1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの手数料について解説。分割払いは損なのか?

クレジットカードの手数料について解説。分割払いは損なのか?

クレジットカードで買い物をするときに分割払いにすると、手数料が発生します。その手数料はどのくらいかかるのか、分割払いのメリット・デメリットなどとあわせて紹介します。また、クレジットカード会社別の手数料も確認しておきましょう。

この記事の目次

【2020年最新】 ▼当サイトで申し込みが多い人気クレジットカード!

  • 【1位】VIASOカード
    当サイト31ヶ月連続人気1位今だけ新規入会で20%ポイント還元中!面倒な手続きなしで最短翌日から使える!
  • 【2位】三井住友カード
    カードのステータスも気になるあなたにスタンダードな一枚!
  • 【3位】楽天カード
    選ばれるにはワケがある!貯まりやすさ・顧客満足度No.1!

分割払いの手数料は高い

クレジットカードで買い物をする際には支払方法が選べますが、分割払いを選ぶと手数料が発生します。

支払回数が多くなればなるほど、手数料は高くなります。では、その手数料はどれくらいのかかるのか、詳しく紹介していきます。

クレジット会社別の手数料と計算方法

分割払いを選んだ際の手数料は、どこのクレジットカード会社も同じというわけではなく、カード会社ごとに異なります。そこで、それぞれの手数料と支払額の計算方法をみていきます。

VISAカード

VISAカードで有名な「三井住友VISAカード」では、分割払いの手数料は以下のようになっています。支払回数は24回まで選べ、他のカードと比べると手数料は比較的安くなっています。

支払回数 3回 5回 6回 10回 12回 15回 18回 20回 24回
支払期間(カ月) 3 5 6 10 12 15 18 20 24
実質年率(%) 12.00 13.25 13.75 14.25 14.50 14.75 14.75 14.75 14.75
利用代金100円当たりの
分割払手数料(円)
2.01 3.35 4.02 6.70 8.04 10.05 12.06 13.40 16.08

5万円の買い物で10回払いを選ぶと、手数料や支払額は以下のとおりです。

  • 分割払手数料:50,000円×(6.70円÷100円)=3,350円
  • 支払総額:50,000円+3,350円=53,350円
  • 分割支払額:53,350円÷10回=5,335円

三井住友VISAカードの詳細へ

楽天カード

楽天カード」では36回まで分割を選ぶことができ、手数料は以下のようになっています。

支払回数 3回 5回 6回 10回 12回 15回 18回 20回 24回 30回 36回
支払期間(カ月) 3 5 6 10 12 15 18 20 24 30 36
実質年率(%) 12.25 13.50 13.75 14.50 14.75 15.00 15.00 15.00 15.00 15.00 15.00
利用代金100円当たりの
分割払手数料(円)
2.04 3.40 4.08 6.80 8.16 10.20 12.24 13.60 16.32 20.40 24.48

5万円の買い物を6回払いで支払う場合は、以下のとおりです。

  • 分割払手数料:50,000円×(4.08円÷100円)=2,040円
  • 支払総額:50,000円+2,040円=52,040円
  • 1回目の分割支払金 8,675円(端数は初回に加算)
  • 2回目~6回目までの分割支払金 8,673円

楽天カード: お支払い方法_分割払いのお支払い方法

楽天カードの詳細へ

JCBカード

JCB カード」では、実質年率が7.92~18.00%(月利0.66~1.50%)の間で決められており、カードの種類によって年率が異なります。

ここでは、実質年率15.00%の場合で、手数料を紹介します。

支払回数 3回 5回 6回 10回 12回 15回 18回 20回 24回
支払期間(カ月) 3 5 6 10 12 15 18 20 24
割賦係数(%) 2.51 3.78 4.42 7.00 8.31 10.29 12.29 13.64 16.37

利用代金が10万円で、10回払いを選ぶと手数料や支払額は以下となります。

  • 分割払手数料:100,000円×7.00%=7,000円
  • 分割支払額:(100,000円+7,000円)÷10回=10,700円
  • 支払総額:10,518円(初回)+10,700円×8(2~9回)+10,699円(最終回)=106,817円

ショッピング分割払いのお支払い方法|クレジットカードなら、JCBカード

JCB CARDの詳細へ

エポスカード

株式会社丸井グループの子会社である、クレジットカード会社が発行している「エポスカード」は、3~36回の中から希望の支払回数を指定できます。

手数料は3回~36回は実質年率15%となっており、手数料の一覧は会員規約に掲載されています。ここでは、その中の一部を紹介しています。

支払回数 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 13回 14回 15回
支払期間(カ月) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
実質年率(%) 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0 15.0
利用代金100円当たりの手数料の額 2.51 3.14 3.78 4.42 5.06 5.71 6.35 7.00 7.66 8.31 8.97 9.63 10.29

10万円の買い物を10回で支払う場合の金額は、以下のとおりです。

  • 分割払手数料:100,000円×7.00%=7,000円
  • 分割支払額:(100,000円+7,000円)÷10回=10,700円

3~36回払いが選べるのは、マルイでのショッピングや一部Visa加盟店でのみとなります。そのほかの店舗での支払方法は『リボ払い』、『1回払い』、『2回払い』、『ボーナス一括払い』に限られます。

エポスカード|会員規約

エポスカードの詳細へ

2回払いは手数料が無料

クレジットカードの分割払いは、どのカードも基本的に2回払いまでは手数料がかからず、無料で利用できます。

月々の支払いを半分にでき、経済的にも余裕を持たせられるので、1度に支払うには少し金額が大きく負担になってしまうときに、利用するのがおすすめです。

2回払いができないケースもある

基本的には手数料がかからない2回払いですが、2回払いを利用できないケースもあります。利用するときには、確認してから買い物をするようにしましょう。

以下に2回払いが利用できない場合は、以下のようなケースが挙げられます。

  • ネット通販などで2回払いが選択できない
  • 外資系のクレジットカードで、2回払い自体がなく利用できない
  • リボ払い専用のカードで、分割払いは選択できない

特にリボ払い専用のカードは、支払時に『1括払いで』と言っても自動でリボ払いになってしまう場合があるので気をつけましょう。

DCカード Jizile(ジザイル)※リボ払い専用カード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

どんなときに3回以上に分割する?

3回以上の支払回数を選ぶと、手数料がかかってしまいます。1括で支払ってしまえる金額であれば分割にする必要はありませんが、高額の買い物をするときには分割払いが便利です。

手数料はかかるものの、月々の支払額を少額にできるため、家計の負担を減らすことができます。

リボ払いと比べてお得か

リボ払いとは、カード会社の規則に従って毎月一定の金額を支払っていく支払方法で、分割払いと同様に手数料がかかります。

ここでは、分割払いとリボ払いを比較した場合のメリット・デメリットを紹介します。

手数料の相場 月々の支払の負担 支払の状況
リボ払い 15% 毎月定額に抑えられるので少なくできる 把握しにくい
分割払い 12~15%(支払回数による) 支払が重なると高額になってしまう 把握しやすい

リボ払いを利用すると、毎月の支払いを一定額に抑えられますが、支払残高がある限り、支払いが続いていきます。そのため、いつ支払いが終わるのかが分かりづらく、買い物の計画が立てずらいという特徴があります。

リボ払いは月々の支払いを安く抑えることができますが、利用には注意が必要です。

リボ払いの特徴と利用上の注意|クレジットの利用|消費者のみなさまへ|一般社団法人日本クレジット協会

手数料が安いクレジットカード

クレジットカードの分割手数料は、だいたいどのカードも同じくらいですが、「イオンカード」などは、実質年率が10.05%~12.04%となっており、比較的安くなっています。

また、手数料の無料キャンペーンなども行っているので、期間中に買い物をすれば、分割払いでも手数料がかかりません。

イオンカードの魅力|暮らしのマネーサイト

イオンカードの詳細へ

まとめ

分割払いを利用すると、3回目以降は手数料が発生しますが、うまく利用することで家計の負担を減らしながら買い物ができます。

また、2回払いであれば手数料がかからないので、買い物の金額に合わせて利用するのがよいでしょう。

クレジットカードの手数料は?一括返済と分割払いの特徴と注意点

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの将来について

    ビットコイン・イーサリアム・リップル等の仮想通貨が普及する兆しがある昨今ですが、もし、世界各国の広い地域で流通しだすと、今流通しているドル・ユーロ等の通貨...

    50代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • 得なクレジットカードはありますか。

    クレジットカードがたくさん出ていますが、どのカードもポイントが付いていますが、還元率の高いカードがどれなのか分かりません。どのカードがお得ですか、どのカー...

    60代 / 男性 / 富山県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ