1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの手数料は海外でいくら?レートや計算の仕組みとは

クレジットカードの手数料は海外でいくら?レートや計算の仕組みとは

海外での買い物にクレジットカードを使うと、現金を持ち歩く手間が省けるほか、盗難リスクも減らせます。一方、クレジットカード利用には 、各種手数料がかかってきます。今回は、海外でクレジットカードを使うメリットや注意点、手数料などを解説します。

この記事の目次

海外旅行ではクレジットカードを利用する

海外ではクレジットカードでの支払いが一般的で、多くの店舗でカード払いを受け付けています。クレジットカード払いを利用することで、さまざまなメリットを受けられます。

現金は盗難のリスクあり

海外旅行先ではセキュリティの観点から、大量の現金を持ち歩くことは推奨されません。多額の現金を所持していることが周囲の人に知られると、スリや強盗などの被害に遭うリスクが高まります。

海外ではクレジットカードが広く普及しており、高額紙幣を持ち歩く人はあまり多くありません。一方で、旅行者はまとまった現金を持っている場合が多く、犯罪のターゲットになりやすい傾向があります。

そのため、できる限り現地での支払いはクレジットカードで済ませ、現金は最低限必要な額だけ用意するようにしましょう。

現金への両替手数料は高い

銀行や空港の両替所を利用する場合、2%〜10%程度の手数料が為替レートに上乗せされます。マイナー通貨の場合は特に両替手数料が高く、通貨によっては手数料が10%を超えることも珍しくありません。

さらに、日本へ帰国して余った現金を円に両替しなおす際にも、手数料がかかります。一方クレジットカードの場合、手数料は各社1%〜2%程度です。また、現金での両替とは異なり、余った外国通貨を日本円に両替しなおす必要がありません。

加えて、クレジットカード払いの場合は、利用額に応じてポイントが付与されます。手間やコスト面の観点からも、クレジットカードのほうがメリットが大きいといえるでしょう。

海外で使用した場合の手数料

クレジットカードを海外で利用すると、為替手数料が加算されます。手数料の料率はカードの種類によって異なります。

基準レートと外貨取扱手数料で計算

クレジットカードの最終的な請求額は、VISAやMasterCardなどの各国際ブランドが定める基準レートに為替手数料をかけて計算されます。

たとえば、基準レートが1ドル=100円、為替手数料が1.6%のAカードを利用し、海外で200ドル分の買い物をした場合、下記のように利用額が計算されます。

  • 200ドル×100円×1.6%=320円

このように、Aカードを利用した場合は200ドルの利用金額に対し、320円の手数料がかかります。

実際の利用額にいくらのレートが適用されたかを確認したい場合、クレジットカードの利用明細をチェックするか、カード会社に問い合わせましょう。

国際ブランドの基準レートを比較

利用額の換算に適用される基準レートは、カードの国際ブランドによって異なります。

各社の基準レートは、その日の為替相場に合わせて決定されます。実際の為替相場は変動が非常に激しいため、クレジットカード会社に限らず、銀行や証券会社などの各金融機関でも取引に使う基準レートを定めています。

例として、3つのクレジットカード国際ブランドの基準レート(米ドル→円)を比較します。

※2018年2月19日時点のレートを参照
市場為替レート:106.6円

国際ブランド 基準レート
VISA 106.4円
Master Card 106.22円
JCB 106.33円

市場為替レートと各社の基準レートでは、大きな差がないことがわかります。基準レートが最も安く、さらに手数料の料率が低いカードが、海外利用に適したお得なカードということになります。

VISAはレートが高め

大手3社を比較すると、MasterCardが最も基準レートが安く、VISAが最も高くなっています。ただし、基準レートは日々変動するため、日によってはMasterCardやJCBのレートがVISAより高くなることもあります。

カード会社の手数料を比較

クレジットカードの海外利用手数料は、『事務処理コスト』や『為替手数料』などの名目で利用額に加算されます。

カード会社によってばらつきあり

手数料の料率は、カード会社によって異なります。例として、大手カード会社5社の為替手数料を比較しました。

カード会社 VISA Master Card JCB
楽天カード 1.63% 1.63% 1.6%
三井住友カード 1.63% 1.63% -
三菱UFJニコスカード 2.16% 2.16% -
オリコカード 1.63% 1.63% 1.6%
ジャックスカード 1.63% 1.63% 1.6%

VISAやMaster Cardの手数料は概ね1.63%、JCBについては1.6%の手数料が利用額に上乗せされてきます。利用額が大きくなればなるほど手数料の差も大きくなるため、できるだけ為替手数料の安いカードを選ぶことでコストを大きく節約できます。

海外でキャッシングを利用する

海外で現金が必要になった場合、キャッシングを利用すると手数料が安くなることがあります。

ATMで引き出し可能

キャッシングとは、クレジットカード会社からお金を借りる方法です。クレジットカードの各国際ブランドが世界中の金融機関と提携し、各地のATMでキャッシングを利用できる仕組みを作りました。

海外ではチップの支払いやタクシー代など、どうしても現金が必要な場面も出てきます。キャッシングを利用することで、万が一銀行口座に十分な金額がない場合でも、一時的にATMから現金を引き出すことができます。

24時間利用可能なATMも多く、急遽現金が必要になった際の対処法として有用です。

ATM手数料と利息に注意

クレジットカード利用には為替手数料が加算されますが、キャッシングにはATM手数料と利息が上乗せされます。

ATM手数料はカードの種類によって異なりますが、通常1回の引き出しにつき100円〜200円の手数料が設定されています。しかし、なかには海外でのATM手数料が無料のカードもあります。

また、キャッシングには利息が設定されています。たとえば、金利18.0%で1ドル=100円のときに現地で200ドルを引き出し、7日後に返済した場合の利息は下記のように計算します。

  1. (200ドル×100円)×18%=3,600円(=年利率)
  2. 3,600円÷365日×7日=69円

このケースでは、現地で引き出した200ドルに7日分の利息69円を加算して返済します。さらに、ATM手数料が200円とすると、トータルで20,269円支払うことになります。

利息は1日ごとに加算されていくため、返済日が早ければ早いほど、支払うべき利息額も少なくなります。

繰り上げ返済できるかが重要

キャッシングにかかるコストを抑えたい場合、繰り上げ返済ができるかどうかが非常に重要になります。繰り上げ返済ができないカードを利用すると、支払日までの日数分利息が上乗せされます。

上記の計算例で繰り上げ返済をしなかった場合、支払日まで40日かかると仮定すると、利息が395円も加算されてしまいます。

キャッシングのコストを抑えるためには繰り上げ返済を利用し、できるだけ利息を節約しましょう。

海外通販でクレジットカードを利用する

海外通販でクレジットカードを利用する際の手数料を解説します。

海外旅行と同様に手数料がかかる

日本にいながら、海外の店舗でショッピングができる海外通販は魅力的ですが、海外旅行と同じように手数料がかかる点に注意してください。

手数料の計算方法は、海外旅行先でのカード利用と同様です。各国際ブランドが定める基準レートに、カード会社が設定した為替手数料1%〜2%が上乗せされます。

また、海外通販はクレジットーカード番号を入力するだけで支払いができる点が非常に便利ですが、カード番号が不正利用されるリスクも意識しておく必要があります。

リスクを減らすためにも、できるだけ安全な大手の通販サイトを利用するようにしましょう。

PayPalなら安全

PayPalとは、アメリカに拠点を置くPayPal社が提供する決済システムです。メールアドレスとクレジットカード番号を登録すれば、各ショッピングサイトでの支払いをPayPalが代行してくれます。

PayPal決済を選択することで、店舗へ直接クレジットカード番号を知らせる必要がなく、カード番号を不正利用されるリスクを回避できます。安全かつ手軽に利用できるため、近年ではクレジットカードと並んで人気の決済方法となっています。

ただし、クレジットカードの為替手数料は高くても2%程度であるのに対し、PayPalは手数料として2.5%加算されます。

適用されるレートが日によって異なるため、一概に比較することはできませんが、安全に利用できる分、手数料の料率が若干高くなっています。

デビットカードもおすすめ

海外通販サイトでの支払いには、デビットカードも便利です。デビットカードとは、口座から即時に利用金額が引き落とされる決済方法です。口座に入金されている金額分しか利用できないため、カードの使いすぎを防げます。

また、利用額分だけデビットカードの引き落とし口座に入金しておけば、万が一カード番号が流出したとしても、不正利用の被害を最小限に抑えることができます。

おすすめのMastercard3選

ここでは、手数料が安く、海外での利用に適したMaster Cardを3種類紹介します。

セディナカード

  • 年会費無料
  • 海外での利用でポイント1.5倍
  • 海外デスクで旅行サポートあり

セディナカード」は年会費が無料で、さらに海外での利用には『わくわくポイント』が1.5倍になるというメリットがあります。わくわくポイントはさまざまな商品や、他のポイントに交換することが可能です。

セディナカード」の利用者は、セディナ海外デスクのサポートを受けられます。現地の気候や通貨、入国情報などのインフォメーションサービスに加え、緊急時の各種手配を請け負ってくれる、エマージェンシーサービスを提供しています。

セディナカードの詳細へ

楽天カード

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まりやすい
  • 海外旅行保険付帯

楽天カード」も年会費が無料でお得なカードです。旅費の支払いに楽天カードを使えば、海外旅行保険が自動で付帯されます。

また、ポイント還元率が1%と高く、数あるクレジットカードの中でも、ポイントが貯まりやすくなっています。海外旅行だけでなく、海外通販でも使いやすいクレジットカードです。

楽天カードの詳細へ

MUFGカードゴールド

  • 年会費が安いゴールドカード
  • 空港のラウンジが利用可能
  • 海外旅行保険付帯

MUFGカードゴールド」は、ゴールドカードでありながら、年会費が1,905円(税別)と非常に安いお得なカードです。海外旅行保険では最大で2,000万円まで補償されます。

また、国際線利用時には、国内主要空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料で使えます。海外旅行の頻度が高い人にとっては、魅力的な特典といえるでしょう。

MUFGカードゴールドの詳細へ

まとめ

海外での支払いにクレジットカードを利用すれば、大量の現金を持ち運ぶ必要がなく、両替手数料も節約できます。

一方で、カードの種類によって加算されるコストが異なるため、利用額に対しどれくらいの手数料がかかるのかを、事前に把握しておく必要があります。

あとになってカードの請求額に慌てないためにも、海外でのクレジットカード払いには特に注意を払い、計画的な利用を心がけてください。

クレジットカードの手数料とは。手数料のポイントや比較のまとめ

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 楽天カードの賢い使い方

    銀行系や流通系や交通系、果てはインターネット企業など実にいろいろな種類のクレジットカードがあります。年会費無料のクレジットカードやポイントの還元率が良いク...

    10代 / 男性 / 三重県 / 年収 501-600万円 / 独身

  • 得なクレジットカードはありますか。

    クレジットカードがたくさん出ていますが、どのカードもポイントが付いていますが、還元率の高いカードがどれなのか分かりません。どのカードがお得ですか、どのカー...

    60代 / 男性 / 富山県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供3人以上

  • 楽天カードのポイントに付いて教えてください

    楽天カードを作る時に最初に大きなポイントがついてきました。他のカードでもたくさんのポイントがカードを発行するだけで付いてきたりします。この大きなポイントが...

    40代 / 女性 / 滋賀県 / 年収 300万円以下 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ