1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードから年齢はわかる?気になる安全性を解説

クレジットカードから年齢はわかる?気になる安全性を解説

クレジットカードで年齢認証を行うことがありますが、カードを使うと年齢などの個人情報はお店の人に知られてしまうのでしょうか。今回は、クレジットカードを持てる年齢や、カードが持っている個人情報について解説します。

この記事の目次

  • 【1位】JCB CARD W
    10ヶ月連続1位 通常より2倍のポイントが貯まる、JCBの中でも高還元率のカード!
  • 【2位】三井住友VISAデビュープラスカード
    はじめてクレジットカードを作るというあなたにおススメ!定番の一枚!
  • 【3位】ACマスターカード
    急な出費で今すぐカードを作りたいあなたへ。最短30分で即日受け取り可能(※当社調べ)

クレジットカードは何歳からもてる?

クレジットカードがあると、ちょっとした買い物や急な出費にも対応できるうえ、ポイントも貯まって便利です。では、クレジットカードの作成は何歳からできるのでしょうか。

原則18歳以上から作成可能

一般的なクレジットカードであれば、原則18歳以上から作成が可能です。しかし、18歳以上であっても、クレジットカードを作れる基準を満たしていない場合があります。

学生や未成年は注意が必要

18歳以上でもの高校生の場合は、クレジットカードを作ることができません。しかし、同じ18歳であっても、中学卒業後や高校を中退して働いている場合には、クレジットカードを作れる可能性があります。

また、未成年がクレジットカードを申し込む場合は、親(保護者)の同意が必要となるので、20歳未満の人は注意しておきましょう。

年齢をごまかすことはできる?

クレジットカードの申込時には、年齢をごまかすことはできません。クレジットカードの申請は、不利だと思うことでも正直に行うことが大切です。

なぜなら、クレジットカード会社は、カード申込者から申請された情報を、信用情報機関に問い合わせて、本当に信用できる人物であるかを確認するからです。

信用情報機関への照合以外にも、本人確認書類の提出の要請や、職場への在籍確認の電話などでも、申請時の嘘はバレてしまいます。

また、一度の嘘でも、虚偽申請のデータとして信用情報に残り、将来的にクレジットカードを作りにくくなってしまう可能性もあります。

クレジットカードの年齢制限は?年齢に合わせたおすすめカードの紹介

カードを使っても年齢はわからない

年齢認証のツールとして、クレジットカードを使う場合もありますが、クレジットカードには、どこまでの個人情報が入っているのでしょうか。

お店でクレジットカードを使うと、個人情報を店員さんに知られてしまうのではないかと、不安に思う人も少なくありませんが、実際にはクレジットカードで支払いをしたときに、店側に伝わる情報はそれほどありません。

カード会社が持っている情報

クレジットカード会社が持っている情報は、おおむね以下のようになります。

情報の種類  内容
 基本情報 名前、住所、生年月日(年齢)、性別
連絡先 電話番号、メールアドレス
収入面 職業、会社名、年収
家族構成 配偶者や子供の有無
カードの基本情報 カード番号、セキュリティーコード、有効期限
パスワード 暗証番号
カードの利用状況 引き落とし口座、申込年月日、審査履歴、利用限度額、利用履歴、返済履歴

加盟店が知ることのできる情報

一方、加盟店側に伝わる情報はごくわずかで、『氏名、口座番号、有効期限、セキュリティーコード』など、クレジットカードに表記されており、カードを見ればわかる内容のみです。

なお、加盟店でもクレジットカードで年齢認証が行える理由は、『クレジットカードを持てる年齢(18歳以上)である』という確認ができるからです。

個人情報は守られている?

個人情報の流出や悪用が、ニュースでもたびたび取り上げられていますが、クレジットカード会社のセキュリティは大丈夫なのでしょうか。

個人情報は厳重に守られたサーバーの中に

クレジットカードの個人情報の多くは、高いセキュリティを誇るサーバーの中で守られています。クレジットカードと一緒に、個人情報を持ち運んでいるわけではありません。

個人でできる安全対策

クレジットカードを盗まれた場合、表記されている『氏名、カード番号、有効期限、セキュリティコード』を盗まれてしまうことになります。

不正利用されたクレジットカードの決済は、クレジットカード会社によって補償されることが多いですが、紛失や盗難のないように管理することが大切です。また、以下のような、自分でできる安全対策を徹底しておくとよいでしょう。

    • カードの裏面にサインをしておく(本人確認、万一の補償のため)
    • 推測しやすい暗証番号にしない
    • 暗証番号入力時には、盗み見られていないか周囲を確認する
    • 人にカードを貸さない
    • 利用明細を確認する
    • ネットショッピングでは、よりセキュリティが高いhttpのあとにsのついた、『https://』(SSL)から始まる決済情報入力ページを利用する…など

まとめ

クレジットカードを持っていると個人情報が情報が漏れて、悪用されるのではないかという心配があります。

店舗でのカード決済時に限ると、クレジットカードを使ったからといって、店側に多くの個人情報が渡るわけではありません。しかし、自分でできる安全対策は十分にとっておくことが重要です。

そして、カードの情報を悪用されていると感じたときは、クレジットカード会社に速やかに連絡できるように、連絡先をあらかじめ調べておくとよいでしょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • 審査の緩いカード会社と厳しいカード会社の差は?

    クレジットカードを作るにあたって、審査の落ちたカード会社と楽天カードのように審査の通った会社がありました。 申請のタイミングにはズレがありますが、年齢や年...

    20代 / 女性 / 神奈川県 / 年収 301-400万円 / 独身

  • セディナのJiyuda!カードの年会費について

    セディナのJiyuda!カードを持っています。主にネットショッピング、国内外の旅行の際に利用しているのですが、年会費が無料なのはどうしてですか。初年度のみ...

    30代 / 女性 / 北海道 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供1人

クレジットカードの人気記事

カテゴリ