カードの発行を希望する際は、紛失・盗難の届出と同時に申請します。

申請後2~5営業日程度で指定の『JCBプラザラウンジ』、もしくは『JCBプラザ』で受け取れます。

JCB紛失・盗難海外サポート | クレジットカードJCB 海外でも便利な優待特典やJCB PLAZA情報

カードの紛失に備えてするべきこと

クレジットカードを利用している人であれば、誰でもカードの紛失・盗難の当事者となる可能性があります。カードを紛失した際に慌てなくてすむよう、万が一に備えた対策を取っておくことが大切です。

カード会社の連絡先をメモしておく

カード会社の一般的な連絡先は、クレジットカードの裏面に記載されているため、何かあったときのために控えておくと安心です。

また、併せて紛失・盗難ダイヤルの連絡先も控えておくと、クレジットカードを紛失してしまったときにもスムーズに対処できます。

カードには必ず署名しておく

クレジットカードの裏面には、『署名欄』があります。署名のないカードを第三者が取得した場合、勝手にサインを書き込んで悪用することが可能となるので危険です。

また、署名のないクレジットカードを悪用されたときには、利用方法に過失があったとされ、紛失・盗難補償の対象になりません。クレジットカードが発行されたときには、必ず署名欄にサインをしておきましょう。

JCCA 日本クレジットカード協会

利用明細は定期的に確認する

クレジットカードを1〜2枚程度しか保有していなければ、紛失・盗難があったときには気づきやすいでしょう。しかし、クレジットカードを複数枚所有しているときには、紛失に気がつかない可能性もあります。

知らないうちに悪用をされており、補償期間の60日を経過してしまうと、全額自己負担で支払わなければならない可能性も出てきます。

そのような事態にならないよう、利用明細は定期的に確認しましょう。身に覚えのない明細があったときは速やかにカード会社に連絡をすれば、損害を被らずにすむかもしれません。

まとめ

クレジットカードは現金を持たずに買い物ができるという利便性がある一方、紛失したときには悪用されるリスクがあります。

万が一、紛失や盗難にあってしまったときには、速やかににカード会社、および警察に連絡をして、カードの利用を停止することが重要です。

カードを紛失してしまったとしても正しい手続きを行えば、補償により被害を抑えることができます。

ただし、暗証番号の漏えいなど利用者に過失があるとみなされたときには、補償の適用外となるケースもあるため、日ごろから正しくクレジットカードを利用することが大切です。

紛失時の対処法を日ごろから身につけておき、安全にクレジットカードを使用していきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードのポイントについて教えてください

    普段はネットで買い物をすることが多いです。楽天だとポイントもつきやすくていいと思っていますが、クレジット機能はあまり使わず現金払いです。 今回帰省のため、...

    40代 / 女性 / 埼玉県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

  • 楽天カードのお得な使い方について教えてください!

    楽天カードを路面店、インターネットでもメインで使っていますが、還元率は本当によいのでしょうか?他に還元率が良いカードはどんなカードがありますか?路面店で有...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ