1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードのプラチナカードとは?審査基準や特徴をご紹介

クレジットカードのプラチナカードとは?審査基準や特徴をご紹介

プラチナカードはクレジットカードの中でランクが高く、一般カードやゴールドカードより優れたサービスが付帯しています。今回は、プラチナカードのサービスや、作成するための審査基準について説明していきます。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで申し込みが多い人気クレジットカード!

  • 【1位】VIASOカード
    当サイト31ヶ月連続人気1位今だけ新規入会で20%ポイント還元中!面倒な手続きなしで最短翌日から使える!
  • 【2位】三井住友カード
    カードのステータスも気になるあなたにスタンダードな一枚!
  • 【3位】楽天カード
    選ばれるにはワケがある!貯まりやすさ・顧客満足度No.1!

プラチナカードって何?

プラチナカードはクレジットカードのランクのひとつです。クレジットカードはランクによって、年会費やサービスの質が異なります。

クレジットカードの種類とプラチナの価値

まずはクレジットカードのランクについて説明していきます。クレジットカードには大きくわけて、4種類のランクがあります。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

一般カードは各カード会社が発行する最もベーシックなカードです。ゴールドカードは一般カードよりワンランク上のカードで、ステータスカードとして人気があります。

プラチナカードはゴールドカードよりさらに優れたサービスが付帯しており、コンシェルジュサービスなどが有名です。また、ブラックカードは最上位のカードで、限られた人しか保有することができません。

プラチナカードは経済的にある程度余裕のある人が持つステータスカードとして、価値のあるカードといえます。

プラチナカードの年会費

プラチナカードの年会費はカード会社や種類によって異なります。2万円ほどの手軽なカードもあれば、15万円近い高価なカードもあります。

年会費が安いとコストがかからない分、それほど充実したサービスを受けることはできません。一方、年会費が高いとコストはかかりますが、その分充実したサービスを受けることができます。

プラチナカードを作るには

プラチナカードには2種類の作成方法があります。

1つ目は、一般カードやゴールドカードと同様に、自分で申込をする方法です。申込条件に合えば誰でも申し込むことができ、入会審査を突破すると入手できます。比較的簡単に作成することができる、年会費の安いカードに多い作成方法です。

2つ目は、インビテーションとよばれる、カード会社が設けた条件を満たした場合に届く招待状が必要になる作成方法です。この方法が必要なものには年会費が高いカードが多く、その分サービスも充実しています。

プラチナカードの特徴と魅力

プラチナカードは保有しているだけでステータスになるカードです。また、サービスも魅力的なものが用意されています。

優秀なステータスカード

プラチナカードの条件をクリアするためには、安定した収入だけでなく、信用情報とよばれる取引事実の記録で、信用力があるかどうかを判断されます。

プラチナカードは月々の支払をきっちり行っている優良会員だけが持つことができるため、保有しているだけで、一定の社会的信用を証明することができるのです。

また、下位カードよりも年会費が高いため、保有していることが、一定の経済力があるという証明にもなります。このようにプラチナカードは、優秀なステータスカードであるといえます。

信用情報について|指定信用情報機関のCIC

さまざまなサービスを受けることが可能

プラチナカードは下位カードにない、優れたサービスを受けることができます。さまざまなサービスの中から、下記の2つのサービスについて説明します。

  • コンシェルジュサービス
  • トラベルサービス

コンシェルジュサービスとは、レストランやホテルの予約、航空券の手配などを代行してくれるサービスです。プラチナカードの代表的なサービスとしてよく知られ、専属の秘書を雇っている感覚になります。

また、トラベルサービスとは、旅行前の各種手配や、旅行先で優待サービスの提供などをしてくれるものです。下位のカードにもありますが、サービスのグレードがより高くなっています。空港ラウンジ無料サービスがあり、旅行保険の補償額も高く設定されています。

たとえば三井住友プラチナカードの場合、海外旅行傷害保険で最高1億円まで補償されます。ゴールドカードの場合は最高5,000万円までの補償なので、補償額が大幅に上がっていることがわかります。

カード付帯保険サービス|三井住友プラチナカード

プラチナカード作成のための審査基準

プラチナカードを作成するためには、入会審査の審査基準を把握しておく必要があります。

年収の基準、勤務先や勤続年数など

審査基準となる年収は公表されていないため、確定的なことはいえませんが、最低でも400万円から500万円ほどが必要だと考えられます。また、1,000万円以上であればどのプラチナカードでも審査に通る可能性があります。

また、勤務先や勤続年数についても公表されていませんが、安定した職種であったり勤続年数が長かったりすると、その分信用度が高くなり審査に通りやすくなります。会社員の場合、10年以上は同じ会社に勤めているとよいでしょう。

ゴールドカードの利用履歴

同じクレジットカード会社の下位ランクにあたる、ゴールドカードを保有していると、審査に通りやすくなります。その際、ゴールドカードの利用履歴がかなり重要になります。支払の滞納などがあると審査に通らない可能性があります。

この利用履歴は、クレジットカードヒストリーとよばれています。クレジットカードヒストリーには、月々の請求額や滞納の有無などが記録されています。

ゴールドカードの場合、年間100万円以上の利用が必須となっていることが多いため、月8万5,000円を目安に利用するとよいでしょう。

MUFGプラチナカードの場合

>MUFGプラチナカード」は新規でも申し込むことが可能です。公表されている申込条件は、『学生を除く20歳以上の安定した収入がある人』となっています。

勤続年数なども考慮されますが、正社員で安定した収入がある人なら、審査に通る可能性はあります。信用情報に傷がない上で、良好なクレジットカードヒストリーを積み上げていけば、比較的簡単に審査に通ることができるといえます。

>MUFG CARD Platinum American Express ® Card|クレジットカードなら三菱UFJニコス

クレジットカードのプラチナは魅力満載。おすすめのカードを比較

まとめ

プラチナカードはゴールドカードの上位にあたるカードで、年会費は高いものの、ステータスカードとして有効なほか、優れたサービスを受けられます。

プラチナカードを持つためには、安定した収入のある職場で10年間は継続して勤務するとともに、信用情報に傷をつけないよう、月々の支払を確実に済ませましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • JCBカードが外国でも使えるのですか?

    ?夫婦の収入は別々に管理したほうがいいですか??30代では貯金はいくらぐらいあるのが普通でしょうか??食費を抑えるにはどうしたらいいでしょうか?などなどで...

    50代 / 男性 / 京都府 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • クレジットカードの引き落とし口座について

    私はクレジットカードを主に生活費ではない特別経費の支払いの時に利用しています。主に衣服や靴などを購入する時に利用しています。自分の中できちんと予算は立てて...

    20代 / 女性 / 宮城県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供2人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ