1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードのサインはとても重要。正しい書き方はあるの?

クレジットカードのサインはとても重要。正しい書き方はあるの?

クレジットカードを使用するときに、お店が必ず確認するのがカード裏面の『サイン』です。なぜなら、サインは本人確認の手段として、とても重要な意味を持っているからです。そこで本記事では、サインの重要性やルールについて解説します。

この記事の目次

クレジットカードにサインする意味

クレジットカードを新たに契約したり、再発行をしたりしたときには、郵送で新たなクレジットカードが送られてきます。手元にカードが届いたときには、まずカード裏面にサインをしましょう。

サイン欄が未記入のままでは、カードを使用することができません。サインのないクレジットカードは、なぜ使用できないのでしょうか。

クレジットカードの裏面に署名する意味と注意点|クレジットカードの三井住友VISAカード

サインがないと使えない

クレジットカードのサインは、カードを利用する人が、カードの保有者本人であることを証明するためにとても重要です。

クレジットカードに書かれたサインと、その場で本人が記したサインを照らし合わせることで、本人確認がおこなわれます。

もし、お店でサインのないカードを使おうとすると、ほとんどの場合において、その場でカード裏面のサイン欄の記入を求められます。記入をしなければ、カードの使用を断られることもあります。

なぜなら、クレジットカード決済は後払いであるため、本人確認のできないカードの利用を認めてしまうと、お店にとって資金を回収できないというリスクが生まれてしまうからです。

サインなしのカードにはリスクが

サインのないクレジットカードは、お店で使用できないだけではなく、利用者に重大な不利益をもたらす可能性もあります。

不正利用されやすい

サインのないクレジットカードを使用するリスクのひとつめは、不正利用されやすいということです。

万が一サインのないカードを紛失し、第三者が取得してしまった場合、クレジットカードに勝手にサインを書き込んで、使用されてしまう可能性があります。

その場合、不正利用で支払われた明細だったとしても、カード保有者に支払い義務が生じることがあるということを覚えておきましょう。

補償がされない可能性も

カードにサインをしていなかったときのリスクの2つめは、補償の対象外になる可能性があることです。

クレジットカードには通常、紛失・盗難補償が付帯されています。この補償があることで、万が一不正利用の被害にあってしまっても、支払額を補償してもらえるようになっています。

しかし、紛失・盗難補償は、あくまでも利用者に過失がなかったときにのみ適用されるものです。

クレジットカードにサインが未記入だったことによる不正利用については、適切な利用をしていなかったとみなされ、補償の対象とならないと判断される可能性があります。

補償の対象外とされてしまうと、不正使用された金額の支払いを全額自己負担で行わなければならなくなってしまいます。

MUFGカード カード盗難・紛失のご連絡|クレジットカードなら三菱UFJニコス

クレジットカードのサインの意味とは?知られていない意外な事実

サインの正しい書き方

サインは、クレジットカードを正しく安全に使用するために欠かせないものです。では、クレジットカードにサインを書き込む際には、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

消えないように油性ペンを使う

サインを書くのに適している筆記用具は油性ペンです。記入の際ににじむことがなく、また、使用中に消えてしまう心配もありません。

油性ボールペンでも記入は可能ですが、ボールペンの芯は硬く細いため、油性ペンよりも書きにくくなっています。

カードご利用上の注意|ゆめカード

セキュリティコードを消さないように

多くのクレジットカードには、サイン欄の端にセキュリティコード(※)が記されています。サインをする際には、セキュリティコードに重ならないように書き込みましょう。

万が一サインにより、セキュリティコードが読み取れなくなってしまったときには、速やかにカード会社に連絡をする必要があります。

※セキュリティコードとは、インターネットショッピングでのセキュリティを強化するために、カード番号やカード使用期限などに加えて入力する3桁の数字のことです。

セキュリティーコードとはなんですか? | JCBカード - よくあるご質問 (個人・法人)

書き間違えたら再発行を依頼

クレジットカードのサインを書き間違えてしまったときには、速やかにカード会社に連絡をし、再発行をしてもらいましょう。

書き損じてしまったからといって上書きをしたり、訂正をしたりしてしまうと、カードを使用することができなくなってしまいます。

カード裏面の署名欄のサインを間違えました。どうしたらよいでしょうか? | 楽天カード:よくあるご質問

サインは何でもいいの?

クレジットカードのサインには、漢字や英語を利用している人が多いのではないでしょうか。しかし、それ以外の文字もサインとして使用することができます。

ここからは、クレジットカードのサインとして認められる文字や、字体についてみていきましょう。

カード裏面へのサインについて|安心してご利用いただくためのルールや注意|消費者のみなさまへ|一般社団法人日本クレジット協会

規則上は適当に書いても大丈夫

クレジットカードのサインを決めるうえで重要なのは、以下の点です。丁寧さやきれいさは、さほど重視されません。

  • 簡単に書ける
  • 真似されにくい
  • 不審に思われない

クレジットカードのサインと、店頭でのサインを照らし合わせることで、本人確認がおこなわれるため、いつでも簡単に同じように書けるサインが好ましいとされます。その一方で、他人からは真似されにくいというのも重要なポイントです。

使用するサインには、細かい規定はありません。極端にいうと、絵やマークもサインとすることができますが、あまりにサインとしてそぐわないものだと、店員に不審がられる可能性があります。常識の範囲内でサインを決めるようにしましょう。

漢字でフルネームの人が多い

サインの文字や字体に規定はありませんが、一般的には漢字で書いたフルネームをサインとして使用している人が多いと考えられます。

自分が一番書き慣れた文字であるとともに、画数が多く筆跡も人それぞれであるため真似されにくい、という安全性の高さがあるからです。

ひらがなもカタカナもOK

サインは漢字ではなく、ひらがなやカタカナにすることも可能です。画数が多い漢字などが名前に使われている人は、書きやすさを重視してひらがなやカタカナをサインとしてもよいでしょう。

英語の筆記体やイニシャルもOK

サインは日本語でなければいけない、というわけではありません。英語やローマ字、筆記体も使用可能です。少し崩した筆記体を使えば、他人に真似されるリスクを減らすこともできるでしょう。

書きやすさを重視するのであれば、イニシャルという選択肢もありますが、他人にまねされやすい点は注意しなければなりません。

漢字も英語もそれぞれにメリットあり

漢字と英語を、クレジットカードのサインに使用したときのメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

項目 漢字 英語
書きやすさ 画数が多く面倒と感じることもある 書きやすい。特に筆記体なら手早く書ける
真似されやすさ 真似されにくい 真似されやすい
不正利用の危険 少ない 海外使用が多い人は要注意

漢字と英語には、それぞれメリットとデメリットがあります。クレジットカードの使用頻度や使用場所によって、どちらをサインとして使うか選択するとよいでしょう。

初めてクレジットカードを利用する際に注意すべきこと。署名(サイン)と暗証番号の設定方法や使い方のコツは?|クレジットカードの三井住友VISAカード

支払時のサインの書き方

クレジットカードを使用したときには、店頭でサインの記入を求められることがあります。ここからは、サインをする際に気を付けなければならないポイントを紹介します。

カードの裏面と同じサインをする

クレジットカード利用時に、伝票にサインを求められたときには、カード裏面に記入したサインと同じサインを書きましょう。

カードと伝票のサインが異なると、不正利用の可能性があるとして、カードの使用を断られる可能性があります。

外国でのカード利用でサインを求められたときにも、カードに書いたサインと同じサインをするようにしましょう。たとえ漢字のサインだとしても、そのまま記入して問題ありません。

カード裏面へのサインについて|安心してご利用いただくためのルールや注意|消費者のみなさまへ|一般社団法人日本クレジット協会

サイン忘れはどうなる?

クレジットカードを利用した際、伝票へのサインを忘れてしまったときには、どのような対応をしなければならないのでしょうか。

再度来店してサインが必要

クレジットカード利用時に、記入しなければならないサインを書き忘れてしまったときには、サインをするために再度お店に行く必要があります。利用者本人が許可したとしても、店員がサインを代筆することはできません。

サインを忘れると、店側にとっても利用者にとっても、手間のかかる事態となってしまいます。

カードを利用するときにサインを求められなかったときには、利用者のほうからサインについて確認をするよう心がけましょう。

楽天カード: 加盟店様向けよくあるご質問(各種お手続き届出書等)

クレジットカードのサイン。もらい忘れた場合の対処法とサインの役割

サインレス決済って何?

クレジットカードを使用するときには、本人確認のために伝票へのサインを求められます。

しかし『サインレス決済』を導入しているお店では、サインをせずに買い物をすることも可能です。

クレジットカードのサインレス決済ができるできないの違いって何?|クレジットカードの三井住友VISAカード

サインなしでカードが使える

サインレス決済をすることができるのは、クレジットカード会社とサインレス決済の契約を結んでいる店舗のみです。

具体的には、スーパーやドラッグストア、高速道路料金所など、スムーズな支払処理を求められる場所で導入されることが多くなっています。

サインレス決済は、サインなしで買い物ができるという利便性がありますが、ついついお金を使いすぎてしまうという危険性もあります。

サインレス決済を利用するときには、利用額をきちんと把握しておくことが大切だといえるでしょう。

少額決済でのみ使える

サインレス決済では、サインによる本人確認ができないため、不正利用されるリスクがあります。

そのためお店は、サインレス決済ができる上限金額(お店により異なる)を定めています。

サインレス決済の上限を超えた金額の買い物をするときには、サインレス決済を導入しているお店でもサインが必要となります。

分割はできない

サインレス決済は、一括払いのみの取り扱いとなり、分割払いやリボ払いはできません。一括払い以外の支払方法を希望する人は、サインをしてカードを利用しましょう。

ICチップなら暗証番号でサイン不要

クレジットカードには、従来型の磁気カードのほかに、ICチップを搭載したICカードがあります。

ICカードには、磁気カードの何十倍もの情報を入れることができ、より高度な安全対策機能が付いているのが特徴です。ICカードでは、利用者の決めた4桁の暗証番号を入力するだけで買い物ができます。

この場合、サインをする必要はありません。暗証番号による本人確認をすることで手続きが簡素化され、支払処理にかかる時間が短縮されます。

ICカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカードのサインは変更できる?

クレジットカードのサインは、カード会社に登録をしているものではありません。そのため、カード裏面のサインの変更さえすれば、サインの変更手続きは完了します。

ここからは、カード裏面のサインの変更方法についてみていきましょう。

方法はカードの再発行のみ

カード裏面のサインを変更したいからといって、上書きや書き直しは絶対にやってはいけません。

サインの上書きや書き直しをしたクレジットカードは、使用できなくなるので注意しましょう。

サインの変更をするには、カードの再発行をして新しいサインを記入します。誤使用や不正使用を防ぐため、古いカードはハサミで裁断して破棄すると安全です。

なお、自己都合によるカード再発行の手続きには、費用がかかることが多くなっています。以下に、カード再発行手数料の一例を記します。

カード会社 再発行手数料(税込) 注意事項
セゾンカード 1,050円 一部対象外カードあり
三菱UFJニコス 1,080円 ゴールドカードは手数料無料
JALカード 777円 CLUB-Aゴールドカード、プラチナ、JALダイナースカードは無料

カード再発行手数料について|クレジットカードはセゾンカード
クレジットカード再発行手数料について|クレジットカードなら三菱UFJニコス
JALカードが破損(ヒビ・割れ等)・汚損してしまったのですが、再発行はできますか?

サインが薄くなったらどうすればいいの?

クレジットカードの使用頻度や使用状況などによっては、サインが薄くなってしまうこともあるでしょう。そのようなときは、どのように対処すればよいのでしょうか。

クレジットカードの署名(サイン)は書き直ししても良いの?|クレジットカードの三井住友VISAカード

上書きは絶対NG

サインが薄い状態では本人確認ができないため、お店で使用を断られてしまうことがあります。しかしサインがかすれてきたからといって、上書きをすることは絶対にやめましょう。

上書きを認めると本人確認の効果がなくなってしまうため、サインの上書きは一切認められていません。上書きをしたクレジットカードは、使用できなくなってしまいます。

カード会社も再発行を推奨

クレジットカード会社は、サインのかすれが発生したときには、再発行することを推奨しています。

再発行手数料は、各クレジットカード会社によって異なるので、確認するようにしましょう。経年劣化による再発行とみなされ、再発行手数料がかからない場合もあります。

まとめ

クレジットカードのサインは、不正利用を防ぐためにとても重要なものです。サインの字体や文字に決まりはありませんが、偽造されにくく書きやすいサインを選ぶようにしましょう。

ICカードの普及に伴い、サインレス決済や暗証番号入力による決済も増えてきました。サイン不要で買い物ができるお店も多くなっていますが、不正利用を防ぐためにも、カード裏面にはサインを必ず記入しておくことが大切です。

また、カード裏面のサインの上書き、および書き直しは一切認められていません。書き損じや、サインのかすれが起きたときには、速やかにカード会社に再発行の手続きをする必要があります。

サインの管理をきちんと行い、クレジットカードを安全に利用していきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードのポイントに付いて教えてください

    楽天カードを作る時に最初に大きなポイントがついてきました。他のカードでもたくさんのポイントがカードを発行するだけで付いてきたりします。この大きなポイントが...

    40代 / 女性 / 滋賀県 / 年収 300万円以下 / 独身

  • 沢山作りすぎて財布がパンパンです

    年会費が無料だったり、今だけいくら分のポイントがつきますよ、っていうお得感についつい、釣られてしまって余りよく考えずにクレカを作ってしまっています。 いち...

    30代 / 女性 / 愛知県 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ