1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの有効期限はここをチェック。更新手続きは必要?

クレジットカードの有効期限はここをチェック。更新手続きは必要?

クレジットカードには有効期限があります。なぜ有効期限があるのか、有効期限を確認するには何を見ればよいのかなど、クレジットカードの有効期限について解説します。また、有効期限が迫ったクレジットカードの更新についても知っておきましょう。

この記事の目次

クレジットカードの有効期限は何のため?

クレジットカードの有効期限とは、クレジットカードを使用できる期限のことです。クレジットカードの有効期限は何のためにあるのでしょうか。

クレジットカードは劣化する

ひとつは、クレジットカードの劣化に対応するためです。ほとんどのクレジットカードはプラスチック製で、使用しているうちに傷などがついて劣化していきます。

とくに、磁気ストライプ(※)がついている場合は、読取のたびに機械と接触するため、どんどん劣化していきます。

磁気ストライプが劣化すると、正常に情報を読み取れず、クレジットカードが使えなくなる可能性があります。

そのため、クレジットカードに有効期限を設けて、クレジットカードが劣化する前に、新しいカードと交換できるようにしているのです。

(※磁気ストライプとは、クレジットカードについている黒い帯状の部分のことで、クレジットカード情報が転写されています。)

最新機能に対応する

クレジットカードに有効期限があるのは、クレジットカードの最新機能に対応するためでもあります。

クレジットカードの機能は年々進化しており、ICチップが内蔵されたもの、交通系ICカードと合体したものなど、新しい機能がついたクレジットカードが、次々と登場しています。

また、クレジットカードの不正利用の手口が巧妙化しており、それに対抗するために、セキュリティ機能も強化されていっています。

しかし、何か新しい機能がついたり、セキュリティが強化されたりするたびに、新しいクレジットカードを発行していたのでは、莫大なコストがかかってしまいます。

そのため、有効期限が切れるタイミングで、最新機能をつけたクレジットカードに交換しているのです。

カード会社が再審査する

クレジットカードの有効期限は、カード会社がクレジットカードの利用者を、再審査するタイミングにもなっています。

クレジットカードの審査は、クレジットカード入会時の審査だけではありません。入会後にも、定期的に審査がおこなわれています。

クレジットカードに入会した時点から、1年、2年と時間が経過すれば、収入が上がったり、逆に下がったりと、利用者の支払い能力が変化している可能性があります。

また、クレジットカードの支払いを延滞していたり、他社での借入額が増加していたりと、利用者の信用情報も変化していることも考えられます。

そのため、クレジットカードに有効期限を設けて、そのタイミングで再審査をおこない、クレジットカードの利用を継続してもよいか判断しています。

クレジットカードの有効期限は何年?

クレジットカードの有効期限は、何年ぐらいに設定されているのでしょうか。

最長でも5年程度

クレジットカードの有効期限は、平均で2~3年程度、最長でも5年程度に設定されていることがほとんどです。

どれぐらいの期間の有効期限が設定されるかは、カード会社やクレジットカードの種類、そして、個人の信用情報などによって変わります。

10年や20年のカードはない

基本的に、有効期限が10年や20年という期間で設定されているクレジットカードはありません。10年、20年と長期間使用すれば、どうしてもクレジットカードが劣化してしまいます。

その結果、クレジットカード情報が正常に読み取れず、クレジットカードが使用できなくなる恐れが出てきます。

また、セキュリティ機能も古くなり、クレジットカードを不正利用される可能性も高くなります。そのため、数十年単位の有効期限を設定することは、ほぼないといえます。

年齢や与信力で設定される

クレジットカードの有効期限は、年齢や与信力(※)で設定されます。

たとえば、社会人になったばかりの人が、初めてクレジットカードを申し込んだ場合、まだクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)がない状態なので、どのような人かがわかりません。

そのため、有効期限を短めに設定し、毎月のカード利用額や延滞なく支払いをするかなどをチェックされます。

反対に、長くクレジットカードを利用しており、延滞もない優良な利用履歴を持つ人であれば、長い有効期限が設定されることもあります。

(※与信力とは、個人の返済能力や信用情報を審査し、いくらぐらいの利用限度額を設定できるかを表すもの=信用度のことです)

カードのどこを見ればよいの?

自分のクレジットカードの有効期限を知るには、クレジットカードのどこを見ればよいのでしょうか。

カードの表面をチェック

クレジットカードの有効期限を知りたいときは、クレジットカードの表面をチェックしましょう。カード表面の下のほうに、『03/20』や『03-20』のように記載されている数字が有効期限です。

クレジットカードの有効期限は、『月/年』の順で記載されています。ネットショップのクレジットカード決済などで、有効期限を入力する必要がある場合、間違って入力すると、エラーが出ることがあるので注意しましょう。

カードの更新手続き|楽天銀行カード|楽天銀行

月/年の並びは国際規格

クレジットカードの有効期限が、『月/年』の並びで記載されているのは、国際規格に合わせてあるためです。

クレジットカードは、どこの国でも使用できるよう、国際規格に合わせて作るように定められており、大きさや形、磁気ストライプの位置なども細かく規定されています。

有効期限の並びについても定められているため、どのクレジットカードでも、有効期限が『月/年』の順に記載されています。

読み方の例

クレジットカードの有効期限の読み方の例を挙げておきます。たとえば、有効期限が『03/20』や『03-20』と記載されていたら、そのクレジットカードの有効期限は2020年3月です。

もしも、どちらが月で、どちらが年かわからなくなった場合は、有効期限の数字の上下どちらかに、小さな文字で『MONTH/YEAR』、または『月/年』などと記載されているので、そこを確認しましょう。

カード情報入力時のMM/YYとは

ネットショップなどでクレジットカード情報を入力するときに、『MM/YY』と表示されていることがあります。これは、MONTH/YEARの略で、MMがMONTH(月)、YYがYEAR(年)です。

クレジットカードに記載されている通りに入力すれば問題ありません。ただし、入力の際に注意したいことがあります。

たとえば、有効期限が『03/20』の場合、月を入力するときは、『03』と0をつけて入力する必要があります。

また、年を入力するときは、『20』と入力する場合もあれば、『2020』と4桁で入力しなければならない場合もあります。どのように入力するのか指示があるので、それに従って入力するようにしましょう。

クレジットカードの有効期限の入力間違い。正しい入力方法とは?

有効期限が切れたらどうなるのか

クレジットカードの有効期限が切れたらどうなるのでしょうか。

期限が切れた日から使えない

基本的には、有効期限が切れた日から、そのクレジットカードは使えなくなります。有効期限が切れる日というのは、クレジットカードに記載してある月の最終日です。

有効期限が『03/20』であれば、2020年3月31日に、そのクレジットカードの有効期限が切れます。有効期限が切れると、そのクレジットカードでは決済できなくなります。

カード会社によっては、有効期限の月の末日を過ぎても、翌月の初旬ぐらいまでは使えるようになっています。

しかし、安心してクレジットカードを使うためには、期限切れのクレジットカードは使わず、新しいクレジットカードを使ったほうがよいでしょう。

有効期限の更新に手続きは必要か

クレジットカードの有効期限を更新するには、何か手続きは必要なのでしょうか。

自動更新で新しいカードが届く

基本的に、クレジットカードの有効期限の更新に手続きは必要ありません。クレジットカードの有効期限は、カード会社によって管理されており、自動更新されるようになってます。

そして、カード会社に登録している住所に、新しいクレジットカードが届きます。

カードはいつ届くのか

新しいクレジットカードが届く日は、カード会社によって異なります。通常クレジットカードの有効期限が切れる1カ月前ぐらい、遅くても2週間までには届きます。

早いところでは、2カ月前から新しいクレジットカードの発送を開始するカード会社もあります。いつ発送されるのか詳しく知りたい場合は、カード会社に連絡しましょう。

新しいクレジットカードは、手元のクレジットカードの有効期限が切れる前でも使用可能です。うっかり交換し忘れることがないよう、届いたらすぐに交換しておくとよいでしょう。

三井住友VISAカードの場合

三井住友VISAカード」は、クレジットカードに記載されている有効期限の1カ月前の月末から、新しいクレジットカードの発送が開始されます。

ただし、ETCカード、PiTaPaカード、三井住友カードiDは、新しいクレジットカードが発送された2週間後に別便で発送されるため注意が必要です。

よくあるご質問の詳細 -更新カードが届かないのですが、いつ届きますか? | 三井住友カード株式会社

JCBカードの場合

「JCBカード」は、クレジットカードの有効期限が切れる2カ月前から、新しいクレジットカードの発送が開始されます。

同じ月に有効期限が更新になる人に順次発送されるため、必ず2カ月前に届くわけではありません。具体的な発送日が知りたいときは、JCBカードに問い合わせる必要があります。

今月でカードの有効期限が切れるのですが、新しい期限のカードはいつ送られてきますか? | JCBカード - よくあるご質問 (個人・法人)

届かない場合カード会社に連絡を

もしも、新しいクレジットカードが届かない場合は、カード会社に連絡しましょう。カード会社の手違いにより、新しいクレジットカードが発送されていなかったり、発送中に郵便事故に巻き込まれたりしている可能性があります。

また、クレジットカード入会後に引っ越して、住所変更を忘れている場合は、以前の住所に発送され、宛先不明で返送されている可能性もあります。クレジットカード入会後に引っ越した場合は、必ず住所変更をしておきましょう。

クレジットカードは有効期限前に更新不要?事前にするべきこととは

更新後のカードはここが変わる

新しいクレジットカードに更新されたら、以下の箇所が変更されます。

有効期限とセキュリティコード

新しいクレジットカードは、有効期限とセキュリティコードが変更されています。セキュリティコードとは、クレジットカード裏面の署名欄に記載してある3桁の数字のことです。

新しいクレジットカードになっても、クレジットカードの番号は変更されません。今まで使っていたクレジットカードと同じ番号をそのまま使えます。

公共料金の引き落としは継続される?

クレジットカードで公共料金の支払いをしていた場合、有効期限の更新後も引き落としは継続されます。

有効期限更新の情報は、カード会社からそれぞれの加盟店に伝えられ、自動更新されます。携帯電話代やネットのプロバイダ料なども、自動更新の対象です。

ただし、カード会社によっては、自動更新されなかったり、自動更新の対象となっている加盟店が限定されていたりします。たとえば、楽天カードは自動更新されないため、利用者が自分で手続きをしなければなりません。

また、自動更新されるカード会社でも、有効期限が切れるタイミングで、クレジットカードの番号が変わったなどということがあると、自動更新されない可能性があります。

不安な場合は、前もってカード会社に問い合わせ、自動更新がおこなわれるかを確認しておくとよいでしょう。

公共料金のお支払いに適用しているカードが更新される際、加盟店に対して何か手続きは必要でしょうか。 | JCBカード - よくあるご質問 (個人・法人)

有効期限が更新されたカードが届きましたが、公共料金などの継続利用の手続きは別途必要ですか? | 楽天カード:よくあるご質問

ネットショッピングは再登録

有効期限が更新されると、ネットショップなどに登録したクレジットカード情報は、再登録しなければなりません。

有効期限が更新されたときに、クレジットカード情報が自動更新されるのは、公共料金や携帯電話代などの、固定費に限定されています。ネットショッピングの支払いは固定費ではないため、自動更新の対象外です。

有効期限が更新されたら、各サイトの有効期限とセキュリティコードの再登録をおこないましょう。ただし、クレジットカードの番号は変更されないため、再登録する必要はありません。

Amazon.co.jp ヘルプ: クレジットカード情報の登録

更新されないケースもあるので注意

クレジットカードの有効期限が更新されないケースもあるので注意しましょう。有効期限が更新されなかった場合、新しいクレジットカードは届きません。手元のクレジットカードの有効期限が切れた時点で、そのまま退会となってしまいます。

以下のケースでは、有効期限が更新されない場合があるので、当てはまっていないか確認しましょう。

そもそもカードを使っていない人

クレジットカード入会後、クレジットカードをまったく利用していない人は、有効期限が更新されない可能性があります。

クレジットカードには、カードの発行や利用者の情報の管理など、さまざまなコストがかかっています。有効期限の更新作業や新しいクレジットカードの発行にも、当然コストがかかります。

カード会社は、クレジットカードを利用してもらい、その手数料で利益を得ています。そのため、クレジットカードをまったく利用せず、自社の利益に繋がらない人に、コストをかけたくないのです。

このような理由から、クレジットカードを利用しない人は、有効期限が更新されないこともあります。

クレジットカードの利用歴が悪い人

クレジットカードの利用履歴が悪い人も、有効期限が更新されないことがあります。利用履歴とは、クレジットカードの毎月の利用額や支払い状況などの履歴のことです。

毎月定期的にクレジットカードを利用し、延滞もなく支払っていれば、優良な利用履歴となります。反対に、延滞を繰り返しているような場合は、悪い利用履歴となります。

1度うっかり延滞してしまった程度であれば、有効期限が更新されない可能性は低いといえます。

しかし、何度も延滞を繰り返していたり、長期間延滞したままだったりなど、返済状況に問題があり与信力が低い人には、有効期限を更新せずそのまま退会させることがあります。

まとめ

クレジットカードの有効期限は、クレジットカードの劣化や、最新機能に対応するために設けられてているほか、利用者を再審査するタイミングとしても利用されます。

基本的に、有効期限の更新のために手続きは必要ありません。有効期限が切れる前に、カード会社が有効期限を自動更新して、新しいクレジットカードを送ってきます。

有効期限が切れたクレジットカードは使用できなくなるため、もし、新しいクレジットカードが届かないときは、速やかにカード会社に連絡し、状況を確認することが大切です。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JCBカードが外国でも使えるのですか?

    ?夫婦の収入は別々に管理したほうがいいですか??30代では貯金はいくらぐらいあるのが普通でしょうか??食費を抑えるにはどうしたらいいでしょうか?などなどで...

    50代 / 男性 / 京都府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • 楽天カードのメリットについて教えてください

    ポイントが貯まる仕組みになっているカードは、どうしてポイントを相手側が私たちに与えることができるのでしょうか?みなさんがカードを購入した時、契約した時から...

    20代 / 女性 / 北海道 / 年収 601-700万円 / 独身

  • dカードのリボ払いについて

    現在ドコモのdカードをリボ払いにするとポイントがもらえるというキャンペーンがあり、あまり何も考えず、応募してしまったのですが、最近リボ払いは利息などが高く...

    50代 / 女性 / 栃木県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ