1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードを紛失してしまった。悪用されないための対処方法

クレジットカードを紛失してしまった。悪用されないための対処方法

クレジットカードを紛失してしまったときは、どのようにすればよいのでしょうか。紛失したクレジットカードを悪用されないように、すぐに取るべき対処方法や、もしも悪用されてしまったときの補償などについて詳しく解説します。

この記事の目次

クレジットカードを紛失した場合の対処方法

クレジットカードを紛失してしまったときには、悪用されてしまわないよう速やかに以下のような対処を取りましょう。

すぐに発行会社へ利用停止を依頼

まず、クレジットカードの紛失に気づいた時点で、すぐにクレジットカードの発行会社に連絡し、利用停止を依頼しましょう。

利用停止が遅れると、その分クレジットカードを悪用される危険が高まります。また、すでに悪用されていた場合、それ以上被害額を増やさないためにも、速やかに連絡することが大切です。

紛失や盗難によって利用停止したクレジットカードは、あとから見つかったとしても再利用はできません。

クレジットカードと一緒に、免許証などの本人確認書類も紛失していた場合、第三者がそれを悪用して、利用停止を解除しようとしている可能性もあるためです。

今後も同じカード会社のクレジットカードを使いたい場合は、クレジットカードの再発行が必要となります。

主な連絡先と連絡すべき事項

以下は主なカード会社の連絡先です。

カード会社 連絡先
アメリカン・エキスプレスカード(一般カード) 0120-020120
03-3220-6100
ダイナースクラブカード 0120-074-024
JCBカード 0120-794-082
NICOSカード 0120-159-674
ANAカード 発行会社に連絡
JALカード(Visa・Mastercard) 0120-664476
楽天カード 0120-86-6910
ライフカード 0120-225-331
セゾンカード 0570-064-107

カード会社には、上記のようなクレジットカードの紛失・盗難時用の連絡先が用意されています。クレジットカードが悪用されないよう、急いで対応する必要があるため、基本的に24時間受付です。

紛失・盗難ダイヤルに電話をかけたら、クレジットカードを紛失したこと(または盗難にあったこと)と、氏名・住所・電話番号などの、個人を特定できる情報を伝えます。

自分のクレジットカードの番号を暗記している人は少ないので、紛失・盗難の連絡の際には、クレジットカードの番号は必要ありません。

そのほか、いつどこでなくしたか、クレジットカードを最後に利用したのはいつか、再発行は必要かなどを質問されることがあるので、できるだけ正確に答えるようにしましょう。

警察へ相談する

カード会社に連絡し、クレジットカードを利用停止してもらったら、次は警察へ相談に行きましょう。最寄りの交番や警察署に出向き、『紛失届』を提出します。紛失届を提出したら、それを証明するための、届出番号を伝えられます。

この番号は、クレジットカードの盗難補償(※)を受ける場合に必要になるので、絶対に忘れないようにしましょう。

※盗難補償とは、クレジットカードを悪用されたときに、その被害分の金額をカード会社が補償するものです。

再発行の手続き

警察で紛失届を提出したら再度カード会社に連絡し、クレジットカードの再発行の手続きをおこないます。

再発行手続きは電話連絡で済む場合もあれば、申請書類の提出が必要になることもあります。どちらにせよ、手元に新しいクレジットカードが届くまでには、10日から2週間前後かかるので、早めに済ませておきましょう。

クレジットカードを再発行すると、クレジットカードの番号が変わるため、携帯電話代などの固定費の支払いをしている場合は、新しいクレジットカードへの変更手続きが必要になります。

また、ショッピングサイトなどにカード情報を登録している場合、すべて新しいクレジットカードの情報に更新しなければなりません。

紛失・盗難のご連絡 - JALカード

クレジットカードを紛失した時の再発行手続き。対応はすぐにしよう

クレジットカードを紛失したと思ったら?焦らず適切な対応を

クレジットカードを悪用されたら補償を確認

もしクレジットカードが悪用されてしまったら、すぐにクレジットカードの補償を確認しましょう。

身に覚えのない請求には補償制度がある

ほとんどのクレジットカードには、身に覚えのない請求があったときのために、『盗難補償』という補償制度があります。

盗難補償があれば、クレジットカードの紛失や盗難などによって、クレジットカードが悪用されたときに、悪用された分の金額を、カード会社が補償してくれます。

基本的に、盗難補償はクレジットカードに自動で付帯していますが、別途申込が必要な場合もあります。

もしクレジットカードが悪用されたときに盗難補償がないと、全額自己負担になる可能性もあるので、念のため手持ちのクレジットカードに盗難補償がついているか、確認しておきましょう。

どんなケースで全額補償されるのか?

盗難補償で全額補償されるのは、以下のような場合です。

  • クレジットカードのショッピング枠の被害
  • カード会社に連絡を入れた日から、さかのぼって60日以内の被害

クレジットカードが悪用された場合、ショッピング枠の被害であれば全額補償されます。ただし、ほとんどのカード会社で、全額補償はカード会社に悪用された旨の連絡を入れた日から、さかのぼって60日以内の被害分までと定めています。

60日以内の被害であれば、たとえ代金が口座から引き落されていても、あとから返金されます。しかし、60日以上前から被害に合っていた場合、その被害分は補償されません。

日ごろから利用明細などをこまめにチェックし、悪用されたときにすぐ気づけるようにしておくことが大切です。

紛失・盗難のご連絡|クレジットカードなら、JCBカード

補償されないケースもあるので注意

盗難補償で補償されないケースもあるので注意が必要です。たとえば、以下のような場合は、補償の対象外となります。

  • クレジットカードのキャッシング枠の被害
  • クレジットカード裏面の署名欄に署名していない
  • 警察に紛失届や盗難届を提出していない

クレジットカードのキャッシングを利用するには、クレジットカード本体と暗証番号が必要であるため、クレジットカードが紛失・盗難にあっても、キャッシング枠が悪用される可能性は低いものです。

そのため、キャッシング枠の利用分が、本当に悪用されたものなのか判断が難しいことから、盗難補償の対象から外されています。

また、署名がないクレジットカードの使用は、利用規約違反になります。名義人が何らかの利用規約違反をしていた場合は、クレジットカードを悪用されても、盗難補償の対象外になるので注意しましょう。

そして、警察にクレジットカードの紛失届や盗難届を提出していない場合も、盗難補償の対象外となります。

ただし、きちんと届け出ていても、届出番号がわからないと補償の対象外になる場合があるので、届出番号は絶対に忘れないようにしておきましょう。

クレジットカードを悪用した犯人の処罰は?

クレジットカードを悪用した犯人は、どのような処罰を受けるのでしょうか。

逮捕時に課せられる刑罰

クレジットカードの名義人であると偽って、商品やサービスを手に入れたとして、『詐欺罪』に問われる可能性があります。詐欺罪が成立すると、10年以下の懲役が課せられます。

クレジットカードの名義人の許可があって使用した場合でも、そもそも名義人以外の使用は禁止されています。もし訴えられた場合は、詐欺罪に問われる可能性が高くなるため、たとえ身内同士でも、クレジットカードの貸与は避けましょう。

クレジットカードのレシートは重要?

クレジットカード払いをしたときに渡されるレシートは、重要なものなのでしょうか。

レシートから得られる情報で悪用可能?

クレジットカード払いのレシートから得られる情報だけで、クレジットカードが悪用される可能性は低いでしょう。

まず、レシートにクレジットカードの番号がすべて記載されることは少ないので、レシートを見ても、クレジットカードの番号はわからないことがほとんどです。

また、たとえクレジットカードの番号がわかったとしても、クレジットカード払いの際にはサインや暗証番号の入力、ネットショッピングの決済では、セキュリティコード(※)が必要になります。

このように、クレジットカードには複数のセキュリティ対策が施されているので、レシートから得られる情報だけで悪用される可能性は低いといえます。

(※セキュリティコードとは、クレジットカード裏面の署名欄に記載されている、3桁の数字のことです。)

一定期間は保管することをおすすめ

レシートの情報だけで、クレジットカードが悪用される可能性は低いですが、レシートは一定期間は保管することをおすすめします。

レシートを保管しておけば、クレジットカードの利用明細書の内容と照らし合わせ、身に覚えのない請求がないかをチェックできるからです。

いつまで保管するのか、期限が決まっているわけではありませんが、1カ月保管しておき、利用明細書との照合が済んだら処分するなど、自分なりのルールを設けて、管理するとよいでしょう。

まとめ

クレジットカードを紛失した場合は、悪用されることを防ぐために、速やかにカード会社に連絡を入れ、クレジットカードを利用停止してもらいましょう。

万が一悪用された場合でも、盗難補償という補償制度があるので、慌てず冷静に対処することが大切です。ただし、盗難補償は、悪用された分が全額補償される期間が限られていることがあります。

多くのカード会社では、悪用された旨の連絡を受けた日から60日以内の被害しか補償されないため、日ごろから利用明細をしっかり管理し、悪用されたときにすぐに気づけるようにしておきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 複数のクレジットは損しませんか?

    複数のクレジットカードを持っています。どちらもスーパーやデパートで使う事が多いです。ポイント還元のために、2つ持っていますが、1つにまとめた方が得なのでし...

    40代 / 女性 / 三重県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供2人

  • dカードのリボ払いについて

    現在ドコモのdカードをリボ払いにするとポイントがもらえるというキャンペーンがあり、あまり何も考えず、応募してしまったのですが、最近リボ払いは利息などが高く...

    50代 / 女性 / 栃木県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • auWalletの得する使い方

    auWalletではカードを使用した際にポイントが付与され、たまったポイントをカード請求料金へ割り当てることが出来ます。 しかし、ポイント還元率は0.1%...

    20代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 501-600万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ